Amazon Web Services ブログ

今すぐ利用可能に – Lumberyard Beta 1.7

Lumberyardをローンチしてから1年も経っていないとは信じられません。お客様の反応とLumberyardとのエンゲージメントは私たちの期待を超えており、2017年にはお客様の進展を加速させることができて非常に興奮しています。Cloud Imperiumのような業界で最も野心的な開発者を含むあらゆるタイプのゲーム開発者から、信じられないほどつながっている世界を築いています。今日では、発売以来の最大のリリースで新年を始めることができて嬉しく思っています。 Lumberyard Beta 1.7には、403以上の新機能、改善点、修正点が含まれており、ここからダウンロードできます。 今回のリリースでは好きなことがたくさんあります。Lumberyardを使いやすくし、プロフェッショナルなゲーム開発者がもっと使いやすいようにするために、いくつかのアップデートをお伝えしたいと思います。私たちのチームはアクセシビリティについて考えており、チームの洗練さや品質、チームの規模や構成にかかわらず、私たちの選択肢があなたのビジョンを達成することを決し妨げないようにしたいと考えています。 アクセシビリティを測定する最も重要な方法の1つは、「顧客がどれくらい迅速に資産を取得して再利用できるのか」という問題です。ゲーム開発者にとって最も反復的なタスクの1つは、プロジェクト資産の作成と管理です。アーティスト、デザイナー、ゲームプレイエンジニアにとっては、1日に数百回から数千回の時間がかかるため、アセットを数秒で処理することができれば、チームのスピードに大きな違いが生まれます。加速を達成するための当社の戦略は、LumberyardのAsset Processorと、Lumberyard Beta 1.7を初めて導入したAsset Browserです。資産プロセッサーを使用すると、資産をほぼすぐにエンジンに取り込むことができます。ファイル(MayaやPhotoshopなど)をフォルダに保存するだけで、Asset Processorはそのファイルをソースアートからゲーム用アセットに自動的に処理します。元に戻ってアセットを編集すると、Lumberyardは変更を認識し、バックグラウンドで数秒で自動的に更新します。 1.7での新しいLumberyard Asset Browser Previewを使用すると、エディタ内の使い慣れたビューで使用可能なすべてのアセット(エディタ、Gem、プロジェクトフォルダ内のソースフォルダとファイルを含む)を表示し、シーン内のアセットをドラッグ&ドロップできます。エディタからワンステップでソース資産にアクセスすることができれば、特にプロジェクトで複数の出力を生成できる複雑なソースアセット(たとえば、メッシュとマテリアルの両方を含む単一の.fbxファイル)を使用する場合は、処理速度が大幅に向上します。また、Lumberyard Asset Processorを使用して、資産が変更、削除、または追加されると、新しい資産ブラウザが自動的に更新されます。 Asset Browserの基礎となるAPIはLumberyardバスシステムに公開されているので、独自のプラグインやコントロールを作成している場合は、ファイルサイズ、名前、場所、資産を作成したソース、資産などの豊富な情報にアクセスできます。他のどの資産が同時に生産されたか アクセシビリティについて考えるもう一つの方法は、Lumberyardエディタ自体のレイアウトと情報アーキテクチャです。 Lumberyard Editorには、基本的な編集者や照明ツールなどのさまざまな機能があり、ジャンル固有のツール(道路や川のツールなど)があります。時間の経過とともに自然に成長するフィーチャの量は、効率的に整理されていなければ、学習することが難しくなります。さらに、両方のゲームチームが新しい専門的な役割を創り出し、DCCツールが進化するにつれ、ベストプラクティスは長年にわたって進化しています。このため、Lumberyard Beta 1.7では、最高品質の、最も野心的なゲームを構築するための機能を失うことなく、Lumberyardのアクセシビリティを向上させるために、Editor Editorのコアに加えたいくつかの変更点をご紹介します。デフォルトのエディタレイアウト自体は少し違って見えます: (以前のバージョンのLumberyardをインストールしている場合は、現在のレイアウトを上書きしませんが、[View – Layouts – Component Entity Layout]を選択して新しいレイアウトに切り替えることができます) 上記の内容は、Editor UXの改良の第1段階です。