Amazon Web Services ブログ

AWS DeepRacer League で競って勝つための方法の紹介と、2 人の新チャンピオンの誕生!

AWS DeepRacer League にとっては忙しい週となりました。世界初のグローバルな自走型レーシングのリーグでは、あらゆるスキルレベルの 機械学習開発者が楽しくエキサイティングな方法で機械学習を実際に体験できます。 2019 年 4 月 29 日、AWS DeepRacer League の仮想サーキットがオープンしました。仮想サーキットでは、AWS DeepRacer コンソールを使用して、レーサーたちは世界中のどこからでも競争することができます。開発者は、仮想サーキットのワールドツアーに参加して競うことで、自分のスキルの腕試しを行えます。この仮想トラックは有名なレースコースからアイデアを得たもので、毎月発表される予定です。参加者は賞 や栄誉をかけて競います。入賞者には、re:Invent 2019 で開催される AWS DeepRacer チャンピオンカップへの出場権が付与されます。仮想ワールドツアーの最初のレーストラックは、ロンドンループとして知られるイギリスのシルバーストーンにある有名なレースコースからヒントを得たものです。レースは 5 月 31 日まで開かれ、世界各地の開発者が、すでにすばらしいラップタイムを叩き出しています。AWS DeepRacer League バーチャルサーキットで勝者として名乗りをあげるため、今すぐレースに参加しましょう! シドニー Summit の入賞者 仮想サーキットに加えて、AWS Summit のカレンダーの第 7 レースがオーストラリアのシドニーで開催されました。シドニーの AWS Summit は 2 日間にわたって盛大に行われ、クラウドコミュニティが一堂に会して AWS のサービスを学び、実際に体験することができました。AWS DeepRacer League には、48 時間を超えて競い合うレース用のトラックが 3 つ用意されました。何百人ものレーサーたちが表彰台でチャンピオンに輝くためにトラックで腕を競い合ったレースでは、期待が裏切られることはありませんでした。 優勝した Matt Kerrison (Matt@GJI) さんは、他の […]

Read More

SAP on AWS最新情報 – お客様ケーススタディ、スケールアップ、スケールアウトほか

SAP SAPPHIRE NOW 2019が今週フロリダで開催されます!私のAWSの同僚もたくさん現地にいるでしょう。そして、彼らは皆さんと喜んで会話したいと思っています。今日は、SAPが推進するOLTPとOLAPのエンタープライズワークロードを稼働するのにAWSが最適な環境であることを確かめるために、私たちが実施してきた取り組みについて、いくつかのお客様のサクセスストーリーを共有し、簡潔な最新情報をお知らせします。

