AWS 上でファイルサーバー環境を構築する際の基本的なシステム構成とお見積り例についてご紹介します。この構成により、日々増加し続けるドキュメントやコンテンツファイルを安全・安価に管理できます。

Amazon EC2上に Linux もしくは Windows OS をインストールし、ストレージサービスである Amazon EBS(OS/データ領域)と Amazon S3(バックアップ領域)を組み合わせることで、セキュリティポリシーや、権限の管理、認証等を含め、オンプレミス環境と同様のファイルサーバーをクラウド環境で構築、運用することができます。

機微なデータを扱う可能性もあるファイルサーバーですが、Amazon VPC で社内環境から VPN 接続を行うことにより、安全な環境を構築できます。ファイルサービスは通常、常時接続される環境のため、Amazon EC2 リザーブドインスタンスを利用することで、コスト削減を行うことができます。

また、Amazon EBS から Amazon S3 へデータのバックアップを取ることにより、圧縮された実質データ容量の変更差分の部分だけを保存できるため、安価で高い保護性能をもったバックアップ環境を構築できます。さらに保存されたバックアップデータは 3 箇所以上のデータセンターに複製・保管されるため、非常に耐久性の高い環境が実現できます。

その他にも、社内共有用途のファイルサーバーとして活用する場合は、Amazon WorkDocs を利用する方法があります。文書管理や共有用途に特化した完全マネージド型サービスのため、お客様が必要とする機能とマッチしている場合構築や運用の手間が省けるメリットがあります。 Amazon WorkDocs の詳細はこちら ≫

AWS を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

12 か月間の AWS 無料利用枠と、24 時間年中無休のカスタマーサービスやサポートフォーラムなどの AWS の基本的なサポート機能を利用できます。

日本担当チームへお問い合わせ »
cdp-fileserver
ファイルサーバー Amazon EC2 リザーブドインスタンス
ブロックストレージ Amazon EBS
バックアップ用ストレージ Amazon S3
仮想プライベートネットワーク構築(VPN) Amazon VPC
サポート AWS サポート(ビジネスプラン)
予約金(年一回) $1,606.62
月額 $369.16
  • 最新料金によるお見積り金額は、こちらよりご覧いただけます。
  • 前払いリザーブドインスタンス(1年)を利用。
  • ネットワーク転送量、IO転送量等によって価格は変動する可能性があります。
  • AWS 環境に社内からVPN接続
  • 1 TB の Amazon EBS ボリュームを利用
  • 後からでも柔軟に追加可能
  • Amazon S3 へのバックアップは実質データ容量分が圧縮されたもののみ
  • お客様拠点の装置の金額は含まれておりません。
  • 本構成例は一つの例です。個別のご計画についてご相談の場合は日本担当チームまでお問い合わせください。 お問い合わせはこちら ≫