SNS マニュアル入門ガイドに沿って作業をするか、AWS マネジメントコンソールを使用することにより、数分で Amazon SNS の使用を開始できます。

SNS と Amazon Simple Queue Service (SQS) の統合が簡単になったため、大量の同一メッセージを複数のキューに同時配信できます。この設計パターンの詳細については、SNS ドキュメントを参照してください。

» 最新情報

» チュートリアル

» AWS Answers

» 動画

» ブログ

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon SNS での 100 万件のモバイルプッシュ通知、100 万件の電子メール配信などが含まれます。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

Amazon Simple Notification Service (SNS) で AWS PrivateLink のサポートを開始

Amazon Simple Notification Service (SNS) で AWS PrivateLink のサポートを開始しました。この機能では、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) 内部で Amazon SNS を使用できるようにすることにより、メッセージをインターネットトラフィックから保護できます。VPC エンドポイントにより、インターネットゲートウェイ、ネットワークアドレス変換 (NAT) インスタンス、または VPN 接続が不要な、信頼性の高い Amazon SNS への接続が提供されます。

ブログを読む
sns_vpc_endpoints_blog

このチュートリアルでは、Amazon Simple Notification Service (SNS) のメッセージフィルタリングの仕組みを活用する方法について学習します。これにより、お客様のトピックにサブスクライブされた各エンドポイントで、そのトピックで公開されたすべてのメッセージを受信するのではなく、興味を持つメッセージのみ送信できるようになります。

チュートリアルを試す

このチュートリアルでは、Amazon Simple Notification Service (SNS) と Amazon Simple Queue Service (SQS) を使用して、ファンアウトメッセージングシナリオを実装します。このシナリオでは、メッセージが複数の受信者に "プッシュ" されます。更新の定期的な確認やポーリングが必要なくなり、受信者ごとにメッセージの並列非同期処理ができるようになります。

チュートリアルを試す

このチュートリアルでは、1 つの AWS アカウントに Lambda 関数を作成して、別の AWS アカウントにある Amazon SNS トピックをサブスクライブします。最初に、Lambda 関数を作成するために必要な設定を実行します。次に、別の AWS アカウントに Amazon SNS トピックを作成します。その後、各アカウントからアクセス権限を付与して、Lambda 関数が Amazon SNS トピックをサブスクライブできるようにします。最後に、エンドツーエンドのセットアップをテストします。

チュートリアルを試す

Video on Demand on AWS は、スケーラブルで分散型のビデオオンデマンドワークフローを構築するために必要になる AWS のサービスを自動的にプロビジョニングするリファレンス実装です。このソリューションは Amazon CloudWatch を活用してログファイルをモニタし、Amazon SNS 通知をエンコーディング、公開、エラーのために送信します。

ソリューションを確認する

AWS Limit Monitor では、制限に対するサービス使用率を追跡できます。簡単にデプロイできるこのソリューションによって、使用率を監査し、リソースについて情報に基づいた決定を下すことができます。実際の使用率が設定されたサービス制限の 80% を超える場合、AWS Lambda によって Amazon SNS トピックにメッセージが発行され、セットアップ時に指定した E メールアドレスに送信されます。

ソリューションを確認する

AWS Ops Automator は、自動化されたタスクのコアフレームワークを提供するために設計された、カスタマイズ可能なソリューションです。このソリューションによって、基盤となるインフラストラクチャの運用管理ではなく機能の拡張に集中して取り組むことができるようになります。警告とエラーのメッセージは、ソリューションで作成されている Amazon SNS トピックに発行され、そこから登録した E メールアドレスに送信されます。

ソリューションを確認する
messaging_video_thumb_reIinvent2017_ARC330_bbc_media_pipelines
52:47
AWS re:invent 2017: BBC がマイクロサービスを用いていかに大量のメディアパイプラインを構築したか (ARC330)
BBC iPlayer は、英国最大の音声、ビデオオンデマンドサービスです。英国の 1/3 以上が毎日 1 千万もの動画再生のリクエストを送り、サービスの発行者は毎週 1 万時間を超すメディアをリクエストしています。BBC では iPlayer をクラウドに移行してコンテンツの市場への配信時間を 10 時間から 15 分に短縮しました。このセッションでは、BBC の主任アーキテクトが iPlayer アーキテクチャ構築の背後にあるアプローチを説明し、Amazon SQS と Amazon SNS がいくつかの方法で使われて伸縮性、信頼性、メンテナンス性を向上していることを語っています。BBC は AWS メッセージングを使って iPlayer のパイプラインで 200 ものマイクロサービス間を調整し、メディアがパイプラインを通る際のデータの一貫性を維持し、キャッシュをリフレッシュしてユーザーへのメディアのタイムリーな配信を確保しています。これは今日最大級のオンデマンドコンテンツ配信システムの内部動作とベストプラクティスを垣間見るまたとない機会です。