Read More

LifeOmic の JupiterOne が Amazon Neptune によるセキュリティとコンプライアンス操作を簡素化する方法

LifeOmic の CISO である Erkang Zheng による寄稿です。 ほとんどの組織は、セキュリティ操作に対して線形のリストベースのアプローチを行っています。それは 2 次元のプロセスです。まず、リソースを特定します。次に、設定を管理します。管理用ツールとテクノロジーがセキュリティアナリストに環境の変化について警告を発するため、修復に利用するのが理想的です。 この 2 次元アプローチの問題点は、エンドポイント、脆弱性管理ツール、DevOps とクラウドツール、そしてセキュリティポリシーと手順など、環境におけるさまざまなコンポーネントの関係を接続できないことです。コンテキストがなければ、環境における変化の重要性、重大性、必要性がわかりません。その結果、攻撃を防止するには、問題を取得するために計画された各変更と偽陽性アラートを回避する必要があります。 たとえば、本番環境で重大なリソースを保護する必要があることを知っているとしましょう。指定された管理者が承認済みのメカニズムを介して、そのリソースへのアクセス権を取得しても、問題はありません。しかし、取るに足りない問題を追いかけないようにするために、デバイスに必要なセキュリティ制御を判断するには、どうすれば良いのでしょうか? すべての違いを生み出す関係マッピングでは、2 次元での停止を達成できません。 JupiterOne を使用して、組織の環境内で関係をマッピングすることによって、明確にコンテキストを組み込みました。Amazon Neptune グラフのデータベースサービスを使用してグラフモデルを構築しました。グラフモデルは、何が起こったのかを把握し、それが問題であるかどうかを判断するまでかかる時間を大幅に短縮します。 グラフモデルを入力する 組織が条件を平等にするには、環境の表示を 2 次元から 3 次元に移行する必要があります。そのためには、データと関係のマッピング方法を変更しなければなりません。チェックリストの代わりにグラフを使うことは、この複雑さを有意義に表す唯一の方法です。 JupiterOne を使用して、組織のデジタル環境を完全に捉えたグラフベースの参照データモデルを構築しました。データモデルは、一連のエンティティとその関係によって定義されます。エンティティは、デジタルインフラストラクチャのリソースを表すグラフ内のノードまたは頂点です。関係は、グラフ内の 2 つのエンティティノード間のエッジです。各エンティティと関係には、独自のクラス、タイプ、およびプロパティがあります。 エンティティとその関係の間にある点をつなげると、非常に価値が高く、コンテキストが豊かなインサイトを引き出すことができます。たとえば、このグラフの例では、実際にインターネットに公開されているアクティブな Amazon EC2 インスタンスをすばやく簡単に見分けることができます。 別の例としては、AWS アカウントの内部から外部アカウントへのクロスアカウントで、想定されているロール信頼を強調する場合があります。 いくつかのサイロ化されたサービスとツールでは、排他データへのインサイトを与えることができます。ただし、エンティティ関係グラフは、組織のインフラストラクチャ全体を取り扱うように設計されています。これには、脆弱性、イベント、アラートなどのセキュリティ制御とその検出結果だけでなく、ネットワーク、サーバー、エンドポイント、データリポジトリ、クラウドサービス、一連のアプリケーションとソフトウェア開発ツール、ユーザーと ID が含まれます。データは Amazon Neptune のグラフデータベースに保存されます。 Amazon Neptune を活用する JupiterOne の開発中で、まだ Neptune をプレビューしていたとき、評価を行う機会がありました。ライセンスの交渉やインフラストラクチャの管理ではなく、Neptune によって、JupiterOne の開発に集中できるようになったことがすぐに明らかになりました。他の AWS サービスと共通しているように、Neptune の使用量ベースのモデルでは、開発により成長を続け、ビジネスを拡大しながら、コストを抑えることができます。Neptune […]

Read More

お客様のSAP S/4HANAへの道のりの簡略化とイノベーションの加速

Amazon Web Services (AWS)でグローバルSAPビジネス責任者を務めるFernando Castilloによる記事です。 今週、私がAmazon Web Services (AWS)のチームの一員としてSAPPHIRE NOWに参加する5周年目を迎えます。 私たちは、この5年間で数千のお客様がSAPをAWSに移行する道のりのお手伝いをすることができました。 この期間に私は世界中を行き来し、多くのSAP顧客とつながり、お客様の課題を理解して、目標を乗り越えて達成する方法を探し出すお手伝いの機会を得ました。初期のころのSeaco、Coca-Cola IcecekやBP、 最近のAIG、ENGIE、Bristol-Myers Squibb、ファーストリテイリング、FirstGroup、そして他の多くのお客様との交流を通じ、AWS移行の主な利点として、技術的負債の返済とイノベーションの加速という2つの共通のテーマが浮上していました。

