vmware icon
vmware-title-graph

VMware Cloud on AWS では、VMware の Software-Defined Data Center (SDDC) を AWS クラウドに移行します。これにより、運用上の一貫性がある VMware vSphere® ベースのプライベートクラウド、パブリッククラウド、ハイブリッドクラウド環境全体でアプリケーションを実行できます。この環境では AWS のサービスへのアクセスも最適化されます。VMware Cloud on AWS は、オンデマンドで伸縮自在にスケールするクラウドサービスで、VMware によって導入、販売、サポートされます。このクラウドサービスを使用すると、クラウド移行とクラウドの移植性についての制約を取り除き、IT 効率を向上させ、ハイブリッドクラウド環境を活用する新しい機会を切り開くことができます。

VMware Cloud on AWS では、オンプレミスでも AWS クラウドでも vSphere、vSAN、NSX、and vCenter などの同じ VMware ツールを使用します。新しいハードウェアやカスタムハードウェアの購入、アプリケーションの書き換え、運用モデルの変更は必要ありません。サービスは自動的にインフラストラクチャをプロビジョニングし、オンプレミス環境と AWS クラウド間で完全な VM の互換性とワークロードの移植性を提供します。VMware Cloud on AWS では、コンピューティングデータベース分析IoTセキュリティモバイル、デプロイ、アプリケーションサービスなど、AWS の幅広いサービスを利用できます。

オンデマンドで伸縮自在にスケールし、VMware によって導入、販売、サポートされるクラウドサービスである VMware Cloud on AWS は、AWS の米国西部 (オレゴン) リージョンで最初に利用可能となります。

VMware Cloud on AWS

Print

サインアップして登録し、VMware Cloud™ on AWS のオンラインセミナー、イベント、その他の更新に関する情報を入手してください。

今すぐ申し込む
イノベーション

VMware Cloud on AWS では、vSphere、vSAN、NSX、vCenter といった同じ VMware の Software-Defined Data Center (SDDC) 技術を、オンプレミス環境でも AWS クラウドでも使用します。現在使用している同じツールと管理機能を使用できます。現在使用している同じ VMware プロビジョニング、ストレージ、ライフサイクルポリシーをそのまま使用できます。これにより、新しいハードウェアの購入、アプリケーションの書き換え、運用モデルの変更をすることなく、オンプレミス環境と AWS 間でアプリケーションを簡単に移行できます。

セキュリティとパフォーマンス

VMware Cloud on AWS では、VMware の Software-Defined Data Center (SDDC) が、伸縮自在にスケールする AWS クラウドに置かれます。このサービスは、シングルテナントの分離された VPC 内にプロビジョニングされた、伸縮自在でベアメタルの AWS インフラストラクチャ上で直接実行されます。このアプローチによって、AWS クラウドのスケーラビリティ、伸縮性、セキュリティ、実績の利点を活用できます。

シンプルな運用

AWS で実行されている VMware 仮想マシンでは、コンピューティング、データベース、分析、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、リソースデプロイ、アプリケーションサービスなど、AWS のさまざまなサービスを使用できます。VMware にホストされる、レイテンシーの影響を受けやすいアプリケーションは、ペタバイト規模のデータ分析向けである Aurora、Dynamo、Redshift のデーターベースに直接アクセスできるようになり、低コストの S3 のバケット、オブジェクト、API 関数にも安全に直接アクセスできます。

100x100_benefit_hybrid-cloud

VMware Cloud on AWS では、整合性のあるシームレスなハイブリッド IT 環境を運用して、使い慣れている VMware のソフトウェアを使用しながら AWS クラウドの非常に優れた機能性、セキュリティ、運用上の専門技術を活用できます。新しいハードウェアやカスタムハードウェアをオンプレミス環境にデプロイする必要はなく、ハイブリッドクラウドモデルに移行するためにアプリケーションを書き直したり変更したりする必要もありません。VMware の管理ツールとポリシーツールはオンプレミスと VMware Cloud on AWS の両方で使用できるため、統合された一貫性のある運用環境を構築できます。VMware Cloud on AWS でのワークロードのプロビジョニングとキャパシティーの最適化を自動化するために、同一の VMware ツールを活用できます。このような機能によって、既存投資を全面的に活用できるため、費用を節約し、ハイブリッドクラウドへの移行に関連する複雑さ、リスク、コストを大幅に削減できます。

開発とテスト

VMware Cloud on AWS によって、現在、VMware で使用しているすべてのツール、ポリシー、管理機能を保持しながら、ご使用のオンプレミスデータセンターをクラウドに拡張できます。管理、セキュリティ、運用における既存投資を活用して拡張することで、ハイブリッドクラウド環境に関連する複雑さ、リスク、コストを最小限に抑えることができます。VMware Cloud on AWS を使用すると、コンピューティング、データベース、分析、IoT、AI、セキュリティ、モバイル、リソースデプロイ、アプリケーションサービスなど、AWS のさまざまなサービスを活用できます。このアプローチでは、数日から数週間ではなく数時間で SDDC ベースのクラスターをすべてセットアップでき、数分でホストキャパシティーのスケールアップやスケールダウンを実行できます。

アプリケーションの移行

VMware Cloud on AWS では、簡単にアプリケーションのワークロードをオンプレミスから VMware Cloud on AWS に移行できます。VMware Cloud on AWS を使用すると、複雑な変換や再構築をしなくても、ワークロードの移植を双方向で実行できます。また、既存のオンプレミス間で一連のポリシーの一貫性を維持できます。これによっては、アプリケーションをハイブリッドクラウドに移行することに伴うリスクやコストはさらに削減されます。

開発とテスト

VMware Cloud on AWS では、新しいアプリケーションの開発向けに一貫性のある環境を提供し、既存の VMware vSphere ベースの開発ツールをコアで使用します。新しいアプリケーション開発、デプロイ、構成管理で、AWS のさまざまなサービスにおいて vSphere の RESTful API 統合を活用できます。最後に、VMware Cloud on AWS はオンデマンドサービスであるため、使用した分に対してのみ料金を支払うことができます。スパイクのある開発やテストの必要に備えてハードウェア購入および維持の計画に伴うコストと複雑さから解放されます。

VMware Cloud on AWS は簡単に使用開始できます。今すぐ VMware にサインアップしてください。

VMware の詳細