私たちは、社内外の多くのゲーム開発者にインタビューし、新しいコンポーネントエンティティシステムと顧客からのフィードバックを基にしたメインエディタインタフェースの再構成と合理化を開始しました。以前はゲームオブジェクトを作成するために、12種類のオブジェクトタイプの中から選択し、ロールアップバーの複数のレイヤーをナビゲートしてカスタマイズしなければなりませんでした。今では、単純な右クリックで作成できるゲームエンティティの1つのタイプとなりました。エンティティのコンポーネントを編集し、そのエンティティで使用するファイルを選択し、すべてのレベルのエンティティを切り替えるのは、すべてメインウィンドウで行われます。エンティティのネストされたプレハブ(「スライス」)を簡単に作成することもできます。メインウィンドウを右クリックするだけです。 次にUXチームのリストでは、ツールバーとトップメニューを合理化しながら、自分の役割や好みに基づいてレイアウトを深くカスタマイズすることができます。私たちは、顧客からより多くのデータとフィードバックを収集しています。あなたがアイデアを持っているなら、それについて聞きたいのです。フォーラムで、私達がどこに向かうのかのプレビューをご覧ください。 モバイルデベロッパーにとって、「使いやすい」とは、可能な限り短時間でエディターからデバイスにゲームを展開できることを意味します。そのため、ゲームを編集してから再生することができます。 Lumberyard Beta 1.7には、エディタに新しいデプロイメントツールが含まれているため、ワンクリックでエディタからAndroidデバイスにリリース、プロファイル、またはデバッグビルドをわずか数秒で展開できます。以前は、エンジニアはコマンドラインツールのみを使用してモバイルビルドを導入する必要がありました。これで、チームの誰もがAndroidビルドをエディタからデバイスに展開できます。 私たちのチームは、エディタをより使いやすくすることでより速く反復できるようにすることに加えて、マルチプレイヤーゲームをより簡単に作成できるようにするために多くの時間を費やしています。PCとコンソールゲームの上位80%がマルチプレイヤーをフィーチャーし、Twitchでストリーミングされるトップゲームの90%がマルチプレイヤーゲームです。だから、他のエンジンよりもマルチプレイヤーを簡単にするためのシステムとサービスをリリースしても、ゲーム開発者からの肯定的なフィードバックを引き続き得ることは驚くことではありません。この目的のために、私たちのネットワークチームは、コンポーネントエンティティのワークフローと高性能なネットワークレイヤ、GridMateを使用して完全に構築された新しいマルチプレイヤーサンプルをリリースしました。GridMateは効率的な帯域幅使用と低遅延通信を目的として設計されています。 30分以内に、新しいサンプルを起動して実行して、自分のマルチプレイヤーゲームやプロトタイプの出発点として使用できます。サンプルは現在PCをサポートしており、すぐにモバイルプラットフォームとコンソールプラットフォームをサポートするようにサンプルを拡張します。 これらの例は、Lumberyardを世界最高クラスの使いやすいエンジンにするための、我々が継続的に行った変更のサンプルです。それは、我々はちょうど始まっていると言いました。業界の進化に伴い、より多くの人々がプレイし、ファンはさらに高品質のコンテンツを要求しています。私たちはあなたの能力が向上し、最も野心的なビジョンを達成し、ファンの愛するゲームを構築します。エンジニア、アーティスト、ゲームデザイナー、またはまだ発明されていない新しい役割を持つことができます。 Visual Studio 2015のサポート、VRの球面ビデオ再生のサポート、Perforce Helixとの統合、Geppetto文字ツールのUXの改良、オーディオ、照明、複合図形、アニメーションをサポートする新しいコンポーネントエンティティなど、このアップデートにはさらに多くのものがあります。 Twitch ChatPlayとMetastreamのアップデート、最新のAWS 1.0.24 SDKとの統合などが含まれます。 Lumberyard Beta 1.7の新機能の詳細については、こちらのリリースノートを参照してください。 Amazon […]

