Amazon Web Services ブログ

AWS Lambda および Tensorflow を使用してディープラーニングモデルをデプロイする方法

ディープラーニングは、実際のデータを処理する方法に革命をもたらしました。ディープラーニングアプリケーションの種類は、ユーザーの写真アーカイブの整理から、本のレコメンド機能、不正な動作の検出、自動運転車周辺の認識まで、多岐にわたります。 この投稿では、AWS Lambda で独自にトレーニングしたモデルを使用して、単純なサーバーレスのコンピューティング手法を大規模に活用する方法を段階的にご説明します。このプロセスの中で、サーバーレスを使って推論を実行するために使用できる AWS の主要なサービスをいくつかご紹介します。 ここでは、イメージ分類について取り上げます。パフォーマンスが高いオープンソースモデルを多数利用できます。イメージ分類では、ディープラーニングで最も一般的に使用されている畳み込みニューラルネットワークと全結合ニューラルネットワーク (Vanilla Neural Networks としても知られる) の 2 種類のネットワークを使用することができます。 トレーニングされたモデルを配置する AWS の場所や、AWS Lambda が推論のためのコマンドで実行できる方法でコードをパッケージ化する方法についてご紹介します。 このブログ投稿では、AWS のサービス (AWS Lambda、Amazon Simple Storage Service (S3)、AWS CloudFormation、Amazon CloudWatch、AWS Identity and Access Management (IAM)) についてご説明します。使用する言語フレームワークおよびディープラーニングフレームワークには、Python や TensorFlow などがあります。ここで説明するプロセスは、MXNet、Caffe、PyTorch、CNTK などの他のディープラーニングフレームワークを使用して適用できます。 全体的なアーキテクチャ AWS アーキテクチャ プロセスの視点から、ディープラーニングの開発およびデプロイは、従来のソフトウェアソリューションの開発やデプロイと同じように行う必要があります。 以下の図は、開発ライフサイクルの一例です。 図を見て分かるように、通常のソフトウェア開発プロセスは、アイデア開始や開発環境のモデリングから、本番稼働用のモデルの最終デプロイまで複数の段階があります。ほとんどの場合、この開発段階では、環境を絶えず、繰り返し変更する必要があります。通常、この反復は、ソフトウェア/モデルの開発時に使用されるリソースの性質や量に影響を及ぼします。アジャイル開発では、環境をすばやく構築/再構築/解放できることが不可欠です。構築されているソフトウェアにすばやく変更を加えるには、インフラストラクチャの調整が必要です。アジャイル開発やイノベーションの加速の前提条件のひとつに、コードによってインフラストラクチャを管理できること (IaC: infrastructure as code) があります。 ソフトウェア設計の管理、構築およびデプロイの自動化は、継続的な統合および継続的な配信 (CI/CD) の一環です。この投稿では、綿密に計画された CI/CD パイプラインの詳細には触れていませんが、開発/デプロイの俊敏性およびプロセスの自動化を促進する反復可能プロセスを構築する開発チームは、念頭に置いておくべきです。 […]

