Advanced Developing on AWS

レガシーなオンプレミスのモノリシックアプリケーションをクラウドネイティブなマイクロサービス駆動型アーキテクチャに再構築するために

この 3 日間のコースでは、クラウドネイティブな環境を設計することや、オンプレミスのレガシーアプリケーションを分解してクラウドベースでクラウドネイティブのアーキテクチャに再構築することなど、高度な開発のトピックについて取り上げます。また、The Twelve-Factor App の方法論の原則を適用する方法についても説明します。

コースの目標

このコースの学習内容は以下のとおりです。

  • モノリシックアプリケーションのアーキテクチャを分析して、異なる AWS サービス間でアプリケーションを分離できる論理的あるいはプログラム的な観点から見たブレークポイントを特定する
  • モノリシックアーキテクチャから移行しながら、The Twelve-Factor App の概念と手順を適用する
  • 適切な AWS サービスを推奨して、マイクロサービスベースのクラウドネイティブアプリケーションを開発する
  • AWS API、CLI、および SDK を使用して AWS サービスを監視および管理する
  • 移行戦略 6 つの R を使用して、モノリシックアプリケーションをマイクロサービスアプリケーションに移行する
  • AWS にマイクロサービスアプリケーションをデプロイするために必要な SysOps と DevOps の相互依存関係を説明する

対象者

このコースは次のような方を対象としています。

  • 既に AWS サービスに精通している経験豊富なソフトウェア開発者

前提条件

このコースを受講するにあたっては、次のことを身につけておくことをお勧めします。

  • 最低でも 1 つのハイレベルプログラム言語についての深い知識
  • AWS の主要なサービスとパブリッククラウドの実装に関する実務的知識 
  • これらの概念の実環境での6 か月以上の運用、および Developing on AWS の受講
icon_developer

コースの概要

mini-icon_training

コース様式
クラスルーム + ハンズオンラボ + グループディスカッション

mini-icon_level

コースレベル
アドバンスト

mini-icon_time

コース時間
3 日間

mini-icon_language

コース言語
英語と日本語で受験可能