• Enterprise Edition
  • 機械学習異常検出
  • Standard Edition
  • 比較
  • Enterprise Edition
  • Enterprise Edition
    大規模なインサイトを配信
    閲覧者のためのオプション

    作成者

    オプション 1: ユーザーあたりの料金
    スタートアップと中小企業での BI のデプロイおよび組み込みに関する予測可能なユーザーごとの料金

    最大
    5 USD
    /ユーザーあたりの月額料金**
    0.30 USD/セッション: 1 セッション = ログインから 30 分間
    **条件が適用されます
    オプション 2: セッションキャパシティーの料金
    ISV と企業での組み込みおよび大規模な BI デプロイに関するセッションベースの料金

    最小
    250 USD
    /月

    500 セッション/月

     

    0.50 USD/超過セッション: 1 セッション = ログインから 30 分間

    利用可能な年間契約オプション

    ユーザーあたり
    インタラクティブなダッシュボードの作成と公開、E メールレポートのセットアップなど

    18 USD

    ユーザーあたりの月額料金
    年間サブスクリプションでの

    ユーザーあたりの月額料金が 24 USD

    ユーザーあたり 10 GB の SPICE 容量
    追加容量 1 GB あたり 0.38 USD
    閲覧者のためのオプション

    オプション 1: ユーザーあたりの料金
    スタートアップと中小企業での BI のデプロイおよび組み込みに関する予測可能なユーザーごとの料金

    最大
    5 USD
    /ユーザーあたりの月額料金**
    0.30 USD/セッション: 1 セッション = ログインから 30 分間
    **条件が適用されます
    オプション 2: セッションキャパシティーの料金
    ISV と企業での組み込みおよび大規模な BI デプロイに関するセッションベースの料金

    最小
    250 USD
    /月

    500 セッション/月

     

    0.50 USD/超過セッション: 1 セッション = ログインから 30 分間

    利用可能な年間契約オプション

    作成者

    ユーザーあたり
    インタラクティブなダッシュボードの作成と公開、E メールレポートのセットアップなど

    18 USD

    ユーザーあたりの月額料金
    年間サブスクリプションでの

    ユーザーあたりの月額料金が 24 USD

    ユーザーあたり 10 GB の SPICE 容量
    追加容量 1 GB あたり 0.38 USD

    年間契約を伴うセッションキャパシティー料金のオプション

    年間セッションキャパシティー 年間契約合計 セッション毎の超過料金
    50,000 20,000 USD 0.40 USD
    200,000 57,600 USD 0.28 USD

    400,000

    96,000 USD

    0.24 USD

    800,000

    162,000 USD

    0.20 USD

    1,600,000

    258,000 USD

    0.16 USD

    3,000,000+

    お問い合わせください

    すべてのキャパシティーは、管理不要のスケーリングを提供: QuickSight は、インフラストラクチャの管理なしでリクエストされたセッション数に自動的にスケーリングします。


    料金の例
    閲覧者 (ユーザーあたりの料金)
    • 50 の閲覧者
    • 500 の閲覧者
    • 5,000 の閲覧者
    • 50 の閲覧者
    • ユーザーごとの料金の場合に、50 の閲覧者にデプロイした場合の月額料金の例。

      閲覧者数 使用頻度* ユーザーあたりの月額料金 月額合計  
      10 1 日 2 回 5 USD 50 USD
      20 週 2 回 2.40 USD 48 USD
      20 月 2 回 0.60 USD 12 USD
      50 110 USD

      *アクセスあたり 30 分のアクティビティ
      50 のすべての閲覧者が週に 4 回 (月に 17 セッション) を超えてアクセスした場合、月額最大料金は 250 USD です。 

    • 500 の閲覧者
    • ユーザーごとの料金の場合に、500 の閲覧者にデプロイした場合の月額料金の例。

      閲覧者数 使用頻度* ユーザーあたりの月額料金 月額合計  
      50 1 日 2 回 5 USD 250 USD
      200 週 2 回 2.40 USD 480 USD
      200 月 2 回 0.60 USD 120 USD
      50 非アクティブ 無料 0 USD
      500 850 USD

      *アクセスあたり 30 分のアクティビティ
      500 のすべての閲覧者が週に 4 回 (月に 17 セッション) を超えてアクセスした場合、月額最大料金は 2,500 USD です。 

    • 5,000 の閲覧者
    • ユーザーごとの料金の場合に、5,000 の閲覧者にデプロイした場合の月額料金の例。

      閲覧者数 使用頻度* ユーザーあたりの月額料金 月額合計  
      500
      1 日 2 回 5 USD 2,500 USD
      1,500
      週 2 回 2.40 USD 3,600 USD
      2,000 月 2 回 0.60 USD 1,200 USD
      1,000
      非アクティブ 無料 0 USD
      5,000 7,300 USD

      *アクセスあたり 30 分のアクティビティ
      5,000 のすべての閲覧者が週に 4 回 (月に 17 セッション) を超えてアクセスした場合、月額最大料金は 25,000 USD です。 


    よくある質問

    QuickSight の "閲覧者" とは誰ですか?

