Amazon Web Services ブログ

Jeff Barr

Author: Jeff Barr

Jeff Barr is Chief Evangelist for AWS. He started this blog in 2004 and has been writing posts just about non-stop ever since.

CloudFormation 最新情報 – CLI + サードパーティのリソースサポート + レジストリ

CloudFormation は 2011 年に開始され (AWS CloudFormation – Create Your AWS Stack From a Recipe)、多くの AWS のお客様にとって不可欠なツールになりました。お客様は、テンプレート を一度定義すると、それを使用して AWS リソースを確実にプロビジョニングできるという事実を気に入っています。また、変更セットも頻繁に使用し、変更セットの実行時に行われるアクション (追加、変更、削除) に対する洞察を得るために利用しています。 過去に書いたように、CloudFormation では、一貫性があり、安定していて、均一なモデルを実装するために特別な注意を払っています。これは CloudFormation の重要でありながら見過ごされがちな要素ですが、お客様から高く評価されていると言われています。 それでは、お客様から最も頻繁にある要求のいくつかを見てみましょう。 パフォーマンス – 過去 1 年間、CloudFormation スタックで実行されるオペレーションの数は四半期ごとに 30% 増加しました! 開発チームは、アーキテクチャの改善と低レベルの最適化の組み合わせによって、勢いよく使用量が増えても CloudFormation をより速く、より効率的にするために絶え間なく取り組んできました。過去 2~3 か月間、この作業により、CloudFormation に関連する多くのソフトおよびハードの限界が引き上げられ、作成および更新オペレーションの平均および最大レイテンシーが大幅に低減されました。 カバレッジ – 新しいサービスや新機能を非常に迅速にリリースしていますが、時には CloudFormation がサポートされていない場合もあります。私たちの目標は、可能な限り迅速に新しいサービスと新しい機能をサポートすることであり、私たちは進歩を遂げていると確信しています。また、新しい CloudFormation Coverage Roadmap を開発プロセスへの主要な情報源として使用しており、すでに 43 の問題に対処しています。 拡張性 – CloudFormation を広範囲に使用しているお客様は、AWS […]

Read More

準備進行中 – 新しい AMD 駆動のコンピューティング最適化 EC2 インスタンス (C5a/C5ad)

AWS では、EC2 インスタンスで皆さんにより優れたパワーとより多くの選択肢をお届けすべく準備を進めています。 間もなく、最大 3.3 Ghz の周波数で稼働する、カスタマイズされた第二世代 AMD EPYC 「Rome」プロセッサ搭載の C5a および C5ad インスタンスがローンチされます。これらのコンピューティング最適化インスタンスは、バッチ処理、分散型分析、ウェブアプリケーション、およびその他のコンピューティング集約型ワークロードを実行するために使用できるようになります。M、R、および T ファミリーの既存の AMD 駆動インスタンスと同様に、C5a および C5ad インスタンスは AWS Nitro System 上に構築されており、コストとパフォーマンスに基づいてインスタンスの組み合わせのバランスを取る機会を提供します。 これらのインスタンスは 8 個のサイズに加えてベアメタル型でも利用でき、最大 192 個の vCPU と 384 GiB のメモリを備えています。C5ad インスタンスには最大 7.6 TiB の高速なローカル NVMe ストレージが含まれているため、ビデオエンコーディング、画像処理、およびその他のメディア処理ワークロードに最適です。 ベアメタルインスタンス (c5an.metal および c5adn.metal) は、同等のインスタンスの 2 倍のメモリ量と 2 倍の vCPU 数を提供するため、過去最大で最も強力なコンピューティング最適化インスタンスになります。ベアメタルタイプは、100 Gbps のネットワーク帯域幅にアクセスでき、Elastic Fabric […]

