Windows Server 社内業務アプリ環境移行のためのクラウド構成例

規模の大小にかかわらずすべての企業において、ビジネスアプリケーションは重要なものです。Windows アプリケーションをクラウドへ移行する際、社内システムを安全にクラウドで利用するには、仮想専用ネットワーク(VPN)でお客様のゲートウェイと接続し、信頼性ある環境にすることが必要となります。

この構成によって、インフラ管理の中でも特にデータベースの運用管理負荷を軽減し、 毎月のバックアップ体制も整った Windows ベースの社内業務アプリケーション環境を実現できます。


12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。


cdp-windows-bizapp-migration_v2

この構成での選択サービス

サーバー環境
Amazon EC2
ブロックストレージ
Amazon EBS
データベース
Amazon RDS
バックアップストレージ Amazon S3
ネットワーク Amazon VPC
サポート AWS サポート

この構成でのお見積り例

予約金(年一回) $2,775.05
月額 $371.42
  • 最新料金によるお見積り金額は、こちらよりご覧いただけます。
  • Windows 環境をライセンス込で実現
  • ネットワーク転送量、IO 転送量等によって価格は変動する可能性があります。
  • 社内から VPN 接続し、社内ネットワークの延長として利用
  • フルマネージド型のリレーショナルデータベースである Amazon RDS for Microsoft SQL Server を利用し、データベースの運用負荷を軽減
  • データは Amazon S3 にバックアップ
  • バックアップは標準のスナップショット機能で実現
  • データのダウンロードについては、月間 10GB を想定しています。
  • 本構成例は一つの例です。個別のご計画についてご相談の場合は日本担当チームまでお問い合わせください。お問い合わせはこちら »