初めての Amazon Redshift を無料で使用する方法。

  1. ご利用開始にあたってのチュートリアルに従って、数分間で最初のクラスターをプロビジョニングしてサンプルデータをロードし、クエリを実行してください。
  2. 概念的な説明については、Amazon Redshift システムの概要をご覧ください。
  3. この無料のセルフペースラボおよびこのハンズオンラボシリーズから Amazon Redshift の実戦演習を行います。
  4. 独自のデータの検索を開始する準備ができたら、データベース開発者ガイドのテーブルの設計データのロードクエリの設計をご覧ください。
  5. 業界標準の ODBC と JDBC 接続を使用した SQL クライアントでデータを分析します。詳細は管理ガイドのクラスターに接続をご覧ください。
  6. ビジネスインテリジェンス (BI) およびデータ統合 (ETL) ベンダーをご覧ください。ここで紹介するベンダーのソリューションはいずれも、Amazon Redshift とともに使用できることが認定済みです。
  7. インストラクター主導クラスに参加してトレーニングを受けてください。

Amazon Redshift の詳細と初めて使用する方法については、次のリソースをご覧ください。 データウェアハウスの概念実証や評価のサポートをリクエストするには、ここをクリックしてください。

Amazon Redshift を無料でお試しください

無料トライアルを開始
詳細

DC2.Large を 1 か月あたり 750 時間、2 か月間無料でご利用いただけます。トライアルを開始する方法は次のとおりです。

1. AWS アカウントを作成し、Amazon Redshift コンソールにサインインします

2. Amazon Redshift クラスターを起動し、ノードタイプに合わせて DC2.Large を選択します

また、パートナー無料トライアルページで、無料でデータを取り込んでレポートする方法をご覧ください。

Amazon Redshift を無料でお試しください

まずは無料で始める »
またはコンソールにサインイン

DC1.Large を 1 か月あたり 750 時間、2 か月間無料でご利用いただけます。トライアルを開始する方法は次のとおりです。

AWS アカウントを作成し、Amazon Redshift コンソールにサインインします

Amazon Redshift クラスターを起動し、ノードタイプに合わせて DC1.Large を選択します

パートナー無料トライアルを使用して、無料でデータをレポートし、取り込みます。

thumb_intro_series_redshift
8:53
ハンズオンラボ
Amazon Redshift 入門ラボ

このセルフペースラボでは、Amazon Redshift をテスト使用して、実践的な経験を積むことができます。AWS の分野別の専門家によって設計されたこのハンズオントレーニングラボでは、順を追って各手順の説明が行われるため、Amazon Redshift を自信をもって使えるようになり、また、AWS にデータウェアハウスを構築する方法についてより詳細に学ぶことができます。

無料ラボを開始 »

この上級ラボシリーズでは、Amazon Redshift の使用と機能の詳細について掘り下げます。リモート SQL クライアントを使用して、テーブルを作成および設定し、Amazon Redshift に大規模なデータセットをロードする実戦演習を行います。スキーマのバリエーションと圧縮の影響を調べ、データを可視化し、予測分析を実行します。

ラボシリーズを開始 »


Amazon Redshift は、テラバイトあたり年間 1,000 USD で使用できる、ペタバイト規模の高速でシンプルなデータウェアハウスサービスです。このオンラインセミナーでは、Amazon Redshift で列指向技術、最適化されたハードウェア、および超並列処理を使用して、ペタバイトサイズのデータセットで高速のクエリパフォーマンスを実現する方法の概要を示します。AWS マネジメントコンソールで何回かクリックするのみで、あらゆる機能の備わったデータウェアハウスを設定する方法を学習してください。

ここから視聴 »

 

ビッグデータを迅速かつ効率的に分析するには、大規模なデータセットを処理しスケールできるように最適化されたデータウェアハウスが必要です。Amazon Redshift は、高速でペタバイト規模のデータウェアハウスです。お客様は、シンプルかつ費用対効果の高い方法で、従来のデータウェアハウスコストのほんの一部でビッグデータを分析できます。ベストプラクティスのいくつかを実行することで、Amazon Redshift の列指向技術および並列処理機能を活用し、I/O を最小限に抑え、高スループットおよびクエリパフォーマンスを実現できます。このオンラインセミナーでは、データを効率的にロードし、最適なスキーマを設計し、クエリおよびデータベースパフォーマンスを調整する技術について取り上げます。

ここから視聴 »

 

このオンラインセミナーでは、現在、すでに利用しているビジネスインテリジェンスツールを使用して、Amazon Redshift で分析とレポートを実行する方法について学習します。Yahoo と Looker で Amazon Redshift を使用したレポートと分析に関するユースケースおよびベストプラクティスもお聞きいただけます。 

ここから視聴 »