Amazon EC2 は、真に仮想的なコンピューティング環境を提供します。これにより、ウェブサービスのインターフェイスを使用して、さまざまなオペレーティングシステムのインスタンスを起動し、それらをお客様のカスタマイズされたアプリケーション環境に読み込み、ネットワークのアクセス権限を管理し、どんな規模のシステムでもイメージどおり実行することが可能となります。

Amazon EC2 を使用するには、以下の手順に従うだけです。

  • 即時に稼働を開始するには、事前設定済みの、テンプレート化された Amazon Machine Image (AMI) を選択します。または、使用するアプリケーション、ライブラリ、データ、および関連する設定から成る AMI を作成します。
  • Amazon EC2 インスタンス上でセキュリティやネットワークアクセスを設定します。
  • 目的のインスタンスタイプを選択したら、AMI のインスタンスを必要な数だけ開始し、監視し、終了します。この作業には、ウェブサービス API や、提供されているさまざまな管理ツールを使用できます。
  • インスタンスに対して、複数のロケーションで実行したいのか、固定 IP のエンドポイントを利用するのか、または堅牢なブロックストレージを追加するのか等を決定します。
  • 利用料金は、インスタンス稼働時間またはデータ転送のような、お客様が実際に消費するリソースに対してのみ発生します。

Amazon EC2 インスタンスを無料でお試しください

Amazon EC2 を無料でお試し

AWS の無料利用枠には毎月 750 時間分の Linux および Windows の t2.micro インスタンスが含まれます(1 年間)。無料利用枠内に抑えるには、EC2 マイクロインスタンスのみを使用してください。

AWS 無料利用枠の詳細はこちら »

thumb_intro_series_ec2

Amazon Elastic Compute Cloud (EC2)入門(日本語字幕)

この動画では、Amazon EC2 について説明し、AWS マネジメントコンソールでインスタンスの作成、検索、デプロイ、終了までを行う方法について順を追って説明します。その後、無料のセルフペースラボを使用して、ご自分の環境でそれを試すことができます。

 

 


Amazon EC2 では、スケーラブルで耐障害性のあるエンタープライズクラスのアプリケーションを構築するために、いくつかの強力な機能を利用できます。

Amazon EC2 のベアメタルインスタンスでは、基盤となるサーバーのプロセッサとメモリにアプリケーションから直接アクセスできます。こうしたインスタンスは、ハードウェアの機能群 (Intel® VT-x など) へのアクセスが必要なワークロードや、ライセンスやサポートの要件により非仮想環境で実行する必要のあるアプリケーションに最適です。ベアメタルインスタンスは、AWS が構築したハードウェアオフロードとハードウェア保護のコンポーネントを一体化させた Nitro システム上に構築されており、EC2 インスタンスでの高パフォーマンスネットワーキングとストレージをセキュアに実現できます。ベアメタルインスタンスでは仮想 EC2 インスタンスの場合と同じ堅牢なセキュリティ、信頼性、キャパシティーの伸縮性が実現しており、さまざまなオペレーティングシステムやソフトウェアパッケージにも対応しています。さらにベアメタルインスタンスは、Amazon Virtual Private Cloud (VPC)、Elastic Block Store (EBS)、Elastic Load Balancing (ELB) などの AWS のサービスでも使用できます。

Amazon EC2 フリートでは API コールひとつで、複数の EC2 インスタンスタイプ、アベイラビリティーゾーン、購入モデルにわたってコンピューティング性能をプロビジョニングでき、スケール、パフォーマンス、コストを最適化する役に立ちます。どれだけのオンデマンド、スポットキャパシティーを起動するかは EC2 フリートで指定できます。どのインスタンスタイプを優先するか、またキャパシティーをコア、インスタンス、またはメモリのどれに応じてスケールするかを指定できます。詳細はよくある質問と AWS ブログをご覧ください。

