Amazon Route 53 は、数分で開始できる、シンプルなウェブサービスインターフェイスです。DNS レコードは、Route 53 の API で設定する「ホストゾーン」にまとめられます。Route 53 を使うには、以下を行います。

  • このページの [登録] ボタンをクリックしてサービスを購入します。
  • ドメインの DNS レコードを格納できるホストゾーンを作成します。ホストゾーンが作成されると、高水準の可用性を約束するため、4 つの異なるトップレベルドメイン (TLD) で4 つの Route 53 のネームサーバーを受信します。ドメイン名がない場合、利用できるドメインを検索し、Route 53 コンソールを使用してそれを登録できます。既存のドメイン名がある場合、1 か所でドメイン名と DNS 構成を管理できるように、そのドメイン名を Route 53 の管理に転送することもできます。
  • ホストゾーンは、ドメインのクエリに返答する4つのバーチャルネームサーバーを含め、当初 DNS レコードの基本セットのデータが読み込まれます。AWS マネジメントコンソールを使用して、または ChangeResourceRecordSet API を呼び出して、このセットでレコードを追加、削除、または変更することができます。サポートされる DNS レコードのリストは、こちらでご覧になれます。
  • 現在のレジストラでドメイン名を保持する場合、ドメインのネームサーバーをホストゾーンに関連付けられたネームサーバーに更新するようにレジストラに通知します。Route 53 でドメイン名を登録している場合、ドメイン名は自動的に正しいネームサーバーに関連付けられます。

ドメイン名を別の DNS サービスから Route 53 に転送するには、以下を行います。

  • ドメイン名の DNS レコードデータのリストを取得します。これは一般に、既存の DNS プロバイダから取得可能な「ゾーンファイル」のフォーマットです。
  • 前述の4つの開始手順に従います。

以下のいくつかの簡単なステップに従えば、数分で DNS エントリを設定し、Route 53 にウェブアプリケーションのクエリに応答させることができます。Route 53 サービスと API の詳細情報については、アマゾンの技術文書をご参照ください。

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS ベーシックサポート機能を利用できます。

Amazon Route 53 は現在 AWS 無料利用枠でご利用できないことにご注意ください。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

ドメインネームシステム(DNS)は、インターネットの使い方の基礎を成す、全世界に配信されるサービスです。DNS は階層名構造を使用し、階層の異なるレベルはドット(.)で分割されます。ドメイン名 www.amazon.com と aws.amazon.com を例にとって検討します。 どちらの例も、「com」は上位レベルドメインであり、「amazon」は2番目のレベルのドメインです。2番目のレベルのドメインの下には、いくつかの下位レベル(「www」や「aws」など)があります。コンピュータは、DNS 階層を使用して、人が読み取り可能な名前(www.amazon.com など)をコンピュータが互いに接続できるようにするための IP アドレス(192.0.2.1)に変換します。

Route 53は、「権威ある(authoritative)DNS」システムです。権威ある DNS システムは、開発者がパブリック DNS 名の管理に使用するメカニズムをアップデートします。次に、ドメイン名をコンピュータが互いに通信できるように IP アドレスに変換して、DNS クエリに返答します。

当社のサービス名(Route 53)は、DNS サーバーがポート53でクエリに返答し、インターネット上のアプリケーションに転送するエンドユーザーに回答することからつけられました。今後、Route 53 にさらに転送能力を追加し、御社のユーザーが御社のウェブサイトやアプリケーションにとって最良の方法を見つけるお手伝いをします。

Route 53 は、御社ドメインの DNS レコードの作成/管理を容易にする API セットを提供します。これらは直接呼び出すことができます。また、この機能はすべて、AWS Management Console を介してアクセスすることができます。Route 53 API の完全なリストについては、Amazon Route 53 API レファレンスガイドをご参照ください。最も一般的に使用される API の例とその機能を次に示します。

  • CreateHostedZone: ユーザーの DNS データを含む新しいホストゾーンをつくります。ホスト地域を作成後、4つのネームサーバーを受領し、そのサーバーにドメインを委託できます。
  • GetHostedZone: 特定のホストゾーン情報を一覧表示します。
  • DeleteHostedZone: ホストゾーンを削除します。
  • ChangeResourceRecordSets: ホストゾーンで DNS リソースレコードのデータの読み込み、編集をします。
  • ListResourceRecordSets: ホストゾーンでリソースレコードのセットを取り込む、またはレコード名とタイプごとにフィルタして取り込みます。
  • CheckAvailability: 1 つのドメインの可用性を確認します。
  • RegisterDomain: リクエストされたドメインを登録します。

この API に関する詳細情報については、当社の技術ドキュメントを参照してください。

Amazon Route グローバルネットワークの Route 53 は、高可用性を提供し、パフォーマンスを向上させるために、全世界のロケーションで DNS サーバーのグローバルネットワークを使用します。Route 53 は以下の場所を使用します。

  • Ashburn, VA
  • ジョージア州アトランタ
  • イリノイ州シカゴ
  • Dallas/Fort Worth, TX
  • カリフォルニア州ヘイワード
  • フロリダ州ジャクソンビル
  • カリフォルニア州ロサンゼルス
  • フロリダ州マイアミ
  • ニューヨーク州ニューヨーク
  • ニュージャージー州ニューアーク
  • カリフォルニア州パロアルト
  • ペンシルベニア州フィラデルフィア
  • カリフォルニア州サンノゼ
  • ワシントン州シアトル
  • インディアナ州サウスベンド
  • ミズーリ州セントルイス
  • オンタリオ州トロント
  • アムステルダム (オランダ)
  • ベルリン (ドイツ)
  • ダブリン (アイルランド)
  • フランクフルト (ドイツ)
  • ロンドン (英国)
  • マドリード (スペイン)
  • マルセイユ(フランス)
  • ミラノ (イタリア)
  • ミュンヘン (ドイツ)
  • パリ (フランス)
  • プラハ (チェコ共和国)
  • ストックホルム (スウェーデン)
  • ウィーン (オーストリア)
  • ワルシャワ (ポーランド)
  • チューリッヒ (スイス)
  • リオデジャネイロ(ブラジル)
  • サンパウロ (ブラジル)
  • チェンナイ (インド)
  • 香港 (中国)
  • クアラルンプール (マレーシア)
  • マニラ (フィリピン)
  • ムンバイ (インド)
  • ニューデリー (インド)
  • 大阪 (日本)
  • ソウル (韓国)
  • シンガポール
  • 台北 (台湾)
  • 東京 (日本)
  • メルボルン(オーストラリア)
  • シドニー (オーストラリア)

Route 53 では、前金の支払いは必要なく、御社のドメインに返答するクエリ数の制限がありません。その他のアマゾン ウェブ サービスと同様、従量制で課金が行われ、使用した分に対してのみ支払いを行います。

  • ホストゾーンの管理 Route 53 で管理した各ホストゾーンに対する月額料金を支払います。
  • DNS クエリへの応答 DNS クエリに対する Amazon Route 53 サービスからの応答には、料金が発生します。ただし、クエリの対象がエイリアス A レコードであり、Elastic Load Balancing インスタンスまたは Amazon S3 ウェブサイトバケットにマッピングされている場合は、追加料金は不要です。
  • ドメイン名の管理 Route 53 経由で登録された各ドメイン名または Route 53 に転送された各ドメイン名に対して年間料金を支払います。

AWS が発行する毎月の請求書には、Amazon Route 53 サービスの使用量合計と金額が、他の AWS サービスとは別に記載されます。

このサービスのご利用には、アマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。