Read More

AWS Direct Connectアップデート– 2017年後半に追加された新ロケーション10か所

2018年 あけましておめでとうございます。いよいよ年も明けて、近日中にリリースされる製品について学ぶためにチームの仲間たちと作業し、それを最新情報をブログ記事として皆さんにお届けするなど、通常業務に戻るのを心待ちにしています。今のところ、2017年後半にリリースされた製品や発表など、まだ記事にしていない内容について遅れを取り戻そうとしているところです。と 今日の記事で最初にご紹介するのは、AWS Direct Connectに適用される最新都市についての情報です。世界中のAWSのお客様は自社のネットワークコストを削減し、スループットの増大を図り、より一貫性のあるネットワークエクスペリエンスを実現する目的で、自社施設からAWSへの専用ネットワーク接続を確立するために、Direct Connectを使用しています。 12月には新たに10か所のロケーションがDirect Connectリストに追加されました。いずれも1GBと10GBの接続速度を提供し、パートナー提供のオプションを利用すれば1GB以下の速度も選択できます。以下は最新ロケーションの情報です。各ロケーションごとにデータセンター、関連するAWS地域を示します。 インド、バンガロール – NetMagic DC2 – アジア太平洋(ムンバイ)。 南アフリカ、ケープタウン – Teraco Ct1 – EU (アイルランド)。 南アフリカ、ヨハネスブルク – Teraco JB1 – EU (アイルランド)。 英国、ロンドン – Telehouse North Two – EU (ロンドン)。 米国、フロリダ州マイアミ – Equinix MI1 – 米国東部(北バージニア)。 米国、ミネソタ州ミネアポリス – Cologix MIN3 – 米国東部(オハイオ) 中国、寧夏 – Shapotou IDC – 中国(寧夏)。 中国、寧夏 […]

Read More

Amazon Auroraを使用したMagento Content Servicesの構築をAWS Quick Startで加速させる

AWS Quick Startでは、2015年9月にオープンソースのコンテンツ管理システムであるMagentoを初めてリリースしました。最初のリリース以来、このQuick Startは常にお客様に最も人気のあるQuick Startのトップ10に入っています。 2017年10月、AWS Quick Start for Magentoのアップデートをリリースしました。Amazon Aurora MySQL-compatible editionのサポートが追加されました。また、Magentoのバージョンを2.1.2にアップデートしました。更新されたMagentoのQuick Startを利用することで、最新のMagentoバージョンでAuroraのパフォーマンスとスケーラビリティを使用して、コンテンツシステムの構築を迅速に行うことが出来ます。 数年前にAmazon Auroraの開発を開始した際に、私たちは次のような考え方を念頭に置いていました: ハイエンドの商用データベースのパフォーマンスと可用性を、オープンソースのシンプルさとコスト効率で実現 一般的なオープンソースデータベースであるMySQLとの完全な互換性を提供し、既存のアプリケーションを変更する必要がない アプリケーションの開発に専念できるように、データベースをマネージドデータベースとして提供することで管理コストを軽減 最新アプリケーションのスケーラビリティのニーズを満たすクラウドネイティブデータベースを提供 すでに何千もの顧客やパートナーが、Amazon AuroraMySQL-compatible editionを採用しています。お客様とISVパートナーは、様々なデータベースからAmazon Auroraに移行を行っています。オンプレミスデータベースからAmazon Auroraに移行されるお客様や、Amazon EC2上のMySQLまたは商用データベースからAmazon Auroraに移行を行うお客様もいらっしゃいます。 Magento on AWS with Amazon Aurora Magentoは、e-commerceウェブサイト用のオープンソースのコンテンツ管理システムです。セラーと開発者はオープンアーキテクチャ、柔軟性、拡張性(何百もの拡張機能)を評価しています。また、独自のニーズに合わせて、バックエンドのワークフローを調整できます。 Magento Community Edition(Magento CE)とMagento Enterprise Edition(Magento EE)は、我々のお客様に人気があります。多くのお客様は、Anchor Hosting、Elastera、Tenzing、Razorfish、OptarosなどのAWSパートナーを利用してMagentoをAWSでホストしています。他の企業はAWS MarketplaceからMagentoを起動しています。 Magentoを検索すると、2015年の20件から70件以上のリストが返されるようになりました。さらに、MagentoのAWS Quick Startを直接利用している企業もあります。 Amazon AuroraはMySQLと互換性があるため、MagentoのAWS Quick Startを更新するのは簡単です。新しいQuick Startでは、Magentoまたはその設定を変更する必要はありません。今使用しているコード、ツール、アプリケーションを、Amazon Auroraと既存のMySQLデータベースと併用することが可能です。 MagentoのAWS Quick Startを使用してデプロイした場合は、Amazon RDS […]