Read More

AWS Data Exchange – データ製品の検索、登録、および使用について

私たちが暮らす世界は、データ集約型、そしてデータ駆動型に依存しています。 どんな種類の組織でも、データの収集、保存、処理、分析を行い、そのデータを使って意思決定プロセスの通知や改善を行っています。AWS Cloud は、こうした活動すべてに適しています。膨大な量のストレージ、あらゆるケールのコンピューティング能力へのアクセス、多くの異なる種類の分析ツールを実現しています。 たいていの組織では、内部でデータを生成したり操作したりするだけでなく、データセットを生成し、それを一般の人々や業界内で共有しています。2008 年に AWS パブリックデータセット (研究者、アナリスト、および開発者のページング) を立ち上げることで、こうした動きを奨励しようと最初の一歩を踏み出しました。この取り組みは Registry of Open Data on AWS (新しくは Registry of Open Data on AWS (RODA)) に発展し、現在 118 件の興味深いデータセットが含まれ、常に追加されています。 新しくなった AWS Data Exchange 本日、弊社は AWS Data Exchange を立ち上げ、次の一歩を踏み出しました。AWS Marketplaceにこれを追加したことで、80 件を超えるデータプロバイダからの 1,000 件を超えるライセンス可能なデータ製品が含まれることになります。金融サービス、ヘルスケア/ライフサイエンス、地理空間、天気、マッピングなどのカテゴリでは、無料と有料のサービスを含むさまざまなカタログがあります。 データサブスクライバーの場合、これらの製品をすばやく見つけて調達し、使用を開始できます。データプロバイダーなら、独自の製品を簡単にパッケージ化し、ライセンス供与と配信が可能です。両者の観点から Data Exchange を見て、いくつか重要な詳細を確認しましょう。 詳細を見る前に、重要な用語をいくつか定義します。 データプロバイダー – 共有する複数のデータ製品を持つ組織。 データサブスクライバー – データプロバイダーのデータ製品の利用を考えている AWS のお客様。 データ製品 – […]

Read More

AWS ブログの 15 年間

私(Jeff Barr: AWSのチーフエバンジェリスト)がこのブログに初めて投稿したのは(Welcome)、ちょうど 15 年前の今日のことになります。そのとき記した紹介の言葉のために、私のキャリアがこれほど新しくて常に変化する世界に入り込むことになるとは全く考えていなかったと言っても、今なら大丈夫でしょう。それから、このブログがどのように存在することになったかについての物語、私が気に入っている投稿のいくつか、執筆してブログに投稿するために実際に行っていることについてお話しするにもよい頃合いに思えます。 始まりのその前 1999 年前後のこと、私は Microsoft の Visual Basic チームの一員でした。XML が産声を上げたばかりで、Dave Winer が RSS について話し始めた頃です。VB6、XML、そして RSS が出会う交差点は私の好奇心を刺激し、私は片手間のプロジェクトとして Headline Viewer という小さなアプリを作り上げました。それをダウンロードできるようにしておいたところ、みんなはそれを気に入り、コンテンツの所有者は自分の RSS を含めてくれるよう私のところに送ってくるようになりました。フィードのリストは独り歩きを始め、みんなはアプリを欲しがると同じほどリストも欲しがりました。私もまた、サーバーのメルトダウンのため初期の自分の実体とでも言うべきものを失った後、その頃について記す 3 番目の個人ブログを始めました。 Aaron Swartz や他のみんなの激励により、私は Headline Viewer に手をかけるのをやめて、2001 年の末頃、フィードを集め、整理し、共有する Syndic8 立ち上げました。余暇を使って約 90,000 行の PHP コードを書きました。50 以上のテーブルを含む、非常に複雑な MySQL サーバーを中心としたものです。私はデータベースのホスティング、スケーリング、セキュリティ、そして管理について学びました。このサイトには、非常に広い範囲のクエリと更新操作をサポートする、XML-RPC ウェブサービスインターフェイスがありました。フィードのコレクションは最初の二、三年のうちに、ほぼ 250,000 のフィードを含むまでに成長しました。 そのときには気づいていなかったのですが、私の初期の XML、RSS、ブログ、ウェブサービスに関する経験は、やがてアマゾンに就職を申し込む時には、私を目立たせるほどのスキルとなっていました。ときには、私たちの趣味や個人的な関心が、ついにはキャリアを変えさせるほどの資産や特殊能力となることもあるのです。 E コマースとウェブサービス このようなことと並行して、私は 2000 年に Microsoft を退職し、当時は新しかったウェブサービスのコンサルティングを始めました。その当時、使われていたほとんどのウェブサービスは、キュートなデモ、株価情報、天気予報、通貨の変換以外の何者でもありませんでした。技術者なら、インターネットを行き交っていた関数コールを見て驚嘆したでしょうが、投資家は肩をすくめて通り過ぎるだけだったでしょう。 […]

