Amazon QuickSight

最も人気のあるクラウドネイティブのサーバーレスビジネスインテリジェンスサービス

Amazon QuickSight を使用すれば、組織内のすべての人が自然言語で質問したり、インタラクティブなダッシュボードを探索したり、機械学習を利用したパターンや外れ値を自動的に探したりすることで、データを理解できます。

QuickSight は、お客様向けに毎週数百万のダッシュボードビューを提供し、エンドユーザーがより適切なデータ駆動型の意思決定を行えるようにします。

主な特徴

QuickSight Q ですべての対象にビジネスインテリジェンスを有効にする

データについて会話形式の質問をし、Q の機械学習を利用したエンジンを使用して、作成者や管理者から時間のかかるデータを用意することなく、関連する視覚化を受け取ります。 

ML Insights による高度な分析を実行する

AWS 機械学習の専門知識を利用して、データに隠れているインサイトを見つけたり、正確な予測や what-if 分析を実行したり、ダッシュボードにわかりやすい自然言語の説明を追加したりすることができます。

分析を組み込んでアプリケーションを差別化する

インタラクティブな視覚化とダッシュボード、高度なダッシュボードオーサリング、または自然言語クエリ機能をアプリケーションに簡単に組み込んで、ユーザーエクスペリエンスを差別化し、新しい収益化への道を開拓します。

すべての人のために構築する

Online banking businessman using Laptop with credit card Shopping online Fintech and Blockchain concept

組織のエンドユーザーは、自然言語で質問をすると、関連性のある視覚化とともに回答を受け取ることができます。QuickSight Q は、機械学習を使用して質問の意図を解釈し、データを分析して、ビジネスの質問に対する回答を迅速に提供します。

Young happy woman online shopping at home.

ビジネスアナリストは、サーバーレスでピクセル単位の完璧なダッシュボードを数分でシームレスに作成できます。クライアントソフトウェアやサーバーインフラストラクチャを使用せずに、ペタバイト単位の Amazon S3 データに安全に接続し、Amazon Athena を使用してクエリを実行しながら、Amazon QuickSight の数十万人のユーザーと共有できます。

Over the Shoulder Shot of Engineer Working with CAD Software on Desktop Computer, Screen Shows Technical Details and Drawings. In the Background Engineering Facility Specialising on Industrial Design

デベロッパーは、堅牢な AWS API を使用して、アプリ内の数百、数千のユーザーに組み込み分析をデプロイしてスケーリングできます。 ウェブ、モバイル、電子メール、組み込みアプリケーションのいずれであっても、データの視覚化とインサイトを組織内のすべてのユーザーと共有します。

QuickSight がワークロードに自動的にスケーリングするため、管理者は一貫したパフォーマンスを提供できます。QuickSight は、ダウンタイム、バージョン衝突、または従来のビジネスインテリジェンスソリューションで見られる互換性の問題が発生することなく、すべてのユーザーが最新の機能を利用できるように 2 週間ごとに更新を行っています。QuickSight は、セッション単位の料金を提供した最初のビジネスインテリジェンスサービスでもあり、大規模にデプロイすることで費用対効果が高くなります。 

利点

すべてのデータを接続してスケーリングする

  • AWS、サードパーティークラウド、またはオンプレミスのすべてのデータに接続する
  • データ探索を数千人のユーザーに拡張する SPICE インメモリストレージ
  • 複数のソースからのデータを組み合わせて、管理されたデータ共有のための複雑なデータモデルを作成する

カスタマイズ可能なダッシュボードを構築

  • カスタマイズされたユースケース固有のダッシュボード用のピクセルパーフェクトなダッシュボードデザイン
  • エンドユーザー向けにパーソナライズされた電子メールレポートとアラートを配信する
  • QuickSight の iOS、Android、またはモバイルウェブアクセスを使用した外出先でのアクセス

機械学習の統合を利用してインサイトを得る

  • 異常検出により、すべてのデータ異常と変動を継続的に分析する
  • ビジネスメトリクスを予測し、ポイントアンドクリックでインタラクティブな what-if 分析を実行する
  • カスタマイズしてダッシュボードに織り込むことができる自動ナラティブにより、ユーザーのコンテキストをより深く理解できる

すべての対象にセルフサービスビジネスインテリジェンスを有効にする

  • Q を使用すれば、エンドユーザーはビジネスインテリジェンスのトレーニングを受けずに、簡単な質問を通じてデータの詳細を確認できる
  • QuickSight の 100% ウェブベースのオーサリングインターフェイスを使用したデータの簡単な視覚的分析
  • データ駆動型のユーザーエクスペリエンスのためのアプリケーションに QuickSight 機能を組み込む

