Amazon Web Services ブログ

Tag: Machine Learning

AWS Summit Online 2021 – 金融セッションの見どころをご紹介

今年の AWS Summit はオンライン形式で、5月11日(火)、12日(火)に開催予定です。2つの基調講演の他、事例セッション、パートナーセッション、ビジネスリーダー向けセッション、AWSセッションなど150のブレークアウトセッションをお届けします。金融関連では、金融インダストリーにフォーカスした8つのセッションをご用意したほか、サステナビリティやダイバーシティなど注目のテーマも取り上げています。 まずは金融のセッションについてご紹介したいと思います。今年は、デジタルを活用した新しい金融サービスの開発、変容する社会環境におけるユーザーエンゲージメント、データを活用したビジネス、変化に対応するレジリエンシーなど、現在の金融ビジネスを取り巻く事業課題にフォーカスしたセッション群をご用意致しました。また、マーケットセグメントの観点では、銀行、証券、保険、決済の各領域のお客様にご登壇を頂きます。事例をご紹介頂く各社が、どのように市場環境を捉え、クラウドを活用してビジネス課題を解決しているのか、是非ご参考にして頂けたらと思います。

Read More

ニュース記事 : Morningstar、機械学習の適用を加速するためのグローバル AWS DeepRacer 企業コンペティションを開始

本投稿は AWS 金融事業部門 による寄稿を翻訳したものです。 次の記事は、 もともと Morningstar 社にて発表されたものです。 AWS DeepRacer の最初の社内コンペティションは、世界中の 445 人以上の従業員の機械学習と人工知能の実践学習を推進する。 シカゴ、2019 年 5 月 30 日 /PR Newswire/- 独立系インベストメントリサーチの大手プロバイダーであるMorningstar, Inc. (Nasdaq:MORN) は、今週、全社的にAmazon Web Service (AWS) DeepRacer コンテストを開始しました。Morningstar の技術部門の 35% を含む 8 か国の 445 名を超える従業員が、AWS DeepRacer リーグで約 100 チームを結成しており、機械学習機能を持つ1/ 18 スケールのレーシングカーのプログラミングとそのレーシングを行っています。AWS DeepRacer League Virtual Circuit はすべての開発者がアクセスでき、 amazon.comでレーシングカーを予約注文できます。

Read More

金融業界特集 : Amazon Comprehend

本投稿は AWSのソリューションアーキテクトである John Formento と Syed Shareef による寄稿を翻訳したものです。 編集者注 : これは、金融業界特集の月刊連載の第二回目の投稿です。 Amazon SageMaker ノートブックインスタンスについて説明した第一回目もお読みください。 — 金融業界特集の月刊ブログ連載では、金融業界のお客様がクラウドサービスの利用承認を効率的にすすめるために注力すべき特定のサービスに関する 5 つの重要な考慮事項 を取り上げます。5 つの領域それぞれに対し、特定のガイダンス、推奨されるリファレンスアーキテクチャ、および当該サービスの利用承認プロセスを効率化するために役立つ専門的なコードが含まれます。これらは、お客様の特定のユースケースおよび環境に合わせて変更が必要となる場合があります。 今回の特集では、金融業界のユーザーが大幅に増加した、 Amazon Comprehend (Comprehend Medical を除く)について取り上げます。Amazon Comprehend では、自然言語処理 (NLP) を使用して、ドキュメントの内容に関するインサイトを引き出すことができます。Amazon Comprehend は UTF-8 形式のあらゆるテキストファイルを処理し、ドキュメント内のエンティティ、キーフレーズ、言語、感情、およびその他の一般的な要素を認識し、インサイトを提供します。

Read More
ハッカソンで使用したアーキテクチャ

【寄稿】株式会社D2CにおけるAWSを活用した機械学習ハッカソンの取り組み

この投稿は株式会社D2Cのデータサイエンティスト 阿部 将大 氏に、自社で開催された機械学習ハッカソンの取り組みについて寄稿頂いたものです。 ※ 一部、ハッカソン開催を支援したAWSも執筆しています 1. はじめに 株式会社D2C ドコモ広告事業本部 データソリューション部の阿部と申します。D2Cは広告事業を展開しており、我々の部署はユーザーや広告主、メディアの分析を行い、広告配信システムのロジックやユーザーセグメントなどの開発をしています。

