AWS Innovate
クラウドでのデータ活用・分析と、
最適なワークロード実行方法について詳しく学び、
イノベーションを促進する

30

以上のセッション
AWS の
日本語ガイド
を今すぐ読む
HBR、MIT Sloan、
IDG のレポート
でインサイトを学ぶ
お客様導入事例
から活用法を学ぶ
Better Together With Intel

日本語ガイドをダウンロード

日本語ガイドをダウンロードして、データ活用やワークロードに関する新しい戦略策定のためのベストプラクティスをご確認ください。

  • AWS でのデータ活用 |
  • データを活用して組織を革新する

    革新を起こすリーダーは、粘り強く真実を求めます。ビジネスの方針転換を行い、新しいビジネスチャンスを獲得するには、俊敏性を確保できるツールが欠かせません。組織の革新にはデータ駆動型戦略の構築が必要です。この日本語ガイドでは、以下の内容についてご紹介します。

    • データ駆動型組織のメリット
    • データインフラストラクチャをモダナイズし、データを活用した新しいエクスペリエンスを作り出す方法
    • データ駆動型カルチャーを醸成する意味

    この日本語ガイドをダウンロードして、組織が優位性を維持し、継続的に成長する方法についてご覧ください。

    予測困難な時代において、データ戦略が重要に

    2020 年に発生した新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降、企業が成功を収めるためには、高品質のデータに基づいて迅速な意思決定を行う必要があることが、ますます明らかになっています。MIT Technology Review Insights は 357 人のシニアビジネスリーダーや学者に対して 2021 年 6 月および 7 月にアンケートを実施し、このような混乱の時代において、組織がどのようにデータを活用しビジネス価値を促進しているかを調査しました。アマゾン ウェブ サービスがスポンサーとなったこちらのレポートでは、以下の内容についてご紹介します。

    • 大規模なデータ戦略の課題
    • データ戦略の優先事項
    • 成功につながるデータ戦略

    データ駆動型組織に向けたカルチャーを醸成する

    企業がデータ駆動型の意思決定とその成果を活用するためにテクノロジー インフラストラクチャをモダナイズする際、文化や組織の変革を推進する取り組みは、テクノロジーやプロセスのロードマップよりも後回しにされることが少なくありません。このようなアプローチでは、データを十分に活用してビジネスを優位に進めるという、重要なニーズが損なわれてしまう可能性があります。データ駆動型企業文化を阻むものは何でしょうか?この日本語ガイドは、アマゾン ウェブ サービスがスポンサーとなり IDG が提供しています。

    • データ駆動型の企業文化を確立しようとする組織が直面する課題を明らかにします。
    • データを業務を改善し、成長を促進する戦略的資産として扱うために、組織全体の考え方を変えるためのステップを提供します。

    成功のためのデータ戦略

    成功している組織は、データを使用して俊敏性を向上させ、情報に基づいた戦略的な意思決定を行っています。MIT Sloan Management Review によるこのエグゼクティブガイドでは、強力なデータ基盤を構築することの重要性についてご紹介します。強力なデータ基盤を持つリーダーは、データ駆動型の意思決定を行い、新たなビジネスチャンスに迅速に対応できます。このガイドをダウンロードして、以下をご覧ください。

    • 組織文化がデータ戦略の最大の障壁になる理由
    • 優れたデータガバナンスでイノベーションを促進する方法
    • アクションにつながる分析を行い、新しい顧客価値への道を開く方法

    ガイドをダウンロードして、強力なデータ基盤の構築を開始しましょう。

    データを戦略的資産に変える

    組織は自らのデータからインサイトを引き出すことで、顧客のニーズ、競争圧力、業界の動向において一歩先を行くことができます。この日本語ガイドでは、Vyaire Medical、Toyota Racing、Expedia Group などの大手企業がどのようにデータ、分析、機械学習を利用して自社の再改革に取り組んだかをご紹介します。データ活用の第一歩を踏み出し、イノベーションを加速しましょう。


    データインフラストラクチャのクラウド移行で始める業務改革

    オンプレミス、またはクラウドにおいてセルフマネージド型でレガシーデータインフラストラクチャを運用している組織にとって、インフラストラクチャの管理は面倒であるばかりか、時間がかかり、高いコストを要します。この日本語ガイドでは以下についてご紹介します。

    • データインフラストラクチャをクラウドに移行するメリット
    • 移行するさまざまなデータインフラストラクチャの確認 (ストレージ、データベース、分析機能など)
    • 先駆的な組織がクラウドへの移行によってどのように時間とコストを節約し、新しいアプリケーションの構築と革新により多くの時間をかけているか

