AWS の開始方法

Android アプリケーションをビルドする

AWS Amplify を使用してシンプルな Android アプリケーションを作成する

モジュール 4: GraphQL API とデータベースを追加する

このモジュールでは、Amplify CLI とライブラリを使用して、アプリに GraphQL API を設定して追加します。

はじめに

ユーザー認証搭載のアプリケーションを作成、設定できました。API および CRUD オペレーション (作成、読み取り、更新、削除) をデータベースに追加してみます。

このモジュールでは、Amplify CLI とライブラリを使用してアプリケーションに API を追加します。作成する API は GraphQL API で、Amazon DynamoDB (NoSQL データベース) によってサポートされる AWS AppSync (マネージド GraphQL サービス) を利用します。GraphQL の概要については、このページにアクセスしてください。

作成するアプリケーションは、ユーザーがメモを作成、削除、一覧表示できるようにするメモアプリです。この例から、人気のあるさまざまな CRUD + L (作成、読み取り、更新、削除、一覧表示) アプリケーションをビルドする方法がよくわかります。

学習内容

  • GraphQL API を作成してデプロイする
  • API と対話するためのフロントエンドコードを記述する

主要な概念

API – 複数のソフトウェア仲介者間の通信および相互作用を可能にするプログラミングインターフェイスを提供します。

GraphQL – アプリケーションの型付き表現に基づくクエリ言語とサーバー側 API の実装。この API 表現は、GraphQL 型システムに基づくスキーマを使用して宣言されます。(GraphQL の詳細については、このページにアクセスしてください)。

 所要時間

20 分

 使用するサービス

実装

まとめ

これで、Android アプリができました。 AWS Amplify を使用して、GraphQL API を追加し、作成、読み取り、削除機能をアプリケーションに設定しました。

次のモジュールでは、UI および動作を追加して、写真を管理します。

このモジュールは役に立ちましたか?

ストレージを追加する