AWS Innovate Modern Applications Edition

アプリケーション管理を低減し、
構築を迅速化し、イノベーションを加速する

クラウドネイティブ
アプリ開発に特化した 

15 のセッション
AWS の日本語ガイド
を今すぐ読む

IDC や Deloitte
のレポート

でインサイトを学ぶ
トレーニングと認定
に関する日本語ガイド
お客様導入事例
に関する日本語ガイド

日本語ガイドをダウンロード

クラウドネイティブアプリケーション開発により、クラウドでのアプリケーションの設計、構築、管理を効率的に進めることができます。クラウドネイティブアプリケーションのベストプラクティスを学び、俊敏性の向上や総保有コストの削減を実現しましょう。

  • モダンアプリケーション開発を促進する |
  • モダンアプリケーションを設計、構築する
  • モダンアプリケーション開発を促進する |
  • AWS でモダンアプリケーションを構築する

    モダンアプリケーションの導入により、迅速なイノベーションが可能になります。スピードと俊敏性を重視したサービスや戦略を採用することで、定例業務に費やすリソースを顧客価値の創造に振り替えることができます。AWS は次のような方法で、多くの組織のモダナイゼーションを支援してきました。

    • 既存のアプリケーションにマネージドコンテナサービスを導入する
    • 新しいアプリケーションをサーバーレスファーストで構築する
    • モダン Dev+Ops モデルに転換する

    この日本語ガイドでは、モダンアプリケーションに対する基本のアプローチを詳しくご紹介します。


    モバイルアプリ、ウェブアプリを迅速に構築するには

    顧客のニーズを実現するウェブアプリやモバイルアプリの開発において、スケーラビリティ、セキュリティ、パフォーマンスを担保しつつ、コストや複雑性を最小化することは容易ではありません。この日本語ガイドでは、顧客ニーズを実現するために採用できる 3 つの戦略をご紹介します。

    • モダンツールとモダンフレームワーク、モダン API、モダンコンピューティングでフロントエンドのチームを強化する
    • ユニファイド GraphQL API でデータアクセスを簡素化し、少ないインフラストラクチャで運用する
    • 開発を進める上で役に立つ AWS の主要製品やサービスを活用する

    モダン Dev+Ops モデルの導入

    DevOps を次のレベルへと引き上げる準備はできていますか? AWS は、お客様のクラウド変革を加速するため、モダン Dev+Ops の実践例、ツール、トレーニングといった中核セットを提供しており、他社とは一線を画しています。この日本語ガイドでは、AWS がどのようにお客様の組織を支援するかをご紹介します。
     
    • デベロッパーとオペレーション部門の距離を縮める
    • クラウドのメリットを短時間で実現する
    • イノベーションを加速させる

    アプリケーションとオペレーションをモダナイズする

    企業はアプリケーションをモダナイズすることで、迅速にイノベーションを推し進め、変化の激しい市場で競争ができるようになります。モダンアプリケーションは、グローバルに展開可能で、数百万人のユーザーを受容する拡張性があり、ミリ秒単位のレイテンシーでペタバイト級のデータを処理します。

    そのすべてを実現するのに役立つモダンオペレーションは、コード、自動化、統合を活用して、デベロッパーの生産性を高め、イノベーションを促進します。この日本語ガイドでは、モダンオペレーションで実現できる以下のメリットについてご紹介します。
     
    • どこでも運用可能
    • ガバナンスとコンプライアンスの自動化
    • 実用的なインサイトを見つけて獲得する
    • アプリケーションの回復力の向上
     
    AWS のクラウド運用モデルを使用すると、自信を持ってアプリケーションをモダナイズでき、安全かつ大規模な構築、管理、ガバナンスが可能になります。日本語ガイドをダウンロードして詳細をご覧ください。

    企業におけるアプリケーションモダナイゼーション: アーキテクチャ、オペレーション、デリバリーに対する影響

    企業が競争力を維持しつつ、顧客に新しいデジタル体験を提供するためには、最新のテクノロジープラットフォームから得られる俊敏性が必要です。企業組織にとって、モダンアプリケーションアーキテクチャには以下の意義があります。

    • 機能のリリースサイクルが数か月から数分に短縮
    • 需要に応じてインフラストラクチャをすぐに拡張可能
    • アプリケーションにエンドツーエンドのセキュリティを実装

    この IDC のレポートでは、アプリケーションのモダナイゼーションが今の企業に必要とされる理由と、モダナイズのために必要なステップをご紹介します。また、AWS のあるお客様がモダナイゼーションの経験から得た教訓もご紹介します。


    継続的な学習がモダナイゼーションを促進する

    モダナイゼーションが終わることはありません。貴社のチームもそれは同じです。チームのメンバーが AWS トレーニングと認定を活用して学習を継続することで、モダンアプリケーションを構築するためのスキルが身につきます。この日本語ガイドでは、AWS のエキスパートが提供する、チームのスキルアップと能力向上に役立つさまざまなデジタルトレーニングやオンライントレーニングをご紹介します。

    • 包括的なクラウドスキル習得プログラムでビジネスの成長を促進
    • 専門家によるクラスルーム形式のトレーニングで継続的なモダナイゼーションを推進
    • 従業員が好きなときに好きな方法でトレーニングできるデジタルトレーニングを活用
  • モダンアプリケーションを設計、構築する
  • AWS のコンテナサービスでモダナイゼーションを促進

    モダナイゼーションを始めたばかりの企業でデベロッパーがアプリケーションのパッケージ化とデプロイを効率的に行うときの鉄板ソリューションとして、コンテナが活用されるケースが増えています。コンテナは、ポータブルかつ一貫性がある軽量のソフトウェア環境であり、これを使用すると場所を問わずアプリケーションを簡単に実行およびスケールできます。

