AWS IoT Core では、何十億もの IoT デバイスを確実かつ安全に接続し、何兆もの IoT メッセージをインフラストラクチャの管理なしで AWS のサービスや他のデバイスにルーティングすることができます。お客様が利用された特定のコンポーネントに対してのみお支払いいただきます。最低限の利用料金や必須の利用料金はありません。接続、メッセージング、デバイスシャドウの使用量 (デバイス状態ストレージ)、レジストリの使用量 (デバイスメタデータストレージ)、ルールエンジンの使用量 (メッセージの変換とルーティング) について、個別に料金が請求されます。このアプローチにより、ワークロードの種類に関わらず、透明性と低料金を実現しています。

AWS IoT Core の AWS 無料利用枠

AWS 無料利用枠は、AWS IoT Core のお客様が AWS アカウントを作成した日から 12 か月間ご利用いただけます。無料使用の有効期限が切れた場合、またはアプリケーション使用が以下の無料利用枠を超えた場合は、AWS IoT Core の料金レートをお支払いいただきます。

  • 接続時間 2,250,000 分 
  • メッセージ 500,000 件
  • レジストリまたはデバイスシャドウのオペレーション 225,000 回
  • トリガールール 250,000 件、実行アクション 250,000 件

例えば、50 台のデバイスを使うワークロードを実行する場合、無料利用枠では各デバイスを以下のように使用できます。

  • 毎日 24 時間接続
  • 1 日あたり 300 件のメッセージ交換 (メッセージサイズが 5 KB 以下の場合)
  • 1 日あたり 130 回のレジストリまたはデバイスシャドウオペレーションの実行 (レジストリまたはデバイスシャドウのレコードサイズが 1 KB 以下の場合)
  • アクション 1 件を実行するルールの 1 日あたり 150 件の実行 (処理するメッセージサイズが 5 KB 以下の場合) 

無料利用枠は、GovCloud (米国) リージョン以外のすべての AWS リージョンに適用されます。使用量はすべてのリージョンの合計が毎月計算され、自動的に請求額に適用されます。無料利用枠は積算されず、1 つの請求期間から次の請求期間に繰り越されないことにご注意ください。

料金の概要

接続

AWS IoT Core とデバイスを認証されたセキュアな方法で接続できます。接続料金は、デバイスが AWS IoT Core に接続されていた時間の合計に基づいて 1 分単位で計算されます。

たとえば、米国東部 (バージニア北部) リージョンで 1 年間接続したままにする場合、デバイスあたり 0.042 USD を支払うことになります (接続数 1 件 x 0.08 USD/1,000,000 分 x 525,600 分/年)。接続を維持するために、デバイスは 30 秒から 20 分の間隔でキープアライブ ("Ping") メッセージを送信する場合がありますが、これらのメッセージには追加コストが発生しません。 接続の追加料金詳細はこちらをご覧ください »

メッセージング

デバイスデータはメッセージによって AWS IoT Core とやり取りされます。メッセージングの使用量は、デバイスと AWS IoT Core の間で送信されたメッセージ数により計算されます。

MQTT および HTTP の場合、Basic Ingest または AWS IoT Core 用 Alexa Voice Service Integration の予約済みトピックを使用して送受信されるメッセージにはメッセージコストは発生しません。 

送受信できるメッセージのサイズは最大 128 キロバイト (KB) です。メッセージ数は 5 KB ごとに増加します。例えば、8 KB のメッセージは 2 件のメッセージとして計算されます。

メッセージングの追加料金詳細はこちらをご覧ください »

 

Firmware Update Over-the-Air (FUOTA) により、お客様は、LoRaWAN マルチキャスト (MC) と LoRa アライアンスで定義されたフラグメントメカニズムを使用して、安全で信頼性の高いファームウェアアップデートを現場のデバイスにリモートで配信することができます。  各 FUOTA はタスクとして定義されます。

1,000 台のデバイスのグループに FUOTA タスクを作成すると、1,000 件のタスク分の料金が発生します。お客様は、最初の 100 件の FUOTA タスクを無料で入手できます。

デバイスシャドウとレジストリ

デバイスシャドウにはデバイスの望ましい状態または実際の状態が保存されます。レジストリはデバイスに名前を付けて管理するために使用されます。デバイスシャドウとレジストリの使用料金は、デバイスシャドウやレジストリのデータに対するアクセスまたは変更のオペレーション数によって計算されます。

