AWS Lambda を使用してデバイスのアクションを定義する

AWS Lambda は、AWS クラウドで動作する汎用性の高いプログラミング環境です。デバイスのファームウェアを変更せずに、デバイスのイベントを Lambda 関数と関連付けて、企業のワークフローに統合できます。Lambda 関数では、Java、Python、C# などの言語を使用して簡単なビジネスロジックを実装できます。また、オンプレミスを含むさまざまな場所でワークフローをトリガーできます。


デバイスをまとめ、監視する

要件に基づいてデバイスをグループ化し、アクションとコンテキストデータをそのグループに関連付けることができます。AWS IoT 1-Click 内のこのようなグループを「プロジェクト」といいます。また、Devices コンポーネントを使用して、個々のデバイスレベルでアクションを設定したり、健全性を追跡したりできます。サービスにはデバイスのアクティビティに関する事前定義済みのレポートが用意されています。また、Amazon CloudWatch にパブリッシュされる情報を使用してカスタムレポートを構築することもできます。

また、AWS IoT 1-Click では開発者がデバイスおよびプロジェクトで使用できる API も公開しています。詳細については、こちらをクリックしてください。

 

モバイル環境

IoT デバイスは、お客様の環境で管理し、物理的に設置する必要があります。AWS IoT 1-Click モバイルアプリケーションは、少ない手順で新しいデバイスをオンサイトの物理的な場所に設置できるようにすることでクラウドと物理デバイスを結び付けます。例えば、新しいデバイスを箱から出し、デバイスの位置属性を iOS または Android の 1-Click モバイルアプリケーションを使って数秒で更新または追加すれば、準備は完了です。

AWS IoT 1-Click アプリケーションは iOS または Google Play のストアでダウンロードできます。


AWS IoT 1-Click 料金の詳細

料金ページを見る
始める準備はできましたか?
AWS IoT 1-Click を試す
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