    データをクラウドに移行するメリットについてぜひご確認ください。


    データインフラストラクチャをモダナイズする

    データは、ビジネスにとって単にそこにあるモノではなくなり、今日では成功を収めるための中核になっています。データ主導の意思決定および問題解決を行うことで、組織の俊敏性、効率性、革新性は高まります。レガシーのオンプレミスデータインフラストラクチャからクラウドに移行することで、より迅速なイノベーション、顧客対応の強化、IT コストの継続的な削減が実現します。アマゾン ウェブ サービスがスポンサーとなったこの IDG 日本語ガイドでは、以下の内容をご紹介します。

    • デジタルトランスフォーメーションとビジネスの再改革を促進する要素
    • データインフラストラクチャをモダナイズするために不可欠なもの
    • モダナイゼーションをスムーズに推進するために導入できるインフラストラクチャコンポーネント

    モダンな分析を実施するためのデータのあり方

    迅速な意思決定をに行うには、データをオープン形式で保存してデータサイロをなくし、そのデータへのアクセスを管理する必要があります。データレイク、データウェアハウス、専用データストアを統合して一元的に管理するレイクハウスアプローチを採用する組織が増加しています。この日本語ガイドでは、以下について詳しくご紹介します。

    • オンプレミスでレガシーデータ分析インフラストラクチャを運用する際の制限
    • データレイクと専用データストアの両方の長所を活かしたレイクハウスアプローチ
    • 迅速かつ俊敏に意思決定を行うために、レイクハウスのアプローチが役立った組織の事例

    Nasdaq をはじめとする取り組み事例をご覧ください。


    分析や機械学習を成功に導くモダン戦略を構築する

    今日のデジタル環境では、大小さまざまな組織がデータの有効利用に追われています。モダンな分析と機械学習のアプローチは、データを組織の誰もがアクセスできるようにし、データを活用し、ビジネスを改革する新しい方法を切り開くのに役立ちます。IDG のこの日本語ガイドでは以下の詳細をご紹介します。

    • 成功の阻害要因と、適切な分析手法の組み合わせ方
    • 最新の分析アプローチの導入
    • データの活用方法

    機械学習の導入

    機械学習と AI は、組織全体で大きな価値を創造する大きなチャンスです。
    機械学習を成功に導いた、実績を重ねた手法に学びましょう。機械学習の導入に関するこの日本語ガイドでは、以下についてご紹介します。

    • 機械学習の導入プロセスにおける 6 つのステップ
    • ビジネスを差別化するソリューションに投資する方法
    • 機械学習の実装に成功したリーディングカンパニーの参考事例
    • AWS の機械学習エキスパートによるインサイト

    この日本語ガイドは、導入プロセスの各段階をガイドする手順書として活用できるだけでなく、機械学習の取り組みを加速させて、測定可能な成果を達成するために役立ちます。


    データ駆動型の組織でビジネスの俊敏性を実現するには

    組織がデータ駆動型になるためにはどうすればよいのでしょうか。また、データ駆動型組織はなぜ今日のデジタル環境で重要視されるのでしょうか? この日本語ガイドでは、データによってどのようにビジネスを推進できるのか、また俊敏性、デジタルトランスフォーメーション、継続的なイノベーションをどのようにつなげることができるのかをご紹介します。この日本語ガイドでは以下について取り上げます。

    • データが持つ真の価値
    • データ駆動型になることの意味
    • データ駆動型組織になる方法

    データ駆動型のビジネス変革を新たな視点で見直す

    データは間違いなく、現代の最も重要な資産です。クラウドによって、データの保存、処理、分析は一段と容易になりました。企業はデータ駆動型になることで、高品質のデータに基づいたリアルタイムの意思決定を行い、実践的なインサイトを推進することができます。リーダーたちは、データが組織にもたらすこの価値に気づいていますが、いまだに多くの人がデータ駆動型組織の実現に苦労しています。この HBR が公開したレポートでは、以下についてご説明します。

    • データ駆動型の組織文化に移行する際にリーダーが直面しがちな落とし穴
    • データ駆動型組織への移行を促進するためのリーダー向けガイダンス

    データと分析のための新しいリーダーシップの考え方

    多くのリーダーはデータの重要性を認識していますが、組織を前進させるためにデータをどのように活用するかが課題となっています。MIT Sloan Management Review によるこのエグゼクティブガイドでは、以下の目的に役立つインサイト、調査結果、戦略をご紹介しています。