Amazon EC2 では、複数のロケーションにインスタンスを配置することができます。Amazon EC2 のロケーションは、リージョンと利用可能ゾーンから構成されています。利用可能ゾーンは、他のゾ-ンからの影響を受けないようにそれぞれ独立したロケーションであり、利用は安価で、同一リージョンの他の利用可能ゾーンに対して待ち時間の短いネットワーク接続を提供します。独立した利用可能ゾーンでインスタンスを起動することにより、単独のロケーションにおける障害から、アプリケーションを保護することができます。リージョンは、複数の利用可能ゾーンから構成され、それぞれ別々のエリアまたは国に分散して、存在しています。Amazon EC2 サービスレベル利用規約は、各 Amazon EC2 リージョンにおいて、99.95%の可用性を誇っています。 Amazon の製品およびサービスのリージョン別の可用性の詳細については、リージョンの製品およびサービスを参照してください。

Elastic IP アドレスは、動的クラウドコンピューティングのために考案された、静的 IP アドレスです。Elastic IP アドレスは、特定のインスタンスではないお客様のアカウントと対応しており、明示的に解放するまで、このアドレスをコントロールすることができます。従来の静的な IP アドレスとは異なり、Elastic IP アドレスでは、パブリックな IP アドレスをお客様のアカウントの任意のインスタンスにプログラム的に再マッピングすることにより、インスタンスまたは可用性の障害にマスクをかけることができます。データ技術者がホスティングの再設定や置換を行うのを待つのではなく、また DNS がお客様の全カスタマーへ通知するのを待つのではなく、Amazon EC2 は、お客様の Elastic IP アドレスを代わりのインスタンスに素早く再マッピングすることによって、インスタンスまたはソフトウェアの問題を修正することができます。さらに、このフォームにご記入いただけば、お客様の Elastic IP アドレスの任意のリバース DNS レコードを、オプションで設定することができます。

Amazon EC2 Auto Scaling では、お客様が定義する条件に応じて、Amazon EC2 の能力を自動的にスケールアップおよびスケールダウンできます。EC2 Auto Scaling では、お客様が使用中の Amazon EC2 インスタンスの数を、需要が急上昇した時はシームレスに増やしてパフォーマンスを維持し、需要が弱まる時に自動的に減らすことにより、コストを最小化することができます。EC2 Auto Scaling は特に、使用量が週、日、時間ごとに変化するアプリケーションに最適です。EC2 Auto Scaling は、Amazon CloudWatch で有効にすることができ、Amazon CloudWatch の料金を超える追加料金は発生しません。詳細については、Amazon EC2 Auto Scaling を参照してください。EC2 以外のサービスもスケールする場合は、AWS Auto Scaling を使用できます。

密結合並列処理などの複雑な演算ワークロードや、ネットワークパフォーマンスの影響を受けやすいアプリケーションなどを、専用に構築されたインフラストラクチャと同等のコンピューティング性能およびネットワークパフォーマンスでこなし、なおかつ Amazon EC2 の伸縮自在性、柔軟性、コスト優位性といった恩恵も受けることができます。クラスターコンピューティング、クラスター GPU、およびハイメモリクラスターインスタンスは、特に高性能ネットワークを提供するように設計されおり、プログラムでクラスターに起動することができます。これにより、密結合ノード間通信に必要な少ない待ち時間のネットワーク性能をアプリケーションに備えることができます。クラスターインスタンスはまた、著しく強化されたネットワークスループットを提供するため、ネットワーク負荷の高いオペレーションを実行する必要のあるお客様のアプリケーションに最適となります。Amazon EC2 や AWS のその他のサービスを HPC アプリケーション用に活用する方法の詳細については、こちらをご覧ください

非常に高い浮動小数点演算性能を必要とするお客様には、最大 8 つの NVIDIA Volta GV100 GPU を搭載できる、AWS の次世代汎用 GPU コンピューティングインスタンスである Amazon EC2 P3 インスタンスが最適です。P3 インスタンスの浮動小数点パフォーマンスは、混合精度で最大 1 PFLOPS、単精度で最大 125 TFLOPS、倍精度で最大 62 TFLOPS です。300 GB/秒の第 2 世代 NVLink インターコネクトでは、レイテンシーが低く高速な GPU 間接続を実現できます。P3 インスタンスでは、Intel Xeon E5 (コードネームは Broadwell) カスタムプロセッサベースの vCPU を最大で 64 個、DRAM を最大 488 ギガバイト搭載できます。また、Elastic Network Adapter (ENA) を使用した最大 25 ギガバイト/秒の専用集約ネットワーク帯域幅を利用できます。P3 インスタンスは機械学習、ハイパフォーマンスコンピューティング、計算流体力学、金融工学、耐震解析、分子モデリング、ゲノム、レンダリングなどのワークロードに最適です。