Read More

Amazon WorkSpaces の更新 – SSD ボリュームとコストオプティマイザ

長い間ブログをお読みいただいているお客様は、私が を非常に気に入ってフルタイムで使用していることをご存知かと思います (詳細については、「Amazon WorkSpace がお気に入りです!」を参照してください)。さまざまなデバイスやウェブブラウザからアクセスできる単一の環境があることにより、作業に集中し、多くの問題を軽減することができます。本日は、SSD ボリュームと WorkSpaces 用の新しいコストオプティマイザについてご紹介します。 新しい SSD ボリューム 本日より、新しく起動されたすべての Amazon WorkSpaces では、ルートボリュームおよびユーザーボリューム用に汎用 SSD ストレージが追加料金なしで使用されます。これらのボリュームにより、マグネティックボリュームよりもパフォーマンスが向上するため、ディスクのレイテンシーの影響を受けるアプリケーションを実行するときに、より高速な起動時間とより良いユーザーエクスペリエンスが得られます。既存の WorkSpaces は、再構築してストレージに SSD ボリュームを使用するようアップグレードすることができます (これにより、システムドライブ (C:) は元の状態にリストアされ、最新の自動スナップショットのコンテンツを使用してデータドライブ (D:) が再作成されます)。システムドライブの既存データはすべて失われます。新しい SSD ボリュームの追加料金はなく、Amazon WorkSpaces が運用されているすべてのリージョンで利用できます (両方の詳細については、WorkSpaces の料金表ページを参照してください)。SSD ストレージの利点を得るため、コンソールから新しい WorkSpaces を起動できます。目的のバンドルを選択し、通常どおり作業を続行します。 WorkSpaces コストオプティマイザ 当社のお客様は、Amazon WorkSpaces を多くの異なる方法で使用しています。単一の組織内でフルタイムで使用するお客様もいれば、移動中や特定のプロジェクトでパートタイムで使用するお客様もいます。WorkSpaces では、お客様のニーズを満たすため、時間別および月別の請求オプションと、必要に応じてそれらを切り替える機能を提供しています。新しい Amazon WorkSpaces コストオプティマイザでは、この柔軟性に基づき、WorkSpaces 使用量データを分析し、結果に基づいて最もコスト効果の高い請求オプションを自動的に適用します。コストオプティマイザは、 テンプレートを通じてデプロイされる AWS ソリューションとして提供されます。このソリューションでは、CloudWatch イベント、CloudWatch ログ、 関数、Amazon S3、AWS Directory Service、WorkSpaces API […]

