AWS Elemental MediaStore は、動画の発信と保存のためのサービスです。ストリーミングメディアの配信に必要なパフォーマンスと一貫性を、AWS のサービス全体にわたって提供するセキュリティおよび耐久性と組み合わせてお届けします。このサービスは AWS マネジメントコンソール、API、および AWS SDK からアクセスでき、ワークフローに合わせて設定できます。

主な特徴

必要なときに必要なパフォーマンスを提供

あらゆる規模の視聴者に、予測可能な低いレイテンシーを実現
AWS Elemental MediaStore で作成または更新した動画ファイルは、その後数分間、自動的にレプリケーションキャッシュに保持されます。これにより、ストリームの視聴者数にかかわらず、予測可能なレイテンシーと優れたパフォーマンスをご利用いただけます。

高い整合性と低レイテンシーの読み込み、書き込み、更新

バッファリングの削減とエンドツーエンドのレイテンシーの短縮
プレイヤーがダウンロードするオブジェクトをマニフェストで指定する HTTP ベースの動画ストリーミングプロトコルでは、リードアフターライトの整合性と、更新後の読み取りパフォーマンスが要求されます。要求時にコンテンツがすぐに利用できないと、バッファリングが発生するか再生に失敗します。コンテンツのマニフェストが最新でないと、デバイスでの再生が停止します。AWS Elemental MediaStore は、大量のリクエストの処理を前提に低レイテンシーで読み書きを行うように設計されているため、視聴者に高品質の安定したサービスを提供できます。

アクセスコントロールの管理

動画コンテンツへのアクセスをコントロール
統合されたセキュリティ管理ツールを使用すると、Identity and Access Management (IAM) ロールを作成してセキュリティを強化し、コンテンツにアクセスするロールをコントロールできます。例えば、ストレージコンテナ全体のアクセスを管理したり、特定のコンテンツパスのみを制限したりすることで、CDN やエンドビューワーに見せる必要のあるコンテンツのみを公開できます。AWS のセキュリティ管理ツールでは、ワークロードにかかわらず、コンテンツの読み取りアクセスを管理したり、特定の範囲のユーザーに書き込みアクセスを委任したりできます。

単独での使用または AWS Media Services と組み合わせた使用

他の AWS Media Services と組み合わせた使用または単独でのデプロイ
AWS Media Services の一部である AWS Elemental MediaStore は、スタンドアロンのサービスとして使用することも、AWS のサービスと連携させて動画のライブエンコーディング、VOD 処理、広告のパーソナライズと収益化、メディア最適化ストレージを提供するために使用することもできます。さらに Amazon CloudFront CDN など、AWS Elemental MediaPackage とシームレスに相互運用できる AWS の他のサービスも利用できます。