万が一の地震や停電、ネットワーク障害への備えは、昨今ますます重要となってきています。特に大切なデータを保持しておく必要があるデータベースに いたっては、データの消失を避ける仕組みを構築しておく必要がありますが、同じデータセンターでの冗長化の場合、停電や災害などの際のリカバリは非常に困難となります。また従来、異なるデータセンターを確保することはコスト・時間がかかりました。

アマゾン ウェブ サービスのクラウドでは、複数のアベイラビリティーゾーン(データセンター)を選択・ご利用いただくことが可能なため、これまでではコストも時間もかかっ た複数のデータセンターでの環境運用が手軽行えます。Elastic Load Balancing を利用することで、アマゾン ウェブ サービスの複数のアベイラビリティ―ゾーンで用意された冗長構成のサーバー、そして一方のアベイラビリティ―ゾーンでスレーブのデータベースを用意してお くことにより、データベースの同期を行うとともに、フェイルオーバーを行うことができます。 Amazon RDS では Multi-AZ を利用することで、複数のアベイラビリティーゾーンを使った冗長構成を手軽に実現することができます。このため、ウェブサー バーを冗長化するために、オリジナルの EC2 サーバーで作成しておいた AMI を使って、別のアベイラビリティ―ゾーンで Amazon EC2 を起動し、Elastic Load Balancing 配下に追加することで、冗長化されたウェブサーバーおよび同期化されたデータベース構成が実現できます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

日本担当チームへお問い合わせ »

ディザスタリカバリを考慮したクラウド構成例

サーバー環境
Amazon EC2
ロードバランサー
Elastic Load Balancing
フルマネージドリレーショナルデータベース
Amazon RDS