Amazon Braket では前払い料金は発生せず、使用している AWS リソースに対してのみ料金が発生します。Amazon Braket では、量子コンピュータ、量子回路シミュレータを利用し、ハイブリッド量子古典アルゴリズムのフルマネージド実行を行い、Jupyter Notebook 開発環境へのオンデマンドおよび専用アクセスを提供します。

量子計算の結果を保存する Amazon Simple Storage Service (S3) など、Amazon Braket で利用する他の AWS サービスとともに、これらの機能の使用に応じて個別に請求されます。
 

  • 量子コンピュータ (オンデマンド)
  • Amazon Braket で量子コンピュータ、または量子処理ユニット (QPU) をオンデマンド使用する場合、1 ショットあたりの料金とタスクごとの料金の 2 つの料金があります。

    ショットとは、QPU 上で量子アルゴリズムを 1 回実行することです。例えば、ショットとは、IonQIQM または Rigetti のゲートベースの QPU 上の完全な量子回路の各ステージを 1 回通過することです。または、QuEra の QPU 上のハミルトニアンの時間経過でもあります。タスクとは、同じ回路設計またはハミルトニアンに基づいて繰り返されるショットのシーケンスです。タスクを Amazon Braket に送信するときに、タスクに含めるショット数を定義します。

    タスクあたりの料金は、すべての QPU で同じです。ショットあたりの料金は、使用する QPU のタイプによって異なります。ゲートベースの QPU の場合、ショットあたりの料金は量子回路で使用されるゲートの数やタイプに影響されません。IonQ の Aria QPU でエラー軽減機能を使用するには、タスクあたり最低 2,500 ショットが必要であることに注意してください。

    量子コンピュータ (オンデマンド)

    ハードウェアプロバイダー

    QPU ファミリー

    タスク 1 つあたりの料金

    ショット 1 つあたりの料金

    IonQ

    Harmony

    0.30000 USD

    0.01000 USD

    IonQ

    Aria

    0.30000 USD 0.03000 USD

    IQM

    Garnet

    0.30000 USD 0.00145 USD
    QuEra Aquila 0.30000 USD 0.01000 USD
    Rigetti Aspen-M

    0.30000 USD

    0.00035

  • シミュレータ
  • Amazon Braket では、Amazon Braket SDK の無料のローカルシミュレータや、3 つの完全マネージド型オンデマンドシミュレータ (State Vector 1 (SV1)、Density Matrix 1 (DM1) と Tensor Network 1 (TN1)) など、量子アルゴリズムを実行およびテストするための量子回路シミュレータを選択できます。SV1 は汎用量子回路シミュレータ、DM1 は回路へのノイズの影響をシミュレートでき、TN1 は特定の種類の量子回路の大規模シミュレーションに特化しています。すべてのオンデマンドシミュレータは、AWS コンピューティングリソースを自動的にスケーリングして、量子アルゴリズムを高性能で実行します。Amazon Braket のオンデマンドシミュレータの使用料金は、各シミュレーションタスクの所要時間に基づいています。オンデマンドシミュレーターを使用する場合、シミュレーションの実行にかかった時間について、1 分あたりの料金が請求されます。これは 1 ミリ秒単位で測定され、シミュレーションあたりの最小請求時間は 3 秒です。

    オンデマンドシミュレーター SV1 および DM1 は、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (北カリフォルニア)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (ロンドン) でのみ利用できることにご留意ください。TN1 は、米国東部 (バージニア北部)、米国西部 (オレゴン)、および欧州 (ロンドン) でのみご利用いただけます。

    Amazon Braket Hybrid Jobs では、高いパフォーマンスと超低レイテンシーを念頭に置いて設計された組み込みシミュレーターを柔軟に使用できます。これらのシミュレータは、アプリケーションコードと同じジョブコンテナに埋め込むことができます。現在、Amazon Braket Hybrid Jobs は PennyLane の組み込みシミュレータをサポートしているほか、独自のコンテナの持ち込み機能を使用して独自の回路シミュレータをコンテナとして埋め込むオプションもサポートしています。 組み込みシミュレータはアプリケーションコードと同じハイブリッドジョブインスタンスで実行されるため、組み込みシミュレータを使用すると、ハイブリッドジョブインスタンスの使用時間に影響する可能性があります。組み込みシミュレータの使用コストは、ハイブリッドジョブインスタンスを使用する場合の総請求額の一部であり、別途請求されることはありません。ハイブリッドジョブインスタンスの料金の詳細については、Amazon Braket Hybrid Jobs の料金表ページを参照してください。 

