Redshift を簡単に試せる 2 つの方法

  1. AWS アカウントが必要: ご利用開始にあたってのチュートリアルに従って、無料トライアルを使用して数分間で最初のクラスターをプロビジョニングしてサンプルデータをロードし、クエリを実行してください。
  2. AWS アカウントは不要: このハンズオンラボシリーズで実際的な練習ができます。
 
始める前に、パブリックデータセットを使って構築した インタラクティブなダッシュボードを介して Amazon Redshift を体験することもできます。 

学習リソース

  1. Amazon Redshift システム概要で概念的な紹介をお読みください。
  2. ご自身のデータをロード、分析してください。データベース開発ガイドのテーブルの設計データのロードクエリの設計をご覧ください。
  3. 業界標準の ODBC と JDBC 接続を使用した SQL クライアントでデータを分析します。詳細は管理ガイドのクラスターに接続をご覧ください。
  4. Redshift Spectrum を使用して Amazon S3 に保存されているデータのクエリをデータを移動せずに実行する方法を学習してください。Redshift Spectrum の開始方法チュートリアルをご覧ください。
  5. ビジネスインテリジェンス (BI) およびデータ統合 (ETL) ベンダーをご覧ください。ここで紹介するベンダーのソリューションはいずれも、Amazon Redshift とともに使用できることが認定済みです。
  6. クラスルームトレーニングに参加して専門家になるトレーニングを受けてください。

PoC (概念実証) が必要ですか?

Amazon Redshift で PoC (概念実証) ソリューションを構築する場合、Amazon Redshift の PoC (概念実証) の構築を参照することを推奨します。PoC (概念実証) についてのサポートが必要な場合は、こちらをクリックしてください。

ソリューションのデプロイを準備する

ステップバイステップガイドで Amazon Redshift をベースとする完全なソリューションをデプロイ 

入門プロジェクト | 60 分

データウェアハウスをデプロイ


このプロジェクトでは、Amazon Redshift データウェアハウスを作成および設定し、クラスターを設定および保護し、サンプルデータをロードしてから SQL クライアントを使用して分析します。

開始方法 

すべての AWS 入門プロジェクトを表示する

移行プロジェクト | 120 分

Oracle から Redshift に移行する


最小のダウンタイムで、データウェアハウスのスキーマとコードを変換し、データを移行し、移行後の作業を実行します。

開始方法 
APN パートナーによる顧客対応ソリューション

Tableau、Redshift、Matillion による最新のデータウェアハウス


Amazon Redshift に基づいた最新のエンタープライズデータウェアハウス (EDW) 環境をデプロイする

開始方法 

APN パートナーによるデータおよび分析ソリューションの詳細を見る

コンサルティングを受けて開始する

AWS データおよび分析コンピテンシー取得パートナーは、AWS で実行される最新のデータウェアハウスの価値を迅速に発見するためのコンサルティングサービスを提供します。 すべてのコンサルティングオファーを表示します。

Amazon Redshift の使用を開始する

Amazon Redshift 入門ガイド
入門ガイドを確認する

次の手順でサンプルデータをロードして Amazon Redshift での分析を開始してください。

詳細はこちら 
無料の AWS アカウントにサインアップ
無料のアカウントにサインアップ

AWS 無料利用枠にすぐにアクセスできます。 

サインアップ 
Amazon Redshift ラボ
ラボで実践経験を積んでください

ヒントとテクニックを学んで、Amazon Redshift での経験からできるだけ多くのことを学んでください。

開始方法 

Amazon Redshift リソースに関する詳細

リソースのページにアクセスする
構築を始めましょう。
Amazon Redshift の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