    この日本語ガイドでは、今すぐ AWS のコンテナサービスの使用を開始するための実用的な方法をご紹介します。インフラストラクチャのプロビジョニング、オーケストレーション、セキュリティ、ネットワーク、オートメーション、モニタリングに実績のあるツールとともに、AWS はシームレスにコンテナ化を行うために必要なあらゆるソリューションを提供します。

    サーバーレステクノロジーによる総所有コスト(TCO)~ サーバーベーステクノロジーとの比較

    インフラストラクチャ管理の手間をなくしコストを削減できるという理由から、サーバーレスを選ぶ戦略の人気が高まっています。この戦略により、組織は IT 予算と開発リソースをオペレーションからイノベーションに転換できます。サーバーレスの運用には、サーバーのプロビジョニング、パッチ適用、管理だけでなく、ソフトウェアのインストール、保守、運用も不要だからです。

    Deloitte の最新調査から、サーバーレスへの移行により組織が総保有コスト (TCO) を大幅に削減できることが明らかになりました。この調査で、サーバーレスの以下のメリットについて詳細をご紹介します。
    • サービスをオンデマンドで柔軟に利用し、俊敏性が向上
    • アプリケーションの開発および保守コストを削減
    • より迅速、より頻繁にデプロイすることで市場投入までの時間を短縮

    Windows 環境のモダナイゼーションガイド

    IDC と Principled Technologies によると、SQL データベースを Amazon EC2 の Windows インスタンスの SQL Server にリホストすることで、以下のような大きなメリットが得られます。

    • 計画外のダウンタイムを 98% 削減
    • デプロイ期間を 71% 短縮
    • デベロッパーの生産性が 26% 向上

    この日本語ガイドでは、リホストをはじめとした、Windows ベースのアプリケーションのモダナイゼーションに利用されている実績あるアプローチをご紹介します。アプリケーションを進化させるために、実績ある AWS のツール、サービス、サポートの活用法をご覧ください。


    ユースケースに最適なデーターベースを選択する

    クラウドベースのモダンアプリケーションを構築する際、スケール、パフォーマンス、クエリ、データ管理、信頼性など、多種多様な要件を伴うことがよくあります。そのため、広く普及している従来のリレーショナルデータベースエンジンを補完するデータベースソリューションの開発が進められてきました。

    このレポートでは、dbInsight の熟練の業界アナリスト Tony Baer 氏が、組織は 1 つのデータベースを選択してニーズに関して妥協する必要はもうないことを解説しています。ビジネス目標を達成するためにさまざまなユースケースに最適化して構築された複数のデータベースを選択すればいいのです。Tony 氏は、e コマースストアからオンライン語学アプリケーションに至るまで、あらゆるタイプのビジネスが、Amazon Aurora、Amazon DynamoDB、Amazon ElastiCache、Amazon DocumentDB などの AWS データベースサービスをどのように活用しているか詳しく説明しています。

    このレポートでは、以下の内容をご紹介します。

    • デジタルトランスフォーメーションに加え、データの保存と整理の必要性が高まったことにより、データベースを取り巻く環境がどのように変わってきたか
    • ビジネス上の問題を解決するために最適化されたさまざまなAWS のデータベースサービスについて
    • データベース戦略を策定する参考になる導入事例

    アプリケーションモダナイゼーションを促進する - サーバーレス、コンテナ、マイクロサービスをベースとしたアーキテクチャで永続データと共有データを扱うには

    データストレージによく見られる課題を克服し、モダンアプリケーションを迅速かつ確実に構築およびデプロイする際に、AWS を活用できます。この日本語ガイドではその方法についてご紹介します。
     
    Amazon Elastic File System (Amazon EFS)
    • AWS コンテナからのデータの永続化と共有が可能
    • シンプルでサーバーレス、セットアンドフォーゲット (設定したらあとはお任せ)、伸縮自在なファイルシステムを提供
    • 管理が不要
     
    AWS Lambda
    • 大規模かつミッションクリティカルなサーバーレスアプリケーションの実行が可能
    • イベントに応じてコードを実行することで、アプリケーションを自動的にスケーリング
    • ほぼあらゆる種類のアプリケーションやバックエンドサービスのコードを管理することなく実行可能
     
    AWS のコンテナサービス
    • Amazon Elastic Container Service (Amazon ECS) により、コンテナ化したアプリケーションを簡単にデプロイ、管理、およびスケーリングできる
    • Amazon Elastic Kubernetes Service (Amazon EKS) により、AWS クラウドまたはオンプレミスの Kubernetes アプリケーションを起動、実行、スケーリングできる
    • AWS Fargate は、コンテナ用のサーバーレスコンピューティングを提供するので、ユーザーがアプリケーションの構築に集中できる

AWS のクラウドネイティブアーキテクチャについて

80%

のコンテナ化された
アプリケーションが AWS で稼働

最新レポート

Gartner が 2021 年のクラウドインフラストラクチャおよびプラットフォームサービスの Magic Quadrant において
AWS を 11 年連続でリーダーの 1 社に位置づけ

150%

AWS コンテナーサービスに関する前年比成長率

80%

サーバーベース環境と比較した場合の、サーバーレスプラットフォームメンテナンス時間の減少率

68%

サーバーベース環境と比較した場合の、サーバーレス環境でのプロビジョニングにかかる時間の減少率

お客様導入事例

お客様がクラウドネイティブアプリケーション開発により、どのようにビジネスを促進されているかをご覧ください。