Read More

AWS Samurai 2016 の発表

2016年は、前年に引き続きクラウドに移行するうえで障壁とされていた規制やコンプライアンスはなくなりつつあり、ますますクラウドの普及が加速した年でした。また、いかに早くITリソースの調達し、アプリケーション開発を俊敏に行うか、実現するためのサービスも多数発表され、メディアでもクラウドの活用事例を多数目にする機会があったかと思います。 今年も、日々クラウドの普及に大きな貢献をしていただいているJAWS-UG (Japan AWS User Group) の中から、AWS Samurai 2016 を発表いたします。AWS Samurai は、2011年12月から続いている制度で、2016年のユーザーコミュニティにおけるさまざまな継続的な活動において、ユーザーコミュニティの成長およびAWSクラウドの普及に大きく貢献または影響を与えた方々を Amazon Web Services (AWS) から認定させていただく制度です。 今年は下記の3名の方々を AWS Samurai として選出いたします。選出されたみなさま、おめでとうございます!  赤塚 誠二 さん(JAWS-UG 山形支部) Facebook 海外にはJAWS-UGと同様、多くのユーザーグループがあります。その中でも、韓国およびシンガポールのユーザーグループとのミートアップなど、JAWS-UGおよび現地のユーザーグループのメンバーが交流する企画を立ち上げ、言語の異なる他地域との橋渡しを積極的に実施しました。また、ユーザーグループの参加メンバーが中心となり企画から実施までを進めるJAWS DAYS 2016の実行委員長としてチームをまとめ、1,000名以上が参加したコミュニティ主導の大型イベントを実現しました。今後もさらに海外との交流を深めていただき、ユーザーグループのメンバー同士の新たな出会いの機会や交流を通じて、AWSクラウドが世界中で広がるような活動につながっていく事を期待しています。  吉田 真吾 さん(JAWS-UG 横浜支部) Facebook 新たなクラウドのアーキテクチャとして注目されているサーバーレスや開発効率を向上させるための関連フレームワークなど、インフラエンジニアやアプリ開発者向けのイベントや各種勉強会をオーガナイザーとして多くの仲間を集め、東京や大阪地域で積極的に企画および実施しました。また、JAWS-UG横浜をリブートし、次世代のコミュニティリーダーの発掘・育成など、ユーザーグループが今後さらに成長する為の施策を進めました。アプリ/ウェブデベロッパーやインフラエンジニアをはじめとした開発・運用に関わるエンジニアの方々にサーバーレスアーキテクチャを知ってもらい、サービスを活用してイノベーションを起こしてもらえるよう、今後もファンや仲間を増やす活動を進めていただきたいと思います。  青木 由佳 さん(JAWS-UG 初心者支部) Facebook 初心者支部の運営をはじめ、JAWS-UGやAWSクラウド初心者に対して、各支部の活動、「学ぶ」ことの楽しさを、イベント、勉強会やSNSで積極的に情報発信しました。本業はマーケティング職ですが、エンジニアと一緒に何かを実現したいという思いの中、JAWS DAYSの運営や登壇し、クラウドの魅力を自分の視点からわかりやすく伝えています。また、JAWS-UG運営のコアメンバーのひとりとして、60を超える支部が実施する勉強会等の予定をとりまとめ、メール通知やイベントカレンダー表示など、活動のみえる化を実現しました。ユーザーコミュニティの活用法やエンジニア以外の方々がJAWS-UGに継続的に参加していただけるよう情報発信を続けていただきたいと思います。   2016年11月に米国ラスベガスで開催された学習型カンファレンス AWS re:Invent 2016 では、大小合わせて50以上もの新機能やサービスが発表されました。年間の発表数は1,000以上あり、2017年もイノベーションのスピードはますます加速していきます。AWSからも多くの情報提供とインパクトのある新機能やサービスを提供させていただき、人と人がつながり学習する場としてのJAWS-UGの成長をサポートしてまいります。   アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社 マーケティング本部 シニアプロダクトマーケティングマネージャー 石橋

Read More

MXNet が Apache に参加します!

Matt Wood の投稿 当社は Alexa から Amazon Go まで Amazon のすべての領域でディープラーニングを広範に使用し、これまで多くのディープラーニングエンジンを試してきました。そして 1 つのエンジンがディープラーニングを実行するための最もスケーラブルで効率的な方法として出現しました。その理由により、Amazon のエンジンとして MXNet が選択されました。MXNet はオープンソースの最新鋭のディープラーニングエンジンであり、これにより開発者は高度なカスタム人工知能システムを構築することができます。 このようなシステムのトレーニングは、そのスケールとパフォーマンスにより、MXNet では著しく高速です。たとえば、よく使用される画像認識ネットワークの Resnet では、MXNet は他のエンジンと比較して 2 倍のスループットを実現し、同等のモデルを半分の時間でトレーニングできます。また、MXNet は数百の GPU にわたって線形に近いスケーリングを示しますが、他のエンジンのパフォーマンスでは、規模に見合った増加は見られません。 Amazon には重要なチームがあり、MXNet コミュニティと連携して、この進化に継続的に取り組んでいます。チームは MXNet に対して Apache Incubator に参加し、Apache Software Foundation のプロセス、財産管理、支援活動、およびコミュニティイベントを活用することを提案しました。幸い、この提案は受け入れられました。Apache MXNet への投資は開始点にあり、当社はコミュニティと連携して既に重要になっているユーティリティを拡大していくことを楽しみにしています。MXNet の使用開始を希望される場合は、AWS Re:Invent で私が行った基調講演をご覧になり、AWS ディープラーニング AMI のインスタンス (またはクラスター全体) を起動してください。これには MXNet と、プリコンパイルされ、すぐに使用できるサンプルコードが含まれています。また、推奨モデリングに関する Leo のプレゼンテーションとチュートリアルもご覧ください。 Twitter で @apachemxnet […]

