「Architecting on AWS」では、 AWS サービスおよびAWSのサービスがクラウドソリューションにどのように適合するかについて理解し、AWS クラウドの使用の最適化方法について学習します。アーキテクチャのソリューションは、ビジネスの規模や業界によって異なります。すべてに適合する設計はないため、このコースではいくつかの AWS クラウドの設計パターンについて取り上げており、特定のサービスがクラウド設計全体にどのように適合するかについて学べます。また、ベストプラクティスや実経験に基づくヒントも学習します。

Architecting on AWS コースを受講される前に、AWS Technical Essentials 1、および 2 を受講いただくことを強く推奨いたします。本コース受講レベルに達しているか、こちらの問題を解いて確認できます。

 

本コースを修了すると、次の事ができるようになります。

  • AWS が推奨するアーキテクチャに関する原則とベストプラクティスに基づいて、アーキテクチャ上の決定を行う
  • AWS を使用する場合のセキュリティのベストプラクティスに関する基礎知識を証明する
  • クラウド移行のロードマップと計画を作成する
  • AWS サービスを活用して、サーバーをスケーラブルにする
  • ビジネス継続性の計画を作成し、高可用性を実現する

今すぐ申し込む
AWS提供スケジュール

このコースは次のような方を対象としています。

  • AWSのアーキテクトおよびシステム設計をされる方、またはお客様へご提案される方
  • クラウドインフラストラクチャとリファレンスアーキテクチャの設計を担当する方
  • 分散システムの実務的知識
  • 一般的なネットワーキングの概念の知識
  • 多層アーキテクチャの実務的知識
  • クラウドコンピューティングの概念の知識
  • 「AWS Technical Essentials 1 および 2」を修了または、同等の知識がある方(必須)


  • クラスルームトレーニング
  • ハンズオンラボ
  • グループ演習
  • 3 日間(9:30 - 17:30)

注: コースの概要は、クラスが提供されるリージョンの場所または言語によって若干異なることがあります。

第 1 日

  • AWS の中心的な知識
  • AWS の中心的なサービス
  • 環境を設計する
  • 環境の可用性を向上させる

第 2 日

  • 既存のアプリケーションをインフラストラクチャごと AWS に移行する
  • イベント駆動型スケーリング
  • 自動化
  • 疎結合化
  • 新しい環境の構築

第 3 日

  • 優れた設計のフレームワーク
  • 環境のトラブルシューティングを行う
  • 大規模設計パターンと導入事例

210,000 円(税別)

表示される料金には消費税は含まれません。料金とあわせて別途消費税を請求させていただきます。詳しくはこちら