    QuickSight の閲覧者とは、インタラクティブなダッシュボードを利用するユーザーです。閲覧者は、ウェブブラウザまたはモバイルアプリケーションから、組織の任意の認証メカニズム (QuickSight のユーザー名とパスワード、SAML を使用したポータルまたは AD 認証) でサインインし、共有されたダッシュボードの閲覧、データのフィルタリング、詳細情報へのドリルダウン、CSV ファイルでのデータエクスポートを行えます。ただし、閲覧者には SPICE 容量は割り当てられません。

    閲覧者向けセッションまたはダッシュボードのプログラムによるクエリまたは自動クエリには、QuickSight のキャパシティー料金を使用する必要があります。

    閲覧者向けセッションとは何ですか?
    閲覧者向けセッションは、QuickSight の閲覧者がダッシュボードにアクセスし、セッションごとの固定料金に関するデータを使用できる期間のことです。
    閲覧者向けセッションの 1 セッションあたりの時間はどれくらいですか?

    Amazon QuickSight の閲覧者向けセッションは 1 セッションあたり 30 分です。1 セッションにつき 0.30 USD が請求されますが、閲覧者 1 人あたり 5 USD/月の上限が設定されています。

    閲覧者向けセッションはいつ開始され、いつ終了しますか?

    閲覧者向けセッションは、ユーザーがアクション (ログイン、ダッシュボードのローディング、ページの更新、ドリルダウンまたはフィルタリングなど) を開始したときから 30 分間実行されます。ブラウザのウィンドウまたはタブで Amazon QuickSight をバックグラウンドで開いたままにしていても、閲覧者がページでアクションを開始するまではアクティブなセッションにはなりません。

    セッションが 30 分経過すると、閲覧者はログアウトされますか?

    いいえ。閲覧者向けセッションは QuickSight 閲覧者において透過的です。閲覧者向けセッションは 30 分間隔で自動的に更新されますが、アクティビティがない状態が 30 分経過するとタイムアウトになります。閲覧者が QuickSight からログアウトされるのは認証の有効期限が切れた場合のみです。この期限は、採用されている認証スキームによって異なります (QuickSight のみを利用するユーザー、SAML/Open ID Connect または Active Directory のいずれか)。

    閲覧者が QuickSight をバックグラウンドタブのブラウザで開いている場合、料金は発生しますか?

    いいえ。バックグラウンドタブで Amazon QuickSight を開いている場合、使用料金は発生しません。セッションが開始されるのは、QuickSight ウェブアプリケーションで閲覧者による明示的なアクティビティがあった場合のみです。QuickSight がバックグラウンドに移動するか最小化された場合、閲覧者が再度 QuickSight を使用するまで追加セッションは請求されません。

    閲覧者料金の最大月額 5 USD (ユーザーモデルごとに課金される場合) とは?

    暦月の最初の 16 セッションについては、閲覧者はセッションあたり 0.30 USD 請求されます。その月の 17 回目のセッションでは、セッションあたり 0.20 USD 請求されます。それ以降はその月での請求はありません。その月の最初の 17 セッションから発生した 5 USD の請求によって、閲覧者は QuickSight に無制限にアクセスできます。

    QuickSight からメールで来るレポートに対して支払う必要はありますか?

    QuickSight ユーザーで作成者の方は月極のサブスクリプションの一部としてメールでのレポートを無制限に受け取ることができます。閲覧者 (ユーザーごとの料金モデル) は受け取る各メールレポートごとに 0.30 USD (1 閲覧セッション) が課金されますが、閲覧者あたりの最大月額は 5 USD です。メールレポートに対する各 0.30 USD の料金で、ユーザーは歴月内の QuickSight セッションに対してクレジットが得られ、いつでも自身のアカウントにログインするときに使えます。

    閲覧者はその最大月額の 5 USD に達した後もメールレポートに対して課金されますか?

    いいえ。閲覧者 (ユーザーごとの料金モデル) に対するすべての料金は月額 5 USD が限度です。閲覧者あたりの最大月額 5 USD に達した後、メールレポートと対話的ダッシュボードのどちらにも、無制限のアクセスが可能となります。

    セッションキャパシティーの料金

    セッションキャパシティー料金とは何ですか?
    QuickSight セッションキャパシティー料金モデルでは、組み込みまたは BI ユースケースのための大規模なユーザー集団全体で使用するために割引料金でセッションを一括で購入できます。このモデルでは、より多くの使用を約束することでセッションあたりのコストが削減されます。

    キャパシティー料金はいつ使用しますか?