    Amazon Braket のオンデマンドシミュレータと組み込みシミュレータの使用料金は、各シミュレーションタスクの所要時間に基づいています。シミュレーションの実行にかかった時間に対して、1 ミリ秒単位で分単位の料金が請求されます。オンデマンドシミュレータを使用する場合、シミュレーションごとに最低 3 秒の料金が請求されます。

    組み込みシミュレータは、Amazon Braket Hybrid Jobs でのみご利用いただけます。組み込みシミュレータの料金の詳細については、Amazon Braket Hybrid Jobs の料金ページを参照してください。 

    量子回路シミュレータ

  • Hybrid Jobs
  • Amazon Braket Hybrid Jobs は、Amazon EC2 に基づく AWS の従来のコンピューティングリソース (「ジョブインスタンス」) と Amazon Braket 量子処理ユニット (QPU) または量子回路シミュレータを組み合わせて、ハイブリッド量子古典アルゴリズムのフルマネージド実行を実現します。変分アルゴリズムの場合、QPU は従来のコンピュータのコプロセッサーとして機能します。これは、機械学習モデルのトレーニングに GPU を使用するのと同様です。このようなハイブリッドアルゴリズムは、従来のコンピュータと QPU またはシミュレータ間の高速で反復的な計算を利用しています。Hybrid Jobs 機能を使用すると、Amazon Braket は必要な量子コンピューティングリソースと従来のコンピューティングリソースを調整し、アルゴリズムを実行し、ジョブが完了したらリソースを解放します。そのため、支払いは使用した分のみになります。この機能は、Braket の QPU にオンデマンドで優先的にアクセスすることで、アルゴリズムを迅速かつ予測どおりに実行するのにも役立ちます。量子機械学習などの変分アルゴリズムで超低レイテンシーの実行時間を実現するために、Amazon Braket Hybrid Jobs は、lightning.qubitlightning.gpu シミュレータなどの PennyLane の高性能な組み込みシミュレータをサポートしています。これらのシミュレータはアプリケーションコードと同じコンテナに直接埋め込まれており、隣接法などの高度な機能をサポートしているため、勾配を計算する際に必要な回路評価の回数を減らすことができます。ハイブリッドジョブを実行する場合、サンプルノートブックを使用するか、SDK または PennyLane を使用してアルゴリズムを記述できます。また、「独自のコンテナを持ち込む」機能を使用して、独自のカスタムソフトウェアスタックをアルゴリズムに使用することもできます。

    ハイブリッドジョブは、オンデマンドで、または予約の一部として量子コンピューターに送信できます。以下の料金は、ハイブリッドジョブのオンデマンド実行にのみ適用されます。予約中に提出された求人については、時間単位の予約料金以外に追加料金はかかりません。詳細については、「Braket Direct」タブの料金をご覧ください。Hybrid Jobs 機能の料金は 2 つの要素で構成されます。すなわち、従来のリソースの使用料と、量子コンピュータまたは量子シミュレータの使用料です。Hybrid Jobs 機能は、デフォルトのインスタンスタイプとして ml.m5.xlarge インスタンスを使用します。あるいは、ジョブの作成時に別のインスタンスタイプを選択できます。追加コストで、ジョブインスタンス内にデータストレージをさらに追加するオプションもあります。これらのインスタンスと補助インスタンスストレージの料金については、以下の「ジョブインスタンス」の料金表をご覧ください。Hybrid Job の一部にオンデマンドシミュレータ (SV1、DM1、TN1) または Amazon Braket で利用できる量子コンピュータを使用している場合、ジョブの一部として作成された量子タスクの実行に対して課金されます。これらのタスクの料金は、Hybrid Job の一部として実行されるかどうかにかかわらず、同じです。さまざまなデバイスでの量子タスクの料金の詳細については、「量子コンピュータ」と「シミュレータ」のタブを参照してください。組み込みシミュレータを使用している場合は、以下の料金表に基づいて、ジョブの実行中に使用した従来の CPU または GPU リソースに対してのみお支払いいただきます。
     

