クラウドと安全に接続された既製デバイス

AWS IoT 1-Click の製造上のパートナーは、箱から出してすぐ AWS クラウドに安全に接続できるデバイスを作っています。AWS IoT 1-Click がサポートするデバイスには、デバイスが製造されている時に証明書があらかじめ準備されています。デバイスを使うのに、ファームウェアやデバイス固有のコードを入力する必要もありません。

AWS の Seeed IoT Button

AWS の Seeed IoT ボタンは、プログラムで制御でき、設定と使用が簡単な Wi-Fi ベースのボタンです。AWS の Seeed IoT ボタンを活用することで、顧客に時間のかかるアンケート回答の負担をかけることなく、顧客からすばやくフィードバックが得られます。既存のビジネスのワークフローとシステムを AWS IoT 1-Click サービスと AWS IoT 1-Click モバイルアプリケーションを使って簡単に統合できるよう、企業と開発者を対象にデザインされています。AWS の Seeed IoT ボタンは、シングル、ダブル、長押しの 3 種類のクリックと、異なる表示用の 3 つの LED をサポートしています。これらのボタンは交換および充電可能なバッテリーをサポートしています。お客様は、カスタマイズされたボタンのラベル、色、形などカスタマイズされたボタンのデザインを注文することもできます。カスタマイズオプションの詳細は、iot@seeed.cc までお問い合わせください。 AWS の Seeed IoT Button は、米国、英国、欧州で購入可能です。

seeedstudio.com で AWS の Seeed IoT Button をご購入ください。

Amazon.com で AWS の Seeed IoT Button をご購入ください。 

AT&T IoT Button

SORACOM LTE-M Button

SORACOM LTE-M ボタンは、モバイルデータ通信ベースで、プログラムで制御でき、日本で KDDI の LTE-M ネットワークと接続できる交換可能なバッテリー式のボタンです。

ボタンの購入は、こちらをクリックしてください。

 

SORACOM LTE-M Button

AWS IoT Enterprise Button

AWS IoT Enterprise Button の販売を停止しました。既存の AWS IoT Enterprise Button は AWS IoT 1-Click サービスおよび AWS IoT Button モバイルアプリで引き続きサポートされます。追加で AWS IoT Enterprise Button が必要なお客様は、AWS IoT 1-Click パートナーによって構築され、AWS IoT 1-Click サービスでフルサポートされた、上記一覧にあるボタンのいずれかを購入できます。

AT&T IoT Button

AT&T IoT Button は、プログラムで制御でき、AT&T の全国的な LTE-M ネットワーク (米国国内のみ) と接続できるモバイルデータ通信ベースのボタンです。このデバイスはご購入できません。

AWS IoT 1-Click 料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
AWS IoT 1-Click を試す
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