AWS を使って、スケーラビリティ、耐久性、安全性に優れたデータ保護ソリューションを構築する

まずは無料で始める
セールスにお問い合わせ

AWS でバックアップと復元のソリューションを構築および利用する場合に、AWS のどの製品を使用できるかを、このチャートで確認してください。

すべての製品ドキュメントを見る

 

サービス 機能 ドキュメントのリンク
オブジェクトストレージ
Amazon Simple Storage Service (Amazon S3) Amazon S3 は、データの保存と取り出しのために構築されたオブジェクトストレージサービスです。コスト最適化、アクセスコントロール、コンプライアンスに対応した柔軟性のあるデータ管理方法を実現します。Amazon S3 は、インプレースクエリ機能を備えた唯一のクラウドストレージソリューションであり、保管中のデータに対する分析を直接実行できます。
Amazon Glacier Amazon Glacier は、安全性と耐久性に優れた低コストのクラウドストレージサービスで、データのアーカイブや長期バックアップに最適です。データ量にかかわらず、1 か月あたり 0.004 USD/GB という低料金でデータを保存できます。Amazon Glacier には、数分から数時間まで、アーカイブにアクセスするための 3 つのオプションが設定されています。
ブロックストレージ
Amazon Elastic Block Store (Amazon EBS) Amazon EBS は永続的なブロックストレージボリュームで、Amazon EC2 インスタンスと組み合わせて使用できます。各ボリュームは、コンポーネントに障害が発生した場合でも高い可用性と耐久性を維持できるように、アベイラビリティーゾーン内で自動的にレプリケートされます。Amazon EBS は、数分以内に使用量を増減させることができ、実際にプロビジョニングされる容量のみに対する低価格の料金で利用できます。
ファイルストレージ
Amazon Elastic File System (Amazon EFS) Amazon EFS は、スケーラブルなファイルストレージです。Amazon EFS ファイルシステムを Amazon EC2 インスタンスにマウントすると、標準のファイルシステムインターフェイスを利用できるようになり、Amazon EFS と既存のアプリケーションを統合できます。ワークロードやアプリケーションの共通データソースとして、1 つの Amazon EFS ファイルシステムに複数のインスタンスからアクセスできます。
データ移行
AWS Database Migration Service AWS Database Migration Service を使用すると、データベースを短期間で安全に AWS に移行できます。ソースデータベースは移行中でも引き続き完全に使用できるため、そのデータベースを利用するアプリケーションのダウンタイムは最小限に抑えられます。このサービスは、広く普及しているほとんどの商用データベースとオープンソースデータベースの間のデータ移行に利用できます。
AWS Migration Hub AWS Migration Hub を使用すると、アプリケーション移行の進捗状況を一元的に追跡できます。AWS とパートナーから提供される任意の移行ツールを使用すると、複数のアプリケーションについて、移行状況を把握できます。また、個々のアプリケーションの主要なメトリクスと進捗状況が表示されるため、お客様は最新情報を簡単に確認できます。
AWS Snowball AWS Snowball は、ペタバイト規模の安全なデータ転送サービスです。このサービスを使用すると、ネットワークのコストが高い、転送時間が長い、セキュリティに懸念があるなど、AWS との間の大規模なデータ転送でよく直面する課題を解決できます。Snowball を使うと、高速インターネットと比較して、データ転送コストを 5 分の 1 に抑えることができます。
AWS Snowball Edge AWS Snowball Edge は、100 テラバイト規模の安全なデータ転送デバイスで、オンボードストレージとコンピューティング機能を備えています。AWS との間のデータの移動や、遠隔地またはオフラインの場所にあるローカルワークロードの処理に使用できます。Snowball Edge は、1 つのローカルストレージ層としてクラスター化し、オンプレミスでのデータ処理に使用することができます。
AWS Snowmobile AWS Snowmobile は、エクサバイト規模の安全なデータ転送サービスです。Snowmobile では、セミトレーラートラックが牽引する長さ 14 m の丈夫な輸送コンテナで、1 台あたり 100 PB まで転送できます。Snowmobile を使用すると、ビデオライブラリ、画像リポジトリ、さらにはデータセンター全体の移行など、膨大なボリュームのデータを AWS に移動できます。
AWS Storage Gateway
AWS Storage Gateway は、オンプレミスアプリケーションによる AWS クラウドストレージのシームレスな使用を可能にするハイブリッドストレージサービスです。このサービスでは、一般的なストレージインターフェイスを使ってデータをクラウドに移行できます。ファイルをオブジェクトとして S3 に移動できるだけでなく、ブロックストレージボリュームを EBS に移動することや、テープバックアップを S3 や Glacier に移動することもできます。
インフラストラクチャ
AWS グローバルインフラストラクチャ AWS クラウドインフラストラクチャの中心にあるのは、リージョンとアベイラビリティーゾーン (AZ) です。リージョンは、世界中に配置された、複数の AZ を収容する物理的な場所です。AZ は、1 つまたは複数の独立したデータセンターで構成されます。現在、AWS では世界中の多数の地域で AZ を運用しており、より多くの地域でお客様にご利用いただけるよう拡大する予定です。
AWS セキュリティ & コンプライアンス

AWS ではデータ保護を最優先事項とし、セキュリティのベストプラクティスやさまざまなコンプライアンス基準に従って、グローバルインフラストラクチャを設計および管理しています。また、ガバナンスに重点を置いた、監査に適したサービス機能を提供することで、AWS のお客様がコンプライアンス要件と監査要件を満たすことができるようサポートしています。

AWS 総所有コスト (TCO) 計算ツール AWS では、高額の設備投資の必要性が削減されるため、TCO を削減できます。また、ビジネスで必要な場合のみ、必要なキャパシティーに投資するという従量課金制の料金モデルを利用できます。AWS の TCO 計算ツールを使用すると、AWS を使用する場合に削減できるコストを見積もり、詳細なレポートを作成できます。

AWS ストレージコンピテンシーは業界トップクラスのコンサルティングパートナーとテクノロジーパートナーによって構成されており、AWS 環境でのバックアップ、復元、復旧といったオペレーションなど、さまざまなユースケースにおいて実績のあるテクノロジーと実装機能を提供しています。詳細は、APN ストレージコンピテンシーパートナーAPN バックアップと復旧ソリューションのページをご覧ください。

Cloudberry-600X400-New
600x400_N2W_Logo
600x400_commvault_Logo
CTERA-Logo-600x400

アカウントにサインアップし、バックアップと復元のワークロードのサンプルを今すぐ起動してみてください。

Homepage_v6-01

アカウントには AWS 無料利用枠が適用されるため、AWS のプラットフォーム、製品、サービスを無料で実際に試してみることができます。

Homepage_v6-02

詳しいチュートリアル、動画、ホワイトペーパーなどで、AWS でのバックアップと復元について調べて、試してみることができます。

Homepage_v6-03

準備ができたら、バックアップと復旧のソリューションを短時間で簡単に構築できます。

無料でお試しください