Read More

【開催報告】AWS-HUB

全国70以上の支部で構成される勉強会コミュニティを中心とした、Japan AWS User Group (JAWS-UG)の2017年納会が12月20日に行われました。インターネットで各会場を接続した「オンライン納会」は、各会場が個別に年末勉強会や忘年会を企画し、午後8時にビデオチャットで仙台、東京、金沢、名古屋、神戸、愛媛、高知、長野の全国8会場を結んで乾杯を行い、一年の労をねぎらいました。   ユーザーグループの活動のメインは勉強会ですが、今回のように各人のネットワーキングを広げる懇親会も非常に重要です。この場でコミュニティの雰囲気を感じていただき勉強会に参加されるようになったかたも多くいらっしゃいます。「AWS-HUB」とはAWSユーザーが集まって懇親を深める「パーティー」をさし、この言葉は日本のみならず、グローバルでも使われています。   東京会場のアマゾン ウェブ サービス ジャパン アルコタワーには30名を超えるメンバーと数名の社員が集まりました。AWSのノベルティープレゼントクイズなどを行い、メンバー間の懇親を深めました。             [AWS-HUB@目黒アルコタワー]             [立食形式で各テーブルで会話がはずみます(東京会場)]   午後8時前には各会場をビデオチャットツールで接続し、それぞれの会場の模様をネット越しで共有し、AWSJのコミュニティプログラム担当の沼口の発声により全員で乾杯をしました。                                           今回のオンライン納会は全国8会場、おおよそ100名のJAWS-UGメンバーをつなげて行われました。30名をこえる会場もあれば、3名のこじんまりとした会場もありました。場所と規模の違いを超えネットとディスプレイを通して各会場で経験を共有するこの方法は、全国に支部を展開するJAWS-UGのメンバーにとって容易にネットワーキングを広げる手段です。 JAWSへの参加にご興味がある方は勉強会カレンダーを是非ご確認ください。またAWS-HUBの開催情報もチェックしてみてください。 そして、来年3月、JAWS最大のイベント、JAWS DAYS 2018が五反田で開催されます。みなさんにお会いするのを楽しみにしています。 […]

Read More

kopsを使ってKubernetesクラスタをAWS上で構成

この記事では、KubernetesクラスタをAWS上で構成し運用するツールの1つであるkopsを利用すると、簡単にKubernetesを始められることをご紹介します。なお最新情報は、GitHubで公開しているAWS Workshop for Kubernetesをご覧頂き、さらに構築したクラスタを使って様々なワークショップをご自身の手で試して頂くことをお勧めします。 kopsについて Kubernetesのトップレベルプロジェクトで、Kubernetesのクラスタを構成し運用するためのツールです。また、クラスタのローリングアップデートや、アドオンもサポートしています。必要に応じて、AWS CloudFormationやTerraformのテンプレートを出力することもできるので、それを基準にカスタムして行くということも可能です。 kopsをインストール kopsは2017年12月26日時点では、macOS、Linux、Windows 10 Linux Subsystemで利用可能です。この記事ではmacOSを利用していきます。Homebrewが対応しているので以下のコマンドでインストールするのが最も簡単です: $ brew update && brew install kops SSH鍵の生成 kopsはクラスタ作成の際にSSHの公開鍵を利用します。デフォルトの配置場所は~/.ssh/id_rsa.pubとなります。ssh-keygenコマンドを利用して作成しておきます。 $ ssh-keygen Generating public/private rsa key pair. Enter file in which to save the key (~/.ssh/id_rsa): Enter passphrase (empty for no passphrase): Enter same passphrase again: Your identification has been saved in ~/.ssh/id_rsa Your […]

