Amazon QuickSight

クラウド向けスケーラブルでサーバーレス、組み込み可能な ML ベースの BI サービス

注目

AWS re:Invent 2021 での Amazon QuickSight のすべてに関するガイド

この記事では、AWS re:Invent 2021 の 1 週間を計画するのに役立つ、QuickSight に関連するすべてのセッションとアクティビティの詳細を説明します。 詳細はこちら »

QuickSight を使えば、インタラクティブな BI ダッシュボードを簡単に作成および公開できるだけでなく、自然言語による問い合わせで数秒で回答を得ることができます。QuickSight ダッシュボードには任意のデバイスからアクセスでき、アプリケーション、ポータル、ウェブサイトにシームレスに込み込むことができます。

QuickSight は サーバーレスで、管理するインフラストラクチャや計画する容量がなくても、数万人のユーザーに自動的に拡張できます。また、ユーザーがダッシュボードまたはレポートにアクセスしたときにのみ料金を支払う、セッションごとの料金を提供する初の BI サービスでもあるため、大規模なデプロイにおいてコスト効率が高くなります。

QuickSight Q では、組織内の誰もが自然言語でビジネス上の質問をすることができ、データからインサイトの取得に役立つ関連性のある視覚化とともに正確な答えを受け取ることができます。QuickSight Q は、機械学習を使用して質問の意図を解釈し、適切なデータを分析して、ビジネスの質問に対する正確な回答を迅速に提供します。

Amazon QuickSight の紹介
Amazon QuickSight の概要 (日本語字幕 2:01)

利点

数十人から数万人規模のユーザーにスケーリング可能

Amazon QuickSight にはサーバーレスアーキテクチャがあるため、独自のサーバーをセットアップ、構成、管理する必要がなく、数万人規模のユーザーに自動的に拡張できます。また、複数の BI ユーザーが同じダッシュボードまたはデータセットにアクセスしているピーク時に、遅いダッシュボードを使用する必要がなくなります。さらに、セッションごとの料金設定では、ユーザーがダッシュボードまたはレポートにアクセスしたときにのみ料金が発生するため、多数のユーザーがいるデプロイにおいてコスト効率が改善されます。QuickSight を使用するための初期費用や年間契約はありません。

アプリケーションで組み込み型 BI ダッシュボード

Amazon QuickSight を使って、インタラクティブなダッシュボードをアプリケーション、ウェブサイト、ポータルにすばやく組み込むことができます。QuickSight には、ダッシュボードの外観をアプリケーションに合わせて簡単にカスタマイズできる、豊富な API と SDK のセットがあります。QuickSight では、ダッシュボードのバージョンの管理、ダッシュボードのオーサリング権限の付与、使用状況レポートのエンドカスタマーとの共有が可能です。異なるチームまたは組織に属する顧客がアプリケーションを使用する場合でも、QuickSight ではデータが常にサイロ化され、安全です。

機械学習でより深いインサイトにアクセスする

Amazon QuickSight は AWS の実績のある機械学習 (ML) 機能を活用し、BI チームがデータサイエンスの経験がなくても、高度な分析 (what-if 分析、異常検出、ML ベースの予測、チャーン予測など) が簡単に実行できます。QuickSight の構築済みモデルを使用することも、Amazon SageMaker から独自の機械学習モデルを持ち込むこともできます。Amazon SageMaker は数回のクリックだけで QuickSight と統合できます。さらに QuickSight は ML を使用して、ダッシュボードの要約を平易な言語で自動的に生成します。このため、データからの重要なインサイトを解釈および記述し、誰もが一貫して共有された理解を得ることが可能です。

数秒で回答を得る

QuickSight Q は、機械学習を使用して質問の意図を解釈し、適切なデータを分析して、ビジネスの質問に対する正確な回答を迅速に提供します。また、QuickSight Q は、キーフレーズやビジネス用語のオートコンプリート提案を提供し、スペルチェックや頭字語/同義語の照合を自動的に行うため、ユーザーはタイプミスやデータの正確なビジネス用語を覚えることを心配する必要がありません。QuickSight Q を使えば、ビジネスインテリジェンス (BI) チームは、新しいビジネスの疑問が生じるたびに、複数のレポートやダッシュボードを更新するという時間のかかるプロセスを行う必要がなくなります。 