Read More

最新情報 – AWS コンピューティングサービスの Savings Plans

私は 10 年前に EC2 リザーブドインスタンスについて初めて投稿しました。 私がその記事を投稿してから、リザーブドインスタンスを使用して AWS リージョン内の特定のインスタンスタイプとオペレーティングシステムの使用をコミットすることで、お客様は数十億 USD を節約しました。 長年にわたり、リザーブドインスタンスモデルを強化して、割引を利用しやすくしました。本サポートに含まれるものは次のとおりです。 リージョンのメリット – この機能強化により、リージョン内のすべてのアベイラビリティーゾーンに RI を適用できるようになりました。 コンバーティブル RI – この機能強化により、オペレーティングシステムまたはインスタンスタイプをいつでも変更できます。 インスタンスサイズの柔軟性 – この機能強化により、特定のインスタンスファミリー内の任意のインスタンスサイズにリージョン RI を適用できるようになりました。 現在のモデルでは、最大 72% の割引が提供されますが、時間の経過とともに変化する使用量を扱う最適な組み合わせを確保するために、RI の購入と交換を調整する必要があります。 新しい Savings Plans 本日、リザーブドインスタンスと同じ割引を提供する新しい柔軟な割引モデルである Savings Plans を提供開始します。これは、1〜3 年の期間にわたって特定の量 (1 時間あたりの USD で測定) のコンピューティングリソースを使用することを約束するものです。 あらゆる種類のコンピューティング使用量には、オンデマンド料金と (より低い) Savings Plan 料金があります。1 時間あたりの特定量のコンピューティング使用量をコミットすると、その量までのすべての使用量を Savings Plan で取り扱い、それ以降はオンデマンド料金で請求されます。 リザーブドインスタンスを所有している場合、Savings Plan は、RI で取り扱っていないオンデマンドの使用に適用されます。RI […]

Read More

只今準備中 – スペインの AWS リージョン

 当社では、1 年未満の間にスウェーデン、香港、バーレーンで AWS リージョンをオープンさせ、現在ではインドネシアのジャカルタ、南アフリカのケープタウン、イタリアのミラノにおけるリージョンのオープンに取り組んでいます。 今度はスペインに 本日は、AWS 欧州 (スペイン) リージョンのオープン準備に入りましたことをお知らせいたします。2022 年後半もしくは 2023 年初頭に、3 つのアベイラビリティーゾーンを備えてオープン予定です。ダブリン、フランクフルト、ロンドン、パリ、ストックホルムで稼働中のリージョン、並びに 2020 年初頭にオープン予定のミラノリージョンに続き、ヨーロッパで 7 番目のリージョンとなります (詳細については AWS グローバルインフラストラクチャのページをご覧ください)。 AWS ではすでに、世界中の 22 のリージョンで 69 のアベイラビリティーゾーンが活用されています。本日の発表により、グローバルリージョン (稼働中および準備中) の合計数は 26 に引き上げられることになりました。 先月スペインにいたのですが、そこで私はマドリードとバルセロナの開発者と会うことができました。彼らのアプリケーションは印象的で多岐にわたるものでした (小売管理、エンターテイメント、オンライン広告の分析、投資の推奨、ソーシャルスコアリングなど)。 中にはクラウドで発生したスタートアップ企業もあり、そのすべての企業が、AWS Lambda や AWS CloudFormation とともに、AWS の各種データベースサービス (Amazon Redshift はよく耳にするかと思います) を全般的に多用していました。国内市場向けとグローバル市場向け、両方が提供されているのですが、どちらにしてもすべてが、この新しいリージョンの恩恵を受けることができるであろうと確信しています。 当社では 2013 年にスペインで AWS Activate をローンチし、これによりスタートアップ企業がガイダンスや AWS のエキスパートによる 1 対 1 […]