Read More

新機能 – AWS Systems Manager パラメータストアを使用した AWS リージョン、エンドポイントなどのクエリ

私たちは、AWS のお客様のご要望にお応えして、AWS のリージョンとサービスに関する情報をプログラム的に利用できるようにする方法を見つけるよう、以前からサービスチームに依頼していました。本日、この情報が AWS Systems Manager パラメータストアで利用可能になり、スクリプトとコードから簡単にアクセスできるようになったことをお知らせしたいと思います。アクティブリージョンの完全なリストを入手し、それらでどのサービスが使用できるかなどを知ることができます。 クエリの実行 この記事では、例の大半に AWS コマンドラインインターフェース (CLI) を使います。これには、AWS Tools for Windows PowerShell、または AWS SDK のいずれかを使用することもできます。すべての CLI コマンドと同様に、JSON、タブ区切りのテキスト、または表形式での出力をリクエストできます。今回は JSON を使用し、jq ユーティリティをふんだんに使って、各クエリからの出力の関連性が高い部分を表示します。 アクティブリージョンのリストに対するクエリの実行方法は次のとおりです。 $ aws ssm get-parameters-by-path \ –path /aws/service/global-infrastructure/regions –output json | \ jq .Parameters[].Name “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-northeast-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/eu-central-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/eu-north-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/eu-west-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/eu-west-3” “/aws/service/global-infrastructure/regions/sa-east-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/us-east-2” “/aws/service/global-infrastructure/regions/us-gov-east-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/us-gov-west-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/us-west-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-northeast-2” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-northeast-3” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-south-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-southeast-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ap-southeast-2” “/aws/service/global-infrastructure/regions/ca-central-1” “/aws/service/global-infrastructure/regions/cn-north-1” […]

Read More

Udacity の機械学習ナノ学位プログラムに Amazon SageMaker が追加されました

ここ数年の間に、機械学習のスペシャリストとエンジニアの需要が急増しています。これら 2 つの役割は現在、LinkedIn で最も注目されている職種にランクインしています。ここ最近では、機械学習は、医療診断会社から金融機関その他まで、幅広い業界で採用されています。Udacity はこの需要に応えて機械学習ナノ学位プログラム入門と機械学習エンジニアナノ学位プログラムを作成し、より幅広い視聴者がこの技術分野へアクセスできるようにしました。 ボイスアシスタントやリコメンデーションエンジンなどの世界的に利用できるプロダクションアプリケーションに機械学習モデルを統合できるエンジニアに対する需要が高まっています。機械学習モデルを構築する方法を知ることは素晴らしい出発点です。けれども、真の影響を与えるためには、データサイエンティストや開発者は、モデルをラボから実世界に取り込む方法を理解し、何千何万という予測に活かすことができるようにする必要があります。 「最新の AI スキルに対する業界の需要は過去最高に高まっています。Amazon と共同で、AWS プラットフォームで世界中のどこでも最新の機械学習デプロイスキルを習得できるようにするために、Udacity の機械学習ナノ学位プログラムを更新しました」と Udacity の共同設立者、社長兼会長の Sebastian Thrun 氏は言います。 AWS Educate と Amazon SageMaker は、Udacity と共同で 機械学習エンジニアナノ学位プログラムの新しいデプロイメントコンテンツを作成しました。AWS Educate は、Udacity の生徒が AWS のコンテンツと AWS のプロモーションクレジットへアクセスできるようにしています。これらの利点により、生徒は AWS の内容領域専門家 (SME) と連携して開発した課題に Amazon SageMaker を使用することができます。このコースでは、実世界のタスクに大規模に適用されるさまざまな機械学習モデルについて説明しています。生徒は教師ありと教師なしの両方のアルゴリズムをデプロイする方法を学び、それらをフィーチャーエンジニアリングや時系列予測などのタスクに適用します。このコンテンツは、次のような質問に対処します。 与えられたタスクにピッタリの機械学習モデルをどのように決定するか? Amazon SageMaker などのクラウドデプロイメントツールを使用してデータを操作し、機械学習モデルを改善するにはどうすればよいか? Udacity.com による機械学習エンジニアナノ学位プログラムの説明 モデルのデプロイについて学ぶことに加えて、生徒はモデルの提供と更新についても学びます。このコースでは、AWS API を使用して、デプロイされたセンチメント分析モデルをウェブサイトに接続する方法を説明しています。モデルをデプロイした後、基礎となるテキストデータの変更を説明するためにそれを更新します。これは、データを継続的に収集する業界で特に価値のあるスキルです。このセクションの終わりまでに、生徒は自分の設計のタスクを解決するためにモデルをトレーニングしてデプロイするのに必要なスキルを身につけているはずです。 初級者から上級者までの機械学習コース Udacity の機械学習入門および機械学習エンジニアのナノ学位プログラムは、Udacity’s AI of School の一部です。それはソフトウェア開発者によってソフトウェア開発者のために設計された一連の無料のコースおよびナノ学位プログラムです。機械学習に慣れていないのであれば、Udacity […]

