AWS 認定セキュリティ – 専門知識

業界で広く知られている認定によって、技術的スキルと専門知識を証明し、キャリアアップにつなげます。

AWS 認定セキュリティ – 専門知識は、最低 2 年間の AWS のワークロードの保護に関する実務経験を持つセキュリティ担当者である個人を対象としています。

認定によって検証される能力

  • 専門的なデータ分類と AWS におけるデータ保護メカニズムについての理解
  • データ暗号化メソッドと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解
  • 安全なインターネットプロトコルと、AWS におけるその実装メカニズムについての理解
  • 安全な本番環境を実現するための、AWS のセキュリティサービスと機能についての実務知識
  • AWS のセキュリティ関連のサービスと機能の使用に関する、2 年以上の本番デプロイ経験から得るコンピテンシー
  • 一連のアプリケーション要件が指定された状況で、コスト、セキュリティ、デプロイの煩雑さについてトレードオフを考慮した決定を下せる能力
  • セキュリティの運用とリスクについての理解
  • AWS ワークロードの保護に関する最低 2 年間の実践経験
  • AWS でのワークロードのセキュリティコントロール
  • IT セキュリティ分野でセキュリティソリューションの設計と実装に従事した最低 5 年間の経験

試験の準備

認定試験に向けて準備する最善の方法は、実用的な経験を積むことです。そのため AWS では、最低 2 年間実際に AWS をお使いになることをお勧めします。

icon_security

試験の概要

mini-icon_exam_2
mini-icon_level
mini-icon_time
mini-icon_price
mini-icon_language

試験の形態
複数の選択肢と複数の答えがある問題

試験のタイプ
専門知識

試験時間
170 分

受験料金
30,000 円(税別)

試験言語
英語、日本語、韓国語、中国語 (簡体字)

icon_security

AWS セキュリティの基礎

クラスルーム | 1 日間

AWS セキュリティの基礎では、クラウドコンピューティングと AWS セキュリティの基礎的な概念を紹介します。これには AWS アクセスコントロールと管理、ガバナンス、ロギング、および暗号化の方法が含まれてます。また、セキュリティに関連するコンプライアンスプロトコル、リスクマネジメント戦略、AWS のサービスのセキュリティ機能についても扱われます。

icon_security

AWS でのセキュリティエンジニアリング

クラスルーム | 3 日間

このコースでは、AWS セキュリティサービスを効率的に使用して、AWS クラウドで安全な環境を維持する方法を説明します。このコースでは、クラウドのデータとシステムのセキュリティを強化するために AWS で推奨されるセキュリティのプラクティスに焦点を当てます。コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、データベースサービスを含め、AWS が提供する主要サービスのセキュリティ機能をハイライトします。また、オートメーション、継続的なモニタリングとロギング、セキュリティインシデントへの対応のための AWS の各種サービスとツールを活用する方法についても学びます。

icon_solutions-architect-pro

Advanced Architecting on AWS

クラスルーム | 3 日間

Architecting on AWS の応用編であるこのコースでは、データサービス、ガバナンス、セキュリティを組み込んだ複雑なソリューションを AWS プラットフォームで構築する方法について学習します。また、AWS Direct Connect、AWS Storage Gateway など、ハイブリッドアーキテクチャのサポートに特化した AWS のサービスが紹介されます。さらに、セキュリティと可用性に優れ、スケーラブルで伸縮自在なアプリケーションを AWS で構築するための設計のベストプラクティスについても取り上げます。