高性能なグラフィック機能が必要なお客様には、GPU Graphics インスタンスが最適です。現行世代の GPU Graphics インスタンス、G3 インスタンスでは NVIDIA Tesla M60 GPU にアクセスでき、各 GPU が最大 2,048 並列処理コア、8 GiB の GPU メモリ、および最大 10 の H.265 (HEVC) 1080p30 ストリームと最大 18 の H.264 1080p30 ストリームをサポートするハードウェアエンコーダを備えています。ドライバーの最新リリースでは、この GPU で OpenGL、DirectX、CUDA、OpenCL、Capture SDK (旧 GRID SDK) がサポートされています。GPU グラフィックスインスタンスは、3D ビジュアライゼーション、大量のグラフィックリソースを必要とするリモートワークステーション、3D レンダリング、アプリケーションストリーミング、動画エンコーディング、その他のサーバー側グラフィックワークロードに最適です。

データに対してきわめて高頻度で低レイテンシーのランダム I/O アクセスが必要な場合は、ハイ I/O インスタンスが適しています。ハイ I/O インスタンスは Amazon EC2 のインスタンスタイプの 1 つであり、ランダム I/O の速度は 300 万 IOPS を上回ります。ハイ I/O インスタンスである I3 インスタンスには NVMe (Non-Volatile Memory Express) ベースの SSD が使用されているため、きわめて高いパフォーマンスの NoSQL データベース、トランザクションシステム、Elasticsearch ワークロードを実行するのに適しています。さらに、ハイ I/O インスタンスでは最大 16 GB/秒のシーケンシャルのディスクスループットを実現するため、分析ワークロードにも適しています。

ハイ I/O インスタンスの詳細については、Amazon EC2 インスタンスタイプをご覧ください。

超並列処理(MPP)データウェアハウス、MapReduce および Hadoop 分散コンピューティング、分散ファイルシステム、ログまたはデータ処理など、大量のデータを処理するアプリケーションのために、インスタンス当たりの非常に高いストレージ密度および高性能シーケンシャル I/O を必要とするお客様には、高密度ストレージインスタンスが適しています。高密度ストレージインスタンスは Amazon EC2 インスタンスタイプで、最高 3.9 GB/s のシーケンシャル I/O スループットと、24 個のハードドライブに最大 48TB のインスタンスストレージ、または残りをプレイスメントグループ内で ENA ベースのネットワークで最高 25 Gbps のネットワーク帯域幅で vCPU あたり少ないストレージとメモリーをお届けします。高密度ストレージインスタンスの詳細については、Amazon EC2 インスタンスタイプをご覧ください。

CPU を最適化する機能は 2 つの点で Amazon EC2 インスタンスのコントロールを向上します。まずひとつは新規インスタンスの作成時に指定する vCPU の数をカスタム化でき、vCPU に基づいたライセンスコストを削減できます。二つ目に、ある種のハイパフォーマンスコンピューティング (HPC) アプリケーションのように単一スレッドの CPU でも良好に動作するワークロードに対して、インテルのハイパースレッドテクノロジー (Intel HT Technology) を無効化できます。最適化した CPU がどのように役立つかについての詳細は、CPU の最適化ドキュメントをこちらでご覧ください。

必要なストレージは、Amazon EC2 ワークロードによって大きく異なります。組み込みのインスタンスストレージに加えて、Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS)Amazon Elastic File System (Amazon EFS) によっても、その他のクラウドストレージワークロードの要求に対応できます。

Amazon EBS は、Amazon EC2 インスタンスと共に使用できる、永続的で高い可用性と安定性を持つ低レイテンシーのブロックストレージボリュームです。コンポーネントに障害が発生した場合でも高い可用性と耐久性を維持できるように、Amazon EBS の各ボリュームはアベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。ワークロードに応じてキャパシティー、パフォーマンス、コストを調整することが必要なアプリケーション管理者向けに設計されています。