Read More

200 拠点めの Amazon CloudFront POP (Points of Presence) + 料金の引き下げ

2 年足らず前に、Amazon CloudFront の 100 番目の POP (Points of Presence) を発表しました。 POP (Points of Presence) の フットプリント全体は、1 年あたり 50% 増えています。2017 年に 100 番目の POP (Points of Presence) を開始して以来、中国、イスラエル、デンマーク、ノルウェー、南アフリカ、UAE、バーレーン、ポルトガル、ベルギーを含む 34 か国の 77 の都市に拡大しました。 CloudFrontは、 Superbowl LIII、木曜夜のフットボール (Prime Video 経由)、 ロイヤルウェディング、 冬季オリンピック、コモンウェルスゲーム、多くのサッカー試合 (2019 FIFA ワールドカップを含む)などを含む注目度の高いライブストリーミングイベントを多く配信するために使用されます。 CloudFront は単独で使用する場合でも、またほかの AWS のサービスと共に使用される場合でも、コンテンツを保護し、基礎のソースを守るために役立つ多くのオプションと共に、コンテンツを配信するための素晴らしい方法です。例: DDoS 保護 – Amazon CloudFront の顧客は、2018 年には 84,289 […]

Read More

今すぐご利用可能 – Amazon Relational Database Service (RDS) on VMware

 昨年、 オンプレミスの仮想化環境に Amazon Relational Database Service (RDS) の多くの利点をもたらすことを目標に、 Amazon RDS on VMware を提供するために取り組んでいることをお伝えしました。これらの利点には、数分で新しいオンプレミスデータベースをプロビジョニングし、バックアップを行い、適時復元する機能が含まれます。データベースエンジンをプロビジョニングしたり管理する必要なく、オンプレミスデータベースの自動管理を行うことができます。 今すぐご利用いただけます 本日、Amazon RDS on VMware は本番稼働に利用でき、今すぐ使用を開始できることをご報告できてうれしく思います。Microsoft SQL Server、PostgreSQL、および MySQL を開始しています。 いくつかの重要な前提条件は次のとおりです。 互換性 – RDS on VMware は、バージョン 6.5 以降で実行される vSphere クラスターで動作します。 接続性 – お使いの vSphere クラスターはインターネットへのアウトバウンド接続が必要で、パブリック AWS エンドポイントへの HTTPS 接続を行うことができなければなりません。 アクセス許可 – RDS on VMware をセットアップするために、クラスターで管理権限 (および照合機能) をもつ必要があります。また、RDS on VMware で使用するための […]