デバイスシャドウとレジストリのオペレーション数は、デバイスシャドウまたはレジストリのレコードサイズ 1 KB 単位で計算されます。例えば、1.5 KB のデバイスシャドウのレコード更新は、2 つのオペレーションとして計算されます。デバイスシャドウとレジストリの追加料金詳細はこちらをご覧ください »

ルールエンジン

ルールエンジンでは、数学的演算や AWS Lambda などの外部関数によってデバイスデータを変換し、そのデータを Amazon Simple Storage Service (Amazon S3)、Amazon DynamoDB、Amazon Kinesis といった AWS のサービスにルーティングできます。ルールエンジンの使用量は、ルールがトリガーされるたびに計算されます。ルール内で実行されたアクション数については、1 件のルールにつき最低 1 件のアクションとして計算されます。

ルールとアクションは、メッセージサイズ 5 KB 単位で計算されます。例えば、5 KB のメッセージを処理してアクションは実行しないルールの場合、ルール 1 件とアクション 1 件として計算され、8 KB のメッセージを処理してアクションを 2 件実行するルールの場合、ルール 2 件とアクション 4 件として計算されます。さらに、リージョン外からの特定のルールから「出し」「入れ」するデータの転送は、こちらの「データ転送」にリストされている Amazon Elastic Compute Cloud (Amazon EC2) データ転送料金が課金されます。 ルールエンジンの追加料金詳細はこちらをご覧ください »

Device Advisor

Device Advisor は無料で使用できます。ただし、お客様は、テストの一部として AWS の使用に関連するすべてのコストを負担する必要があります (テストの一部としての AWS IoT Core の使用、または Amazon CloudWatch の各テストのログなど)。AWS リソースの使用状況は、AWS アカウントを通してお客様に表示され、これらの料金はデベロッパーの AWS 請求書に適用されます。

AWS IoT Core コンポーネントの料金例

接続料金

例 1

欧州 (アイルランド) リージョンで 30 日間、AWS IoT Core への常時接続を維持するデバイスが 10,000 台あるとします。リージョンの接続レートは、0.08 USD/1,000,000 分の接続です。この場合、料金は以下のように計算されます。

  • 接続時間 (分) = 接続数 10,000 件 x 60 分/時間 x 24 時間/日 x 30 日 = 432,000,000 分間接続
  • 接続の合計料金 = 432,000,000 分間接続 x 0.08 USD/1,000,000 分間接続 = 34.56 USD

例 2

この例では、同じ 10,000 台のデバイスが欧州 (アイルランド) リージョンの AWS IoT Core に、30 日間、毎時 15 分ずつ接続します。この場合、料金は以下のように計算されます。

  • 接続時間 (分) = 接続数 10,000 件 x 15 分/時間 x 24 時間/日 x 30 日 = 108,000,000 分間接続
  • 接続の合計料金 = 108,000,000 分間接続 x 0.08 USD/1,000,000 分間接続 = 8.64 USD
 

メッセージングの料金

例 1

30 日間、欧州 (アイルランド) リージョンの AWS IoT Core に 1 時間ごとに 2 KB のメッセージを 1 件送信するデバイスが 1 つあるとします。AWS IoT Core はその後、同じリージョンにある他の 5 台のデバイスに各 (2 KB) メッセージを配信します。最初の 10 億件のメッセージの MQTT および HTTP メッセージングレートは、1 USD/1,000,000 件のメッセージです。この場合、料金は以下のように計算されます。

AWS IoT Core への送信料金

  • 送信メッセージ数: 1 件のメッセージ/時 x 24 時間/日 x 30 日 = 720 件のメッセージ
  • 送信メッセージの料金: 720 件のメッセージ x 1 USD/1,000,000 メッセージ = 0.00072 USD

デバイスへの配信料金

  • 配信メッセージ数: 5 件のメッセージ/時 x 24 時間/日 x 30 日 = 3,600 件のメッセージ
  • 配信メッセージの料金: 3,600 件のメッセージ x 1 USD/1,000,000 メッセージ = 0.0036 USD

メッセージングの合計料金

  • メッセージングの合計料金 = 送信メッセージの料金 + 配信メッセージの料金
  • メッセージングの合計料金 = 0.00072 USD + 0.0036 USD = 0.00432 USD

