Amazon Web Services ブログ

Amazon Auroraアップデート – 空間インデックス・ゼロダウンタイムパッチ

AWSの様々なサービスがリリースされてりますが、Amazon Auroraは現在もAWSサービスの中で最も速く成長しているサービスです!お客様には速度、パフォーマンスや可用性を評価頂いています。MySQL互換のAuroraを多く利用いただいていますが、今後リリースされるPostgreSQL互換のAuroraへも期待していただいています(詳細や最近Auroraに追加された機能はAmazon Aurora アップデート – PostgreSQL 互換のエンジンをご覧ください)。 本日、AWS re:Inventでアナウンスをした、空間インデックスとゼロダウンタイムパッチの2つの機能をリリースしました。 空間インデックス Amazon Auroraは今までも地点やエリアを表すためにGEOMETRY型をご利用頂けました。この型を使ってカラムを作成し、ST_Contains, ST_CrossesやST_Distance(更に他にも)といった機能をspatial queryを実行するためにお使い頂けました。これらのクエリはパワフルですが、大きなデータセットに対してスケールするには不十分な点や制限がありました。 Auroraを利用して、ラージスケールな位置情報を使うアプリケーションを作成していただくために、空間データに対してとても効率的なインデックスをお使い頂けるようになりました。Auroraは dimensionally ordered space-filling curve (次元的に整列した空間充填曲線)を利用して、スケールし、高速かつ正確に情報を取り出すことが出来ます。インデックスはb-treeを使い、MySQL5.7と比較して最大2倍のパフォーマンスです(詳細は、こちらのプレゼンテーションとAmazon Aurora Deep Diveのこちらの箇所をご覧ください)。 この機能を現在ご利用頂くためには、Aurora Lab Modeを有効にして頂く必要があります。機能を有効にした後は、既存のテーブルや新規に作成するテーブルにspatial indexを設定頂けます(詳細はこちらをご覧ください)。 ゼロダウンタイムパッチ 今日のような24×7の世界で、データベースへのパッチ適用やアップデートでデータベースをオフラインにする良い時間はありません。しかし、高可用性を維持するために、read replicaを利用して昇格させる方法が利用されてきました。 私達の、新しいゼロダウンタイムパッチ機能により、Auroraインスタンスへのパッチ適用をダウンタイム無しで、可用性にも影響を及ぼさずオンラインで実行出来るようになりました。この機能は、現在の最新バージョン(1.10)が適用されたAuroraインスタンスで、ベストエフォートで機能します。シングルノードクラスタとマルチノードクラスタのWriterインスタンス双方で機能しますが、バイナリログが有効になっている場合は無効になります。 このパッチは、既に開かれているSSLコネクション、アクティブなロック、トランザクションの完了やテンポラリテーブルの削除を待ちます。パッチ適用可能なウインドウが出来た場合、ゼロダウンタイムパッチとして適用します。アプリケーションセッションは保持されたまま、パッチが適用される間データベースエンジンがリスタートします。この間瞬間的(5秒程度)なスループット低下が発生します。もし、ゼロダウンタイムパッチで適用出来るウインドウがなかった場合、通常のパッチ適用プロセスが実行されます。 さらに詳細にこの機能がどのように動作するかや実装方法については、Amazon Aurora Deep Dive videoのこちらの箇所をご覧ください。 本日からご利用いただけます これらの新機能が本日からご利用頂けます! その他の機能改善やBug fixはこちらのforumをご覧ください。 — Jeff; (翻訳は星野が担当しました。原文はこちら)

Read More

S3のデータをAmazon Athenaを使って分析する

Amazon Athenaは対話型クエリサービスで、標準的なSQLを使ってAmazon S3の直接データを直接分析することを簡単にしてくれます。Athenaはサーバレスなので、インフラを構築したり管理する必要はなく、今すぐにデータ分析を始めることができます。Athenaはデータをロードしたり、複雑なETL処理をする必要すらありません。S3に保存されているデータに直接クエリすることができます。 Athenaは、クエリを実行する際に分散SQLエンジンのPrestoを利用しています。また、テーブルを作成、削除、変更、パーティションするためにApache Hiveも利用しています。Hive互換のDDL文や、ANSI SQL文をAthenaクエリエディタ内で書くことができます。複雑なJOINやウィンドウ関数、そして複雑なデータ型をAthenaで使うこともできます。Athenaはschema-on-readとして知られるアプローチを取っていて、クエリを実行する時にデータに対してスキーマを定義することができます。これによって、データロードやETLを必要としていません。 Athenaはクエリ毎にスキャンしたデータの量に応じて課金します。データをパーティションしたり、圧縮したり、またはApache Parquet等の列指向フォーマットに変換することでコストを抑えパフォーマンスを向上させることができます。詳しくはAthenaの料金ページをご覧ください。 この記事では、既に決められた形式のテキストファイルで生成されるElastic Load Balancingのログに対して、どのようにAthenaを使うかをお見せします。テーブルを作成し、Athenaで使われる形式でデータをパーティションして、それをParquetに変換してから、クエリのパフォーマンスを比較してみます。

