アドバンスト
クラスルーム
バーチャル
3 日間

Advanced Developing on AWS

オンプレミスのモノリシックなレガシーアプリケーションを、クラウドネイティブなマイクロサービス駆動型アーキテクチャとして確実に再構築します

Developer Icon

この 3 日間のコースでは、クラウドネイティブな環境を設計することや、オンプレミスのレガシーアプリケーションを分解してクラウドベースでクラウドネイティブのアーキテクチャに再構築することなど、高度な開発のトピックについて取り上げます。また、Twelve-Factor Application の方法論の原則を適用する方法についても学習します。

学習目標

  • モノリシックアプリケーションのアーキテクチャを分析して、異なる AWS のサービス間でアプリケーションを分離できる論理的あるいはプログラム的な観点から見たブレークポイントを特定する
  • モノリシックアーキテクチャから移行しながら、The Twelve-Factor Application の概念と手順を適用する
  • マイクロサービスベースのクラウドネイティブなアプリケーションを開発するために、適切な AWS のサービスを推奨する
  • AWS API、CLI、および SDK を使用して AWS のサービスを監視および管理する
  • その他

本コースの受講対象

  • 既に AWS のサービスに精通している経験豊富なソフトウェアデベロッパー

受講に必要となる経験

  • 最低でも 1 つのハイレベルプログラム言語についての深い知識
  • 主要な AWS のサービスとパブリッククラウドの実装に関する実務的知識
  • 前出の概念についての、実環境での 6 か月以上の運用に加え、Developing on AWS の受講終了

コースの概要

レベル: アドバンスト
種類: クラスルーム (仮想および対面)
長さ: 3 日間

対象言語

このコースは、インドネシア語、英語、日本語、韓国語で提供しています。 
 
お客様の声や AWS のサービスのアップデートをもとに、定期的にコースを更新しています。そのため、これらのアップデートをローカライズする際に、コースの内容が言語によって異なる場合があります。

詳細情報をご希望ですか?

本コースの詳しい内容については、コースの概要をダウンロードしてください。

AWS Jam でチームをトレーニングする

AWS Jam は、1 日をかけて実践的な課題を行うオプションの追加コースです。クラスルームコースで扱ったトピックと AWS のサービスに関連する内容を集めています。

チームのプライベートトレーニングをお探しですか?

AWS が提供するプライベートトレーニングを使用すると、お客様のチームは、特定のユースケースに合わせて実用的なベストプラクティスを一緒に学習できます。

試験を受けたいと考えていますか?

関連する試験を見つけて、学習を進めましょう。

AWS 認定 DevOps エンジニア - プロフェッショナル

試験
180 分