Amazon Elastic Container Service の開始方法

ログインとセットアップ

Amazon ECS を使用して最初のコンテナ化されたアプリケーションを実行する詳細な手順については、コンソールまたはデベロッパーガイドの AWS Copilot チュートリアルに従ってください。

Amazon ECS デジタルトレーニング

AWS デジタルトレーニングでは、AWS のエキスパートが開発した無料のオンデマンドコースを提供しています。新しいラーニングセンターである AWS スキルビルダーでは、Amazon ECS の活用についてより深く学ぶための学習プランと 500 以上のデジタルコースが用意されています。Amazon の認証情報でサインインするとアクセスできます。

現在のコース

Amazon Elastic Container Service 入門

所要時間: 10 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service または Amazon ECS (コンテナ化されたアプリケーションを本番環境で実行するのに役立つ AWS のサービス) を紹介します。このコースは、コンテナについての簡単な復習から始まり、Amazon ECS を使用することの特徴と利点を詳しく掘り下げます。また、サービスのデモンストレーションや、さまざまな Amazon ECS のユースケースのハイライトも説明します。

詳細はこちら »

AWS Fargate の紹介

所要時間: 10 分

これは、コンテナをデプロイし管理するための AWS の新しいサービスである AWS Fargate の入門コースです。このコースでは、AWS Fargate が、ユーザーがコンテナを使用してアプリケーションを実行する方法について説明します。また、サービスの仕組みをさらに理解できるように、AWS Fargate と Amazon ECS のアーキテクチャ例について説明します。


詳細はこちら »

Amazon Elastic Container Registry 入門

所要時間: 10 分

このコースでは、Amazon のコンテナ管理サービスである Amazon Elastic Container Service についてお話します。Amazon ECS に関するいくつかのユースケースを取り上げ、Amazon EC2 インスタンスの管理されたクラスター上でアプリケーションを実行できるようにする方法について説明します。また、このコースでは、その機能の概要と Amazon ECS を使用する利点を説明した後、サービスの簡単なデモンストレーションを行います。

詳細はこちら »

トラブルシューティング: Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS)

所要時間: 10 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) に関する設定情報の表示方法、プロセスのモニタリング、および診断データの収集方法を学びます。この情報を使用して、一般的な問題のトラブルシューティングを支援し、Amazon Web Services (AWS) サポートに問題をエスカレーションする必要がある場合に効果的なサポートケースの詳細を提供する方法を学びます。

詳細はこちら »

Amazon Elastic Container Service (ECS) Primer

所要時間: 30 分

このコースでは、コンテナ化の基本概念と利点だけでなく、Amazon Elastic Container Service (ECS) についても詳しく学びます。ECS と Amazon Elastic Container Registry (ECR) などの補足サービスを使用して AWS にコンテナを実装する方法について説明します。また、一般的なマイクロサービスのシナリオについても説明します。




詳細はこちら »

AWS CustomerCast - AWS Copilot - コンテナ開発の簡素化

所要時間: 222 分

AWS Copilot は、既存の Elastic Container Service (ECS) ユーザーと、低レベルのインフラストラクチャの手動管理を超えて、代わりにアプリケーションとそのライフサイクルについて考え始めたい新しい ECS ユーザーの両方を対象として設計されています。Copilot は、ECS のエンジニアと顧客が長年かけて設計したベストプラクティスを含む、本番環境に適したパターンに基づいて、最新のアプリケーションのデプロイをデフォルトで作成します。

詳細はこちら »

Amazon ECS でエンタープライズアーキテクチャを構築する

所要時間: 90 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で実行するコンテナ化されたアプリケーションをエンタープライズ規模でサポートするための、インフラストラクチャの選択方法を学びます。アプリケーションに基づいた要件定義、アプリケーションをサポートする最適なアーキテクチャの選択、安全性、パフォーマンス、耐障害性に優れた再利用可能なインフラストラクチャパターンの設計方法を学びます。



詳細はこちら »

Amazon ECS におけるアプリケーションライフサイクルの管理

所要時間: 90 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上でアプリケーションを大規模に管理する方法を学びます。Amazon ECS 環境の構築に最適な方法を選択する方法、アプリケーションに最適なデプロイのオプションを選択する方法、アプリケーションのライフサイクルを通じてアプリケーションパイプラインを管理する方法について学びます。





詳細はこちら »

Amazon ECS でアプリケーションを大規模に管理する

所要時間: 90 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上でエンタープライズ規模で動作するアプリケーションを管理する方法を学びます。迅速かつ安全にスケールイン、スケールアウトできる環境を構築する方法を学びます。また、アプリケーションのスケーリングとインフラストラクチャのスケーリングをどのように区別するかも学びます。最後に、アプリケーションのスケーリングに最適なメトリクスを特定するためのテストの実行方法を学びます。

詳細はこちら »

Amazon ECS 上で動作するワークロードの観察、トラブルシューティング、および最適化

所要時間: 270 分

このコースでは、Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) 上で動作するアプリケーションに可観測性を持たせる方法を学びます。システムレベル、アプリケーションレベルでメトリクス、ログ、トレースを収集する方法を学びます。また、収集した情報を適用して問題を特定し、修正する方法についても学びます。

詳細はこちら »

ステップバイステップガイド

7 ステップ

ロードバランサーの背後にある Amazon ECS クラスターで Docker 対応のサンプルアプリケーションを実行し、アプリケーションをテストしてリソースを削除します。

今すぐ開始 »
5 ステップ

モノリシックアプリケーションを Docker コンテナにデプロイし、ダウンタイムなしでアプリケーションをマイクロサービスに分離します。

今すぐ開始 »

リファレンスアーキテクチャ

マイクロサービス


Amazon ECS を使用すれば、AWS で管理されるネイティブな統合によりマイクロサービスを実装できます。

(クリックして拡大)

バッチ処理


Amazon ECS により、Amazon EC2 のオンデマンドインスタンス、リザーブドインスタンス、スポットインスタンスでマネージドスケジューラまたはお客様のスケジューラを使用してバッチワークロードを実行できます。

(クリックして拡大)

自動化された CICD デプロイ


AWS デベロッパーツールを使用して、Amazon ECS で実行するコンテナにコードをデプロイできます。

(クリックして拡大)

Amazon ECS リソースに関する詳細

リソースのページにアクセスする

その他のリソース

構築を始めましょう。
Amazon ECS の開始方法
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