    キャパシティー料金は、QuickSight ダッシュボードで使用量が分散している多くの閲覧者を表示する必要がある場合や、ユーザー数の継続的な増加が予想される状況の場合に役立ちます。どちらの場合も、キャパシティー料金で利用可能なセッション毎の割引料金は時間の経過とともに QuickSight コストを削減できます。セッションキャパシティー料金では、複数のエンドユーザーによる大画面/モニタに表示するためのプログラムによる QuickSight の使用も可能です。

    1 セッションの時間はどれくらいですか?

    Amazon QuickSight の閲覧者向けセッションは 1 セッションあたり 30 分です。各セッションのキャパシティーには、特定のセッション数が含まれており、キャパシティーの期間中に消費された追加のセッションに対する超過料金が後ほど請求されます。

    セッションが 30 分経過すると、エンドユーザーはログアウトされますか?

    いいえ、セッションはエンドユーザーに対して透過的です。セッションは 30 分間隔で更新されますが、アクティビティがない状態が 30 分経過するとタイムアウトになります。組み込みセッションの場合は、ホストアプリケーションがセットアップに基づいてセッションを更新する責任を負います。

    顧客はどこのセッションキャパシティーにサインアップできますか?

    顧客 (アカウント管理者) は、QuickSight 製品アカウントのセッションキャパシティーにサインアップできます。管理者が製品にログインし、ユーザープロファイル (製品の右上) の下にある [Manage QuickSight] (QuickSight の管理) をクリックすると、管理者セクションに移動します。この中で、左側のメニューの「購読」をクリックすると、閲覧者と著者の購読に移動します。[Readers subscription] (閲覧者購読) の下に、現在のプラン (ユーザーごとの支払い) と、月間または年間セッションキャパシティーにサインアップするオプションが表示されます。

    超過セッションとは何ですか?

    超過セッションは、セッションキャパシティーに含まれる契約セッションを超えて使用される閲覧者セッションです。例: 月間セッションキャパシティーでは、500 セッションが月額料金に含まれています。500 セッションを超える閲覧者セッションは超過セッションとなり、顧客は超過 USD/セッションに相当する金額を支払います。

    顧客の支払い額はどのように決まりますか?

    月間セッションキャパシティー: 顧客には、月末に毎月 250 USD の料金が、超過セッションについては 0.50 USD/超過セッションが請求されます。月額プランは、暦月から暦月まで適用されます。顧客は月の半ばに月間セッションキャパシティーにサインアップすることができます。その場合、日割りの月額料金でセッション数が日割り計算されます。(たとえば、顧客が 11 月 16 日に月額プランにサインアップした場合、その月の月額料金は、125 USD で 250 セッションを利用できます)。

    年間セッションキャパシティー: 顧客は、使用量に基づいて月末に支払いを行います。年間セッションキャパシティーはいつでも購読でき、購読以降 1 年間適用されます。顧客が 800,000 セッションのキャパシティーにサインアップした場合、年間契約は 162,000 USD で、超過セッションの料金は 0.20 USD/セッションになります。毎月、使用したセッションに基づいて請求が行われます。月末に使用した累積セッションが 800,000 を超える場合、その月の使用分で 800,000 を超えるセッションに対して、顧客は 0.20 USD/セッション (超過料金) を支払います。契約終了時に、顧客が契約した 800,000 セッションをすべて使用していない場合、未使用のセッションに対しては 1 回限りの料金が請求されます。

    顧客は、あるセッションキャパシティーから別のセッションキャパシティーにアップグレードできますか?

    はい、お客様はいつでもセッションキャパシティーにアップグレードできます。月間セッションキャパシティーから年間セッションキャパシティーに、および年間セッションキャパシティーからより高い年間セッションキャパシティーにアップグレードすることができます。管理セクションの「購読」セクションにある QuickSight 製品内からこれらの変更を行うことができます。

    顧客はセッションキャパシティーの料金設定からユーザーごとの支払いに切り替えることができますか?

    顧客は、月間セッションキャパシティーの料金から閲覧者ごとの支払いに切り替えることができます。料金の切り替えは翌月の初めに有効になります。管理セクションの「購読」セクションにある QuickSight 製品内からこれらの変更を行うことができます。


  • 機械学習異常検出
  • ML による異常検出
    数百万のメトリクスで ML を利用した異常検出を継続的に実行して、データの隠れた傾向と異常値を検出します。
    すべての Enterprise Edition のお客様にご利用いただけます。

    ML による異常検出は、最初の 2 か月間、1 か月あたり最大処理 500,000 メトリクスまで無料でお試しいただけます。

    ボリュームベースの階層 1,000 メトリクスあたりの金額 (USD)/月
    最初の 1,000,000 メトリクス 0.50 USD
    次の 9,000,000 メトリクス 0.25 USD
    次の 9,000,000 メトリクス 0.10 USD
    100,000,001 メトリクス以上 0.05 USD