    • データ人材を見分けて成長させる
    • 成功につながるデータ戦略に着手する
    • データ駆動型文化を実現する

    このガイドをダウンロードし、データ駆動型となるための変革にお役立てください。


    AWS データレイク、アナリティクス、ML サービスのビジネス価値

    デジタルトランスフォーメーションの成功は、データから実用的なインサイトを引き出すことにかかっています。企業は、多くの価値を引き出すために、新たまデータソースからさまざまなデータを収集し、指数関数的にデータ量を増やしています。そこでデジタルトランスフォーメーションを支えるのが分析と AI/ML です。IDC が作成したこのホワイトペーパーでは、AWS のデータレイク、分析、および機械学習サービスがもたらす次のようなビジネス価値についてご紹介します。

    • 適切な AWS データレイクソリューションとユースケースを選択する
    • データウェアハウスと分析のパフォーマンス向上を振り返る
    • より良いビジネス成果を実現するためのデータウェアハウスと分析の総運用コストを削減する
  • AWS でのワークロードの管理・実行
  • AWS でイノベーションを加速するには

    イノベーションの推進、アプリケーションの大規模な実行、コスト削減、高品質なユーザーエクスペリエンスの実現に、クラウドベースのインフラストラクチャの力を見出す企業が増加しています。この日本語ガイドでは、AWS が以下の点でどのようにお客様を支援しているかをご紹介します。

    • 料金パフォーマンスの最適化
    • アジリティと信頼性の向上
    • セキュリティとコンプライアンスに関するコア要件への準拠
    • IT ではなく、イノベーションへの集中

    AWS は、最も幅広いインフラストラクチャサービスのポートフォリオと、クラウドプロバイダーの中で最大の導入実績を誇り、ビジネスのあらゆる場面でより優れたユーザーエクスペリエンスを提供できるよう支援します。


    AWS を活用し、低コストでより優れたアプリケーションパフォーマンスを実現する

    AWS は、クラウドのインフラストラクチャサービスの中で最も幅広いポートフォリオにより、お客様の予算を長く温存できるため、どのようなアプリケーションに対しても最高の料金パフォーマンスを実現します。パフォーマンスの向上により、コストを最適化し、開発チームを強化し、インフラストラクチャの支出に対する正味のビジネス価値を上げます。この日本語ガイドでは、AWS のサービス、柔軟な購入モデル、コスト最適化機能について詳しくご紹介します。


    グローバルスケールのソリューション

    今日のアプリケーションユーザーは、世界のどこにいてもクラウド、エッジ、オンプレミス環境において、一貫して魅力的な体験を期待しています。この期待を超えるには、スケーラブルで信頼性が高く、グローバルに利用可能なインフラストラクチャを構築することが不可欠です。この日本語ガイドでは、企業が直面している課題の解決を AWS がどのように支援しているか、また、AWS が提供するインフラストラクチャやソリューションが課題への対策と解決にどのように利用されているかをご紹介します。


    スタートアップを成功に導く AWS の利用法

    Amazon Web Services (AWS) が他のどのクラウドプロバイダよりも多くのスタートアップ企業に選ばれているのには理由があります。スタートアップの成功をお手伝いすること、つまりスタートアップの立ち上げ、成長、拡大を支援するために設計された AWS のさまざまなサービスやソリューションご利用いただくことが AWS の使命です。日本語ガイド「スタートアップを成功に導く AWS の利用法」では、以下の内容を含む、AWS への投資からビジネス価値を最大化するための 10 個の方法をご紹介します。
     
    • より強固な技術およびセキュリティ基盤の構築する
    • 予算を策定し、使用するリソースにのみ料金を支払う
    • 業務に応じた適切なインフラストラクチャとデータベースを選択する

お客様導入事例


AWS について学ぶ

AWS がリーダーの 1 社に位置づけ

Magic Quadrant for Cloud Database Management Systems

AWS が 11 年連続で
リーダーの 1 社に位置づけ

Magic Quadrant for Cloud Infrastructure and Platform Services

200,000+ data lakes run on AWS

200,000以上

のデータレイクが AWS 上で稼働

200+ fully featured services for a wide range of technologies, industries, and use cases

200以上

の幅広いテクノロジー、業種、ユースケースに
適用できるサービス

3x better price performance than other cloud data warehouses

3倍

他社のクラウドデータウェアハウスよりも
優れたコストパフォーマンス

84 availability zones and 26 AWS regions

84

のアベイラビリティーゾーンと
26 の AWS リージョン