この AWS ソリューション実装では、どのようなことが可能ですか?

このソリューション実装では、メディアサービスの関係とリニアビデオサービスのリアルタイムステータスを可視化するために必要なサービスを自動的にプロビジョニングします。このソリューションは、タイルビューとダイアグラムビューの両方を含むブラウザアプリケーションを特徴としており、複数のメディアサービスが Amazon CloudWatch にメッセージを送信しているときに問題の根本原因を特定するのに役立ちます。

利点

チャネルタイル

単一のストリーミングビデオチャネルを表す 1 つのチャネルタイルにリソースを集約します。それぞれのタイルには、タイルに含まれているすべてのリソースの集約されたメディアサービス設定情報が表示されます。

空欄

ワークフロー図

リソースおよびパイプラインのステータスとメディアサービスとの関係をワークフロー図として可視化します。カスタムノードタイプやオンプレミス機器を含めるようにソリューションをカスタマイズすることもできます。

AWS ソリューション実装の概要

デフォルトのパラメータを使用してソリューションをデプロイすると、AWS クラウドに次のサーバーレス環境が構築されます。

Media Services Application Mapper | アーキテクチャ図
 クリックして拡大する

Media Services Application Mapper アーキテクチャ

AWS CloudFormation テンプレートは、ソリューション用に次のサーバーレスインフラストラクチャとウェブコンテンツを設定します。

  • Amazon API Gateway と API ハンドラー AWS Lambda 関数。これは、ブラウザアプリケーションとカスタムソフトウェアが Amazon DynamoDB テーブルを使用するために用いられます。
  • Amazon CloudWatch のスケジュールされたルールまたはイベントパターンによって定期的に呼び出される 10 個の Lambda 関数。これは、メディアサービスリソースをスキャンし、リソースのステータスの変更の通知を受信するために使用されます。
  • カスタムリソースの 3 つの Lambda 関数。これは、ソリューションのインストール中に使用されます。
  • ソリューションのバックエンドとフロントエンドの設定と状態を保存するために使用される 7 つの DynamoDB テーブル。
  • Media Services Application Mapper ブラウザアプリケーションを提供するためのオリジンとして Amazon S3 バケットに接続された CloudFront ディストリビューション。

このソリューションはまた、DynamoDB の情報を使用して、メディアサービス間の関係、およびリソースとパイプラインのステータスをワークフロー図として可視化するブラウザアプリケーションをデプロイします。

このソリューションは、次の AWS Elemental 製品をモニタリングします。

このソリューションは、メディアサービスでよく使用される次のサポートされているサービスもモニタリングします: Amazon CloudFrontAmazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2)、および AWS Systems Manager エージェントで構成されたオンプレミスハードウェア。
 

Media Services Application Mapper

バージョン 1.9.1
リリース日: 2021 年 5 月
作成者: AWS

推定デプロイ時間: 10 分。 最大 40 分 (リージョンによって異なります)

このソリューション実装はお役に立ちましたか?
フィードバックを送る 
アイコンを作成する
自分でソリューションをデプロイする

よくみられるアーキテクチャ上の問題に関して答えを知るため、AWS ソリューション実装のライブラリを閲覧する。

詳細はこちら 
APN パートナーを見つける
APN パートナーを見つける

サービスの開始をサポートする AWS 認定コンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーを見つけましょう。

詳細はこちら 
アイコンについて調べる
ソリューションコンサルティングサービスについて調べる

ソリューションをデプロイし、AWS により審査済みのサポートを受けるため、コンサルティングサービスのポートフォリオを閲覧する。

詳細はこちら