Q: Amazon RDS for MySQL と Amazon RDS for MariaDB の違いは何ですか?

MariaDB Server は、MySQL の開発者が作成した人気の高いオープンソースリレーショナルデータベースです。MariaDB データベースエンジンは、MySQL Community Edition バージョン 5.5 と完全な互換性があります。MariaDB では、以下の追加機能を利用できます。

  • スケーラビリティを向上させるスレッドプール
  • クエリオプティマイザの改善
  • 信頼性の高いレプリケーションを実現するグローバルトランザクション ID (GTIDs)
  • パフォーマンスを向上させる並行レプリケーション

詳細については、Amazon RDS ユーザーガイドをご覧ください。

Q: Amazon RDS ではどのバージョンの MariaDB をサポートしていますか?

Amazon RDS では、現在 MariaDB のバージョン 10.0 および 10.1 をサポートしています。 

Q: Amazon RDS では、どのように "メジャー" バージョンと "マイナー" バージョンのリリースを区別しますか?

MariaDB においてバージョン番号は以下のように整理されています。

MariaDB バージョン = X、Y、Z

X = メジャーバージョン、Y = リリースレベル、Z = リリースシリーズ内のバージョン番号

Amazon RDS では、メジャーバージョンまたはリリースレベルが変更されると、バージョン変更がメジャーであると判断されます。例: 10.0.X -> 10.1.X。

同じリリースでバージョン番号が変更されていれば、バージョン変更はマイナーであると判断されます。例: 10.1.14 -> 10.1.17。

Q: Amazon RDS には、エンジンバージョンのアップグレードや現在サポートされているエンジンバージョンの廃止のガイドラインがありますか?

はい。Amazon RDS のよくある質問をご覧ください。

Q: マスターユーザーは、RDS for MariaDB の DB インスタンスでどのような権限が許可されますか?

新しい DB インスタンスを作成すると、使用するデフォルトマスターユーザーは特定の権限を取得します。権限の一覧については、Amazon RDS ユーザーガイドのマスターユーザーアカウント特権をご覧ください。