IoT デバイス制御のための

クラウド構成と料金試算例

他のユースケースを選択する
  • 他のユースケースを選択する
  • クラウド構成と料金試算例 TOP
  • ファイルサーバー・Windows システム
  • ビジネスアプリケーション
  • 仮想デスクトップ
  • Web サイト・Web アプリケーション
  • コンテンツ配信
  • バックアップ
  • IoT
  • 機械学習
  • ゲーミング

AWS ソリューション構成例 - IoT デバイス制御

目的・用途:
IoT デバイスをクラウドを使って遠隔から監視・制御したい

この構成での料金試算例:
106 ドル(月額)  

IoT デバイスの監視と制御を行うため AWS IoT Core を使ってサーバレスでソリューションを構築する例です。

IoT デバイス制御では、インターネットに接続されたデバイスは IoT アプリケーションに接続し、IoT アプリケーションはデバイスとデータや制御コマンドをやり取りできます。

AWS IoT Core のメッセージブローカーを用いることで、デバイスと IoT アプリケーション間でメッセージの相互伝達が可能となります。トピックと呼ばれる論理通信チャネルをデバイス毎に割り当てサブスクライブすることで、IoT アプリケーションからトピックに向けて制御コマンド送信するとデバイスでメッセージの受信が行えます。また、AWS IoT Events を用いることで、if 文などの分岐処理を書くことなく、IoT センサーやアプリケーションで発生したイベントを容易に検出し対応することが可能となります。

この構成での選択サービス

メッセージ相互通信 AWS IoT Core
デバイス状態変更検知 AWS IoT Events
大量メッセージのストリーミング Amazon Kinesis Data Stream
データストアへの格納、通知メッセージ加工 AWS Lambda
通知メッセージ送信 Amazon Simple Notification Service
REST エンドポイント Amazon API Gateway
デバイス情報データストア Amazon DynamoDB

この構成での料金試算例

サービス
項目 数量 単価 料金 (USD)
AWS IoT Core デバイス接続時間(分) 43,200 万分 (*1) 0.096USD / 100 万分 41.48
メッセージング数 600 万メッセージ (*2) 1.20USD / 100 万件(10億件まで) 7.20
トリガーされたルール対象のメッセージ 303 万メッセージ (*3) 0.18USD / 100 万件 0.55
実行されたアクション 303 万アクション (*3) 0.18USD / 100 万件 0.55
AWS IoT Events メッセージ評価回数 3万評価 (*4) 1.21USD / 1 万評価(500 万回まで) 3.63
Amazon Kinesis Data Streams シャード・時間 720 シャード・時間 (*5) 0.0195USD / 時間 14.04
PUT ペイロード・ユニット 300 万ペイロード・ユニット 0.0215USD / 100 万ユニット 0.07
AWS Lambda 配信メッセージ作成、デバイス情報取得・格納リクエスト 306 万リクエスト (*6) 0.20USD / 100 万件
(100 万件/月は無料)
0.42
配信メッセージ作成、デバイス情報取得・格納処理時間 153.75 万 GB-秒 (*7) 0.0000166667USD / GB-秒
(40 万GB-秒/月は無料)
18.96
Amazon Simple Notification Service 配信リクエスト 3 万リクエスト 最初 100 万件 / 月は無料 0.00
通知配信件数 3 万件 (*8) 2.00USD / 10 万件 0.60
通知配信メッセージサイズ 150MB (*8) 0.00USD / GB(1GBまで/月) 0.00
Amazon API Gateway API リクエスト 300 万リクエスト (*9) 4.25USD / 100 万リクエスト
(最初の 3 億 3,300 万)
12.75
デバイス制御コマンド結果 2.9GB (*9) 1GB / 月まで無料
0.114USD / GB(9.999TB/月まで)
0.22
Amazon DynamoDB データ容量 0.04GB (*10) 毎月最初の 25 GB の保管は無料 0.00
書き込みリクエスト 300 万リクエスト (*11) 1.4269USD / 100 万リクエスト 4.29
読み込みリクエスト 303 万リクエスト (*12) 0.285USD / 100 万リクエスト 0.87

月額合計料金:105.63(USD)