Read More

AWS でホストされたアプリケーション用のユーザーネットワークから Amazon VPC への接続

AWS では非常に多くのことが起こっており、十分な知識に基づく決定や、計画プロセスの例のまとめ方について支援を求める声が読者の方々からよく寄せられています。本日は、Amazon Marketplace の上級カテゴリーリーダー Jim Carroll が、AWS Marketplace における AWS ネットワーキングサービスとソリューションについて説明します。 -Ana 先月、当社は新しいロンドンの AWS リージョンについて発表しました。この新しいリージョンは当社のグローバルインフラストラクチャを拡大し、コスト効果のあるスケーリングを行い、コンプライアンスおよびデータレジデンシー要件を満たすための、より多くの地理的オプションをパートナーやお客様に提供します。この発表は私の記憶に生々しいものです。というのも、AWS Marketplace の AWS ネットワーキングサービスとソリューションに関してお客様と最近行った会話の中で、お客様はこれを利用して企業ネットワークを AWS クラウドの仮想プライベートネットワークと接続しているというお話を聞いたからです。通常、お客様は、次のいずれかのビジネスニーズまたはその組み合わせをサポートするために、AWS でこのアーキテクチャをデプロイしています。 AWS クラウドにアプリケーションを継続して移行する 離れた支社やリモート接続のために迅速かつコスト効果の高い方法でネットワークをスケールし、アプリケーションを AWS クラウドに移行中のエンドユーザーエクスペリエンスを向上させる コンプライアンスおよびデータレジデンシー要件を満たす 本日は、このようなビジネスニーズを持つお客様が利用できる VPN オプションを概説し、意思決定を簡単に行えるよう支援します。Amazon VPC では、AWS が管理する VPN の設定、AWS Direct Connect でのプライベート回線接続の使用、および VPN 接続のための VPC でのサードパーティーネットワーキングソフトウェアの有効化が可能です。ユーザーがデスクトップまたはモバイルデバイスから直接 AWS にアクセスできるようにする、クライアントからサイトへの VPN を選択することもできます。Steve Morad の 2014 年のホワイトペーパー「Amazon Virtual Private Cloud Connectivity […]