    ジョブインスタンス

  • Braket ダイレクト
  • Braket Direct は Amazon Braket のプログラムです。予約や専門家の助言、実験機能を利用して、待ち時間を省き、専用デバイスへのアクセスを直接活用できます。これらがすべて 1 か所に集約されています。専用デバイスアクセスの料金は、QPU で実行する量子タスクやハイブリッドジョブの数に関係なく、予約期間によって異なります。1 時間単位で予約できます。予約は 48 時間前まで無料でキャンセルできます。

    専門家によるアドバイスサービスは Braket とは別に請求されます。AWS マネジメントコンソールの Braket Direct にアクセスして、各サービスの価格情報を確認してください。

    実験機能は現在、リクエストごとにご利用いただけます。詳細については、AWS マネジメントコンソールの Braket Direct にアクセスしてお問い合わせください。
     

    ハードウェアプロバイダー

    QPU ファミリー

    1 時間あたりの料金

    IonQ

    Aria

    7,000.00 USD

    IQM

    Garnet

    3,000.00 USD

    QuEra

    Aquila

    2,500.00 USD

    Rigetti

    Aspen-M-3

    3,000.00 USD

  • マネージドノートブック
  • Amazon Braket にはフルマネージド型 Jupyter Notebook が用意されているため、量子アルゴリズムの構築、コードの共有、アルゴリズムのテスト、結果の視覚化を行うことができます。Amazon Braket でノートブックを作成すると、そのノートブックは AWS の機械学習サービスである Amazon SageMaker によってホストされ、請求されます。Amazon Braket マネージドノートブックでは、各ノートブックを実行する好みのインスタンスタイプを選択できます。選択したインスタンスタイプの料金に応じて、使用量が 1 時間単位で請求されます。1 時間未満の使用の場合、料金は 1 時間あたりの料金に基づいて按分計算されます。各ノートブックの使用料は、請求書の Amazon SageMaker 部分に記載されます。

    さまざまなノートブックインスタンスタイプの料金の詳細については、Amazon SageMaker の料金ページを参照してください。オンデマンドノートブックインスタンスタブを選択し、関連するリージョンを選択して、使用する予定のインスタンスタイプを参照してください。

AWS 無料利用枠

Amazon Braket は AWS 無料利用枠の一部です。AWS 無料利用枠では、1 か月あたり 1 時間の量子回路シミュレーション時間が無料になります。これは、SV1、DM1、TN1、またはこれら 3 つのマネージド量子回路シミュレータの任意の組み合わせて行ったシミュレーション時間に適用されます。無料時間を超えた後は、使用量の増加に応じて標準料金が適用されます。マネージドノートブック、ハイブリッドジョブインスタンス、量子コンピュータなど、他の Amazon Braket リソースを使用すると、料金が発生します。

料金の例

例 1: オンデマンドシミュレータ

あるデベロッパーがローカル環境で実行されている Amazon Braket SDK を使用して 30 量子ビットを使用する量子回路を設計し、AWS 米国東部 (バージニア北部) リージョンで Amazon Braket オンデマンドシミュレータ SV1 (1 分あたり 0.075 USD) を使用して回路をシミュレートしたとします。シミュレーションの実行には 4 分かかります。デベロッパーは Amazon Braket を 10 か月間使用した後にこのシミュレーションを実行していますが、その月はこれまでのところ他のシミュレーションは使用していません。

このワークロードはマネージドノートブックを使用せず、シミュレーション時間は AWS 無料利用枠の対象となります。対象になると、Amazon Braket を使用してから最初の 12 か月間は、1 か月あたり 1 時間のオンデマンドシミュレーション時間が使えます。
最初の 12 か月間の合計料金: 0 USD。

デベロッパーが Amazon Braket を 12 か月間使用した後に同じシミュレーションを実行した場合、次のように、標準の SV1 料金 (1 分あたり 0.075 USD) が適用されます。
(0.075 USD/分) x 4 分 = 0.30 USD
最初の 12 か月間後の合計料金: 0.30 USD

例 2: ゲートベースの QPU

ある科学者が、AWS 米国西部 (北カリフォルニア) リージョンにおいて Rigetti Aspen-M 量子コンピュータで量子アルゴリズムを実行しています。このタスクには、同じ回路設計で繰り返し行われるショットが 10,000 回含まれています。このタスクの実行コストには、タスクごとに 0.30 USD の料金と、1 ショットあたり 0.00035 USD かかるショット 10,000 回分の料金が含まれます。

このアルゴリズムを実行するためのコスト:
タスク料金: 1 個のタスク x 0.30 USD/タスク = 0.30 USD
ショット料金: 10,000 回のショット x 0.00035 USD/ショット = 3.50 USD
合計料金: 3.80 USD