Read More

Amazon SageMaker RL を利用した Unity 上での強化学習エージェントの作成

Unityはゲーム業界をはじめ、映画や自動車業界など幅広い分野で利用されている仮想環境エンジンです。ユーザーはUnityで提供されるツールを通して、独自の物理法則、地形、キャラクターを作成することが可能です。Unity Machine Learning Agents Toolkit (ML-Agents)はオープンソースプロジェクトで、Unityで構築した仮想環境内で動作する強化学習エージェントを作成することが可能です。強化学習とは機械学習の一種であり、エージェントはある環境上の一連のアクションに対して受け取る総報酬を最大化するための方策を学習します。SageMakerにおける強化学習の取り組みについてはこちらのブログを参照ください。Unity ML-Agentsは強化学習エージェントの作成において広く使われているツールであり、作成された強化学習エージェントはレベルデザイン、バグ検出、チート検出など様々な用途で応用されています。より複雑な環境における強化学習エージェントの作成には、分散学習、ハイパーパラメータチューニングなどにおいて効率よくコンピューティングリソースを配置することが重要となります。このブログでは、SageMaker RLとUnity ML-Agentsを統合し、フルマネージドな環境で効率よくコンピューティングリソースを配置し強化学習エージェントを作成する方法について紹介します。 SageMaker RLを使う利点 Amazon SageMaker はフルマネージドサービスであり、機械学習モデルを迅速に構築、トレーニング、デバッグ、デプロイなどをするための様々な機能を提供しています。SageMaker RLはこのSageMaker上で動作し、ビルド済みのRL ツールキットを提供しています。SageMaker RLを用いることで、容易にRL環境を構築でき、TensorflowやPyTorchといったフレームワークを使用した強化学習が可能です。学習、推論ジョブはSageMakerによって管理されており、お客様は強化学習エージェントの作成に多くの時間を割くことができます。また、SageMaker RLは複数のサンプルノートブックを提供しており、どのように強化学習をロボティクス、オペレーションズ・リサーチ、金融に利用するのかなどを学ぶことが可能です。以下に紹介するソリューションもこのサンプルノートブックからすぐさま利用可能です。 SageMaker RL – Unity ML-Agents integrationの利用方法 今回利用するSageMaker RLの学習ジョブの構成は以下のようになっています。強化学習ツールとしてはRay-RLLibを使用しています。分散学習、アルゴリズム構築、ネットワーク構築、パラメータ設定などをRay-RLLib上で管理することで煩雑な作業を減らすことが可能です。Unity環境はOpenAI Gym環境としてラップすることでRay-RLLibからはUnity独自の仕様を意識することなく一般的な強化学習タスクとして扱えます。そして、学習を実行するリソースや設定についてはSageMakerで管理しています。 では、実際にこの構成で強化学習エージェントを作成する方法を順を追って説明します。 セットアップ はじめに、ノートブックの環境設定を行います。下記を実行することで、API実行用のIAMロール、S3バケットの設定やPythonライブラリのインポートなど環境設定を行うなうことができます。 import sagemaker import boto3 # set up the linkage and authentication to the S3 bucket sage_session = sagemaker.session.Session() s3_bucket = sage_session.default_bucket() s3_output_path = ‘s3://{}/’.format(s3_bucket) print(“S3 […]

Read More

閉域網で Amazon SageMaker を利用する際のポイントと手順

みなさま、こんちには!ソリューションアーキテクトの辻です! このブログでは Amazon SageMaker を閉域網で利用する際のポイントや設定方法、使い方を紹介します。長い記事となりますので、以下の構成に沿って、閉域網における利用まで順を追って説明します。 全体像の紹介 – パート1 閉域網の作成 (閉域網を新規作成したい方向けです) – パート2 ネットワークと権限の設定 (管理者による設定の手順などを紹介します) – パート3 エンドユーザーによる利用 (パート2, 3の手順で構築した環境での Amazon SageMaker の各種機能の利用方法を説明します) – パート4 リソースの後片付けとまとめ – パート5,6 いずれのパートも Amazon SageMaker に関して経験があり、SageMaker Python SDK などを利用したことのある方を前提としています。設定方法は東京リージョンを前提としているので、他のリージョンをお使いになる方は適切に読み替えてください。

