よくある質問

Q: ストリーミングデータプロデューサーとは何ですか?

A: プロデューサーは数千のデータソースであり、それぞれが継続的にストリーミングデータを生成し、通常は、同時に小さなサイズ (キロバイト単位) でレコードを送信します。ストリーミングデータには、モバイルアプリケーションやウェブアプリケーションでお客様によって生成されるログファイル、e コマースでの購入内容、ゲーム内でのプレイヤーのアクティビティ、さらにはソーシャルネットワーク、証券取引所の立会場、または地理空間サービスからの情報、およびデータセンター内の接続されたデバイスや計器からのテレメトリなど、広範なデータがあります。このようなデータプロデューサーは、さまざまな取り込みパターンを使用してデータを生成し、耐久性と信頼性の高いデータをリアルタイムでキャプチャします。

Q: ストリーミングデータストレージとは何ですか?

A: ストリーミングデータは、データプロデューサーから送られる大量のデータを処理できる、規模の大きいスケーラブルなストレージによって永続的にキャプチャされる必要があります。ストリーミングストレージの一例として、Amazon Kinesis Data Streams があります。これは大規模なスケーラビリティと耐久性を備えたリアルタイムデータストリーミングサービスで、継続的にデータを取り込んで処理することができます。 

 

Q: ストリーミングデータコンシューマーとは何ですか?

A: ストリーミングデータストレージは、データコンシューマーがリアルタイムでデータを処理することを可能にします。コンシューマーは、レコードごとに、またはスライドする時間枠のいずれかで、データを順次かつ増分的に処理します。データは、相関、集計、フィルタリング、サンプリングなど、さまざまな分析に使用されます。このような分析から得られた情報により、企業は、サービスの使用 (測定/請求)、サーバーアクティビティ、ウェブサイトのクリック数、デバイス、人、および物理的な商品の地理的位置など、多くのビジネスおよび顧客のアクティビティを把握できます。新しい状況に迅速に対処することが可能になります。

Q: ストリーミングデータの宛先とは何ですか?

A: ストリーミングデータは、データコンシューマーによって継続的に処理されます。その後、処理されたデータは 1 つ以上の宛先に送信されます。これらの宛先は、最終的なストレージ先として機能するか、ストリーミングデータのユースケースをチェーンするために使用できます。

Q: このソリューションにはサンプルデータセットとコードが付属していますか?

A: はい。サンプルデータジェネレーターは、直接取り込みと Amazon Kinesis Data Analytics を使用するテンプレートの一部として含まれています。Amazon Kinesis Data Generator を使用して、追加のサンプルデータセットを作成することもできます。

Q: このソリューション向けのソースコードはどこにありますか?

A: GitHub リポジトリにアクセスすれば、このソリューション向けのテンプレートやスクリプトをダウンロードしたり、お客様のカスタマイズを他の方と共有したりできます。

Q: このソリューションでは AWS CDK を使用しますか?

A: はい。このソリューションの AWS CloudFormation テンプレートは、AWS クラウド開発キット (AWS CDK) を使用して構築されています。AWS CDK は、使い慣れたプログラミング言語を使用してクラウドアプリケーションリソースをモデル化およびプロビジョンするためのオープンソースソフトウェア開発フレームワークです。AWS CDK は、インフラストラクチャを定義するためのプログラミング言語の表現力を提供することにより、開発プロセスをスピードアップします。

Q: ソリューションをカスタマイズするにはどうすればよいですか?

A: このソリューションは、デプロイ中にセットアップされる各 AWS リソースの重要な設定を公開します。作成後、AWS CloudFormation テンプレートで直接、または AWS CDK を介して追加の設定を更新できます。

Q: このソリューションはどの AWS リージョンでもデプロイできますか?

A: このソリューションでは、Amazon Kinesis Data Analytics を使用します。これは、現在すべての AWS リージョンで利用できるわけではありません。したがって、このソリューションは、このサービスが提供されている AWS リージョンで開始する必要があります。AWS のサービスが利用できるかどうかについてのリージョンごとの最新情報は、AWS リージョン別のサービスのリストをご参照ください。

トレーニングと認定

AWS トレーニングと認定は、イノベーションを実現し、未来を築くために役立つ実用的なクラウドスキルを通じて、コンピテンス、自信、そして信頼性を培います。  詳細 »

Amazon Kinesis Analytics の概要 

このコースでは Amazon Kinesis Analytics の概要について解説します。SQL を使用したストリーミングデータのクエリやストリーミングアプリケーションの構築に役立ちます。

今すぐ登録 »

Data Analytics Fundamentals

このセルフペースコースでは、データ分析ソリューションを計画するプロセスと、関連するさまざまなデータ分析プロセスについて学びます。

今すぐ登録 »

AWS 認定ソリューションアーキテクト – アソシエイト

この試験は、AWS のテクノロジーを使ってセキュアで堅牢なアプリケーションを設計し、デプロイする方法に関する知識を効果的に活用する能力を検証するものです。

試験をスケジュールする »

パートナーリソース

AWS パートナーネットワーク (APN) の焦点は、優れたソリューションとカスタマーエクスペリエンスを推進する上で、成果を挙げる AWS ベースのビジネスを構築するためにパートナーを支援することです。APN パートナーはお客様の成功を最重視しており、AWS が提供するすべてのビジネス上のメリットを最大限に活用するお手伝いをします。AWS に関する深い専門知識を持つ APN パートナーは、クラウド導入の旅のあらゆる段階でお客様の会社を支援し、最も複雑な問題を解決するお手伝いをするためのユニークな立場にあります。

以下のページにアクセスして、この AWS ソリューション実装を構築するために使用されたサービスに関する詳細をご覧ください。

AWS の利用を開始するためにさらにリソースが必要ですか?

ご利用開始のためのリソースセンターにアクセスして、AWS の使用を開始するためのチュートリアル、プロジェクト、および動画をご覧ください。

詳細はこちら »