AWS のサービスを使用して、サーバーレスデータレイクソリューションを設計、構築、運用する方法を学習します

この 1 日間の上級コースでは、AWS のサービスを使用して、サーバーレスデータレイクソリューションを設計、構築、および運用する方法を学習します。このコースに含まれる主なトピックは、大規模なデータソースからのデータ取り込み、安全かつ永続的なデータ保存、大規模データ処理向けに適切なツールを使用する機能の有効化、ほぼリアルタイムのデータ分析のために利用可能なオプションについてです。

レベル

上級コース

形態

クラスルームトレーニング、ハンズオンラボ

期間

1 日

このコースは次のような方を対象としています。

  • ソリューションアーキテクト
  • ビッグデータ開発者
  • データアーキテクトとデータアナリスト
  • データ分析の専門家

このコースの学習内容は次のとおりです。

  • Amazon Kinesis Data Streams や Amazon Kinesis Data Firehose などのサービスを使用して大量のデータを収集し、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) に永続的かつ安全にデータを保存する
  • データレイクのメタデータインデックスを作成する
  • データレイクにデータを取り込み、保存、処理、および分析するために最適なツールを選択する
  • エンドツーエンドソリューションを構築するための実践的な経験ができるハンズオンラボで知識を活用する
  • Amazon Simple Notification Service (Amazon SNS) を設定して、データウェアハウスのアクティビティを監査、モニタリングし、イベント通知を受信する
  • Amazon Redshift クラスターのサイズを変更することや、クラスターのバックアップおよび復元のためにスナップショットを使用することなど、運用タスクの準備を行う
  • ビジネスインテリジェンス (BI) アプリケーションを使用して、データ分析やデータの可視化タスクを実行する

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • AWS の主要なサービスについての実務的知識がある
  • – Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) および Amazon S3 など
  • プログラミングまたはスクリプト言語使用の実務経験がある
  • Linux オペレーティングシステムおよびコマンドラインインターフェイスに関する知識がある
  • ラボ演習を実施するには、ノートパソコンをご持参ください。タブレット端末には対応していません

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
aws.training を参照

プライベートトレーニングについてお問い合わせください »