Read More

4 つの新しいリージョン (北京、フランクフルト、シンガポール、ムンバイ) で AWS Deep Learning AMI の提供を開始

Sinnet が運用する中国 (北京)、欧州 (フランクフルト)、アジアパシフィック (シンガポール)、アジアパシフィック (ムンバイ) の 4 つの新しいリージョンで AWS Deep Learning AMI を利用できるようになりました。 Amazon マシンイメージ (AMI) は Machine Learning ユーザーがディープラーニングモデルをすぐ使い始められるようにするためのインフラストラクチャとツールを提供しています。AMI には Apache MXNet、Gluon、TensorFlow、Microsoft Cognitive Toolkit、Caffe、Caffe2、Theano、Torch、Pytorch、Keras といった人気のディープラーニングフレームワークのパッケージが組み込まれています。また、開発とモデルトレーニングを効率良く進めるため、AMI は NVIDIA CUDA と cuDNN ドライバーで事前設定されており Amazon EC2 の P2 インスタンスや P3 インスタンスにおける GPU 加速に対し最適化されています。 ディープラーニングでビジネス価値を推進 企業は多種多様なチャレンジに取り組む方法としてディープラーニングに注目しています。たとえば、メディア業界の大物である Condé Nast は顧客をより理解できるようにするため、オンラインコンテンツのモニタリングにコンピュータビジョンと自然言語処理を使用しています。自動運転テクノロジーのリーダー的な存在である TuSimple は、運転のシミュレーションの実行や自動運転システムのトレーニングにディープラーニングアルゴリズムを使用しています。インターネットで食品配送サービスを提供する Instacart は、何千人もの買い物代行者が顧客の買い物履歴を介してより効率的にショッピングを行うためにディープラーニングを使用しています。 AWS Deep Learning AMI […]

Read More

AWS CodePipelineとAmazon ECSを使って継続的デリバリパイプラインを設定する

この記事はAWS Senior Technical EvangelistのAbby Fullerの投稿です。 2017年12月12日に、AWSはAWS CodePipelineのターゲットとしてAmazon Elastic Container Service (ECS)をAWS Fargateも含めてサポートしたことをアナウンスしました。このサポートにより、コンテナベースのアプリケーションやマイクロサービスを継続的デリバリするパイプラインを作成するのがより簡単になりました。 コンテナ化したサービスを手動で構築しデプロイするのは、時間がかかりますしエラーを起こしがちです。自動化されたビルドとテスト機構と組み合わせた継続的デリバリは、早期にエラーを発見し時間を短縮することを助け、失敗を減らしてくれるので、アプリケーションのデプロイモデルとして一般的なものとなってきています。以前は、ECSでコンテナワークフローを自動化するには、AWS CloudFormationを使った自前のソリューションを構築する必要がありました。これからは、わずか数ステップでCodePipelineとCodeBuildをECSと連携させてワークフローを自動かすることができます。 CodePipeline、CodeBuild、そしてECSを使った典型的な継続的デリバリのワークフローは、以下のようなものです: ソースを選択する プロジェクトをビルドする コードをデプロイする GitHub上にこのワークフローのための継続的デプロイのリファレンスアーキテクチャも公開しています。 はじめてみよう 最初に、CodePipelineで新規プロジェクトを作成し、例として”demo”というプロジェクト名を設定します。 次に、コードが保管されているソースの場所を選択します。ここには、AWS CodeCommit、GitHub、またはAmazon S3が選択できます。この例では、GitHubを入力し、CodePipelineにレポジトリへのアクセス権を与えます。 次に、ビルドステップを追加します。JenkinsサーバURLやCodeBuildプロジェクトの様に既存のビルドを持ってくることもできますし、CodeBuildで新しいステップを作成することもできます。もし既存のCodeBuildのプロジェクトがなければ、以下の様に選択してCodePipelineから新しいものを作成しましょう: Build provider: AWS CodeBuild Configure your project: Create a new build project Environment image: Use an image managed by AWS CodeBuild Operating system: Ubuntu Runtime: Docker Version: aws/codebuild/docker:1.12.1 Build specification: […]