Read More

RAPIDSをAmazon SageMaker Processingで実行する

こんにちは、アマゾン ウェブ サービス ジャパンの藤田です。Amazon SageMakerは、すべての開発者が機械学習モデルを迅速に構築、トレーニング、デプロイできるようにするための完全マネージド型サービスです。Amazon SageMakerは機械学習モデルの開発を容易にするため、機械学習の各プロセスから負荷の大きな部分を取り除きます。 今回は、開発者が機械学習の前処理、後処理、モデル評価といったワークフローをAmazon SageMaker上で簡単に行うためのPython SDKであるAmazon SageMaker ProcessingとデータサイエンスのワークフローをGPUで高速化するフレームワーク、RAPIDSを使用し、サーバレスに前処理、特徴量作成を行う方法を紹介します。

Read More

創薬ワークフローハンズオン~ Amazon Comprehend Medicalを利用したSNS/論文分析~

創薬研究において、クラウドリソースの活用は有用です。例えば、大規模計算に必要なHPC環境を必要な時に瞬時に立ち上げて処理したり、目視による画像分類・判別を機械学習により自動化する事で、従来多くの時間がかかっていた業務を短縮することができ、創薬プロセスを飛躍的に効率化することが可能です。しかしながら、クラウドのサービスやソリューションが業務にフィットするか検証するために、計算環境や機械学習環境を構築するには手間と時間がかかります。そのため、ヘルスケア・ライフサイエンスチームでは、創薬ワークフローに対するハンズオンといった業界特化のソリューションを提供することで、機能やソリューションが業務にフィットするかユーザの方々に体感頂いております(例えば、「化合物の溶解度予測」の内容はこちらに記載しています)。今回、当該ハンズオンに対してご要望の多かった、「AWS CloudFormation (以下、CFn)によるテンプレート化」を2つのハンズオンコンテンツで実装し、数回のクリックだけでご自身の環境にDeployできるようにしました。これにより、幅広いユーザーの方に利用頂き、ソリューションを体感頂ければと思います。

Read More

人工知能で進化する人材開発

1 年と少し前に、私は LearnGeek の創業者兼プリンシパルである JD Dillon と一緒に人材開発 (Learning and Development: L&D) カンファレンスのエキスポホールでチャットボット、予測学習管理システム、ゲーム化されたコースのデモを見学していました。各ベンダーがそれぞれの人工知能 (Artificial Intelligence: AI) ソリューションを「未来の働き方」を推進する「AI 対応」と宣伝するにつけ、 AI という売り文句の滑稽さにジョークを飛ばし、決してまだ万能ではない現在の AIに対する認識が間違ってひとり歩きするさまを笑いものにしていました。 ただしそれでも、AI が職場学習における次の重要な話題になってきていることまでは否定しませんでした。AI がビジネスにもたらした影響を考えれば、驚くまでもないことです。IDC の予測ではエンタープライズアプリケーションの 75% が 2021 年までに AI を使用し、自動認識および AI 関連の支出は 522 億ドルに増加するとされています。最近 JD と私は L&D 分野における AI 活用の議論を進めることを目的として「人工知能で進化する人材開発」と題した共同プレゼンテーションを行いました。今こそ L&D が多岐にわたる AI の可能性や実務の発展に求められる具体的なステップを模索し、それによって AI 活用を段階的に推し進める時です。   AI とは 機械がある課題を解決する一連の規定されたルール (アルゴリズム) に基づいてタスクを実行するとき、この「インテリジェントな」一連の動作を AI と呼びます。ほとんどのエキスパートは AI の現在と未来を説明する際の便宜上、 […]

Read More

レジなし無人販売冷蔵庫を構築できる、This is my Smart Cooler プログラムを公開しました

AWS は、デジタル変革を進める小売業のお客様からの 「最先端のリテールソリューションを内製したい」というご要望にお応えするために、お客様自らがレジなし無人販売冷蔵庫を迅速に構築し学習や体験ができる This is my Smart Cooler プログラムを発表します。

Read More