例 2

この例では、 30 日間、欧州 (アイルランド) リージョンの AWS IoT Core に 1 時間ごとに 8 KB のメッセージを 10 件送信するデバイスが 1 つあるとします。1 時間ごとに送信される 10 件のメッセージのうち、4 件が Basic Ingest 経由で AWS IoT Core Rules Engine に送信されます。この例では MQTT または HTTP を使用しているため、Basic Ingest の予約済みトピックを使用して送受信された 4 件のメッセージについては、メッセージング料金が発生しません。その他の 6 件のメッセージは、最初の 10 億件のメッセージに対して 1 USD/1,000,000 件のメッセージのレートで送信されます。この場合、メッセージングの料金は以下のように計算されます。

AWS IoT Core への送信料金

各メッセージが 5 KB を超えるため、2 件のメッセージ (5 KB) として計算されます。

  • Basic Ingest 経由の送信メッセージ数: 2 件の計算メッセージ x (4 件のメッセージ/時 x 24 時間/日 x 30 日) = 5,760 件のメッセージ
  • それ以外の送信メッセージ数: 2 件の計算メッセージ x (6 件のメッセージ/時 x 24 時間/日 x 30 日) = 8,640 件のメッセージ
  • Basic Ingest 経由の送信メッセージのメッセージング料金: 5,760 件のメッセージ x 0 USD = 無料
  • それ以外の送信メッセージのメッセージング料金: 8,640 件のメッセージ x 1 USD/1,000,000 メッセージ = 0.00864 USD

メッセージングの合計料金 = Basic Ingest 経由の送信メッセージのメッセージング料金 + それ以外の送信メッセージのメッセージング料金 = 0 USD + 0.00864 USD = 0.00864 USD

 
例 3
 
30 日間、米国東部 (バージニア北部) リージョンの AWS IoT Core LoRaWAN に 15 分ごとに 1 件のメッセージ (4 件/時) を、送信する LoRaWAN デバイス 1 つがあるとします。アプリケーションは、デバイスの状態を変更するために、1 日に 2 回デバイスにメッセージを送信します。また、デバイスは参加リスクエストを送信して、デバイスセッションを週に1 回保護します (この 30 日の例では 4 週間に丸められています)。最初の 10 億件のメッセージに対する米国東部 (バージニア北部) の LoRaWAN メッセージング料金は、2.3 USD/1,000,000 件のメッセージです。この場合、料金は以下のように計算されます。
 
アップリンクコスト:
 
  • アップリンクメッセージ数: 4 件のメッセージ/時 x 24 時間/日 x 30 日 = 2,880 件のメッセージ
  • アップリンクメッセージの料金: 2,880 件のメッセージ x 2.3 USD/1,000,000 メッセージ = 0.006624 USD

ダウンリンクコスト:

  • ダウンリンクメッセージ数: 2 件のメッセージ/日 x 30 日 = 60 件のメッセージ
  • ダウンリンクメッセージの料金: 60 件のメッセージ x 2.3 USD/1,000,000 メッセージ = 0.000138 USD

参加コスト:

  • 参加メッセージ数: 1 件のメッセージ/週 x 4 週間 = 4 件のメッセージ
  • 参加メッセージの料金: 4 件のメッセージ x 2.3 USD/1,000,000 メッセージ = 0.0000092 USD

メッセージングの合計料金:

  • 合計メッセージング料金 = アップリンクメッセージ料金 + ダウンリンクメッセージ料金 + 参加メッセージ料金
  • メッセージングの合計料金 = 0.006624 USD + 0.000138 USD + 0.0000092 USD = 0.0067712 USD

デバイスシャドウとレジストリの料金

例 1

カナダ (中部) リージョンに合計 1,000,000 台のデバイスシャドウアップデートをトリガーする 100 台のデバイスがあるとします。各更新につき、デバイスシャドウのレコードサイズは 1.5 KB です。カナダ (中部) リージョンのデバイスシャドウとレジストリのレートは、1.25 USD/1,000,000 回のオペレーションです。この場合、料金は以下のように計算されます。

デバイスシャドウのサイズが 1 KB を超えているため、オペレーションがその次の 1 KB の倍数 (2 KB) で計算され、2 回のオペレーションとみなされます。

デバイスシャドウの合計料金 = 2 回のオペレーション x 1,000,000 回のアップデート x 1.25 USD/1,000,000 オペレーション = 2.50 USD

例 2

上記のソリューションは、30 日間に ListThing API を 100 回呼び出します。毎回、API は 500 件のレコードを返します。各レコードのサイズは 1 KB です。この場合、料金は以下のように計算されます。