    料金の例:

    毎日 20 の各リージョンで提供している 1,000 製品の注文に関する異常を継続的に分析したいとします。指定した月に処理されるメトリクスの合計数は、次のように計算されます。

    1,000 製品 + 20 リージョン + (1000 製品 * 20 リージョン) = 21,020 メトリクス。

    21,020 メトリクス * 30 日 (1 か月) = 630,600 メトリクス (1 か月当たりの処理量)。

    630,600 メトリクス / 1,000 * 0.50 (1,000 メトリクス当たり) = 315.3 USD (1 か月当たり)。

    ここでは、20 のリージョンにまたがる 1,000 製品とその組み合わせの注文を上位 10 社別に分類していきます。指定した月に処理されるメトリクスの合計数は、次のように計算されます。

    1,000 製品 + 20 リージョン + 10 社 + (1,000 製品 * 20 リージョン) + (1,000 製品 * 20 リージョン * 10 社) = 221,030 メトリクス。

    2,630,600 メトリクス * 30 日 (1 か月) = 6,600,000 メトリクス (1 か月当たりの処理量)。

    次の表の月額料金は、ボリュームベースの階層別に計算されています。

    従量制割引

    (処理されるメトリクス単位)

    1,000 メトリクスあたりの金額 (USD) ボリューム階層あたりの使用量
    最初の 10,000 メトリクス 0.50 USD 500 USD
    次の 5,600,000 メトリクス 0.25 USD 1,400 USD
    合計 1,900 USD
  • Standard Edition
  • Standard Edition
    個人データの分析と調査に最適
    作成者
    インタラクティブダッシュボードの作成および公開

    9 USD

    ユーザーあたりの月額料金
    年間サブスクリプションでの

    ユーザーあたりの月額料金が 12 USD

    ユーザーあたり 10 GB の SPICE 容量
    追加容量 1 GB あたり 0.25 USD
  • 比較
  •   Enterprise Edition Standard Edition
    無料トライアル作成者 (60 日間) 4 4
    SPICE 搭載容量 10 GB/ユーザー 10 GB/ユーザー
    閲覧者  
    組み込みダッシュボード  
    組み込みダッシュボードオーサリング  
    スプレッドシート、データベース、データレイク、ビジネスアプリケーションへの接続
    AutoGraph による容易なデータ分析
    インタラクティブなデータアクセス用のダッシュボードの公開
    SAML または OpenID Connect によるシングルサインオン
    ウェブおよびモバイルアクセス
    詳細情報へのドリルダウンおよびフィルターのカスタマイズ
    AWS CloudTrail による監査ログの有効化
    メールレポート  
    プライベート VPC およびオンプレミスのデータへの安全なアクセス  
    行レベルのセキュリティ  
    SPICE データの 1 時間ごとのリフレッシュ  
    保管中のデータの安全な暗号化  
    Active Directory への接続  
    Active Directory グループの使用  
    管理された共有フォルダ  
    カスタマイズされたアクセス許可  
    API 新規!  
    マルチテナントの名前空間 新規!  
    機械学習インサイト 新規!  
    プログラムによるダッシュボード作成用テンプレート 新規!  
    ダッシュボードカスタマイズのテーマ 新規!  
    AWS データソース (S3、Athena など) に対するきめ細かなアクセスコントロール 新規!  
    SPICE データセットごとに 2 億 5,000 万行のデータ 新規!  

    よくある質問

    Standard Edition のアカウントに閲覧者を追加することはできますか?
    いいえ。セッションごとの価格の閲覧者は、Amazon QuickSight Enterprise Edition の機能の 1 つです。Standard Edition のアカウントをお持ちの場合は、QuickSight の管理ページから Enterprise Edition にアップグレードできます。

    Standard Edition を Enterprise Edition にアップグレードすることはできますか?
    はい。QuickSight の管理ページから Standard Edition のアカウントを Enterprise Edition にアップグレードできます。既存の認証情報とユーザーデータは Enterprise Edition にシームレスに移行されます。ユーザーには Enterprise Edition の料金と SPICE 容量が適用されます。

    Enterprise Edition を Standard Edition にダウングレードすることはできますか?
    いいえ。Amazon QuickSight の Enterprise Edition から Standard Edition にダウングレードすることはできません。Amazon QuickSight の Enterprise Edition では、QuickSight の閲覧者権限、プライベート VPC 上のデータソースへの接続、行レベルのセキュリティ、SPICE データの時間単位の更新、AD 接続、AD アカウントのグループベースのアセット管理といった拡張機能を利用できます。機能セットが異なることから、ダウングレードによってデータ接続やセキュリティの障害が発生する可能性があるため、このオプションはサポートされていません。