Read More

AWS ロンドンリージョンが利用可能に

先週は 15 番目の AWS リージョンを開始しましたが、本日は 16 番目のリージョンを開始します。AWS は英国へと拡大し、欧州で 3 番目となる新しいリージョンをロンドンに開設しました。AWS のお客様は新しいロンドンリージョンを使用して英国のエンドユーザーへのサービスを向上させるとともに、英国内にデータを保存することができます。 詳細 新しいロンドンリージョンでは、、、、、、、、、、 Streams、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 Standard、、、、、、、、、 (料金などの情報については、リンク先を参照してください) を含む AWS のサービスの広範なスイートが提供されます。ロンドンリージョンは、C4、D2、M4、T2、および X1 のインスタンスをすべてのサイズでサポートします。現在および将来の AWS リージョンの詳細については、AWS グローバルインフラストラクチャのページを参照してください。 お客様のご紹介 AWS の多くのお客様が、この新しいリージョンを使用する準備を整えています。お客様のごく一部をご紹介します。Trainline は、欧州最大の独立した鉄道の切符小売業者です。毎日 10 万人を超える人が、Trainline から購入した切符を使用して移動しています。Mark Holt 氏 (Trainline の CTO) は次のように語っています。 当社は、最近 e コマースインフラストラクチャの AWS への移行を 100% 完了し、セキュリティの向上、ダウンタイムの 60% の軽減、大幅なコスト削減、俊敏性の信じられないような改善といった、すばらしい結果を得ています。広範なテストから、0.3 秒のレイテンシーは 800 万ポンド以上の価値があることがわかっています。AWS の接続は既に非常に高速ですが、英国のデータセンターから英国の顧客に対応することで、トップレベルの利点が得られると期待しています。 Kainos Evolve 電子医療記録 (EMR) により、症例記録、手術の文書や記録の作成、取得、処理が自動化されます。これにより、医療提供者はいくつかの大手 […]

Read More

AWS Managed Services – エンタープライズ向けのインフラストラクチャ操作管理

大規模なエンタープライズデータセンターは慣例に従うのが一般的です。ポリシー、ベストプラクティス、操作手順は IT マネジメントが担う責任の一部として開発、改善、キャプチャ、体系化する作業が行われています。そしてその際に ITIL モデルに目を向けることは少なくありません。すべてのインフラストラクチャの改善や設定変更そしてプロビジョニングなどのリクエストは必要以上に複雑であったり大幅に時間を要することなく、データセンターのオペレーションがある程度の規律を守り、段階を追って処理することが理想と言えるでしょう。IT スタッフはハードウェアのプロビジョニング、ソフトウェアのインストール、パッチの適用、操作のモニタリング、バックアップやその復元、予期していなかった操作上の問題やセキュリティ関連の問題の対応に追われるといったように、その作業量はかなりのものです。多くの企業がこれまで以上に俊敏性を備えコスト節約を実現でき、スケールや革新性に優れた AWS クラウドが提供するメリットを活用できないかと考えていました。クラウドへの移行を計画する上で、こうした企業はすでに使用しているシステムやプラクティスを破棄せずに、クラウドが提供する利点をすべて取り入れることを望んでいます。日常的な操作をできる限り減らすことでスタッフの負担を減少するため、自動化の追加や 1 回以上の使用が可能な標準コンポーネントの利用を希望しています。 AWS マネージドサービスのご紹介 本日、AWS は をリリースしました。Fortune 1000 および Global 2000 向けに設計したこのサービスはクラウド導入を迅速化します。Amazon の社員で構成された専任のチームがサポートする同サービスは、自動化や機械学習を使用することでデプロイ、移行、管理を簡略化します。AWS で構築される は、既存のサービス管理システムの接続用となる一連の統合ポイントを提供しています。エンタープライズが必要としている幅広い要件を満たせるサービスを実現するため、AWS は過去数年に渡り AWS エンタープライズをご利用されているお客様やパートナーと協力してきました。 は 1 つ以上の AWS アカウントとリンクしている仮想データセンターの概念をもとに構築されました。Virtual Private Cloud (VPC) から成る VDC は、DMZ のマルチ AZ サブネットや共有サービス、顧客のアプリケーションを含む複数のデプロイグループを含んでいます。各アプリケーションまたはアプリケーションコンポーネントはマネージド型のスタックでパッケージ化されています。一連の機能概要は次の通りです: インシデントのモニタリング & 解決 – は AWS のモニタリングシステムが検出したインシデントまたは当社の顧客が報告したインシデントを管理します。この機能は複数の アラームを関連付け、実行中のアプリケーションの正常な状態に影響を与える可能性を持つ失敗したアップデートやセキュリティイベントを探します。調査用にインシデントが 内で作成され、AWS のエンジニアが自動または手動で解決します。システムやプロセスの改善に誤検出を使用します。広範囲に渡りデータを収集することで徐々に を改善していくことができます。コントロールの変更 – はすべての操作とリソースを連係させます。変更は変更リクエスト (RFC – […]