レジストリリクエスト数 = 100 件のリクエスト x 500 = 50,000 件のリクエスト

レジストリの合計料金 = 50,000 件のリクエスト x 1.25 USD/1,000,000 リクエスト = 0.0625 USD

ルールエンジンの料金

例 1

カナダ (中部) リージョンに合計 1,000,000 件のルールをトリガーする 100 台のデバイスがあるとします。各ルールによってデータが Amazon S3 に転送され、このとき 1 件のアクションが発生します。カナダ (中部) でトリガールールと実行アクションの両方のレートは 0.15 USD (100 万件のトリガールールごと/100 万件の実行アクションごと) です。この場合、料金は以下のように計算されます。

  • トリガールールの料金 = 1,000,000 件のトリガールール x 0.15 USD/1,000,000 トリガールール = 0.15 USD
  • 実行アクションの料金 = 1,000,000 件のトリガールール x 1 件の実行アクション/トリガールール x 0.15 USD/1,000,000 実行アクション = 0.15 USD

ルールエンジンの合計料金 = ルールの料金 + アクションの料金 = 0.15 USD + 0.15 USD = 0.30 USD

例 2

この例では、上記と同じ 100 台のデバイスが、カナダ (中部) リージョンで合計 100 万件のルールをトリガーします。しかし、各ルールによって外部関数が呼び出され、データが Amazon S3 に転送されます。このとき 2 件のアクションが発生します。この場合、料金は以下のように計算されます。

  • トリガールールの料金 = 1,000,000 件のトリガールール x 0.15 USD/1,000,000 トリガールール = 0.15 USD
  • 実行アクションの料金 = 1,000,000 件のトリガールール x 2 件の実行アクション/トリガールール x 0.15 USD/1,000,000 実行アクション = 0.30 USD

ルールエンジンの合計料金 = ルールの料金 + アクションの料金 = 0.15 USD + 0.30 USD = 0.45 USD

AWS IoT Core の全コンポーネントを使用するワークロードの料金例

30 日間、欧州 (アイルランド) リージョンで、AWS IoT Core に常時接続を維持する 100,000 台のデバイスがあるとします。毎日、各デバイスがサイズ 1 KB のメッセージ 325 件を送信します。1 日にデバイスごとに送信されるメッセージ 325 件のうち、100 件ではデバイスシャドウの更新がトリガーされ、200 件では 1 つのアクションを実行するルールがトリガーされます。この場合、料金は以下のように計算されます。

接続料金

  • 接続時間 (分) = 接続数 100,000 件 x 60 分/時間 x 24 時間/日 x 30 日 = 4,320,000,000 分間接続
  • 接続の料金 = 4,320,000,000 分間接続 x 0.08 USD/1,000,000 分間接続 = 345.60 USD

メッセージングの料金

  • メッセージ数 = 100,000 台のデバイス x 325 件のメッセージ/デバイス (1 日あたり) x 30 日 = 975,000,000 件のメッセージ
  • メッセージングの料金 = 975,000,000 件のメッセージ x 1.00 USD/1,000,000 メッセージ = 975.00 USD

デバイスシャドウとレジストリの料金

  • デバイスシャドウリクエスト数 = 100,000 台のデバイス x 100 件のリクエスト/デバイス (1 日あたり) x 30 日 = 300,000,000 件のリクエスト
  • デバイスシャドウのサイズは 1 KB 未満であるため、1 KB 単位で最も近い値 (1 KB) に切り上げられます。
  • デバイスシャドウの料金 = 300,000,000 件のリクエスト x 1.25 USD/1,000,000 オペレーション = 375.00 USD

ルールエンジンの料金

  • トリガールール数 = 100,000 台のデバイス x 200 件のトリガールール/デバイス (1 日あたり) x 30 日 = 600,000,000 件のトリガールール
  • 実行アクション数 = 600,000,000 件のトリガールール x 1 件の実行アクション/トリガールール = 600,000,000 件の実行アクション
  • トリガールールの料金 = 600,000,000 件のトリガールール x 0.15 USD/1,000,000 トリガールール = 90.00 USD
  • 実行アクションの料金 = 600,000,000 件の実行アクション x 0.15 USD/1,000,000 実行アクション = 90.00 USD

ルールエンジンの合計料金 = 90.00 USD + 90.00 USD = 180.00 USD

ワークロード合計料金

  • 合計料金 = 346.60 USD + 975.00 USD + 375.00 USD + 180.00 USD = 1,876.60 USD

AWS IoT Core には通信サービスの再販は含まれておらず、接続についてはサードパーティーの提供となる点にご留意ください。

AWS IoT Core リソースに関する詳細

リソースページを見る
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