※ 2020 年 5 月 22 日時点での試算です

  • 東京リージョンのご利用を想定しています。
  • デバイス 1 万台が AWS IoT Core に 30 日間常時接続し、ユーザーからの制御コマンドを受信し、5KB の制御コマンド実行結果を AWS IoT Core へ送信します。
  • 全制御コマンド実行結果の 1%がエラーになるとします。
  • トリガールールはデバイスから AWS IoT Core へ送信されるメッセージに対して設定します。全メッセージを Amazon Kinesis Data Streams へ転送し、エラーメッセージのみを AWS IoT Events へ転送するルールステートメント・アクションを作成します。
  • Amazon Kinesis Data Streams から Lambda へのバッチサイズは 100、バッチウィンドウは 60 秒とします。
  • AWS Lambda のメモリは全て 256MB を指定します。
  • AWS Lambda による配信メッセージ作成処理時間は平均2秒、メッセージ保存処理時間は平均 3 秒、デバイスへの制御コマンド送信処理時間は平均2秒とします。
  • 平均 5KB/配信のサイズでメール配信を行います。
  • ユーザーは 10 回/日/デバイスの頻度で制御コマンドを送信し、1KB のレスポンスを受信します。
  • デバイス情報は 4KB/アイテムで Amazon DynamoDB に保存します。

1. 1 万デバイス * 43,200 分 (30 日) = 43,200 万分として計算
2. ユーザーから制御コマンド送信:1 万台 * 10 回/日 * 30 日 = 300 万メッセージ、デバイスから制御コマンド実行結果送信:1 万台 * 10 回/日 * 30 日 = 300 万メッセージ。合計:300 万 + 300 万 = 600 万メッセージとして計算
3. 全メッセージ転送のためのルールステートメント:300 万メッセージ、エラーメッセージ転送のためのルールステートメント:300 万 * 0.01 = 3 万メッセージ。合計:300 万 + 3 万 = 303 万メッセージとして計算
4. 300 万 * 0.01 = 3 万メッセージがトリガー対象メッセージ、AWS IoT Events への送信メッセージとして計算
5. デバイスからの送信メッセージサイズ/秒が300 万メッセージ * 5KB/メッセージ / (60 * 60 * 24 * 30) = 5.787037037KB/秒であるため、必要となるシャード数は1シャードで、1シャード * 7,200 時間(30 日) = 7,200 シャード・時間として計算
6. 配信メッセージ作成:1 万台 * 10 回/日 * 30 日 * 0.01 = 3 万リクエスト、メッセージ保存:300 万メッセージ / 100 バッチサイズ = 3 万リクエスト、制御コマンド送信: 1 万台 * 10 回/日 * 30 日 = 300 万リクエスト。合計:3 万リクエスト + 3 万リクエスト + 300 万リクエスト = 306 万リクエストとして計算
7. 配信メッセージ作成:3 万リクエスト * 2 秒/リクエスト = 6 万秒、メッセージ保存:3 万リクエスト * 3 秒/リクエスト = 9 万秒、制御コマンド送信:300 万リクエスト * 2 秒/リクエスト = 600 万秒。合計:(6 万秒 + 9 万秒 + 600 万秒) * 256MB = 15 万 7,440MB- 秒 = 153.75GB- 秒として計算
8. 3 万配信 * 5KB/配信 = 15 万 KB ≒ 150MBとして計算
9. 1 万台 * 10 回/日 * 30 日 = 300 万リクエストし、300 万リクエスト * 1KB = 300 万 KB ≒ 2.9GB のレスポンスとして計算
10. 4KB/アイテム * 1 万台 = 40,000KB ≒ 0.04GB
11. 制御コマンド実行結果:300 万リクエスト。全書き込みリクエスト:300万リクエストとして計算
12. 配信メッセージ作成:3 万リクエスト、デバイス検索:300 万リクエスト。全読み込みリクエスト: 3 万 + 300 万 = 303 万リクエストとして計算

関連リソース

Lightsail_Pricing-Icon

AWS 料金と見積り方法について
詳細はこちら ≫

Next-Steps-Icon_Toolkit

AWS クラウドのご利用開始方法
詳細はこちら ≫

migration_icon_cdp

国内の AWS クラウド導入事例
詳細はこちら ≫

AWS の導入支援・お見積方法・資料請求の
ご相談に日本担当チームがお答えします。

クラウドを無料ではじめましょう!
60 以上のサービスを 1 年間無料でお試しいただけます。