プロジェクトテンプレート

AWS CodeStar には、Java、JavaScript、Python、Ruby、PHP などの多くのプログラミング言語をサポートし、Amazon EC2AWS LambdaAWS Elastic Beanstalk にデプロイするアプリケーションの開発をすばやく開始する助けになるプロジェクトテンプレートが多数用意されています。AWS CodeStar では、Visual Studio、Eclipse、AWS コマンドラインインターフェイスなどの任意のコードエディタを使用できます。

Project Templates

チームのアクセス管理

AWS CodeStar では、AWS Identity and Access Management (IAM) によって開発者のアイデンティティが管理され、チームへのアクセスを簡単に保護できる組み込みのロールベースのセキュリティポリシーが提供されます。所有者、コントリビューター、ビューワーという 3 つのアクセスレベルを使用してプロジェクトを共有できます。

Team Access

ホスト型の Git リポジトリ

AWS CodeStar ではアプリケーションコードが AWS CodeCommit に安全に保存されます。CodeCommit は完全マネージド型のソース管理サービスで、Git リポジトリをホストするために独自のインフラストラクチャを管理する必要がなくなります。独自の GitHub アカウントの GitHub リポジトリに、プロジェクトのソースコードが保存されるようにすることも選択できます。

完全マネージド型ビルドサービス

AWS CodeStar では、コードのビルド、テスト、統合をより頻繁に実行できるようにする完全マネージド型のビルドサービスである AWS CodeBuild を使用して、ソースコードのコンパイルとパッケージ化を行います。

自動化された継続的デリバリーパイプライン

AWS CodeStar は、継続的インテグレーションおよび継続的デリバリー (CI/CD) サービスの AWS CodePipeline の助けによって、ソフトウェアのリリースを迅速化します。コミットのたびにコードを継続的にビルド、テスト、デプロイする、事前設定済みの自動化されたパイプラインがプロジェクトごとに用意されます。

Pipeline

自動化されたデプロイ

AWS CodeStar は AWS CodeDeploy および AWS CloudFormation と統合されているため、アプリケーションコードを簡単に更新して Amazon EC2 や AWS Lambda にデプロイできます。

IDE の統合

AWS CodeStar でプロジェクトを作成すると、AWS Cloud9 で直接、コードの開発を開始できるので、AWS での開発の開始が容易になります。Cloud9 は、ブラウザだけでコードを記述、実行、およびデバッグできるクラウドベースの IDE です。Cloud9 には事前認証された AWS コマンドラインインターフェイスを備えた端末が付属しており、幅広い AWS のサービスにすぐにアクセスできます。CodeStar では、Cloud9 に加えて、Microsoft Visual Studio や Eclipse など、人気のある多数の IDE からの選択が可能です。

一元化されたプロジェクトダッシュボード

AWS CodeStar プロジェクトは統合ダッシュボードを備えているため、エンドツーエンドの開発ツールチェーンを簡単に追跡して管理できます。プロジェクトダッシュボードでは、CI/CD パイプラインでのコードのコミット、ビルド、テスト、デプロイなどのアクティビティを一元的に管理し、必要に応じて修復アクションを実行できます。AWS CodeStar はプロジェクト Wiki も備えているため、プロジェクトのリンク、コードサンプル、チームメモなどのチーム情報の提供が容易です。AWS CodeStar は、アプリケーション監視サービス Amazon CloudWatch や、サードパーティーの問題追跡およびプロジェクト管理ツール Atlassian JIRA Software とも統合されます。これらの統合によって、アプリケーションアクティビティの監視と JIRA の問題管理を AWS CodeStar のダッシュボードで一元的に行うことができます。

CPU Util
JIRA Integration

AWS CodeStar 料金の詳細

料金表のページを見る
構築の準備はできましたか?
AWS CodeStar の使用を開始する
ご不明な点がありますか?
お問い合わせ