Read More

Amazon ECS におけるコンテナ インスタンス ドレイニングの自動化方法

同僚のMadhuri Periが素晴らしい記事を書いてくれました。AutoScalingグループのクラスタをスケールダウンする際にインスタンスからタスクを事前に削除するために、コンテナ インスタンス ドレイニングを利用する方法です。 —– Amazon ECSクラスタでは、クラスタからインスタンスを削除する必要があるタイミングというのがいくつかあります。例えば、システムを更新するとき、Dockerデーモンを更新するとき、あるいはクラスタのサイズをスケールダウンするときなどです。コンテナ インスタンス ドレイニング機能によって、クラスタ上のタスクに影響を与えることなく、コンテナインスタンスを削除することができます。この機能により、コンテナインスタンスがDRAINING状態である間はそのインスタンスに対して新しいタスクの配置がスケジュールされないようになり、利用可能なリソースがあればサービスがタスクをクラスタ上の他のコンテナインスタンスに移動してくれ、インスタンスを削除する前にタスクの移動が成功したことを待機できるようになります。 コンテナインスタンスの状態は、手動でDRAININGに変更することが可能です。しかしこの記事では、これらのプロセスを自動化するためにAutoScalingグループとAWS Lambdaを利用してコンテナ インスタンス ドレイニングを行う方法を説明します。 Amazon ECS オーバービュー Amazon ECSはコンテナ管理サービスです。クラスタやEC2インスタンスの論理グループ上でDockerコンテナの実行、停止、そして管理を容易にしてくれます。ECSを使ってタスクを実行するとき、タスクはクラスタに配置されます。Amazon ECSは指定されたレジストリからコンテナイメージをダウンロードし、そしてそのイメージをクラスタ内のコンテナインスタンス上で実行します。 コンテナ インスタンス ドレイニングの状態を扱う AutoScalingグループはライフサイクルフックをサポートしています。ライフサイクルフックは、インスタンスの起動や削除の前に独自の処理を完了するために呼び出されます。今回の例では、ライフサイクルフックは、2つの処理を実行するLambdaファンクションを呼び出します。 ECSコンテナインスタンスの状態をDRAININGに変更します。 コンテナインスタンス上にタスクが1つも残っていないことを確認します。もしドレイニング中のタスクがまだ存在する場合は、Lambdaファンクションを再度呼び出すためにSNSにメッセージを送信します。 コンテナインスタンス上で実行中のタスクがなくなるか、あるいはライフサイクルフックのハートビートタイムアウト(サンプルのCloudFormationテンプレートではTTL15分に設定)に達するか、どちらかの状態になるまでLambdaによってステップ2が繰り返されます。その後、制御はオートスケーリングのライフサイクルフックに戻され、そのインスタンスは削除されます。このプロセスを次の図に示します。 試してみましょう! この記事で説明した一連のリソースをセットアップするためにCloudFormationテンプレートを使用します。このCloudFormationテンプレートを使用するには、あなたのアカウントのS3バケットにLambdaデプロイメントパッケージをアップロードする必要があります。このテンプレートは次のリソースを作成します。 VPCと関連するネットワーク要素(サブネット、セキュリティグループ、ルートテーブルなど。) ECSクラスタ、ECSサービス、そしてサンプルのECSタスク定義 削除のライフサイクルフックと2つのEC2インスタンスが設定されたAutoScalingグループ Lambdaファンクション SNSトピック Lambdaを実行するために必要なIAMロール CloudFormationスタックを作成し、インスタンスの終了イベントをトリガーすることによってどのようにこのスタックが機能するのか見ていきます。 Amazon EC2のコンソールにおいて、AutoScalingグループを選択し、CloudFormationによって作成されたAutoScalingグループの名前(CloudFormationテンプレートのリソースのセクションから)を選択します。 操作、編集を選択し、インスタンスの希望の数を “1” に減らすようにサービスを更新します。これによって、2つのインスタンスのどちらか一方で終了プロセスが開始されます。 AutoScalingグループのインスタンスタブを選択します。1つのインスタンスのライフサイクルの状態が “Terminating:Wait” という値を示すはずです。 この状態になると、ライフサイクルフックが発火してSNSにメッセージが送信されます。そして、SNSメッセージトリガーに反応してLambdaファンクションが実行されます。 Lambdaファンクションによって、ECSコンテナインスタンスの状態がDRAININGに変更されます。その後、ECSサービススケジューラによってこのインスタンス上のタスクは停止され、利用可能なインスタンス上でタスクが起動されます。 ECSのコンソールに移動すれば、コンテナインスタンスの状態がDRAININGになっていることを確認できます。 タスクが全て完了すると、AutoScalingグループのアクティビティ履歴でEC2インスタンスの削除を確認できます。 どのように動作しているか 少しLambdaファンクションの内部的な動作を見てみましょう。ファンクションはまず最初に、受け取ったイベントのLifecycleTransitionの値が autoscaling:EC2_INSTANCE_TERMINATING にマッチするかをチェックします。 # もし受け取ったイベントがインスタンス終了中ならば・・・ if ‘LifecycleTransition’ […]