組み込み分析

ダッシュボードの表示と作成の機能どちらも、アプリケーション内にシームレスに組み込まれます。

embedding_1

組み込み分析

ダッシュボードの表示と作成の機能どちらも、アプリケーション内にシームレスに組み込まれます。

embedding_1

ML Insights

ビジネスのメトリクスをわかりやすい言葉で要約する、あるいは機械学習を使用すれば、データサイエンスの経験がなくても、異常検出や予測などの結果を予測できます。

Website_Insights

ML Insights

ビジネスのメトリクスをわかりやすい言葉で要約する、あるいは機械学習を使用すれば、データサイエンスの経験がなくても、異常検出や予測などの結果を予測できます。

Website_Insights

Amazon QuickSight Q

すべてのデータについて、自然言語を使用して質問し、数秒で回答を受け取ります。

final_ask any data Q (1)

Amazon QuickSight Q

すべてのデータについて、自然言語を使用して質問し、数秒で回答を受け取ります。

final_ask any data Q (1)

仕組み

Amazon QuickSight の動作原理

ユースケース

  • オペレーショナルデータベース (Amazon RDS など)
  • データウェアハウス (Amazon Redshift など)
  • データレイク (Amazon S3 など)
  • オペレーショナルデータベース (Amazon RDS など)
  • QuickSight をオペレーショナルデータベース (Amazon RDS など) のデータに接続する

    Amazon Quicksight によるインタラクティブなダッシュボードの提供
  • データウェアハウス (Amazon Redshift など)
  • QuickSight をデータウェアハウス (Amazon RedShift など) に接続する

    Amazon Quicksight の ML Insights を使用して隠れたトレンドや異常値を発見する
  • データレイク (Amazon S3 など)
  • QuickSight をデータレイク (Amazon S3 など) に接続する

    Amazon Quicksight ユーザーに E メールでレポートを配信する

お客様事例

nfl-league-logo

Matt Swensson 氏 

Emerging Products 部門 VP
「Amazon QuickSight で、当社の Next Gen Stats アプリケーションとシームレスに統合する、高速でインタラクティブなダッシュボードをすばやく構築できるようになります。安全で使いやすくカスタマイズされたこれらのダッシュボードを、各クラブへと広げていくことができます。サーバーのプロビジョニングやインフラストラクチャの管理も不要で、支払うのは実際に使用した分のみです。当社での Amazon QuickSight の使用範囲は、さらに広がっていくものと期待しています。」
Blackboard_Customer-Reference_Logo

Rachel Scherer 氏 

Sr.Director of Data & Analytics
「当社はデータや情報との関係性を変えることで、学習者、教師、教育のリーダーたちをサポートする必要があると考えています。この戦略のほとんどが、ユーザーが共同作業、教育、学習を行っている所に直接情報を埋め込むことに関する作業です。私たちは特に、情報に基づいた経験をより直感的にすることに関心があります。つまり、解釈が必要な従来の視覚化よりも、インサイトに基づくワークフローや埋め込まれた散文を重視しているのです。解釈のステップを削除することで、埋め込まれた視覚化により、インサイトはより有用で実用的なものになります。QuickSight で視覚化を迅速に埋め込むという約束が果たせ、グローバルなユーザーコミュニティの支援のために必要な大規模かつ迅速な反復をサポートすることが可能となりました。」  
best-western-hotels-resorts-vector-logo

Joseph Landucci 氏 

Senior Manager、Database and Enterprise Analytics
「Amazon QuickSight の従量制の料金設定とサーバーレスアーキテクチャにより、Best Western の分析チームはこれまでの分析アーキテクチャの半分以下のコストで、ビジネスに付加価値を提供することができるようになりました。Amazon QuickSight Q を使用して、当社のビジネスパートナーが運用上のオーバーヘッドを削減しながら、アドホックな質問にセルフサービスで回答できるようになることを期待しています。これにより、パートナーは質問を平易な言語で入力して検索して、ビジネスに関する質問への回答を迅速に得ることができます。」
panasonic_logo_250x169