Read More

AWS Artifactのご紹介:コンプライアンスレポートへの高速なアクセス

私はAWS Artifactを発表できることを嬉しく思います。AWSのお客様は、AWS マネジメントコンソールを使って、無償かつセルフサービスで、AWS コンプライアンスレポートへアクセスできるようになりました。 AWSの多くのお客様は、ISO、SOC、そしてPCIに関するAWSのコンプライアンスレポートを監査人や規制当局に提供しています。これには、AWSインフラストラクチャとサービスの現在および過去のコンプライアンスレポートが含まれます。 あなたは今、コンピュータまたはモバイルフォンからAWSマネジメントコンソールにサインインし、関連するレポートを数分で取得する事ができます。 また、監査人や規制当局にAWS Identity and Access Management (IAM) の権限を使用して、1つまたは複数のAWSコンプライアンスレポートへの直接アクセスをさせることができます。 AWSのリスクとコンプライアンス担当ディレクターのChad WoolfはArtifactのビジョンについてこう語ります。「AWSが提供するセキュリティを評価する観点において、顧客と監査人に選択肢と利便性を提供できることに私たちはうれしく思っています。」Woolfは言います。「AWS Artifactのリリースは、AWSが監査業界を変革するきっかけとなり、時間のかかるマニュアルの監査から、クラウドによる継続的で高度に自動化された環境へと移行します。」 あなたは今日から、AWS マネジメントコンソールから監査レポートのダウンロードを開始することができます。 多くの文書は機密情報であり、Amazonの機密保持契約条件に同意する必要がありますが、それらの条件を確認して同意すると、レビュー文書に即座にアクセスできます。Getting Started with AWS Artifactも参照してください。 Artifactの詳細については、Artifact home pageを参照してください。 AWS クラウドコンプライアンスと認定の詳細については、AWS Cloud Compliance home pageをご覧ください。 – Sara TAGS: AWS Artifact, Compliance reports (日本語訳はSA藤倉が担当しました。原文はIntroducing AWS Artifact: Speeding Access to Compliance Reports)  

Read More

AWS カナダ (中部) リージョンが利用可能に

当社は AWS の拡大を再開しました。新しい リージョンが利用可能になり、今すぐ使い始めることができます。カナダおよび米国北部で AWS をご利用のお客様は、AWS インフラストラクチャサービスのスイートに低レイテンシーで迅速にアクセスできるようになります。 詳細 新しい リージョンは、 に加えて 、、、、NAT ゲートウェイ、スポットインスタンス、Dedicated Host などの関連サービスをサポートします。また、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、 Standard、、、、、、、、 もサポートします。カナダリージョンは、C4、D2、M4、T2、および X1 のインスタンスをすべてのサイズでサポートします。環境に優しい方法でクラウドコンピューティングをお客様に対して利用可能にする当社の継続的な取り組みの一環として、カナダの AWS データセンターは、電気の 99% を水力発電で賄う送電網から電力の供給を受けています (詳細については、「AWS と持続可能性」を参照してください)。 すぐれた接続 オハイオで AWS リージョンを開始したときに私がお知らせした、ネットワークレイテンシーのメトリクスに関して多くの好意的なご意見ご感想をいただきました。そこで、本日の発表の一部として、新しいメトリクスのセットを用意しました (これらの時間はレイテンシーの下限を表しており、時間とともに変化する可能性があります)。最初のメトリクスのセットは、カナダのその他の各都市に対するものです。 トロントに対して 9 ms。 オタワに対して 14 ms。 カルガリーに対して 47 ms。 エドモントンに対して 49 ms。 バンクーバーに対して 60 ms。 2 番目のセットは米国の各都市に対するメトリクスです。 ニューヨークに対して 9 ms。 シカゴに対して 19 ms。 に対して 16 […]