Read More

提供開始 – AMD EPYC 搭載の Amazon EC2 T3a インスタンス

昨年お約束していた AMD EPYC 搭載の T3a インスタンスが提供開始されました。今すぐご利用可能です。 最近発表された M5ad および R5ad インスタンスと同様、T3a インスタンスは AWS Nitro System 上にて構築されており、組み合わされた複数のインスタンスのバランスをコストおよびパフォーマンスに基づいて保つことができます。 T3a インスタンス T3a インスタンスはバースト可能で高コスト効率なパフォーマンスを提供します。継続的に高い処理能力は必要としないものの使用量に一時的なスパイクが発生するワークロードに最適です。豊富で信頼できるベースラインの処理能力が提供されるほか、さらに処理能力が必要になったときにフルコアパフォーマンスまで透過的にスケールアップする機能を、必要な期間だけ利用できます。T3 および T3a に共通のバースト可能なコンピューティングモデルの詳細については、New T3 Instances – Burstable, Cost-Effective Performance をお読みください。 T3a インスタンスは今すぐ 7 通りのサイズで起動できます。利用可能なリージョンは、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、欧州 (アイルランド)、米国東部 (オハイオ)、アジアパシフィック (シンガポール) です。オンデマンドインスタンス、スポットインスタンス、リザーブドインスタンスの各形式で利用できます。仕様は以下のとおりです。 インスタンス名 vCPUs RAM EBS最適化帯域幅 ネットワーク帯域幅 t3a.nano 2 0.5 GiB 最大 1.5 Gbps 最大 5 Gbps […]

Read More

AWS RoboMaker を使用した強化学習の紹介

ロボット工学には、しばしば複雑な連続動作のトレーニングが含まれることがあります。たとえば、別のオブジェクトをフォローまたは追跡するように設計されたロボットについて考えてみましょう。目標については簡単に説明できますが (ロボットがオブジェクトに近いほど良いです)、タスクを達成するためのロジックを作成することははるかに難しいです。強化学習 (RL)、新しい機械学習技術は、まさにこのような問題のソリューションを開発する際に役立ちます。 この記事では RL を紹介するとともに、私たちが AWS RoboMaker を使用して TurtleBot Waffle Pi がTurtleBot Burgerを追跡するアプリケーションをどのように作成し、トレーニングした方法について説明しています。AWS RoboMaker のサンプルアプリケーション、オブジェクトトラッカーは、Intel Reinforcement Learning Coach と OpenAI の Gym ライブラリを使用します。Coach ライブラリは RL フレームワークを簡単に利用できるPython で書かれたライブラリです。TurtleBot が自律走行に使うモデルのトレーニングに使用されました。OpenAI の Gym は、自律判断を行う RL エージェントを開発および設計するために使用されたツールキットです。 サンプルオブジェクトトラッカーのアプリケーションを使用したい場合は、「強化学習を使用してロボットをトレーニングする方法」を参照してください。 RL の概要 RL では、トレーニングのコンポーネントが 2 つあります。 ロボットが行うべきアクションを判断するエージェント ロボットの次の状態を判断するために、ロボットの力学および物理学とアクションを組み合わせた環境 簡潔に言えば、エージェントはモデルを使用してアクションを決定します。ロボットの現在の状態では、モデルは可能なアクションをマッピングして、各アクションがどれだけ優れているかを推測します (強化学習では、報酬といいます)。最初、モデルはどのアクションが最適なのか分からないため、通常、間違った推測を行います。エージェントが、受け取る可能性がある潜在的報酬を最大化することを学ぶと、モデルは改善され、改善されるアクションを推測します。次の図は、仕組みについて説明しています。 サンプルオブジェクトトラッカーのアプリケーションでは、RL は次のように機能します。 ロボットがある開始位置にあるとき、エージェントはとるべき最善のアクションを推測します。 環境は新しい状態と報酬を計算します。報酬はエージェントに前回のアクションがどれほど良かったかを知らせます。 エージェントと環境は相互作用して、新しいアクションを決定し、新しい状態を計算します。エージェントは、良いアクションに対する報酬と悪いアクションに対する罰を集めます。 トレーニングが 1 回終了すると、ロボットは、全体的にどれだけうまく機能したかを表す報酬の合計を取得します。 多くのアクションをとることによって、エージェントはどのアクションが優れているか (より大きな報酬を得ているか) […]

