このチュートリアルでは、ユーザーが Wild Rydes のユニコーンへの乗馬をリクエストできるシンプルなサーバーレスウェブアプリケーションを作成します。アプリケーションの HTML ベースのユーザーインターフェイスによって、ユーザーは乗馬する場所を指定できます。またアプリケーションに、バックエンド上で RESTful ウェブサービスとのインターフェイスを持たせることにより、リクエストを送信して近くのユニコーンを手配できます。アプリケーションはさらに、ユーザーがユニコーンに乗ることを要求する前に、サービスに登録してログインするための機能を提供します。

アプリケーションのアーキテクチャは、AWS LambdaAmazon API GatewayAmazon DynamoDBAmazon Cognito、および AWS Amplify コンソール を使用します。Amplify コンソールは、継続的デプロイと、HTML、CSS、JavaScript、およびユーザーのブラウザに読み込まれたイメージファイルなどを含む静的なウェブリソースのホストを提供します。ブラウザで実行される JavaScript は、Lambda と API Gateway を使用して構築されたパブリックバックエンド API からデータを送受信します。Amazon Cognito は、バックエンド API を保護するためのユーザー管理機能と認証機能を提供します。さらに、DynamoDB は API の Lambda 関数によってデータを格納できる永続レイヤーを提供します。

Serverless_Architecture
Serverless_Web_App_LP_assets-18

静的ウェブホスティング

AWS Amplify は、HTML、CSS、JavaScript、およびユーザーのブラウザに読み込まれたイメージファイルを含む静的なウェブリソースをホストします。

Serverless_Web_App_LP_assets-19

ユーザー管理

Amazon Cognito は、バックエンド API を保護するためのユーザー管理機能と認証機能を提供します。

Serverless_Web_App_LP_assets-20

サーバーレスバックエンド

Amazon DynamoDB は、API の Lambda 関数によってデータを格納できる永続レイヤーを提供します。

Serverless_Web_App_LP_assets-21

RESTful API

ブラウザで実行される JavaScript は、Lambda と API Gateway を使用して構築されたパブリックバックエンド API からデータを送受信します。

このワークショップは 5 つのモジュールに分かれています。それぞれのモジュールは、これから構築する内容のシナリオとアーキテクチャの実装と作業の検証に役立つステップバイステップの手順について解説します。
  1. 静的ウェブホスティング
  2. ユーザー管理
  3. サーバーレスバックエンド
  4. RESTful API
  5. リソースの終了と次のステップ

AWS の使用経験: 初心者

完了までの時間: 2 時間

完了までのコスト: このアーキテクチャで使用する各サービスは、 AWS 無料利用枠の対象となります。無料利用枠を利用できない場合、この学習過程を完了するための費用は 0.25 USD* 未満です。
 
前提条件: このチュートリアルを完了するには、以下が必要です。
  • AWS アカウント**
  • テキストエディタ
  • 推奨ブラウザ: Chrome の最新バージョン

*この見積もりでは、ユーザーがチュートリアル全体で推奨される構成に従い、24 時間以内にすべてのリソースを終了することを前提としています。

**過去 24 時間以内に作成されたアカウントは、このチュートリアルに必要なリソースへのアクセス権がまだ付与されていない可能性があります。