Read More

IoTコンピテンシーの紹介

IoTコンピテンシーの紹介 あなたはお客様に革新的なIntenet of Things(IoT)を提供、手助けができるAPNパートナーでしょうか? あなたの会社は、AWSでIoTアプリケーションを構築しようとしている企業顧客にサービスを提供することに重点を置いていますか? IoTにおけるAPNパートナーの機会は莫大です。 IDCは、Internet of Things(IoT)の世界市場は、2015年の6,926億ドルから2020年には1兆4600億ドルに成長し、年間成長率(CAGR)は16.1%になると予測しています。 インストール済みIoT基盤は、2015年の121億人から2020年には300億人以上に増加することが予測され。[1] AWS上で革新的なIoTアプリケーションを構築しようとする世界中のお客様がますます増えています。私たちの目標は、ビジネス目標を達成するのに役立つ顧客とのつながりを支援することです。 AWSコンピテンシープログラムは、お客様が特定のビジネスのニーズにミートした正しいAPNパートナーを探し出すのに役立ちます。re:Invent内で開催されているAWS グローバルパートナーサミットにおいて、2つの新しいAWSコンピテンシーの1つAWS IoTコンピテンシーについて 発表致します。 AWS IoTコンピテンシーの発表 AWS IoTコンピテンシーは、コンサルティング/テクノロジーパートナーが スマートファクトリー、スマートシティ、エネルギー、自動運転、ヘルスケア(これらに限らず)を含む様々なユースケースに技術の提供 かつ/もしくは 開発の能力があることを示します。 AWS IoTコンピテンシーを取得するには、公開事例の提供や第三者の監査を完了させるなど幾つもの要求を満たす必要があります。我々はAWS上でのIoTソリューション/成熟度を示し、お客様がIoTパートナーを特定しコンタクするためにIoTコンピテンシー取得に際して高いバーを設定しました。 要求事項についてはこちらをクリック AWS IoTコンピテンシーパートナーは、次のようなビジネス、技術、およびマーケティングのさまざまなメリットを得る資格を得ます。 ・IoTコンピテンシーのロゴをマーケティング資料に使用できる ・AWS IoTコンピテンシーパートナーとしてのAWS Webサイトで公認 ・AWS partner solution finderでAWS IoTコンピテンシーパートナーとしての指定 ・マーケット開拓のためのファンド提供 ・AWSコンピテンシーとAWSに関するIoTに関する将来のAWS発表に含める際の優位性 ・APNパートナーのスポットライト(引用、お客様の声、ビデオなど)に含める際の優位性 ・ウェブセミナー、ロードショー、イベントのAWSコンピテンシーに関する情報開示の優位性 IoTカテゴリとローンチパートナー 以下にカテゴリ毎にIoTパートナーをご紹介します。おめでとうございます。 エッヂ(Edge):IoTデバイスを構築するために使用されるハードウェアおよびソフトウェア、またはIoTソリューションまたはアプリケーションで使用される完成品を提供するパートナー。 例として、センサー、マイクロプロセッサ、マイクロコントローラ、オペレーションシステム、セキュア通信モジュールや評価/デモキットなどとなります。 ・Intel ・Microchip Technology ゲートウェイ(Gateway):クラウドにエッジデバイスを接続するデータアグリゲーションハードウェアおよび/またはソフトウェアを提供し、エンタープライズITシステムに接続するだけでなく、前段でインテリジェンスを提供するパートナー。 例として、ハードウェアゲートウェイ、プロトコルを変換するソフトウェアコンポーネント、ローカルでの意思決定をサポートするためにオンプレミスプラットフォームなどとなります。 ・MachineShop プラットフォームプロバイダ(Platform Provider):ISVが開発したクラウドベース 収集/解析/行動/IoTデータの活用 のプラットフォーム 例として、デバイス管理システム、可視化ツール、メンテナンス予測、データ解析、機械学習などとなります […]

