シミュレーション

AWS RoboMaker Simulation では、シミュレーションジョブの実行に必要な時間に対してのみ支払いが発生します。リソース管理コストや前払いコストは不要で、シミュレーションジョブのステータスが「実行中」の場合にのみ課金されます。シミュレーションジョブの実行に必要となる シミュレーションユニット (SU) の数に基づいて時間あたりの料金が発生します。1 つの SU は、1 vCPU および 2 GB メモリを備えており、シミュレーションジョブを実行するために必要となる SU の数は、vCPU とメモリ間の最大のリソース要件によって決定されます。たとえば、シミュレーションジョブの実行に 1 vCPU および 4 GB メモリが必要な場合は、2 つの SU が必要になります。シミュレーションジョブには最低で 1 個の SU が必要です。SU は時間料金で、1 分単位で請求され、分単位で切り上げられます。また、オプションでシミュレーションジョブでは GPU アクセスを有効にすることもできます。GPU ユニット (GU) に基づく時間単位で課金され、各 GU で 1 つの GPU デバイスにアクセスできます。GU は時間料金で、1 分単位で請求され、分単位で切り上げられます。

RoboMaker Simulation WorldForge の使用料金は従量課金制です。自分でリソースを管理する必要もなければ、初期費用もありません。RoboMaker WorldForge を使用して、RoboMaker Simulation で使用する世界 (3D アセットを含む) を生成し、オプションで他のアプリケーションやサービスで使用するために世界を Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) バケットにエクスポートできます。生成する世界別の定額、エクスポートするワールド別の定額が課金されます。

無料利用枠: AWS RoboMaker は AWS 無料利用枠プログラムの一部です。お客様の支払人アカウントおよびリンクされたアカウント内で RoboMaker Simulation を初めて使用すると、顧客は最初の月に料金を負担することなく 25 SU 時間使用することができます。アプリケーションが 25 SU 時間を使用している場合、または 1 か月後に無料利用枠が期限切れになった場合は、単に標準の従量課金制でお支払いただきます。

追加料金: 標準の Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) データ転送料金は、シミュレーションジョブによって発生するネットワークトラフィックに適用されます。Amazon EC2 のデータ転送料金の詳細については、こちらをクリックしてください。 

料金の例

シミュレーションジョブに必要な SU の数は、ロボットとシミュレーションのワールドの複雑さと比例します。一般的な地上移動ロボットには、カメラセンサーが 1 つ、LIDAR センサーが 1 つ、アクチュエーターが 2 つあります。倉庫や小売店のなどのやや複雑なシミュレーションワールドには、約 100 個のモデル化されたオブジェクトが含まれます。参考までに、このような一般的なロボットとやや複雑なシミュレーションワールドでシミュレーションジョブを実行するには、だいたい 7 つの vCPU と 14 GB のメモリ、または 7 つの SU が必要です。

ロボット工学アプリケーションのリリースサイクルは月 1 回で、各リリースで RoboMaker Simulation を使用して 100 時間のシミュレーションによりパフォーマンステストを行うとします。ここで使用するロボットは一般的な地上移動ロボットであり、シミュレーションワールドは上述のような典型的な倉庫であると考えます。シミュレーションジョブを実行するには、7 つの SU が必要です。

月額料金:

SU の合計使用時間: 100 時間/月 × 7 SU = 700 SU 使用時間

1 SU 使用時間あたりの RoboMaker シミュレーション料金: 0.40 USD

合計料金: 700 SU-時間 × 0.40 USD/SU-時間 = 280 USD

ロボットナビゲーションスタックの回帰テストに向けて、RoboMaker Simulation WorldForge を使用して月に 50 のシミュレーション世界を生成したいとしましょう。 生成された世界の 10% を Amazon S3 バケットにエクスポートして、シミュレーションアプリケーションで調整および構成する予定です。

月額料金

RoboMaker WorldForge 生成料金: 1.5 USD/世界

1 か月あたりに生成される世界の総数: 50 世界

世界生成の合計料金: 50 世界 x 1.5 USD/世界 = 75 USD

RoboMaker WorldForge のエクスポート料金: 5 USD/世界

1 か月あたりにエクスポートされる世界の総数: 50 世界 x 10% = 5 世界

世界エクスポートの合計料金: 5 つの世界 x 5 USD/世界 = 25 USD

RoboMaker Simulation の合計料金: 75 USD + 25 USD = 100 USD

開発環境

AWS RoboMaker 開発環境は AWS Cloud9 上で稼働します。これには標準の AWS Cloud9 の料金が適用され、RoboMaker 開発環境の使用に追加料金は発生しません。AWS Cloud9 では、コードの実行と保存に使うコンピューティングリソースとストレージリソース (Amazon EC2 インスタンスや Amazon Elastic Block Store (EBS) ボリュームなど) に対して課金されます。

関連するサービス価格を以下に示しますが、これらに限定されるものではありません。

AWS Cloud9 の料金

Amazon EC2 の料金

Amazon EBS の料金

料金の例

8 GB の EBS General Purpose SSD (gp2) ボリュームがアタッチされた m4.large Amazon EC2 インスタンス上に RoboMaker 開発環境を作成するとします。この環境でロボットアプリケーションを 1 日 8 時間、月 20 日にわたり開発することを考えます。

月額料金:

インスタンス使用時間の合計: 8 時間/日 × 20 日/月 = 160 時間

Amazon EC2 の時間あたりの m4.large オンデマンドインスタンス料金: 0.10 USD

Amazon EC2 の料金: 160 時間 × 0.10 USD/時 = 16 USD

EBS ボリュームを使用する GB-月 の合計: 8 GB × 1か月 = 8 GB-月

プロビジョニングされた gp2 ボリュームのGB-月あたりの Amazon EBS 料金: 0.10 USD

Amazon EBS の料金: 8 GB-月 × 0.10 USD/GB-月 = 0.80 USD

合計料金 = 16 USD + 0.80 USD = 16.80 USD

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

料金に関するサポートを受ける

個別のお見積もりをご希望の場合、AWS のスペシャリストに問い合わせる

画像
開始方法を確認する

さらにリソースを確認して AWS RoboMaker リソースページの使用を開始する

詳細はこちら 
画像
無料のアカウントにサインアップする

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
画像
コンソールで構築を開始する

AWS RoboMaker で構築を開始しましょう。

今すぐ始める