例 3: オンデマンドシミュレータを使用したハイブリッドジョブ

ある研究者が従来のハイブリッド量子アルゴリズムを設計し、AWS 米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいて Amazon Braket Hybrid Jobs 機能と SV1 シミュレータ (1 分あたり 0.075 USD) を使用してそのアルゴリズムを実行しています。ハイブリッドジョブは、10 個のタスクでそれぞれ 30 回反復実行するように設定されています。各タスクをシミュレータで実行するには 5 秒かかり、ジョブの合計所要時間は 1500 秒です。研究者は、従来のコンピューティングに ml.m5.xlarge ジョブインスタンス (1 時間あたり 0.23 USD) を使用しています。

このジョブを実行するためのコスト:
研究者が AWS 無料利用枠を超えて使用した場合の SV1 シミュレータの料金: (0.075 USD/分) x (1500/60 分) = 1.875 USD 
ml.m5.xlarge ジョブインスタンス使用料: (0.23 USD/60 分) x (1500/60 分) = 0.096 USD
合計料金: 1.97 USD

例 4: QPU を使用したハイブリッドジョブ

ある科学者が、AWS 米国西部 (北カリフォルニア) リージョンにおいて Amazon Braket Hybrid Jobs を使用して、Rigetti 量子コンピュータ上で量子機械学習アルゴリズムを実行しています。このジョブには 50 回の反復実行が含まれ、各反復実行にはショットを 100 回行う 2 つのタスクが含まれます。このジョブの実行コストには、1 タスクあたり 0.30 USD の料金と、各反復実行につき 1 ショットあたり 0.00035 USD かかるショットが 100 回分の各実行の料金が含まれます。また、このサイエンティストは、26 分間のジョブの全所要時間にわたって ml.p3.8xlarge ジョブインスタンス (1 時間あたり 14.688 USD) も使用しています。

このジョブを実行するためのコスト:
タスク料金: 50 回の反復実行 x 2 個のタスク x 0.30 USD/タスク = 30.00 USD
ショット料金: 50 回の反復実行 x 2 個のタスク x 100 回のショット x 0.00035 USD/ショット = 3.50 USD
ml.p3.8xlarge の使用料: (14.688 USD/60 分) x 26 分 = 6.36 USD
合計料金: 39.86 USD

例 5: シミュレータが組み込まれたハイブリッドジョブ

ある研究者は、24 量子ビットで従来のハイブリッド量子アルゴリズムを設計し、AWS 米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいて Amazon Braket Hybrid Jobs を使用して、組み込みの lightning.gpu シミュレータでそのアルゴリズムを実行しています。ハイブリッドジョブは、それぞれゼロショットで 10 回反復実行するように設定されています。研究者は、従来のコンピューティングに 1 つの ml.p3.8xlarge ジョブインスタンス (1 分あたり 0.2448 USD) を使用しています。ジョブの完了には 2 分かかります。

このジョブを実行するためのコスト:
ml.p3.8xlarge ジョブインスタンス使用料: (1 分あたり 0.2448 USD) x (2 分) = 0.49 USD
合計料金: 0.49 USD

例 6: エラー軽減の実験

ある科学者は、AWS 米国東部 (バージニア北部) リージョンにおいて IonQ Aria QPU でエラーを軽減する実験を行っています。
QPU でタスクを実行するためのコストには、タスクごとの 0.30 USD の料金とショットごとの 0.03 USD の料金が含まれます。
エラー軽減機能を有効にして2,500 回のショットでタスクを実行した場合のコスト:
タスクの料金: 1 個のタスク x 0.30 USD/タスク = 0.30 USD、ショットの料金: 2,500 回のショット x 0.03 USD/ショット = 75 USD
合計料金: 75.30 USD
エラー軽減には最低 2,500 回のショットが必要なため、少ないショット数でこのようなタスクを実行しようとすると失敗し、科学者に請求は発生しないことに注意してください。

料金に関するその他のリソース

AWS 料金計算ツール

AWS の月額料金を簡単に計算

料金に関するサポートを受ける

個別のお見積もりをご希望の場合、AWS のスペシャリストに問い合わせる

ご質問がありますか?

Amazon Braket のよくある質問をご確認ください。

詳細 
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
サインアップして使用を開始する

使用を開始するには、サインアップまたはコンソールにサインインしてください。

サインアップ