Amazon EFS によって、共有アクセスに使用できる、シンプルでスケーラブル、かつ永続的な完全マネージド型のクラウドファイルストレージが実現します。高い可用性と耐久性を目指し、複数のアベイラビリティーゾーンにまたがって設計された、ファイルシステムアクセスの標準的なセマンティクスを持つファイルシステムが実現します。また、キャパシティーは自動的に収縮し、アプリケーション管理者は高いスループットと安定した低レイテンシーをペタバイト規模で利用できます。

拡張ネットワーキングでは、パケット毎秒(PPS)が非常に大きく、ネットワークのストレスが少なく、レイテンシーが低くなります。この機能では、従来の実装と比較し、I/O パフォーマンスが高く、CPU 利用率が低くなる新しいネットワーク仮想化スタックが使用されます。拡張ネットワーキングを最大限に利用するためには、VPC で HVM AMI を起動し、適切なドライバをインストールする必要があります。拡張ネットワーキングは現在のところ、R3、C3 および I2 インスタンスでサポートされています。EC2 インスタンスで拡張ネットワーキングを有効化する方法については、「Linux での拡張ネットワーキング」および「Windows での拡張ネットワーキング」のチュートリアルを参照してください。この機能に関する詳細は、「拡張ネットワーキングのよくある質問」のセクションをご覧ください。

お客様は、Amazon Virtual Private Cloud (VPC) や AWS Direct Connect を使って、パブリック IP を使用せずに Amazon EC2 API にプライベートでアクセスできます。トラフィックはインターネットを経由する必要がありません。AWS PrivateLink は Amazon のサービスにパフォーマンスと可用性の高い方法でアクセスするお客様向けに設計された専用テクノロジーで、ネットワークトラフィックが AWS ネットワークの外に出ることはありません。AWS PrivateLink で Amazon EC2 を使用するには、VPC で EC2 用のエンドポイントを作成する必要があります。このエンドポイントが送信先となるトラフィックは、EC2 サービスまでプライベートでルーティングされます。AWS PrivateLink の詳細については、PrivateLink のドキュメントをお読みください。

Amazon Time Sync Service は、EC2 インスタンスを含む AWS のサービスに対して、非常に正確で、信頼性が高く、利用可能なタイムソースを提供します。VPC で実行されているすべてのインスタンスは、普遍的に到達可能な IP アドレスでサービスにアクセスできます。このサービスは、AWS リージョンで冗長な衛星接続および原子基準クロックを多数使用して、世界標準の協定世界時 (UTC) の高精度で信頼性の高い現在の時刻を表示します。サービスへのアクセス方法については、ユーザーガイドの Linux および Windows の時刻の設定に関するセクションを参照してください。



Amazon マシンイメージ(AMI)は、あらかじめ設定されたオペレーティングシステムの一覧で、さらにその数を増やし続けています。当社はパートナーやコミュニティと連携し、最も幅広い選択肢を提供するようにしています。当社の同梱ツールを使用して、お客様独自のオペレーティングシステムをアップロードすることもできます。Amazon EC2 インスタンスで現在利用可能なオペレーティングシステムには、以下のものがあります。


AWS Marketplace には、EC2 インスタンス上で実行するように設計された、著名ベンダーからの有料/無料のソフトウェアが数多く揃っています。製品の例を次に示します。全製品の一覧については、AWS Marketplace にアクセスしてください。

実際に消費された分の EC2 リソースに対して、各月末にお支払いいただきます。

例えば、ある時点において、時間当たり 0.085 USD のスモールタイプのインスタンスを 20 個起動すると仮定します。インスタンスはすぐにブートを開始しますが、それらのすべてが必ずしも同時に開始するわけではありません。各インスタンスはその実際の起動時刻を格納します。そのため、各インスタンスは、それが起動した時刻に対応する各時間の開始時から実行された分の時間に対して課金されます。各インスタンスは、以下の 1 つが発生するまで稼動します。TerminateInstances API 呼び出し(または同等のツール)によるインスタンスの削除、インスタンスがそれ自体シャットダウンする(例: UNIX「shutdown」コマンド)、またはソフトウェアもしくはハードウェアの障害により、ホストが終了する消費される 1 時間未満のインスタンス時間は、1 時間分として請求されます。

このサービスのご利用には、アマゾン ウェブ サービスカスタマーアグリーメントが適用されます。