AWS のサービスを使用して、サーバーレスデータレイクソリューションを設計、構築、運用する方法を学習します。

Building A Serverless Data Lake は、1 日の上級レベルのブートキャンプです。AWS のサービスを使用して、サーバーレスデータレイクソリューションを設計、構築、および運用する方法を学習します。ブートキャンプのトピックは、大規模なデータソースからのデータ取り込み、安全かつ永続的なデータ保存、大規模データ処理向けに適切なツールを使用する機能の有効化、ほぼリアルタイムのデータ分析のために利用可能なオプションを理解することなどです。

レベル

アドバンスト

形態

クラスルームトレーニング、ライブクラス

期間

1 日

このコースでは、次のことについて説明します。

  • Kinesis Streams や Firehose などのサービスを使用して大量のデータを収集し、Amazon Simple Storage Service に永続的かつ安全にデータを保存する。
  • データレイクのメタデータインデックスを作成する。
  • データレイクにデータを取り込み、保存、処理、および分析するために最適なツールを選択する。
  • エンドツーエンドソリューションを構築するための実践的な経験ができるハンズオンラボで知識を活用する。
     

このコースは次のような方を対象としています。

  • ソリューションアーキテクト
  • ビッグデータ開発者
  • データアーキテクトとデータアナリスト
  • その他のハンズオンデータ分析実践者

このコースを受講するにあたっては、次の前提条件を身につけておくことをお勧めします。

  • Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) および Amazon Simple Storage Service (S3) など、AWS の主要なサービスに関する十分な実務的知識
  • プログラミングまたはスクリプト言語に関するいくらかの使用経験
  • Linux オペレーティングシステムおよびコマンドラインインターフェイスの知識
  • ラボ演習を実施するには、ノートパソコンが必要 (タブレットは適さない)

このコースは、次の形式を組み合わせて実施します。

  • クラスルームトレーニング (ILT)
  • ハンズオンラボ

このコースでは次の概念が扱われます。

  • サーバーレスデータレイクアーキテクチャを実現するのに役立つ主要なサービス
  • 取り込み、保存、処理、および分析ワークフローを実行するデータ分析ソリューション
  • データレイクソリューションを実装するための繰り返し可能なテンプレートのデプロイ
  • メタデータインデックスの構築と検索機能の有効化
  • 複数のデータソースから大規模データを取り込むパイプラインのセットアップ
  • イベントトリガー型の簡単な関数を使用したデータ変換
  • ユースケースに最適なツールとサービスを選択したデータ処理
  • 処理データの分析を改善するために利用可能なオプション
  • デプロイおよび運用に関するベストプラクティス
「Building a Serverless Data Lake」クラスを検索
プライベートトレーニングについて問い合わせる