Read More

新規 – Amazon CloudWatch anomaly detection – 異常検出

 Amazon CloudWatch は、「AWS を使用して、高度でスケーラブルで堅牢なウェブアプリケーションをより簡単に構築できるようにする」という願い (当時の私の説明) の一環として、2009 年初めに開始されました。 私たちは長年にわたって CloudWatch の拡張を続けており、現在ではお客様がそれを使用してインフラストラクチャ、システム、アプリケーション、さらにはビジネス指標を監視しています。お客様はカスタムダッシュボードを構築、アラームを設定し、CloudWatch を使用して、アプリケーションのパフォーマンスや信頼性に影響する問題を警告しています。 CloudWatch アラームを使用したことがあれば、アラームのしきい値を設定するにはちょっとしたコツがあることがわかります。トラブルは早期に確実にキャッチしたいですが、間違ったアラームは引き起こしたくありません。成長や規模に対処する必要がありますし、周期的および季節的な動作に対処するために、しきい値を調整および再調整する必要もあります。 異常検出 現在、CloudWatch のアラームをより効果的に使用するのに役立つ新機能で CloudWatch を強化しています。機械学習で強化され、10 年以上の経験に基づいて構築された CloudWatch 異常検出は、12,000 以上の内部モデルにルーツを持っています。手動による設定や実験を回避するのに役立ち、識別可能な傾向またはパターンを持つ任意の標準またはカスタムの CloudWatch メトリクスと組み合わせて使用できます。 異常検出は、選択したメトリクスの履歴値を分析し、毎時、毎日、毎週繰り返される予測可能なパターンを探します。次に、将来の予測を改善し、正常な動作と問題のある動作をより明確に区別するのに役立つ最適なモデルを作成します。必要に応じてモデルを調整および微調整し、同じ CloudWatch メトリクスに対して複数のモデルを使用することもできます。 異常検出の使用 数秒で独自のモデルを作成できます! 24 時間ごとに CPU 使用率が急上昇する EC2 インスタンスがあります。 メトリクスを選択し、[波] アイコンをクリックして、このメトリクスと統計の異常検出を有効にします。 これにより、デフォルト設定でモデルが作成されます。モデルを選択し、ズームインして使用率の急上昇の 1 つを見ると、急上昇が予測帯域に反映されていることがわかります。 このモデルをそのまま使用してメトリクスのアラームを有効化するか、モデルを選択して [モデルの編集] をクリックしてカスタマイズすることができます。 モデルのトレーニングに使用されるデータから特定の時間範囲 (過去または未来) を除外できます。 これは、データが再度発生しない 1 回限りのイベントを反映している場合に有効です。また、データのタイムゾーンを指定することもできます。 これにより、サマータイムの変化に敏感なメトリクスを処理できます。 これを設定した後、異常検出モデルが有効になり、通常どおりアラームを作成するために使用できます。しきい値の種類として異常検出を選択し、異常検出しきい値を使用してバンドの幅を制御します。メトリクスがバンドの外側、バンドより大きい、またはバンドより低いときにアラームを発生させることができます。 残りの手順は、他の種類のアラームを作成するために既に使用している手順と同じです。 知っておくべきこと この新しい […]

Read More

移行が完了– Amazon のコンシューマー向けビジネスが最後の Oracle データベースを停止

Amazon での 17 年間で、私はエンジニアリングチームの同僚が十分に満足することは決してないことを見てきました。彼らは定期的にすべての内部システムを再評価して、それができるだけスケール自在で効率的、パフォーマンスが高く、安全であることを確認しています。彼らが改善の手がかりを見つけると、アーキテクチャや実装を徹底的に最新化するために学んだことを活かし、多くの場合、既存のシステムを取り外し、必要であればゼロから再構築していきます。 今日、皆さまにはこの種の社内データベース移行作業が、数年をかけた作業の後に完了したことをご報告申し上げたいと思います。数年にわたり、私たちは、何千もの従来型の Oracle データベースを管理し、スケールするのに時間をかけすぎていることを認識していました。高価値の差別化のための作業に焦点をあてる代わりに、当社のデータベース管理者 (DBA) は多くの時間を処理速度を上昇させ、マウントされる保存データの全体に焦点をあてるだけのために費やしてきました。これには、複雑で非効率なハードウェアのプロビジョニング、ライセンス管理、また今では最新の管理型データベースサービスを使えば最もうまく扱えるようになっているその他の問題に対応する時間が含まれます。 Amazon のコンシューマー向けビジネスの100 を超えるチームが、移行措置に参加しました。これには、たとえば、Alexa、Amazon Prime、Amazon Prime Video、Amazon Fresh、Kindle、Amazon Music、Audible、Shopbop、Twitch、および Zappos などの良く知られたコンシューマーが直面するブランドやサイトをのみならず、AdTech、Amazon Fulfillment Technology、Consumer Payments、Customer Returns、Catalog Systems、Deliver Experience、Digital Devices、External Payments、Finance、InfoSec、Marketplace、Ordering、および Retail Systems などの社内チームが挙げられます。 移行が完了しました このデータベース移行の処理が完了したことをお伝えできることをうれしく思います。Amazon のコンシューマー向けビジネスは、先ほど最後の Oracle データベースを停止しました (一部のサードパーティのアプリケーションが Oracle に密接にバインドされ、移行されませんでした)。 Amazon DynamoDB、 Amazon Aurora、Amazon Relational Database Service (RDS)、および Amazon Redshift を含む複数の AWS データベースサービスに約 7,500 の Oracle データベースに保存された 75 […]

Read More