Snowball Edge クライアント

Snowball Edge クライアントは Snowball Edges のターミナルアプリケーションで、デバイスのロック解除、設定、管理に使用できます。

x86 の命令セットアーキテクチャへの拡張機能、Advanced Encryption Standard New Instructions (AES-NI) に対応する最新の Linux クライアントまたは Mac クライアントの使用をお勧めします。これにより、Snowball Edge デバイスと Mac または Linux ワークステーション間のデータ転送時の暗号化や復号の速度が向上します。

  AWS Snowball Edge クライアント
 
Windows 7 以降 ダウンロード
Mac OS X 10.10 以降
ダウンロード
Linux (Ubuntu バージョン 12 以降および RHEL バージョン 6 以降)
ダウンロード

移行とコンピューティングのためのサービスをいつどのように使用するかを学びます。


aws-snowball-edge-data-migration-edge

このドキュメントは、オンプレミスのデータセンターと AWS クラウドの間の AWS Snowball Edge 一括データ転送に関するベストプラクティスを説明します。このデータ移行ガイドは、Snowball Edge デバイスのみを対象としています。AWS Snowball デバイス向けではありません。


snowball-edge-data-migration

このブログ記事では、Snowball Edge を使用した効率的で費用対効果の高い移行を実現するためにお客様が使用しているベストプラクティスを紹介します。

動画


移行とコンピューティングのためのサービスをいつどのように使用するかを学びます


Amazon CTO の Werner Vogels が、2018 年のニューヨークサミットで Snowball Edge に EC2 インスタンスを紹介している様子をご覧ください。


AWS ではクラウドのセキュリティ確保をどのように考えているかをご紹介します。Snowball Edge の内容は、8:55 および 17:00 から始まります。


Snowball Edge を使用してデータベースを移行するのに必要な手順を説明する、ウォークスルーの動画です。


AWS パートナーの DDBest では、Snowball Edge を使用して Oracle データベースを Amazon Aurora PostgreSQL に移行しています。


re:Invent 2016 で AWS CEO の Andy Jassy が Snowball Edge を紹介していますので、ご覧ください。


re:Invent 2016 セッションをご覧いただき、これらのデバイスを使ってデータを移行したり前処理したりする方法をお聴きください。 

オンラインセミナー


AWS Snow ファミリー、AWS DataSync、CloudEndure などの主要なデータ移行サービスについて学習し、一般的なお客様のユースケースに関するインタラクティブなディスカッションをご覧ください。さまざまなニーズに最適なテクノロジーとその仕組みを学びます。


Lambda などのコンピューティング機能に対する AWS Snowball Edge のサポートが、データ転送の高速化、カスタムアプリケーションの実行、および全体的なストレージコストの削減にどのように役立つかをご覧ください。このコンピューティング機能により、アプリケーションを遠隔地、移動中の車両、または産業用 IoT 環境で実行して、生産性を向上させることができます。

 


AWS を使用して、施設からクラウドに大量のデータを移行できます。AWS Storage Gateway、AWS Snowball と AWS Snowball Edge、または Amazon EFS を含むオンラインまたはオフラインの転送サービスを使って移行を行う方法を学びます。

 

無料トレーニング


この中級 e ラーニングコースの所要時間は約 1.5 時間です。AWS Snowball Edge の一般的なユースケースをカバーして、特定のプロジェクトに適しているかどうかを判断します。セルフペースコースでは、Snowball Edge の物理的機能、セキュリティ機能、ハードウェアリソース機能だけでなく、ユースケースの Snowball Edge デバイスタイプとジョブタイプについても説明します。

今すぐトレーニングを受ける »


この 1 時間 25 分のコースでは、Snowball Edge デバイスが利用できる AWS リージョン、デバイスの受信と使用の時間枠、および Snowball Edge の料金設定の仕組みについて学べます。また、このコースでは、ネットワーキングとインフラストラクチャ、およびデータセット/データ転送アクティビティにお客様が求めることについてもカバーします。

今すぐトレーニングを受ける »


このコースでは、AWS Command Line Interface (AWS CLI) を使用して、デバイスを使ってデータを転送する方法を説明します。このコースでは、Snowball Edge ジョブを完了し、デバイスを AWS に返送する方法についても説明します。




今すぐトレーニングを受ける »

ドキュメント

AWS SNOWBALL EDGE 開発者ガイド

AWS Snowball Edge デバイスの使用方法に関する概要 (ローカルのストレージと処理能力、クラスタリング、Amazon S3 との間でのデータのインポートとエクスポートとその他の機能の説明) が掲載されています。
HTML | PDF

API リファレンス

Snowball デバイスと Snowball Edge デバイスのジョブと発送 API オペレーションのすべてを詳しく説明しています。また、サポートされるウェブサービスプロトコルについてのリクエスト、レスポンス、エラーのサンプルを掲載しています。
HTML | PDF

ブログ記事

現時点でブログ記事は見つかりませんでした。その他のリソースについては AWS ブログを参照してください。

AWS Snowball Edge の料金に関する詳細

料金表ページをご覧ください
構築の準備ができましたか?
AWS Snowball Edge の使用を開始する
ご不明な点がおありですか?
お問い合わせ