試験のスケジュールを立てる

AWS 認定セキュリティ専門知識は、セキュリティロールを遂行する人を対象としており、AWS プラットフォームのセキュリティ保護についての理解度を評価するものです。

この試験で評価する能力は次のとおりです。

  • 専門的なデータの分類と AWS のデータ保護の仕組みに関する知識
    データ暗号化の手法とそれを実現する AWS の仕組みに関する知識
    セキュアなインターネットプロトコルとそれを実現する AWS の仕組みに関する知識
  • AWS のセキュリティサービスとセキュアな運用環境を実現するサービスの機能に関する実践的な知識
  • AWS のセキュリティに関するサービスおよび機能を使用した、運用環境における 2 年以上の経験を通じて得られたコンピテンシー
  • 一連のアプリケーション要件に応じて、コスト、セキュリティ、導入の複雑さのバランスを勘案した意思決定を行える能力
  • セキュリティの運用とリスクに関する知識

この試験を受けるには、AWS 認定のベーシックもしくは役割別認定 (クラウドプラクティショナーまたはアソシエイトレベル) を取得している必要があります。

  • セキュリティソリューションの設計や実装に関する 5 年以上の IT セキュリティに関する経験
  • AWS のワークロードのセキュリティ保護に関する 2 年以上の実務経験
  • AWS のワークロードに関するセキュリティ制御

試験準備には次のトレーニングコースおよび資料が役立ちます。

  • AWS Security Fundamentals 自分のペースで進められる 3 時間のオンラインコース(英語)
  • Advanced Architecting on AWS インストラクター主導による、ライブまたは仮想クラスでの 3 日間のコース
  • Security Operations on AWS  インストラクター主導による、ライブまたは仮想クラスでの 3 日間のコース
  • AWS Digital Training セキュリティに関するサービスおよびトピックに特化した、自分のペースで進められるデジタルコース  

AWS ホワイトペーパー  

  • 形式: 複数の選択肢と複数の答えがある問題
  • 所要時間: 170 分
  • 言語: 日本語、英語
  • 本試験受験料: 30,000 円 (日本語版/税抜)

試験および試験ガイドは以下の言語で用意されています。

試験ガイドのダウンロード
サンプル問題のダウンロード

試験準備リソースガイド

AWS 認定の準備に役立つリソースとヒントを参照してください。

使用を開始する準備はできましたか?