Read More

AWS LambdaのC#サポートの発表

本日、AWS Lambdaのサポート言語としてC#を発表しました。新しいオープンソースの.NET Core 1.0ランタイムを使用すると、さまざまな一般的な.NETツールからC#コードをAWS Lambdaに簡単に公開できます。 .NET開発者は、C#言語と使い慣れた.NETツールを使用して、Lambda関数とサーバーレス アプリケーションを作成できます。 Visual Studio、Yeoman、およびdotnet CLIにおけるツール サポートによって、C#で記述された個々のLambda関数またはサーバーレスアプリケーション全体をLambdaおよび Amazon API Gatewayに簡単に展開できます。 LambdaはAWSサーバーレスプラットフォームの中核です。もともと2015年に発売されたLambdaでは、インフラストラクチャやスケーリングを心配することなく、Node.js、Python、およびJavaコードをAWSに展開することができます。これにより、開発者はアプリケーションのビジネスロジックに集中でき、インフラストラクチャの維持と拡張に時間を費やす必要がありません。今日まで、.NET開発者はこのモデルを利用することができませんでした。サポートされている言語のリストにC#を追加し、サーバーレスアプリケーションを作成すためにLambdaとAPIゲートウェイを利用する新しいカテゴリの開発者ができたことを嬉しく思っています。   C#でのLambda 単純なC#ラムダ関数を見てください。 既にNode.js、Python、JavaでLambdaを使っていたなら、これはよく分かるはずです: using System; using System.IO; using System.Text; using Amazon.Lambda.Core; using Amazon.Lambda.DynamoDBEvents; using Amazon.Lambda.Serialization.Json; namespace DynamoDBStreams { public class DdbSample { private static readonly JsonSerializer _jsonSerializer = new JsonSerializer(); [LambdaSerializer(typeof(JsonSerializer))] public void ProcessDynamoEvent(DynamoDBEvent dynamoEvent) { Console.WriteLine($”Beginning to process {dynamoEvent.Records.Count} […]

