仕組み

Amazon Lex は、Alexa と同じ技術を採用した、使いやすい完全マネージド型のサービスであり、音声認識や言語理解といった深層学習の難しい問題に取り組むためのツールが用意されています。Amazon Lex は AWS Lambda と統合されており、データの取得や更新といったバックエンドビジネスロジックを実行するための機能を簡単にトリガーできます。一度構築したボットは、チャットプラットフォーム、モバイルクライアント、および IoT デバイスに直接デプロイできます。提供されるレポートを使用して、ボットのメトリクスを追跡することもできます。Amazon Lex は、ボットを構築してパブリッシュし、モニタリングするための、スケーラブルで使いやすく、安全なエンドツーエンドソリューションを提供します。

Diagrams_lex_bookhotel

主な特徴

高品質の音声認識と自然言語理解

Amazon Lex では、自動音声認識と自然言語理解の技術を利用して、音声言語理解システムを作成できます。Amazon Lex では、Alexa に採用されているものと同じ、実績のある技術が使用されています。Amazon Lex は、開発者が入力する発話例に基づいて、話者が意図を表現するさまざまな方法を学習できます。音声言語理解システムでは、自然言語の音声とテキストによる入力を受け取り、その背景にある意図を理解し、適切な応答を呼び出すことによってユーザーの意図を実行します。

複数回にわたる対話

Amazon Lex ボットでは、複数回にわたって対話を行うことができます。インテントが特定されると、ユーザーは、そのインテントを実行するために必要な情報の入力を求められます (例えば、インテントが "ホテルの予約" である場合、ユーザーは場所、チェックインの日付、宿泊日数などの入力を求められます)。Amazon Lex を使用すると、チャットボットとの複数回にわたる対話を簡単に構築できます。ボットユーザーから収集するスロットやパラメータ、およびそれに対応するプロンプトを指定するだけで、適切なスロットの入力を求めるメッセージが自動的に選択され、会話が編成されます。

ユーティリティプロンプト

Amazon Lex では、実行前にアクションを確認するための確認プロンプトと、意図をより明確にするために入力を繰り返すようユーザーに求めるエラー処理プロンプトの 2 種類のプロンプトが用意されています。確認プロンプトを使用すると、バックエンドビジネスロジックの実行前にユーザーの意図を確認できます (「予約を今すぐ確定しますか?」など)。エラー処理プロンプトを使用すると、ユーザーの入力を理解できない場合のシナリオに対処し、エラーシナリオを適切に処理できます。例えば、ユーザーの音声入力が明瞭でない場合や聞こえない場合、または既知のインテントにマッピングできない場合に、例えば「すみません、聞き取れませんでした」「もう一度言っていただけますか」など、ユーザーに情報を再度入力してもらうよう Amazon Lex を設定できます。再試行の回数を設定することもできますし、ユーザーへの入力の要求を停止する前にアプリケーションから通知される終了メッセージを指定することもできます。

AWS Lambda との統合

Amazon Lex では AWS Lambda との統合がネイティブでサポートされており、データ取得、更新、およびビジネスロジックの実行に活用できます。サーバーレスのコンピューティング性能を生かして、ボットの開発に注力しながら、大規模なビジネスロジックを簡単に実行できます。Lambda からは、AWS のさまざまなサービスを利用して、例えば Amazon DynamoDB で会話の状態を維持したり、Amazon SNS でエンドユーザーに通知を行ったりすることができます。

エンタープライズシステムへの接続

AWS Lambda を使用して、既存のエンタープライズアプリケーションやエンタープライズデータベースと簡単に統合することもできます。統合用のコードを記述するだけで、必要な場合に AWS Lambda からコードが自動的に実行され、外部システムとの間でデータの送信や取得を行えるようになります。また、Amazon Lex には、Salesforce、Microsoft Dynamics、Marketo、Zendesk、QuickBooks、Hubspot などの一般的な SaaS アプリケーション向けの組み込みコネクタも用意されています。

複数のプラットフォームへの 1-Click デプロイ

Amazon Lex を使用すると、ボットを Amazon Lex コンソールから直接チャットサービスに簡単にパブリッシュできるため、マルチプラットフォーム開発に必要な労力を削減できます。リッチフォーマット機能により、Facebook Messenger、Slack、Twilio SMS などのチャットプラットフォーム用にカスタマイズされた直感的な操作感が実現します。Amazon Lex は AWS Mobile Hub とも統合されているため、Amazon Lex チャットボットを利用するモバイルアプリケーションを簡単に構築できます。

強力なライフサイクル管理機能

Amazon Lex を使用すると、作成するインテント、スロットタイプ、ボットにバージョニングを適用できます。バージョニングを使用すると、ロールバックメカニズムの実装などにより、複数の開発者が作業する環境でテストやデプロイを行う際に、コードを簡単に維持管理できます。Amazon Lex の各ボットに複数のエイリアスを作成し、それぞれに異なるバージョン ("本番"、"開発"、"テスト" など) を関連付けることができます。これにより、ボットに対して継続的に改善や変更を行い、新しいバージョンとしてリリースして、参照されているエイリアスをその新しいバージョンに関連付けることができます。新しいバージョンのボットがデプロイされるたびに、すべてのクライアントで変更を行う必要はありません。バージョニングとエイリアスを一緒に使用すると、簡単にボットを構築し、ライフサイクル全体で管理できます。

連続したインテント

インテントは、自然言語によるユーザー入力に応答してアクションを実行します。Amazon Lex では、エンドユーザーの入力に基づいて、1 つの意図から別の意図に動的に制御を転送できます。これにより、複雑な会話を小さいコンポーネントに分割して、単純化できます。例えば、旅行ボットでは、ユーザーがフライトを予約した後に、ホテルやタクシーも予約するかどうかを続けて質問するようボットを構築できます。ユーザーの応答によって、追加の予約が行われるか、追加の予約がすべて拒否されるか、いずれかの結果になります。Amazon Lex では、このフローを適切に処理します。

8 kHz テレフォニーオーディオのサポート

Amazon Lex 音声認識エンジンは、テレフォニーオーディオ (サンプリングレート 8 kHz) で訓練されており、テレフォニーのユースケースにおける音声認識精度が向上しています。Amazon Lex を使用して会話ボットを構築すると、8 kHz のサポートにより、コンタクトセンターアプリケーションやヘルプデスクなどの電話による音声対話の忠実度が向上します。Amazon Lex は、Amazon Connect とネイティブに統合されており、開発者は電話による顧客の問い合わせを処理できる音声ベースの会話ボットを構築できます。API を使用して、あらゆるコールセンターアプリケーションに Amazon Lex を統合できます。

Amazon Lex 料金の詳細

料金ページにアクセスする
始める準備はできましたか?
サインアップ
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ
ページの内容
仕組み 主な特徴