ネイティブ AWS サービスの統合

  • Amazon Redshift、Snowflake、Exasol への AWS アクセスを安全に行うためのプライベート VPC 接続
    Amazon RDS など
  • きめ細かいアクセスを備えた Amazon S3 および Amazon Athena のネイティブ IAM 許可
    サーバーレスデータ探索の制御
  • Amazon SageMaker の統合により、洗練された機械学習モデルを簡単に統合できる
    複雑なデータパイプラインなし

サーバー管理が不要で、使用量に応じて支払う

  • サーバーレスアーキテクチャは、高可用性を備えた数十万のユーザーに自動スケーリングします。ピーク使用量を過剰にプロビジョンする必要はありません。
  • SPICE インメモリエンジンは自動スケーリングして、エンドユーザーとアナリストに一貫した高速応答時間を提供します。高いワークロードのためにデータベースを拡張する必要はありません。
  • セッション単位の支払いになると、実際の使用量に対してのみ支払うことでコストを最適化できます。大規模なビジネスインテリジェンスまたは組み込み分析のために何千ものエンドユーザーライセンスを購入する必要はありません

組み込みのセキュリティ、ガバナンス、およびコンプライアンス

  • データのエンドツーエンドのデータ暗号化、および SPICE のデータ保存時の暗号化
  • ユーザーまたはグループレベルの制御を API でサポートする行レベルおよび列レベルのセキュリティ
  • HIPAA、HITRUST CSF、GDPR、SOC、PCI、ISO 27001、FedRAMP (高) などに準拠した規制対象ワークロードの迅速なデプロイ

お客様事例

「Amazon QuickSight で、当社の Next Gen Stats アプリケーションとシームレスに統合する、高速でインタラクティブなダッシュボードをすばやく構築できるようになります。安全で使いやすくカスタマイズされたこれらのダッシュボードを、各クラブへと広げていくことができます。サーバーのプロビジョニングやインフラストラクチャの管理も不要で、支払うのは実際に使用した分のみです。当社での Amazon QuickSight の使用範囲は、さらに広がっていくものと期待しています。」

Matt Swensson 氏 

NFL、エマージング製品部門 VP

Rachel Scherer 氏 

Sr.Blackboard、データおよび分析部門ディレクター
「当社はデータや情報との関係性を変えることで、学習者、教師、教育のリーダーたちをサポートする必要があると考えています。この戦略のほとんどが、ユーザーが共同作業、教育、学習を行っている所に直接情報を埋め込むことに関する作業です。私たちは特に、情報に基づいた経験をより直感的にすることに関心があります。つまり、解釈が必要な従来の視覚化よりも、インサイトに基づくワークフローや埋め込まれた散文を重視しているのです。解釈のステップを削除することで、埋め込まれた視覚化により、インサイトはより有用で実用的なものになります。QuickSight で視覚化を迅速に埋め込むという約束が果たせ、グローバルなユーザーコミュニティの支援のために必要な大規模かつ迅速な反復をサポートすることが可能となりました。」

Joseph Landucci 氏 

Best Western Hotels & Resorts、データベースおよびエンタープライズ分析シニアマネージャー
「Amazon QuickSight の従量制の料金設定とサーバーレスアーキテクチャにより、Best Western の分析チームはこれまでの分析アーキテクチャの半分以下のコストで、ビジネスに付加価値を提供することができるようになりました。Amazon QuickSight Q を使用して、当社のビジネスパートナーが運用上のオーバーヘッドを削減しながら、アドホックな質問にセルフサービスで回答できるようになることを期待しています。これにより、パートナーは質問を平易な言語で入力して検索して、ビジネスに関する質問への回答を迅速に得ることができます。」

最新情報

日付
  • 日付
1

現時点で最新情報の記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては、AWS 最新情報をご参照ください。

Amazon QuickSight の特徴
デモを見る

業界およびドメイン固有の例を調べてください。

詳細はこちら 
コンソールから、Amazon QuickSight での構築を開始する
クイックスタートガイドにしたがう

ステップバイステップガイドを今すぐ始めましょう。

ガイドを読む 
POC の使用を開始する

貴社のプロジェクトについてご意見をお聞かせください。

今すぐサインアップ 
QuickSight コミュニティに参加する

QuickSight コミュニティで他の人に質問し、回答し、一緒に学びましょう。

今すぐ参加