お客様事例/消費者向けパッケージ商品 (CPG)

2021 年
会社のロゴ

Coca-Cola Andina は AWS でデータレイクを構築し、分析の生産性を 80% 向上させて、よりデータ駆動型の意思決定を実現しました。

Coca-Cola Andina は、会社自体とその顧客の両方が信頼できるデータに基づいて意思決定を行えるようにし、エコシステム全体の共同成長を促し、競争上の優位性を維持し、会社の収益を増加させることができました。

80%

分析チームの生産性が 80% 向上  

95%

さまざまなビジネス分野のデータの 95% を 1 つのデータレイクに統合

高度な機能を採用

人工知能、機械学習、およびその他の高度な機能を採用

信頼できる、一元化されたデータ

信頼できる一元化されたデータに基づく意思決定が可能に

ビジネス慣行の合理化

収益性の向上

概要

Coca-Cola Andina は、ビジネスの収益を伸ばし、顧客をサポートし、チリ、アルゼンチン、ブラジル、パラグアイの 5,400 万人を超える消費者に最高の体験を保証するというビジョンを持っています。これを達成するために、生産性とサービスの質を向上させる世界クラスのプロセスを開発しています。この課題に立ち向かうために採用されたイニシアチブの 1 つが、アマゾン ウェブ サービス (AWS) でのデータレイクの開発でした。Coca-Cola Andina は、AWS テクノロジーに裏打ちされたストレージ、データベース、コンピューティング、分析機能を採用することで、分析チームの生産性を 80% 向上させました。これにより、会社自体とその顧客の両方が信頼できるデータに基づいて意思決定を行えるようにし、 エコシステム全体の共同成長を促し、競争上の優位性を維持し、会社の収益を増加させることができました。

Coca-Cola 従業員

機会 

Coca-Cola Andina は、南米で The Coca-Cola Company からライセンスを受けた製品を製造および販売しています。同社は 17,500 人の従業員を擁し、チリ、アルゼンチン、ブラジルの一部とパラグアイ全体に拠点を構え、267,000 以上の顧客にサービスを提供し、5,400 万人の消費者に清涼飲料を提供しています。

「Coca-Cola Andina のビジョンは、収益を確保するにとどまらず、私たちが生み出す利益は、現在および将来の世代のために、社会全体に行き渡らなければならないことを理解しています。データレイクや分析などの新しい機能の開発と組み込みを通じて、顧客、消費者、および私たちが事業を展開するコミュニティのために持続可能な成長を達成できると確信しています」と Coca-Cola Andina のエグゼクティブバイスプレジデントである Miguel Angel Peirano 氏は述べています。

Coca-Cola Andina は消費財 (CPG) 企業として、顧客や消費者と直接的な関係を築いています。「私たちの顧客は当社のパートナーです。なぜなら、流通および販売チェーンの基本的な部分となるためです。だからこそ、必要な在庫を持ち、消費者に優れたサービスを提供するために、共に発展していくことを望んでいます」と Coca-Cola Andina の地域 CTO である Luis Valderrama 氏は述べています。

実際、CPG 業界では大量のデータが生成され、多くの場合、互いに切り離された異なるシステムに保存されているため、情報の分析が困難になっています。
Coca-Cola Andina は、SAP を顧客、売上、製品などに関するデータのトランザクションコアとして使用しています。また、RPA システムと B2B ソリューションも備えており、それらを使って顧客と関わることができます。よりパーソナライズされたソーシャルエクスペリエンスを確保するために、同社は CRM やスマートフォンアプリケーション、その他の方法を使用して消費者と対話しています。どちらの場合にも、データという共通の概念があります。

同社はパートナーの手がデータに届くようにし、チームやパートナーがデータに基づいて意思決定できるようにしています。「しかし、さまざまなシステムや従来のデータ ウェアハウスにデータがあると、非常に複雑になります」と Valderrama 氏は言います。

Coca-Cola Andina の課題は、会社、顧客、ロジスティクス、カバレッジ、資産に関するすべての関連情報を 1 つの正確な情報源にまとめて収集することでした。そのため、同社はデータレイクの構築を決定しました。

AWS が選ばれる理由

Coca-Cola Andina は、アクセスが簡単で、データの信頼性が高く、ストレージ、応答、または処理能力に制限がないアーキテクチャを必要としていました。「これは、人工視覚、機械学習、自然言語処理、音声処理、ロボット工学などの認識テクノロジーをビジネスに導入することを可能にするだけでなく、従来の世界とデジタルの世界を統合することを可能にするレイヤーでした」と Valderrama 氏は言います。 

同社は、データレイクのためのすべてのテクノロジーとアーキテクチャのプロバイダーとして、アマゾン ウェブ サービス (AWS) を選択しました。「AWS は、データレイクに対して定義したすべての期待を満たすクラウドソリューションでした」と Valderrama 氏は言います。また、ソリューションを迅速かつ経済的に開発および解体できるようにするために、アーキテクチャには Platform as a Service (PaaS) を含める必要があると述べました。さらに、同社には実践を通じて学習する文化があるため、決定には満足しているとも述べています。

kr_quotemark

データレイクや分析などの新しい機能の開発と組み込みを通じて、顧客、消費者、および私たちが事業を展開するコミュニティのために持続可能な成長を達成できると確信しています」

Miguel Angel Peirano 氏
Coca-Cola Andina のエグゼクティブバイスプレジデント

ソルーション | アーキテクチャとサービス

データレイクは、SAP ERP、CSV ファイル、レガシーデータベースによって生成されるデータの単一ソースになりました。Coca-Cola Andina は、分析および機械学習ツールを使用して、データ入力から活用までの全範囲をカバーする技術アーキテクチャを実装することができました。