Read More

Amazon クラウドディレクトリ – 階層データ用のクラウドネイティブなディレクトリ

当社のお客様は、これまでディレクトリ (一般的には Active Directory ライトウェイトディレクトリサービスや LDAP ベース) を使って階層別に整理されたデータを管理してきました。しばしば階層として表されるものには、デバイスレジストリ、コースカタログ、ネットワーク設定、ユーザーディレクトリがあり、同じコレクション内のオブジェクト間で複数のタイプの関係を持つ場合もあります。たとえば、ユーザーディレクトリは物理的な場所 (国、都道府県、市町村、建物、フロアー、オフィス) に基づいて 1 つの階層を持ち、プロジェクトや請求コードに基づいて 2 つ目の階層を持ち、管理チェーンに基づいて 3 つ目の階層を持つ場合があります。ただし、従来のディレクトリ技術では、単一のディレクトリ内で複数の関係の使用がサポートされません。これを行う必要がある場合は、追加のディレクトリを作成して管理する必要があります。もう 1 つの重要な課題として、スケールがあります。階層の基本的なオペレーションとして、特定のオブジェクトの親オブジェクトまたは子オブジェクトを見つける必要があります。その階層を使用して大規模なネストした情報のコレクションを表すことができる場合、この基本的なオペレーションは、オブジェクトの数やネストの深さにかかわらず、可能な限り効率的でなければなりません。従来のディレクトリはスケールが困難で、複数の階層を表すために 2 つ以上のディレクトリを使用する場合、苦労が増すばかりです。 新しい Amazon クラウドディレクトリ 本日、Amazon Cloud Directoryをリリースします。このサービスは、上記で説明したような、厳密に型指定された大量の階層データの保存に焦点を絞ったものです。コスト効率を維持しながら数億個のオブジェクトにスケールする機能により、 はあらゆる種類のクラウドおよびモバイルアプリケーションに最適です。 は、 や を含む、他の AWS のサービスで既に利用されている構成要素です。これは AWS 内で非常に重要な役割を果たすため、スケーラビリティ、高可用性、およびセキュリティを考慮して設計されました (データは保管時および伝送中に暗号化されます)。 はマネージド型サービスであるため、ソフトウェアのインストールやパッチ適用、サーバーの管理、ストレージまたはコンピューティングインフラストラクチャのスケーリングについて考える必要がありません。スキーマを定義し、ディレクトリを作成してから、クラウドディレクトリ API を呼び出してディレクトリへの入力を行うだけです。この API は速度とスケールを実現し、効率的なバッチベースの読み書き関数を持つよう設計されています。ディレクトリの長期間使用できる特性に、運用期間中にサポートする必要があるユースケースのスケールや多様性を組み合わせることで、別の課題が明らかになります。経験によれば、静的スキーマはスケールと新しいユースケースによって生じる変更に対応する柔軟性に欠けることがわかっています。この課題に対応し、ディレクトリを将来にも十分対応できるようにするため、 は変更の余地を明確に残したモデルという概念に基づいて作成されています。新しいファセットを追加して、既存のスキーマを拡張します。これは既存のデータをそのまま残す安全なオペレーションであり、既存のアプリケーションは引き続き予期どおり動作します。スキーマとファセットを組み合わせることにより、同じディレクトリ内で複数の階層を表すことができます。たとえば、最初の階層では組織図をミラーリングするとします。後で、各従業員の追加のプロパティ (2 番目の電話番号またはソーシャルネットワークのハンドルなど) を追跡するために別のファセットを追加できます。その後、同じデータ内で地理指向の階層を作成できます (国、都道府県、建物、フロアー、オフィス、従業員など)。説明したように、AWS の他の部分では既に を使用しています。Cognito ユーザープール は を使用してアプリケーション固有のユーザーディレクトリを提供しており、ユーザーのサインアップ、サインイン、および多要素認証をサポートしています。Cognito ユーザープールでは、数億人のユーザーをサポートするようスケールするフルマネージ型のサービスにより、モバイルおよびウェブアプリに簡単かつ安全にサインアップおよびサインイン機能を追加できます。同様に、 は を使用して関連する AWS アカウントグループの作成をサポートし、複数の階層を十分に活用して幅広いポリシーを適用します。詳しい内容を見る前に、 […]

