中級コース
クラスルーム
バーチャル
1 日

Building Data Analytics Solutions Using Amazon Redshift

Amazon Redshift を使用したデータ分析ソリューションの構築について学ぶ

Data Analytics Icon

このコースでは、Amazon Redshift サービスを深く掘り下げ、データをインサイトに変えるためのデータ分析パイプラインの構築と運用に関する現在の考え方について学びます。AWS のエキスパートであるインストラクターに質問し、リアルタイムにフィードバックを受けることで、すぐにデータ分析ソリューションに学習内容を適用することができます。チュートリアル、ハンズオンラボ、ディスカッション、デモンストレーション、プレゼンテーション、グループ演習を通して学んだ内容で、実際のシナリオに基づいたデータウェアハウス分析のワークフローを構築していただきます。

このコースは、4 つの 1 日中級クラスルームトレーニングコースからなる AWS でのモダンデータ分析ソリューションの構築コレクションの一部です。詳細 »

学習内容

  • データウェアハウス、データレイク、モダンデータアーキテクチャの特徴と利点を比較する
  • データウェアハウス分析ソリューションの設計と実装
  • データストレージを最適化するための圧縮などの適切な技術を特定し、適用することができる
  • データの取り込み、変換、保存のための適切なオプションを選択し、デプロイすることができる
  • 特定のビジネスユースケースに適したインスタンスとノードのタイプ、クラスター、自動スケーリング、およびネットワークトポロジーを選択する
  • その他

本コースの受講対象者

  • データウェアハウスエンジニア
  • データプラットフォームエンジニア
  • データ分析パイプラインを構築、管理するアーキテクトとオペレーター

受講に必要となる経験

コースの概要

レベル: 中級
種類: クラスルーム (仮想および対面)
長さ: 1 日

対象言語

このコースは以下の言語で受講していただけます: 日本語。
 
お客様の声や AWS のサービスのアップデートをもとに、定期的にコースを更新しています。そのため、これらのアップデートをローカライズする際に、コースの内容が言語によって異なる場合があります。

詳細情報をご希望ですか?

本コースの詳しい内容については、コースの概要をダウンロードしてください。

チームのプライベートトレーニングをお探しですか?

AWS が提供するプライベートトレーニングを使用すると、お客様のチームは、特定のユースケースに合わせて実用的なベストプラクティスを一緒に学習できます。