概要

AWS は、OpenStreetMap (OSM)、オープンデータプロジェクト、および他のオープンデータソースから構築されたグローバルベースマップへのアクセスをお客様に提供します。マップスタイルは、物流と配送、ウェブおよびモバイル環境でのデータの視覚化など、さまざまなアプリケーションやユースケースをサポートするように専門的に設計されています。OSM コミュニティは、100 万人を超えるマップ作成者を擁しており、1 日あたり 500,000 を超える機能を更新しています。Open Data Maps は現在プレビュー中です。

メリット

Amazon Location Service は OSM データを定期的に更新するため、AWS のお客様は継続的に改善されている OSM データの質の恩恵を受けて、最新の位置データを使用してアプリケーションを構築できます。AWS のお客様は、Amazon Location Service のセキュリティ、信頼性、パフォーマンスを利用して、地理空間の専門知識がなくても OSM ベースのアプリケーションを大規模に構築できます。

機能

Open Data Maps (プレビュー)* は、OpenStreetMap などのプロジェクトに対してグローバルなコントリビューターが作業した内容を、プロフェッショナルなマップ作成と質、および Daylight マップディストリビューションから提供される一貫性チェックと組み合わせて、魅力的で安定した使いやすいサービスを作成します。 Daylight は、荒らし行為の事例を特定して修正し、より安全な OpenStreetMap データを顧客に提供することに取り組んでいます。Amazon Location Service は Open Data Maps (プレビュー) をサポートしているため、デベロッパーはマップをウェブまたはモバイルアプリケーションにより容易に統合し、その上に情報をオーバーレイできます。

オープンコミュニティプロジェクトである OSM は誰でも編集できるため、AWS のお客様とそのユーザーは、ビジネス、関心、近隣地域に関連するマップ情報を改善できます。AWS はこれらの編集内容を定期的に組み込み、Amazon Location Service を通じて公開する前に精査します。

Esri

Open Data には OpenStreetMap から提供されるデータが含まれています。これは、AWS のサービス条件に従って Open Database License の条件の下で利用可能です。Open Data を使用するにはログインしてください。

*プレビュー中の Open Data Maps の使用は無料ですが、その間に使用する他の AWS のサービスの料金は請求されます。プレビュー期間が終了すると、このページの料金に基づいて、Open Data Maps の使用料金が請求されます。

Open Data が提供する Amazon Location Service のマップスタイル

Standard Light
お客様のさまざまなユースケースやブランディングをサポートするニュートラルな色の汎用マップスタイル。
Esri Light
Amazon Location Service に関するよくある質問を読む
ご質問がありますか?

Amazon Location Service のよくある質問を読む

詳細 
無料のアカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
サインアップして使用を開始する
サインアップして使用を開始する

サインアップまたは AWS マネジメントコンソールにサインインして使用を開始する

サインアップ