Read More

現代版の安定性を備えたエンタープライズ向け Amazon Linux 2

今年も仕事納めの時期なりました。メールの片付けそして AWS re:Invent 開催後すぐにリリースされた最近の AWS サービスについて遅れを取り戻そうとしているところです。 先週は Amazon Linux 2 がリリースされました。この現代版 Linux はセキュリティ、安定性、生産性といったエンタープライズ環境のニーズを満たしながら、新しいツールや機能へのタイムリーなアクセスを提供できるように設計されています。また AWS 統合、cloud-init、安全なデフォルト設定、定期的なセキュリティ更新、AWS サポートといった AWS Linux AMI を人気にしたすべての機能も含まれています。これを基盤に次の新機能を追加しました。 長期サポート – 頻繁にアプリケーションを再適格することを避けたい場合など、長期に渡り 1 つの Linux バージョンを使用したい時に Amazon Linux 2 を使用することができます。このビルド (2017.12) は LTS ステータスを対象にしており、Amazon Linux ディスカッションフォーラムのフィードバックを元に最終判断が行われます。Amazon Linux 2 LTS ビルドの長期サポートにはセキュリティ更新、バグ修正、ユーザースペースのアプリケーションバイナリインターフェイス (ABI)、ユーザースペースのアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) の 5 年間にわたる互換性を含んでいます。 Extras Library – 基盤となる OS イメージを軽量で安定性を維持した状態にしながら新機能に素早くアクセスできるようになりました。Amazon Linux Extras Library […]

Read More

AWS 欧州 (パリ) リージョンの一般提供を開始

AWS 全体で 18番目、欧州では 4 番目の AWS リージョンの提供を開始しました。パリ地域に位置するこの AWS リージョンは、AWS ユーザーがフランス国内および近辺の顧客に対し、より優れたサービスを提供できるようにしています。 詳細 新しい欧州 (パリ) リージョンでは、次を含む幅広い一連の AWS サービスを提供しています: Amazon API Gateway, Amazon Aurora, Amazon CloudFront, Amazon CloudWatch, CloudWatch Events, Amazon CloudWatch Logs, Amazon DynamoDB, Amazon Elastic Compute Cloud (EC2), EC2 Container Registry, Amazon ECS, Amazon Elastic Block Store (EBS), Amazon EMR, Amazon ElastiCache, Amazon Elasticsearch Service, Amazon […]

Read More

【開催報告】IVS CTO Night and Day 2017 Winter powered by AWS

こんにちは。ソリューションアーキテクトの篠原英治(@shinodogg)です。 2017年12月11日(前夜祭)・12日(Day1)・13日(Day2)に、Infinity Ventures Summitと共催で、約100名のCTOの皆さまにお集まりいただき、金沢で”IVS CTO Night & Day 2017 Winter”を開催しました! Day0 前夜祭 Welcome CTO Night!  @ 辻家庭園 小雪の降りしきる幻想的な雰囲気の会場で前夜祭を行いました。 新しいロゴでボードを新調しました :) 乾杯のご発声は、カーディナル合同会社代表の安武さん。 前夜祭から各所でCTOの皆さま同士の濃い話が繰り広げられていました。 Day1 AWSオフィスアワー(個別技術相談会) 早朝からAWSの個別技術ディスカッションを行いました。 CTOやVP of Engineeringの皆さんと実践的な議論をさせていただけるのは、AWSのソリューションアーキテクトにとても励みになります。 AWS Morning Session ソリューションアーキテクトによるAWSの最新技術をご紹介するセッションを12本行いました。 Keynote AWS re:Invent 2017 振り返り (SlideShare) – 岡嵜 禎 Breakout Amazon Culture (SlideShare) – 岡嵜 禎 AWS Media Services (SlideShare) – 篠原 英治 Serverless & Mobile […]

Read More