Read More

オフラインの方法を使用して、MongoDB から Amazon DocumentDB に移行する

 Amazon DocumentDB (MongoDB 互換) は、MongoDB のワークロードをサポートする高速でスケーラブル、かつ可用性に優れた完全マネージド型のドキュメント データベース サービスです。Amazon DocumentDB 移行ガイドでは、MongoDB から Amazon DocumentDB に移行するための 3 つの主要なアプローチ (オフライン、オンライン、ハイブリッド) の概要を説明しています。 オフラインでの移行のアプローチは、3 つのうち最速で最も簡単な方法ですが、停止時間が最も長くなります。このアプローチは、概念実証、ワークロードの開発およびテスト、およびダウンタイムが主な懸念ではない本稼働のワークロードに適しています。移行に関する 3 回シリーズの第 1 回では、オフラインのアプローチを使用して、Amazon EC2 上の MongoDB レプリカセットから Amazon DocumentDB クラスターにデータを移行します。 オフライン移行の概要 次の図は、MongoDB から Amazon DocumentDB へのオフライン移行を示しています。 このアプローチには、5 つの基本的な手順があります。 ソース MongoDB デプロイメントへのアプリケーションによる書き込みを停止します。 mongodump ツールを使用して、インデックスとデータを EC2 インスタンスにダンプします。 (オプション) Amazon DocumentDB インデックスツールを使用して、Amazon DocumentDB クラスターにインデックスを復元します。 mongorestore ツールを使用して、データを […]

Read More

データカタログと ETL ジョブの AWS Glue トリガーを使用してサーバーレスデータレイクを構築および自動化する

今日、データは、IoT センサー、アプリケーションログ、クリックストリームなどのリソースの非構造化データ、トランザクションアプリケーション、リレーショナルデータベース、スプレッドシートの構造化データなど、あらゆる場所から流れています。データはすべてのビジネスにとって非常に重要な部分になりました。そのため、データから迅速にデータを抽出するために、信頼できる唯一の情報源を維持し、データの取り込みから変換、分析まで、パイプライン全体を自動化する必要があります。 データ量、速度、種類が増えるにつれて、データ分析の複雑さに対する懸念が高まっています。この懸念は、データをビジネスユーザーが使用できる状態にするために必要な手順の数と複雑さから生じています。多くの場合、データエンジニアリングチームは、パイプラインの構築と、その抽出、変換、ロード (ETL) の最適化に時間を費やしています。プロセス全体を自動化することで、価値実現までの時間と運用コストを削減できます。この記事では、完全に自動化されたデータカタログと ETL パイプラインを作成してデータを変換する方法について説明します。 アーキテクチャ この記事では、以下のアーキテクチャを構築して自動化する方法を学びます。 プライマリデータストアとして Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を使用して、サーバーレスデータレイクを構築します。Amazon S3 のスケーラビリティと高可用性を考えると、データの信頼できる唯一の情報源として最適です。 Amazon S3 にデータを取り込み、保存するためにさまざまな手法を使用できます。たとえば、ストリーミングデータを取り込むために Amazon Kinesis Data Firehose を使用できます。既存のデータベースからリレーショナルデータを取得するために AWS Database Migration Service (AWS DMS) を使用できます。また、AWS DataSync を使用して、オンプレミスのネットワークファイルシステム (NFS) からファイルを取り込むこともできます。 取り込まれたデータは Amazon S3 バケットに入り、これを raw ゾーンと呼びます。そのデータを利用できるようにするには、そのスキーマを AWS Glue のデータカタログに登録する必要があります。これを行うには、Amazon S3 トリガーによって呼び出される AWS Lambda 関数を使用して、データをカタログ化する AWS Glue クローラを起動します。クローラによるテーブル定義の作成が完了したら、Amazon […]

Read More