Anand Desikan 氏 

クラウドとデータサービスのディレクター
「Amazon QuickSight を使用して、機内 Wi-Fi のパフォーマンスのレポーティングを開始ました。豊富な API やセッションごとの料金設定、拡張機能により、Amazon QuickSight ダッシュボードを数百人のユーザーに迅速に展開しました。絶え間なく進化しているこのプラットフォームに驚きを隠せません。Amazon QuickSight Q では、ユーザーは検索バーにビジネスの質問を入力するだけでインサイトを得ることができます。Q はビジネスのコンテキストを解釈し、同義語を提供して、複雑な解釈をする必要なく回答を表示してくれます。」
Siemens

Massimilliano Ponticelli 氏

製品マネージャー
「セッション単位の料金を採用した QuickSight のダッシュボードで、インタラクティブなデータへのアクセスの安全性、速度、コスト効率の改善を実現できます。QuickSight はクラウドベースのソリューションであるため、ニーズに合わせて自動的にスケールします。PrivateLink 経由でプライベートの Virtual Private Cloud (VPC) からデータに接続し、SAML でユーザーを認証する機能と組み合わせることで、データのドリルダウンや豊富な視覚効果を使用したダッシュボードを簡単に作成できますし、多くの利用者に読み込み専用アクセスを提供できます。また、インフラストラクチャの管理は不要で、使用量に基づく料金体系ですから、QuickSight を選択しない理由はありません。」
Volvo-logo logo_new_200x100

Anders Rahm-Nilzon 氏

クラウドマネージャー
「Amazon Athena とネイティブに統合している Amazon QuickSight は、サーバーレス分析ソリューションとして理想的です。QuickSight で、インタラクティブなダッシュボードへのアクセスをチーム全体に簡単に拡大しながら、支払いは実際に使用した分のみに抑えられます。E メールでの静的レポートやアドホック分析から、いつでも利用可能な QuickSight のデータに移行することには、大きな意味がありました。」 
Rio Tinto logo_new_200x100

Anthony Deakin 氏

Critical Risk Management
「Rio Tinto では安全性が何より重要です。当社では、利用可能な最も優れたデータに基づいて意思決定できるようにしたいと考えています。当社のアナリストは Amazon QuickSight を利用することで、クリティカルなリスク管理プログラム向けに洞察に富んだダッシュボードをすばやく作成できるので、固定されたスプレッドシートからインタラクティブなデータへと移行することができました。ただ、そのようなダッシュボードを現場で大規模に展開するのは、コストのかかる面倒な作業になると思いました。もっと優れたソリューションがないか AWS に相談したところ、それに応じてくれました。QuickSight への「読み込み」アクセス機能と使用量に基づく料金体系によって、ダッシュボードを世界中のエンドユーザーにスケールしつつ、支払いは使用した分のみに抑えることができます。」
xVyaire_Logo_color,P406x.png.pagespeed.ic.324Mf6aHrG

Gopal Ramamurthi

Sr.Director Analytics & Enterprise Data Management
「2 か月足らずで、古い BI レポートツールを Amazon QuickSight にピボットすることができました。特に BI ユーザー数の増加に対処しようとツールを拡張する際に、管理のしやすさの点で多くメリットを享受しました。Amazon QuickSight Q のリリースに伴い、ELT、フィールドのセールスユーザー、製造工場の管理者がこれを簡単に利用し、平易な英語でデータの質問をして、プロセスをより効率化する迅速なインサイトを提供できるようになることを期待しています。」
Capital-One_Logo_innovators

Peter Tyson 氏 

シニアデータエンジニア
Amazon QuickSight で、サーバーのセットアップや容量計画を行わなくても、ML を利用した新しい BI ダッシュボードを大規模に迅速にロールアウトできるようになりました。現在、Amazon QuickSight Q のリリースにより、ユーザーがアドホックなビジネスの質問にすばやく簡単に回答得られるようになることを期待しています。」
Amazon QuickSight の特徴
製品の機能を見る

Amazon QuickSight の詳細について説明します。

詳細 
ニュースレターにサインアップ
ニュースレターにサインアップ

新機能、ヒント、ハウツーについて知る

サインアップ 
コンソールから、Amazon QuickSight での構築を開始する
コンソールで使用を開始する

Amazon QuickSight で構築を開始

サインイン