Read More

Amazon AppStream 2.0 – AWSからデスクトップアプリをストリーミング

私の同僚であるGene FarrellがオリジナルバージョンのAmazon AppStreamがお客様のフィードバックをもとにしていかに進化したかについてゲスト投稿を書きました。 — Jeff; AWSでは、お客様の問題を解決することを手助けしテクノロジーによってお客様にサービスを提供するのが私たちのミッションです。それが私たちに考えることをうながし、私たちがイノベーションを実現する方法の中心となっています。私たちのお客様はAWSのサービスを使用して次世代のモバイルアプリを構築し、快適なWebエクスペリエンスを作成し、そしてコアのITワークロードをグローバルスケールで実行しています。 モバイル、Web、そしてコアITにおけるイノベーションとトランスフォーメーションにはめざましいものがありますが、デスクトップとデスクトップアプリケーションについてはほとんど変化がありませんでした。エンドユーザーはどこでどのように仕事をするのかの自由をまだ享受できていません。ITは、デスクトップ、アプリケーション、そして無数のデバイスを管理するための堅牢で高価なシステムに悩まされています。そして企業情報をセキュアにすることはますますむずかしくなっています。おおくのやり方でクラウドはITのこの側面を迂回しているようです。 私たちのお客様はそれを変えたいと思っています。 モバイル、Web、およびコアITで見られるように、デスクトップとアプリケーションの柔軟性、スケール、セキュリティ、パフォーマンス、そしてコストのメリットが求められます。 たった2年以上前に、私たちはフルマネージドのセキュアなクラウドデスクトップサービスであるAmazon WorkSpacesを発表し、AWS上で永続的なデスクトップを提供しています。 本日、私はデスクトップアプリケーションをWebブラウザに配信するためのフルマネージドでセキュアなアプリケーションストリーミングサービスであるAmazon AppStream 2.0を紹介することにワクワクしています。 お客様は、さまざまなプラットフォームで動作することを必要としている従来のデスクトップアプリケーションがたくさんあると言っていました。 これらのアプリケーションの保守は複雑で高価であり、お客様はよりよいソリューションを求めています。 AppStream 2.0によって、任意のデバイス上のWebブラウザを使用することで、AWSからのストリーミングによってデスクトップアプリケーションへのインスタンスアクセスを提供することができます。 クラウドのためにアプリケーションを書き直す必要はなく、ひとつのバージョンをメンテナンスするだけですみます。 アプリケーションとデータはAWS上でセキュアにたもたれ、アプリケーションストリームはエンドツーエンドで暗号化されます。 オリジナルのAppStreamをふりかえって AppStream 2.0の詳細について説明する前に、オリジナルのAmazon AppStreamサービスの歴史についてみる価値があります。 2013年に私たちはAppStreamをSDKベースのサービスとしてローンチし、お客様はデスクトップアプリケーションのストリーミング体験を構築してこれらのアプリケーションをクラウドに移行することができるようになりました。 私たちはSDKによるアプローチがお客様がアプリケーションストリーミングを自分たちの製品に統合できるようにすると考えていました。 私たちは、ゲーム開発者やグラフィックスISVがこの開発モデルを採用するだろうと考えていましたが、予想していたより多くの作業が必要であり、つかいはじめるためには重要なエンジニアリングへの投資が要求されることがわかりました。それを試した人たちはその機能セットが自分たちのニーズを満たしていないことに気づきました。 たとえば、AppStreamはg2.2xlarge EC2インスタンスをベースとしたひとつインスタンスタイプだけを提供していました。 これによって、パフォーマンスがコストを正当化できるハイエンドなアプリケーションへのサービスのみに限定されました。 しかし、経済性は多くのアプリケーションにとって割に合わないものでした。 AppStreamで、お客様の重要な問題を解決するために取り組んでいましたが、解決策を正しく得ることに失敗しました。 これは、アマゾンではあえて受け入れるリスクです。 われわれは迅速に動き、お客様を手助けすることができる分野を探求していますが、失敗の準備をします。 私たちは失敗するときに学習し、すばやく反復します。 この場合、お客様からデスクトップアプリケーションのためのよりよいソリューションが必要であることを継続的にヒアリングし、そしてふりだしに戻りました。 その結果がAppStream 2.0です。 AppStream 2.0の特長 AppStream 2.0では、オリジナルのAppStreamサービスを試していだいたお客様から聞いた課題の多くに対応しています。 こちらがにいくつかの特長です: デスクトップアプリケーションをセキュアにWindowsおよびLinux PC、Mac、Chromebook上のHTML5ウェブブラウザでどのデバイスでも実行できます。 ユーザーがどこからでもデスクトップアプリケーションに即座にアクセスできます。遅延はなく、大きなファイルをダウンロードすることもなく、時間のかかるインストールもありません。ユーザーは、ネイティブにインストールされたアプリを実行するのと同じように、敏感で流動的なエクスペリエンスを得ることができます。 シンプルなエンドユーザーインターフェイスで、ユーザーはフルスクリーンモードで実行し、ブラウザタブ内で複数のアプリケーションを開き、簡単にスイッチして操作することができます。ファイルをセッションにアップロードし、アクセスして編集し、完了したらダウンロードすることができます。また、印刷や、音声の再生、そしてネットワークの状態に最適化するために帯域幅を調整することもできます。 アプリケーションとデータをセキュアにAWS上に保持 – 暗号化されたピクセルのみがエンドユーザーにストリーミングされます。アプリケーションストリームとユーザー入力は、HTTPS経由でAWS上のセキュアなストリーミングゲートウェイを通過するため、ファイアウォールと親和性が高いものになります。自身のVirual Private Cloud(VPC)内でアプリケーションを実行でき、Amazon VPCのセキュリティ機能を使用してアクセスを制御できます。 AppStream 2.0は、ユーザーが自社の認証情報を使用してアプリケーションにアクセスできるようにするIDフェデレーションをサポートしています。 […]

Read More

新機能 – Virtual Private Cloud での EC2 インスタンスの IPv6 サポート

インターネットは、特にモバイルアプリケーション、コネクテッドデバイス、そしてIoTの分野で引き続き成長しており、それが業界全体のIPv6への移行に拍車をかけています。米国政府機関は2010年に定められた指令に従って、パブリックに公開されたサーバーとサービスをできるだけすみやかにIPv6に移行するように取り組んでいます。128ビットのアドレス空間を持つIPv6では十分な拡張の余地があり、新しいアプリケーションやユースケースへの道が開かれます。 EC2のIPv6 今年の初めに、S3 (Transfer Accelerationを含む)、CloudFront、WAF、および Route 53のIPv6サポートを開始しました。本日、新しい大きなステップとして、Virtual Private Cloud (VPC) およびEC2インスタンスのIPv6サポートを開始しました。米国東部 (オハイオ) リージョンを皮切りに、他のリージョンも対応を進めていきます。 IPv6サポートは、新規および既存のVPCで利用できます。マネジメントコンソール上でチェックボックスにチェックを入れるだけで、VPCごとにオプトインすることができます (APIとCLIもサポートされます)。

Read More