AWS DataSync は、AWS ストレージサービスとの間でのテラバイト単位のデータのコピーを簡素化、自動化、高速化する安全なオンラインデータ転送サービスです。カスタムソリューションを構築したり、反復的なタスクを監督することなく、大規模なデータセットを簡単に移行または複製できます。 DataSync は、Network File System (NFS) 共有、Server Message Block (SMB) 共有、Hadoop Distributed File Systems (HDFS)、セルフマネージドオブジェクトストレージ、または AWS Snowcone と、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケット、Amazon Elastic File System (Amazon EFS) ファイルシステム、そして Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムとの間でデータをコピーできます。

専用ネットワークプロトコル

AWS DataSync は、ストレージプロトコルと疎結合化された AWS 設計の転送プロトコルを使用して、データの移動を加速しています。このプロトコルは、どのようにして、いつ、どのようなデータをネットワークを介して送信するかを最適化します。DataSync によって実行されるネットワーク最適化には、インクリメンタル転送、インライン圧縮、スパースファイル検出、ならびにインラインデータ検証や暗号化などがあります。

ローカルの DataSync エージェントとクラウド内のサービスコンポーネント間の接続はマルチスレッド化されており、ワイドエリアネットワーク (WAN) 上のパフォーマンスを最大化します。1 つの DataSync タスクで、オンプレミス環境と AWS 間のネットワークリンクを介して 10 Gbps を完全に利用できます。

自動インフラストラクチャ管理

DataSync は、独自のコピースクリプトの作成、最適化、管理、処理が重い商用転送ツールのデプロイやチューニングの際に直面するインフラストラクチャおよび管理に関する課題の多くを排除します。インフラストラクチャを簡素化し、内蔵のモニタリング機能で制御を維持し、データ転送の成功を確実にするための再試行メカニズムを備えています。

帯域幅の最適化と制御

ホットデータやコールドデータの転送がお客様のビジネスの妨げになることはありません。DataSync は、帯域幅の消費を最適化するための詳細な制御機能を備えています。業務のない時間帯に転送速度を最大 10 Gbps に調整し、他の場所でネットワークの可用性が必要な場合には制限を設定します。

データ転送スケジューリング

DataSync には組み込みのスケジューリングメカニズムが付属しており、データ転送タスクを定期的に実行して、送信元ストレージシステムから送信先への変更を検出してコピーできます。AWS DataSync コンソールまたは AWS コマンドラインインターフェイス (CLI) を使用して、繰り返し転送を管理するスクリプトを作成しなくても、タスクをスケジュールできます。タスクスケジューリングは、設定したスケジュールでタスクを自動的に実行します。AWS コンソールには、毎時、毎日、または毎週のオプションが直接提供されます。

データの暗号化と検証

すべてのデータは、転送中は Transport Layer Security (TLS) で暗号化されています。DataSync は、Amazon S3 バケットのデフォルトの暗号化、保存中のデータの Amazon EFS ファイルシステム暗号化、保存中および送信中の Amazon FSx for Windows File Server 暗号化の使用をサポートしています。

DataSync は、データがそのまま到着することを保証します。転送ごとに、サービスは転送中と休止中の両方で整合性チェックを実行します。こうしたチェックは、転送先に書き込まれたデータが転送元から読み取られたデータと一致することを保証し、一貫性を確認します。

ファイルシステムの統合とメタデータの保存

DataSync エージェントは、業界標準の NFS および SMB プロトコルを使用して既存のストレージシステムに接続したり、HDFS クライアントとして Hadoop クラスターに接続したり、または Amazon S3 アプリケーションプログラミングインターフェイス (API) を使用してお使いのセルフマネージドオブジェクトストレージに接続します。エージェントはデータをすばやく転送し、指定された Amazon S3 バケット、Amazon EFS ファイルシステム、または Amazon FSx for Windows File Server ファイルシステムに書き込みます。

Amazon S3、Amazon EFS、Amazon FSx for Windows File Server の間でオブジェクトやデータをコピーする際に、ファイルの許可やメタデータが保持されます。

データを Amazon S3 にコピーする場合、DataSync は各ファイルを 1:1 の関係で単一の S3 オブジェクトに自動的に変換し、NFS 共有や HDFS から POSIX メタデータを Amazon S3 オブジェクトメタデータとして保持します。ファイルシステムメタデータを含むオブジェクトをファイル形式にコピーして戻すと、(DataSync が S3 にコピーした) 元のファイルメタデータが復元されます。

AWS のインフラストラクチャおよび管理サービスとの統合

DataSync は、AWS のセキュリティ、モニタリング、監査サービスとネイティブに連携して、データの移動を簡単にし、IT、ストレージ、および DevOps チームに一貫した管理経験を提供します。Amazon S3、Amazon EFS、Amazon FSx for Windows File Server との統合に加えて、DataSync は、ファイルを Amazon VPC に直接移動するために、AWS Virtual Private Cloud (VPC) エンドポイント (AWS PrivateLink による) をサポートしています。他の AWS のサービスと同様に、AWS Identity and Access Management (IAM) を使用して DataSync アクセスを安全に管理することができます。同様に、Amazon S3 バケットにアクセスするサービスを制御するために、IAM ロールを設定することができます。

Amazon CloudWatch と AWS CloudTrail によるモニタリングと監査

Amazon CloudWatch を使用すると、現在進行中の DataSync 転送のステータスを監視し、以前のデータ転送履歴を確認することができます。CloudWatch メトリクスで、コピーされたファイル数とデータの量を確認できます。特定の時間に転送される個々のファイルに関する情報、および DataSync の整合性検証の結果については、CloudWatch Logs を参照してください。これにより、モニタリング、レポート、トラブルシューティングが簡略化され、関係者にタイムリーな更新を提供できます。さらに、転送タスクが完了すると CloudWatch Events がトリガーされ、従属しているワークフローを自動化できます。監査の目的で、DataSync によって実行されたすべてのアクションを記録する AWS CloudTrail を参照することができます。

従量制の料金体系

AWS DataSync では、サービスによってコピーされたデータに対してのみ、ギガバイト単位の均一料金でお支払いいただきます。ソフトウェアライセンス、契約、保守費用、開発サイクル、ハードウェアは必要ありません。これにより、高性能スクリプト転送を手動で構築、運用、最適化する場合と比較して、総保有コスト (TCO) を削減でき、商用転送ツールを購入して運用する場合と比較しても、総コストを削減できます。

DataSync の料金の詳細
DataSync の料金の詳細

DataSync の料金はシンプルであり、転送するデータの量に基づいています。

詳細 
まずは無料で始める
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 
 

サインアップ 
コンソールで構築を開始する
コンソールで構築を開始する

AWS コンソールで DataSync を使用して構築を開始します。

サインイン