この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

Amazon Kinesis 向け AWS ストリーミングデータソリューションは、ストリーミングデータを簡単にキャプチャ、保存、処理、および配信するために必要な AWS のサービスを自動的に設定します。このソリューションは、大量のアプリケーションログのキャプチャ、クリックストリームデータの分析、データレイクへの継続的な配信など、リアルタイムストリーミングのユースケースを解決するのに役立ちます。さまざまなユースケースとビジネスニーズに適応する柔軟性を提供するために、このソリューションでは 4 つの AWS CloudFormation テンプレートが提供されています。各テンプレートを使用すると、さまざまなコンポーネントを組み合わせたり、ニーズに合わせて拡張したりできます。このソリューションを使用して、本番環境の基礎として新しいサービスの組み合わせを試したり、既存のアプリケーションを改善したりできます。

このソリューションは、AWS CloudFormation を使用してリソースをモデル化およびプロビジョニングすること、Amazon CloudWatch アラーム、ダッシュボード、およびロギングをセットアップすること、そして AWS でストリーミングデータのベストプラクティスを手動で実装することの必要性を排除または抑制することにより、開発時間を短縮します。このソリューションはデータやロジックに依存しないため、定型コードから始めて、すぐにカスタマイズを開始できます。デプロイ後、ソリューションのモニタリング機能を使用して、本番環境に簡単に移行できます。

Amazon Kinesis 向け AWS ストリーミングデータソリューションは、データがプロデューサー、ストリーミングストレージ、コンシューマー、および宛先を通過するテンプレートを使用します。プロデューサーは継続的にデータを生成し、それをストリーミングストレージに送信します。そこでデータは永続的にキャプチャされ、データコンシューマーによる処理に利用できるようになります。データコンシューマーはデータを処理してから宛先に送信します。

AWS ソリューション実装の概要

以下の図は、ソリューションの実装ガイドを使用して自動的にデプロイできる 4 つの AWS CloudFormation テンプレートを示しています。

  • オプション 1
  • オプション 2
  • オプション 3
  • オプション 4

特徴

自動設定

ストリーミングデータを簡単にキャプチャ、保存、処理、配信するために必要な AWS のサービスを自動的に設定します。

柔軟性

さまざまなユースケースとビジネスニーズに適応する柔軟性を提供するために、このソリューションでは 4 つの AWS CloudFormation テンプレートが提供されています。このソリューションを使用して、本番環境の基礎として新しいサービスの組み合わせを試したり、既存のアプリケーションを改善したりできます。

リアルタイムのストリーミングユースケース

大量のアプリケーションログのキャプチャ、クリックストリームデータの分析、データレイクへの継続的な配信など。

データとロジックに依存しない

ソリューションの定型コードをすばやくカスタマイズします。デプロイ後、Amazon CloudWatch を使用したソリューションのモニタリング機能により、本番環境に簡単に移行できます。
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら