AWS SDK、サンプル、使用方法を利用することで、すぐに SQS のご利用を開始していただけます。Java や Ruby から .NET や Python まで、数行のコードで、独自のアプリケーション内で SQS を使用できます。以下で、メッセージの作成、リクエストの発行、メッセージの送受信の手順など、メッセージキューイングの利用開始にあたり役立つ、任意の言語ごとのサンプル、スニペットなどのリソースをご利用いただけます。

» 最新情報

» 開発者向け

» ブログ

» チュートリアル

» 動画

» ホワイトペーパー

» その他のリソース

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

AWS 無料利用枠には、Amazon ElastiCache の 750 時間分のマイクロキャッシュノードが含まれています。

AWS アカウント作成の流れはこちら »

AWS での没入感あふれる VR ストリーミングソリューションの構築

このブログでは、完全なエンドツーエンドの没入感あふれるストリーミングソリューションのアーキテクチャの設計、実装を示します。カメラはコンテンツをキャプチャし、コントリビューションエンコーダーを用いて正距円筒フォーマットでライブストリームを発行します。ライブイベント終了後、VOD アセットは S3 に発行されます。その後 S3 イベントは SQS に発行されます。エンコードフリートは SQS キューからの読み取りメッセージを処理し、VOD クリップを処理し、これらを S3 バケットに格納します。

ブログを読む
sqs_vr_blog_ref_arch_diagram

「開発者ガイド」では、Amazon SQS を使用したメッセージキューイングについて説明し、製品の高度な機能やリソースについてのヒントとリンクを示しています。

HTML | PDF | Kindle

1. まず、AWS SDK for Java をインストールします。

3.(オプション) Java Message Service (JMS) 1.1 の互換性が必要な場合は、Amazon SQS Java Messaging Library をインストールします。

4.(オプション) 256 KB よりも大きいメッセージペイロードを使用する場合は、Amazon SQS Extended Client Library for Java をインストールします。

2. 次に、GitHub で SQS Java サンプルを取得します(Java SDK にも含まれています)。

GitHub で SQS Java サンプルを取得

1. まず、AWS SDK for Ruby をインストールします。

2. 次に、GitHub で SQS Ruby サンプルを取得します。

GitHub で SQS Ruby サンプルを取得

1. まず、AWS SDK for Python をインストールします。

2. 次に、Boto(Python)チュートリアルを使用します。

SQS Python チュートリアルを確認

1. まず、AWS SDK for .NET をインストールします。

2. 次に、GitHub で .NET 統合テストを取得します。

GitHub で SQS .NET 統合テストを取得

1. まず、AWS SDK for PHP をインストールします。

2. 次に、SQS を使用するための PHP レシピを確認します。

SQS PHP レシピを確認

1. まず、AWS SDK for JavaScript/Node をインストールします。

2. 次に、SQS 用の JavaScript/Node レシピおよびスニペットを確認します。

JavaScript/Node レシピおよびスニペットを確認

このチュートリアルでは、Amazon Simple Queue Service (Amazon SQS) を使用して非同期メッセージングをセットアップする方法を学習します。Amazon SQS は、アプリケーションコンポーネントのクラウド内での通信を可能にする AWS のサービスです。Amazon SQS コンソールを使用して、メッセージキューの作成と設定、メッセージの送信、メッセージの受信、受信したメッセージの削除、キューの削除を行います。

チュートリアルを試す

このチュートリアルでは、Amazon Simple Notification Service (SNS) と Amazon Simple Queue Service (SQS) を使用して、ファンアウトメッセージングシナリオを実装します。このシナリオでは、メッセージが複数の受信者に "プッシュ" されます。更新の定期的な確認やポーリングが必要なくなり、受信者ごとにメッセージの並列非同期処理ができるようになります。

チュートリアルを試す
webinar_decouple_and_scale_2017-06
33:27
小さな新興企業からグローバルなエンタープライズまで、マイクロサービスと分散型アーキテクチャを用いて回復力と素早いスケーリング能力を向上しています。AWS のメッセージングサービス、Amazon Simple Queue Service (SQS) と Amazon Simple Notification Service (SNS) はソフトウェアコンポーネント間の通信を容易にデカップリングして、障害耐性があって容易にスケーリングできる現代的なアプリケーションを構築できるようにします。メッセージングはアマゾン自身の e コマースプラットフォームのアーキテクチャの主要部分で、Amazon Retail Ordering ワークフローなどの目的上重要なバックエンドシステムでも使われています。このセッションでは、完全マネージド型のメッセージングである Amazon SQS と Amazon SNS を用いてアプリケーションアーキテクチャをデカップリングする方法、異なるサービス間での非同期通信を可能にする方法、専用のメッセージングソフトウェアとインフラストラクチャの運営に関連する苦労を排除する方法を示します。クラウドでの高信頼性でスケーラブルなアプリケーションを構築するためによく使われるメッセージング設計パターンを提示します。

ここでは、完全マネージド型のメッセージングである Amazon SQS と Amazon SNS を用いてアプリケーションアーキテクチャをデカップリングする方法、異なるサービス間での非同期通信を可能にする方法、専用のメッセージングソフトウェアとインフラストラクチャの運営に関連する苦労を排除する方法を示します。

BBC の主任テクニカルアーキテクトが、BBC がどのように Amazon SQS と Amazon SNS を用いて伸縮性、信頼性、メインテナンス性を向上したかを語ります。BBC がどのように AWS メッセージングを用いてマイクロサービス間を調整し、データの一貫性を維持し、キャッシュをリフレッシュしたかをご覧ください。

reIinvent2017_ARC318_building_NET_based_serverless_arch
1:01:22
このセッションでは、まず通常の従来型 .NET アプリケーションを、マイクロサービスと AWS サーバーレスアーキテクチャ用にリファクタリングする通常のアプローチについてお話します。また AWS 上での .NET ベースのアーキテクチャに対する現在のアプローチも解説します。それから Docker コンテナでの .NET Core マイクロサービスを AWS 上での Linux でネイティブに実行することを、AWS SDK と .NET Core の使用を考察しながら取り扱います。また、プラットフォームにバックボーンを与える Amazon SNS、Amazon SQS、Amazon Kinesis、Amazon DynamoDB などの様々な AWS のサービスの使用を取り扱います。例えば、Experian Consumer Services は今では AWS 上でクラウドベースになっている大規模な e コマースプラットフォームを実行しています。Experian がモノリシックなプラットフォームからどのように主に .NET Core でのマイクロサービスに移行したかを検証します。Java とオープンソースへの移行を強力に推進しながら、.NET Core がベータだった時代からの開発プロセスを見、マイクロソフトの方向性が AWS を革新しながらどのように既存の C# 技術の使用を可能にしたかを解説します。ウィンドウズベースの大規模な開発チームはいくつかの小さなチームに分割されて、全 Linux 環境の迅速な開発ができるようになりました。

AWS re:invent 2017: AWS でのドッカーコンテナでの .NET ベースのサーバーレスアーキテクチャの構築と .NET Core Microservices の実行 (ARC318)

AWS re:Invent 2017: 自然の自動化 – Nexon の AWS サービスを用いたインゲームエコシステムのアルゴリズム的な作成、管理方法 (GAM305)

Sparkpost は世界で迷惑メール以外のメールの 25% を配信する、信頼されるメールプロバイダーです。大量のアウトバウンドメールを取り扱うスケーラブルなシステムの設計するという課題に、MTA IP アドレスを主な制約として取り組んでいました。この動画では、Sparkpost の CTO である George Schlossnagle 氏が ELB、EC2、SQS を用いて AWS でどのようにゆるく結合されたアーキテクチャを作成したかを解説します。

Ajilon: エンタープライズでの継続的配信の自動化

CoreLogic: バッチワークロードに対してスケーラブルなアーキテクチャーを指摘

tma-zapproved_1200x628
4:38
この This is My Architecture のエピソードでは、Zapproved の Lee が、Step Functions、Lambda、SQS を使用してデータ処理を自動化する方法について実演します。

Zapproved: Automating data processing with Step Functions, Lambda, and SQS

GoPro: Editing media on the “go” with ECS, SQS, Elastic Transcoder, and Auto Scaling lifecycle hooks

このホワイトペーパーでは、企業が AWS を使用して HIPAA (Health Insurance Portability and Accountability Act) 準拠のアプリケーションを作成する方法の概要を示します。ここでは、PHI (Protected Health Information: 保護されるべき医療情報) を保護するための HIPAA プライバシーとセキュリティルール、AWS を使用して転送中および保存されたデータを暗号化する方法、AWS の機能を使用して監査、バックアップ、災害対策の HIPAA 要件を満たす方法などの説明に重点を置いています。

ホワイトペーパーを読む

信頼性が高く予測可能なパフォーマンスを絶えず発揮しながら、増加する負荷に対応できるようスケールする必要がある場合、そのシステムは独特の要件を満たす必要があります。Amazon SQS には、拡張性と信頼性に優れた高性能の EC2 アプリケーションを構築できるよう、特別に設計された多くの機能があります。このホワイトペーパーでは、SQS の機能について概説しています。また、非常に一般的でシンプルなシナリオを使って、スケーラブルな EC2 アプリケーションを構築するために SQS をどのように使用できるかを説明しています。

ホワイトペーパーを読む
SQS の記事およびチュートリアルの確認