ドキュメントデータベースでは、半構造化データをドキュメントとして保存できます。通常は、JSON 形式または XML 形式で保存します。従来のリレーショナルデータベースとは異なり、それぞれの非リレーショナル (NoSQL) ドキュメントのスキーマが一定ではないため、開発者、データベース管理者、IT プロフェッショナルはアプリケーションデータの整理や保存を柔軟に実行でき、オプションの値に必要なストレージを減らすことができます。

JSON ドキュメントに対応しているため、開発者は、関連するプロパティやデータを含むオブジェクトのシリアル化やロードを簡単に実行できます。NoSQL データベースでは、低コストなハードウェアの分散クラスターを使用してスケール "アウト" することで、レイテンシーを増やすことなくスループットプットを向上させることができます。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める

AWS 無料利用枠は、Amazon DynamoDB を使用した 25 GB のストレージ、毎月最大 2 億リクエストを提供しています。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

アマゾン ウェブ サービス (AWS) では、非リレーショナル (NoSQL) ドキュメントデータベースのいくつかのオプションを利用できます。Amazon EC2Amazon EBS を使用してクラウド内で自社の非リレーショナルなドキュメントデータストアを運用すること、AWS ソリューションプロバイダーと連携すること、完全マネージド型の非リレーショナルサービスを活用することができます。

Amazon DynamoDB は完全マネージド型の NoSQL ドキュメントデータベースサービスであり、きわめて高速かつ予測可能なパフォーマンスとシームレスな拡張性が特長です。Amazon EC2 および Amazon EBS 上で独自の NoSQL クラウドデータベースを実行すると、データベースのあらゆる制御が可能になる一方で、ハードウェアのプロビジョニングと設置の作業は不要になります。

さらに、AWS は MongoDB および Couchbase とパートナーとして提携しています。この 2 社はいずれも、Amazon EC2 および Amazon EBS 上で製品を実行するお客様にサポートやトレーニングを提供しています。

Amazon DynamoDB は AWS クラウドで実行される完全マネージド型のドキュメントデータベースサービスであり、きわめて高速かつ予測可能なパフォーマンスとシームレスな拡張性が特長です。1 桁台のミリ秒単位のレイテンシーを必要とするアプリケーションに対応した、高速かつフレキシブルな NoSQL データベースサービスです。完全マネージド型のデータベースで、ドキュメントデータモデルとキー値データモデルの両方をサポートしています。柔軟性のあるデータモデルと信頼性の高いパフォーマンスにより、モバイル、ウェブ、ゲーム、アドテック、IoT など、より多くのアプリケーションで大いに活用できます。 DynamoDB の使用を今すぐ開始できます

DynamoDB の詳細については、最近のホワイトペーパーとブログ投稿をご覧ください。

Introduction to Amazon DynamoDB
6:44
Amazon DynamoDB のご紹介(日本語字幕)
Redfin - Amazon DynamoDB
1:49
Redfin は Amazon DynamoDB を使用して、類似した出品の検索時間を 2 秒から 12 ミリ秒に短縮
DAT304 Deep Dive on Amazon DynamoDB
55:54
AWS re:Invent 2016: Deep Dive on Amazon DynamoDB (DAT304)

開発者は、任意のドキュメントデータベースを Amazon EC2Amazon EBS にインストールできます。Amazon EC2 インスタンスを使用してドキュメントデータベースを実行できるので、開発者は、インフラストラクチャをプロビジョニングする手間を省くことができると同時に、各種の標準的なドキュメントデータベースエンジンを利用できるようになります。

Cassandra はオープンソースの分散型ドキュメントデータベースで、多くのコモディティサーバーにわたる大規模なデータを処理できます。これにより、単一障害点がなくなり、可用性が向上します。Cassandra ワークロードの実行時には、EBS の使用を検討してください (CrowdStrike が EBS を使って、高密度の Cassandra クラスターを安価に運用した方法についてご覧ください)。

Cassandra および AWS で Cassandra を運用する方法の詳細については、Apache Cassandra on AWS ホワイトペーパーを参照し、AWS Marketplace にアクセスしてください。 

Cassandra Topology in AWS
59:36
Best Practices for Running Apache Cassandra on AWS

Couchbase は、高性能な分散型キー値ストア、Couchbase Server の開発およびサポートを行う企業です。Couchbase Server を AWS に商用レベルで展開するお客様を対象に、サポート、サービス、トレーニングを提供しています。Couchbase との連携および AWS での Couchbase Server の実行については、こちらを参照してください。

MarkLogic Corporation 開発の MarkLogic Server (MarkLogic) は、大規模なデータベースを対象に ACID (Atomicity、Consistency、Isolation、Durability) トランザクションを実現する、完全にスケーラブルなエンタープライズ NoSQL プラットフォームです。ベストプラクティスとスケーリングの概要については、ホワイトペーパー MarkLogic on AWS を参照してください。

MongoDB, Inc. は、オープンソースの高性能なドキュメント指向データベース、MongoDB の開発およびサポートを行う企業です。また、MongoDB を商用レベルでデプロイするお客様を対象に、テクニカルサポート、プロフェッショナルサービス、トレーニングを提供しています。

AWS MongoDB クイックスタート (PDF 形式でも入手可能) を使用すれば、AWS のベストプラクティスに沿って、15 分程度でマルチノードの MongoDB クラスターを AWS クラウド内にデプロイできます。

MongoDB の概要と AWS での実装については、MongoDB on AWS: ガイドラインとベストプラクティスというホワイトペーパーを参照してください。また、MongoDB に関する AWS のセキュリティの推奨事項と、MongoDB ドキュメントの「Security」セクションを参照してください。

MongoDB Inc. との連携、および AWS での MongoDB の実行については、AWS パートナーディレクトリの情報を参照してください。また、AWS での MongoDB の実行に関して企業が認識している画期的な利点についての説明もご覧ください。