Q: Amazon Lookout for Metrics では何ができますか?

A: Amazon Lookout for Metrics は、機械学習 (ML) を使用して、顧客がメトリクスの異常を正確に検出しやすくします。顧客がデータをアップロードした後、Lookout for Metrics は自動的にデータを検査し、ML を使用して正確な異常検出モデルを作成します。異常が検出されると、Lookout for Metrics は関連する異常をグループ化し、重大度スコアを提供して、顧客が問題を迅速に診断したり、機会を最大化したりできるようにします。

Q: Amazon Lookout for Metrics は、他の異常検出サービスとどのように異なりますか?

A: Amazon Lookout for Metrics には、差別化された主要な機能が 4 つあります。

  • ML を使用してデータの異常検出を自動化します。Lookout for Metrics は、機械学習アルゴリズムのコレクションをサポートしています。すべての種類のデータに対して 1 つのアルゴリズムが機能するわけではないため、Lookout for Metrics はデータを検査し、適切な ML アルゴリズムを適切なデータに適用して、異常を正確に検出します。モデルの選択、トレーニング、構築、およびデプロイ開に関して手間のかかる作業は Lookout for Metrics が処理するため、お客様は機械学習の経験がなくてもすぐに開始できます。
  • 顧客がデータをほとんどまたはまったく使用しないようにすることができます。顧客は、必要に応じてモデルをトレーニングするための履歴データを提供できます。顧客が履歴データを持たない、または持っていないと選択した場合、Lookout for Metrics はその過程で学習することができます。Lookout for Metrics が異常を学習して検出するまでかかる時間は、お客様のデータによって異なります。
  • 実用的な結果を提供する: Lookout for Metrics は、同時に発生する異常を論理グループにグループ化し、個別のアラートではなく、異常グループに対して単一のアラートを送信して、顧客が全体像を確認できるようにします。また、異常は重大度の順にランク付けされるため、顧客はどの異常にすぐに焦点を合わせるべきかを把握できます。
  • 人間参加型フィードバックによる継続的な改善: Lookout for Metrics を使用すれば、顧客は検出された異常に関するフィードバックを提供できます。これは、モデルの精度とパフォーマンスを継続的に改善するために使用されます。

Q: Amazon Lookout for Metrics がサポートした重要なユースケースは何ですか?

A: Lookout for Metrics は、小売、ゲーム、広告技術、電気通信などの業界におけるカスタマーエンゲージメント、運用、販売、マーケティングに関連するさまざまなビジネス指標にわたり、異常検出のユースケースをサポートしています。

Q: Amazon Lookout for Metrics を使用するために、顧客は履歴データを必要としますか?

A: Lookout for Metrics を使用する際に、顧客は履歴データを必要としません。Lookout for Metrics は顧客のライブデータから学習し、初期化期間の後 (モデルがデータから学習しているとき) に結果を表示し始めるため、顧客は継続的なデータのみを開始する必要があります。初期化期間の長さは、データの頻度によって異なります。たとえば、5 分、10 分、1 時間、24 時間ごとになります。

Q: Amazon Lookout for Metrics を使用するには、データをどの形式に指定する必要がありますか?

A: Lookout for Metrics は、CSV または JSON 形式のデータを使用します。

Q: Amazon Lookout for Metrics でサポートされているデータソースには何がありますか?

A: Amazon Lookout for Metrics は、Amazon Simple Storage (S3)、Amazon Redshift、AWS CloudWatch、Amazon RDS (サポートされているすべてのデータベースエンジン)、および Salesforce、Marketo、Zendesk、ServiceNow、Infor Nexus、Google Analytics、Dynatrace、Datadog、Amplitude、Veeva Systems、Singular、Amazon Simple Notification Service (SNS) AWS Lambda、Slack、PagerDuty、Datadog、Webhooks を含む一般的に使用される SaaS アプリケーションなど、人気のあるデータストアに簡単に接続できます。

Q: Amazon Lookout for Metrics はどのリージョンで利用できますか?

Lookout for Metrics は、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、米国東部 (オハイオ)、欧州 (アイルランド)、欧州 (フランクフルト)、欧州 (ストックホルム)、アジアパシフィック (東京)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (シドニー) でご利用いただけます。

Q: Amazon Lookout for Metrics の料金はいくらですか?

A: Amazon Lookout for Metrics でお支払いいただくのは実際に使用した分だけです。初期費用や最低利用料金はかかりません。Amazon Lookout for Metrics では、関心のあるメトリクスを自動的に分析し、それらのメトリクスから異常を検出し、自動アラートを送信して、異常の重大度とその根本原因を特定することができます。詳細と例については、料金表のページをご参照ください。 

Q: 顧客が Amazon Lookout for Metrics を使い始める方法?

A: こちらから利用を開始できます。 

製品に関するよくある質問
製品の料金を見る

Amazon Lookout for Metrics の料金を調べる

詳細 
サインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます

サインアップ 
構築を開始する
コンソールで構築を開始する

Amazon Lookout for Metrics のプレビューにサインアップしてください。

プレビューにサインアップ