Amazon Redshift の使用を開始するには:

  1. Amazon Redshift システム概要で概念的な紹介をお読みください。
  2. ご利用開始にあたってのチュートリアルに従って、数分間で最初のクラスターをプロビジョニングしてサンプルデータをロードし、クエリを実行してください。
  3. このハンズオンラボシリーズで実際的な練習ができます。
  4. ご自身のデータをロード、分析してください。データベース開発ガイドのテーブルの設計データのロードクエリの設計をご覧ください。
  5. 業界標準の ODBC と JDBC 接続を使用した SQL クライアントでデータを分析します。詳細は管理ガイドのクラスターに接続をご覧ください。
  6. Redshift Spectrum を使用して Amazon S3 に保存されているデータのクエリをデータを移動せずに実行する方法を学習してください。Redshift Spectrum の開始方法チュートリアルをご覧ください。
  7. ビジネスインテリジェンス (BI) およびデータ統合 (ETL) ベンダーをご覧ください。ここで紹介するベンダーのソリューションはいずれも、Amazon Redshift とともに使用できることが認定済みです。
  8. クラスルームトレーニングに参加して専門家になるトレーニングを受けてください。

Amazon Redshift の詳細と初めて使用する方法については、次のリソースをご覧ください。

Amazon Redshift で PoC (概念実証) ソリューションを構築する場合、Building a Proof of Concept for Amazon Redshift を参照することを推奨します。PoC (概念実証) についてのサポートが必要な場合は、こちらをクリックしてください。

Amazon Redshift の使用を開始する

icon1
Amazon Redshift をお使いになると、初めてでも数分でデータウェアハウスが作成できます。
icon2
次の手順でサンプルデータをロードして Amazon Redshift での分析を開始してください。
icon3
ヒントとテクニックを学んで、Amazon Redshift での経験からできるだけ多くのことを学んでください。

ハンズオンラボとクラス

Amazon Redshift


このラボでは Amazon Redshift データウェアハウスサービスの基本的な理解が得られます。クラスターの作成、データのロード、データへのクエリの実行を、手順を追ってデモンストレーションします。。

Amazon Redshift


このラボでは、クラスターの作成、データのロード、クエリの実行、パフォーマンスのモニタリングなど、Amazon RedShift の使い方をデモンストレーションします。注: このラボの一環で、無料の SQL クライアントをダウンロードします。

Amazon Redshift


Amazon S3 から Redshift にデータをロードし、Tableau Desktop を Redshift に接続し、Tableau を用いてダッシュボードを作成します。

Amazon Redshift


このラボでは、Amazon Redshift を使用して、さまざまな方法でデータのロードを実験し、これらの方法を比較します。

Amazon Redshift


このラボでは、テーブルのレイアウトとスキーマの設計を取り扱います。データ圧縮とディストリビューションの様々な方法でテーブルを作成し、どれが最もうまく行くかを分析します。

Amazon Redshift


このコースでは、Amazon Redshift を使用して、クラウドベースのデータウェアハウスソリューションを設計するための概念、戦略、ベストプラクティスについて学習します。

他の 10 分間チュートリアルもご覧ください。

Amazon Redshift リソースに関する詳細

リソースのページにアクセスする
構築を始めましょう。
Amazon Redshift の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