AWS IoT 1-Click のよくある質問

Q: AWS IoT 1-Click とは何ですか?

AWS IoT 1-Click は、必要なアクションを実行するために AWS Lambda 関数をシンプルなデバイスで簡単にトリガーできるようにする新しいサービスです。AWS IoT 1-Click を使用すると、開封してすぐに使用できるシンプルなデバイスで AWS IoT Core にセキュアに接続できます。これにより、開発者はデバイスをアプリケーションに容易にデプロイできます。証明書の作成、インストール、管理は必要ありません。AWS IoT 1-Click では、デバイスメーカーに対して、製造段階でデバイスに証明書をプロビジョニングし、デバイスを AWS IoT に登録するために必要なツールおよび API を提供します。

Q: シンプルなデバイスとは何ですか?

シンプルなデバイスは、Wi-Fi、LTE-M、NB-IoT、SigFox などのさまざまな方法でインターネットに接続されるデバイスです。このデバイスは、AWS Lambda 関数などのアクションに関連付けるという目的で使用します。アクションは、AWS IoT 1-Click を使用してシンプルでスケーラブルな方法でトリガーできます。シンプルなデバイスの例としては、以下のものが挙げられますが、それらに限定されません。

ボタンのようなデバイス: このデバイスをクリックして、特定のアクションをトリガーします。

アセットトラッカー: 倉庫内のコンテナやトラック輸送コンテナのトラッカーにより、場所を追跡して、瞬時の追跡調査や通知に対応できます。

温度センサー: 温度制御などのアクションは、お客様の要件に基づいて、事前に定義されたしきい値に達する温度をもとにトリガーできます。

カードリーダー: 職場の手続きの一環として、オフィス、研究所、または工場への権限のある社員の入退出を追跡するためのデバイス。

Q: AWS IoT 1-Click でサポートされているシンプルなデバイスはどれですか?

プレビュー期間中は、次のシンプルなデバイスが AWS IoT 1-Click でサポートされる予定です。

  • Wi-Fi 接続を備えた AWS IoT エンタープライズボタン
  • AT&T LTE-M ネットワーク接続を備えた AT&T LTE-M ボタン

これらのデバイスはどちらも、製造時に適切な認証情報を事前にプロビジョニングされるため、すぐに AWS IoT Core に安全に接続できます。

Q: 既存の AWS IoT ボタンを AWS IoT 1-Click で使用できますか?

いいえ、既存の AWS IoT ボタン (第 1 世代と第 2 世代両方) は AWS IoT 1-Click でサポートされません。


Q: AWS IoT 1-Click のプレビューはどのリージョンで利用できますか?

AWS IoT 1-Click は次の AWS リージョンでご利用いただけます。

米国西部 (オレゴン)

米国東部 (バージニア北部)

米国東部 (オハイオ)

欧州 (アイルランド)

欧州(フランクフルト)

欧州 (ロンドン)

アジアパシフィック (東京)


 

Q: AWS IoT 1-Click の使用を開始するにはどうすればよいですか?

こちらをクリックして、AWS IoT 1-Click 入門ガイドをご確認ください。このドキュメントでは、AWS IoT 1-Click の使用を開始する方法について詳しく説明しています。

 

Q: AWS IoT 1-Click にはどのような機能がありますか?

AWS IoT 1-Click では次の機能が使用できます。

シンプルなデバイスの選択: AWS IoT 1-Click では、開封してすぐに使えるように準備されたシンプルなデバイスをサポートしています。現在、AWS IoT エンタープライズボタンと AT&T LTE-M ボタンをサポートしています。今後、サポートするデバイスの種類を増やし、さまざまな接続方法を利用できるようにする予定です。

セキュアな接続: デバイスメーカーは、AWS IoT Core に接続するための適切な認証情報を製造段階で組み込み、シンプルなデバイスを製造できるため、AWS クラウドにセキュアに接続できます。

コンテキストデータによるグループ分け: AWS IoT 1-Click を使用すると、お客様は用途や場所などの要件に基づいてデバイスをプロジェクトごとにグループ分けできます。各デバイスをどのプロジェクトで使用するかをユーザー指定のコンテキストデータに基づいて定義できます。

アクションの選択: AWS IoT 1-Click では、E メールや SMS の送信などの事前定義済みの Lambda アクションの中からお客様が特定のアクションを選択し、デバイスに関連付けることができます。また、お客様は AWS アカウントからカスタム定義の Lambda 関数を使用することもできます。

使用状況レポートとステータスレポート: AWS IoT 1-Click を使用して、デプロイされたデバイスの使用状況やステータスを詳述するレポートを表示できます。レポートには、クリック回数などのデバイスのアクティビティ、バッテリー駆動デバイスの残りの動作時間などのデバイスの健全性に関する事前定義済みのレポートと、Amazon CloudWatch を使用して生成できるカスタムレポートがあります。

AWS IoT 1-Click は、AWS マネジメントコンソール、iOS と Android プラットフォームの AWS IoT 1-Click モバイルアプリケーションから使用できます。また、さまざまなパブリック API を使用して AWS IoT 1-Click 機能を使用できます。

 

Q: 私はデバイスメーカーであり、自社のデバイスが AWS IoT 1-Click でサポートされるようにしたいと考えています。これらのデバイスがサポートされるようにするためには何が必要ですか?

お使いのデバイスの詳細については、iot1click@amazon.com までお問い合わせください。リクエストに応じて対応いたします。

 

 

Q: これまで AWS IoT 1-Click のプレビュープログラムに参加していました。現在使用しているボタンを、一般公開された AWS IoT 1-Click でも使用できますか?

はい。ただし、アカウントでプロジェクトを再び作成し、デバイスのコンテキストデータを再定義する必要があります。また、AWS IoT 1-Click モバイルアプリケーションを正式バージョンにアップグレードする必要があります。コンソールまたはモバイルアプリケーション用にアカウントをホワイトリストに登録する必要はありません。


Q: これまで AWS IoT Button Enterprise Program に参加していました。現在使用しているボタンを AWS IoT 1-Click でも使用できますか?

いいえ、AWS IoT Button Enterprise Program は提供を終了しました。そのプログラムでサポートされていたボタンを AWS IoT 1-Click で使用することはできません。


Q: AWS IoT 1-Click で AWS IoT エンタープライズボタンにブランドのカスタムラベルを付けることはできますか?

いいえ、AWS IoT 1-Click サービスではブランドのカスタムラベルは利用できません。ボタンには、標準の AWS IoT エンタープライズボタンのラベルが貼付されています。

 

Q: AWS IoT 1-Click でサポートされるすべてのデバイスのリストはどこにありますか?  

AWS IoT 1-Click でサポートされるすべてのデバイスのリストについては、こちらをクリックしてください。


 

Q: インターネットに接続しているのにボタンが機能しません。

こちらをクリックして、問題のトラブルシューティングを行ってください。ボタンの LED の色は、物理デバイスの問題か、ネットワークの問題かを判断するのに役立ちます。問題が解決しない場合は、AWS サポートまでお問い合わせください。

 

AWS IoT 1-Click 料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
AWS IoT 1-Click を試す
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ
ページの内容
AWS IoT 1-Click のよくある質問