データレイクは、Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) を使用して、分析、機械学習、およびその他のアプリケーション用の未加工データを安全に保存します。  また、コンシューマー層には Amazon QuickSightAmazon Athena などのサービス、機械学習には Amazon PersonalizeAmazon SageMaker などの認識テクノロジー、サーバーレスコンピューティングには AWS Lambda、キー値やドキュメントデータベースとして Amazon DynamoDB、必要に応じてデータウェアハウスを作成するための Amazon Redshift などを利用しています。「私たちが AWS で構築したアーキテクチャは、PaaS に基づくデータレイクを備えるという期待を満たしています」と Valderrama 氏は言います。

最適なプロセス、およびこれらのソリューションの最適な使用と統合を確保するために、同社は AWS プロフェッショナルサービスチームのサポートを受けました。「2020 年、Coca-Cola Andina は、AWS プロフェッショナルサービスが共有したデータレイクと分析の知識を組み込むために懸命に取り組み、「データ駆動型の意思決定」を行える企業になるためのツールと機能の生成を管理し、消費者や顧客との経験と関係を改善することに焦点を当て、プロセスの生産性と効率を高めました」と Coca-Cola Andina のデジタルトランスフォーメーションマネージャーである Nicolás Nazario Condado 氏は述べています。 

さらに、全体的なデジタル戦略の一環として、Coca-Cola Andina は、データレイクに加えて AWS でより広範なクラウドインフラストラクチャを実装し、顧客、消費者、および内部プロセスのさまざまな戦略的な業種に対応する他のデジタル製品とソリューションの開発を開始しました。

成果 

Coca-Cola Andina は、ビジネスおよびテクノロジーの世界のパートナーと学際的なチームを編成して知識を組み合わせ、AWS プロフェッショナルサービスによって提供されるトレーニングを受けました。 

新しいクラウド構造と AWS が提供する 300 時間以上のトレーニングにより、Coca-Cola Andina はデータ駆動型の意思決定を行える会社になるために必要な能力を獲得し、ビジネスのさまざまな分野にわたる意思決定の生産性と効率を向上させました。

実際、クラウドインフラストラクチャにより、Coca-Cola Andina は新しい製品とサービスを改善および実装し、260,000 を超える顧客に対してさまざまな価値提案をカスタマイズすることができました。これにより、プロモーションの効率が向上し、在庫不足が解消し、顧客のショッピングエクスペリエンスが向上し、分析チームの生産性が 80% 向上したことで、会社の収益が増加しました。Coca-Cola Andina は、関心のあるさまざまな分野からデータの 95% 以上を取り込むことに成功しました。これにより、わずか数分で優れたレポートを作成し、高度な分析を行えるようになりました。

Coca-Cola Andina は、データレイクが可能にするすべてのリソースと機能を使って、パートナーと顧客がビジネスの戦略的意思決定を行うための信頼できる情報にアクセスできるようにしています。このようにして、同社は従来の世界とデジタルの世界を統合し、チームやパートナーがデータに基づいて意思決定を行えるようにしました。

Coca-Cola Andina は、AWS インフラストラクチャで新しいアプリケーションとソリューションを開発する予定です。これらには、自己管理アプリケーション、動的価格設定戦略、機械学習モデルなどが含まれます。

今後の計画

Coca-Cola Andina は、AWS インフラストラクチャで新しいアプリケーションとソリューションを開発する予定です。これらには、自己管理アプリケーション、動的価格設定戦略、機械学習モデルなどが含まれます。

Coca-Cola Andina について

Coca Cola Andina は、17,500 人を超える従業員を擁するチリの会社で、アルゼンチン、ブラジルとチリの一部、およびパラグアイ全土で The Coca-Cola Company の製品を製造および販売するライセンスを取得しています。ラテンアメリカの大手ボトラーの 1 社であり、世界最大の Coca-Cola ボトラー 7 社のうちの 1 社です。

使用されている AWS のサービス

Amazon Athena

Amazon Athena はインタラクティブなクエリサービスで、Amazon S3 内のデータを標準 SQL を使用して簡単に分析できるようになります。Athena はサーバーレスなので、インフラストラクチャの管理は不要です。実行したクエリに対してのみ料金が発生します。

詳細 »

Amazon Lambda

AWS Lambda はサーバーレスコンピューティングサービスで、サーバーのプロビジョニングや管理、ワークロード対応のクラスタースケーリングロジックの作成、イベント統合の維持、ランタイムの管理を行わずにコードを実行できます。

詳細 »

Amazon SageMaker

Amazon SageMaker は、機械学習専用に構築された幅広い一連の機能をまとめて提供することにより、データサイエンティストとデベロッパーが高品質の機械学習 (ML) モデルを迅速に準備、構築、トレーニング、およびデプロイするのを支援します。

詳細 »

Amazon プロフェッショナルサービス

AWS プロフェッショナルサービス組織は、AWS クラウドを利用する際に、期待するビジネス上の成果を実現するようお客様をサポート可能な専門家からなるグローバルチームです。

詳細 »

AWS を使用した Coca-Cola のイノベーションの取り組みを詳しく見る

Coca-Cola のその他の事例

1

項目が見つかりませんでした 

今すぐ始める

あらゆる業界のさまざまな規模の組織が AWS を活用してビジネスを変革し、日々ミッションを遂行しています。当社のエキスパートにお問い合わせいただき、今すぐ AWS ジャーニーを開始してください。