Read More

AWS ホットスタートアップ – 2017 年 1 月

新年の始まりにあたり、再び Tina Barr が優れた多くのスタートアップ企業をさらに紹介します。ぜひご覧ください。 -Ana 本年も引き続き、AWS を利用しているホットなスタートアップ企業を紹介していきます。本日は、3 つの新しいスタートアップ企業を紹介します。 ClassDojo – 教師、児童生徒、親をクラスへとつなぎます。 Nubank – 銀行取引の概念を変える金融サービスのスタートアップ企業。 Ravelin – 機械学習モデルの上に構築された不正検出会社。 昨年の主なスタートアップ企業の紹介をまだお読みになっていない場合は、「1 年を振り返る」をぜひご覧ください。 ClassDojo (サンフランシスコ) 2011 年に Liam Don 氏と Sam Chaudhary 氏によって開始された ClassDojo は、クラス向けの通信プラットフォームです。教師、親、児童生徒は 1 日を通じて、写真、ビデオ、メッセージングを通じた重要な時間を共有するための場所としてこれを使用できます。今日、多くのクラスが万人向けのモデルとして運営されている中、ClassDojo の創設者は教育システムを改善し、世界中の 7 億人の初等教育の対象児童に、最善のコンテンツやサービスを受けさせたいと考えました。Sam と Liam が、クラスにとって何が最も役立つかを教師に質問したところ、多くの教師は、思いやりや寛容さのあるコミュニティが必要と答えました。つまり、クラスにかかわっている全員につながることができるコミュニティです。ClassDojo では、教師は児童生徒やその親と協力して独自のクラス文化を創造することができます。ClassDojo は 5 年で米国およびその他 180 か国の幼稚園から中学校までの 90% に拡大し、そのコンテンツは 35 か国語以上に翻訳されました。最近、ハーバード大学およびスタンフォード大学と共同作成された「Empathy and Growth Mindset」のビデオシリーズにより、さらに多くのクラスに拡大しました。これらのビデオは、米国の 14 歳以下の子どもの 3 […]

Read More

AWS IPv6 の更新 – 15 のリージョンおよび複数の AWS のサービスにまたがるグローバルサポート

過去数年間に、IPv6 のサポートを AWS の多くの異なる部分に追加してきました。最初は 、、、、、、および S3 Transfer Acceleration から開始し、最終的には先月発表した Virtual Private Cloud の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポート (当初は リージョンで利用開始) にまで拡大されました。本日は、VPC の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポートが、合計 15 のリージョンで利用でき、これらのリージョンのうち 9 つで、IPv6 に対する Application Load Balancer のサポートが利用できるようになったことをお知らせします。IPv6 アドレスを使用できるアプリケーションを構築およびデプロイして、サーバー、オブジェクトストレージ、ロードバランサー、およびコンテンツ配信サービスと通信できます。Apple および他のベンダーからの IPv6 サポートの最新のガイドラインに従い、モバイルアプリケーションは、AWS と通信するときに IPv6 アドレスを使用できるようになりました。 IPv6 が 15 リージョンで利用可能に 新しい VPC および既存の VPC の EC2 インスタンスに対する IPv6 のサポートが、、、、、、、、、、、、、、、および リージョンで利用可能になり、今すぐ使用を開始できます。新しい […]

Read More

AWS CodePipeline, AWS CodeBuild, Amazon ECR, AWS CloudFormationを利用したAmazon ECSへの継続的デプロイメント

同僚のJohn PignataがAmazon ECSに対する継続的デプロイメントパイプライン作成方法について素晴らしいブログを書いてくれました。 — 今日のビジネス環境では、新しいソフトウェアの反復を高速で提供することは競合に対するアドバンテージになります。企業がイノベーションを顧客に提供するスピード、変化する市場に適応するスピードは、ますます成功と失敗の違いを生む重要な要素になっています。 AWSは、企業がアプリケーションやサービスを高速に提供する組織の能力を向上させるDevOpsと呼ばれる文化哲学、実践、ツールの組み合わせを企業が採用できるように設計された一連の柔軟なサービスを提供します。 このポストでは、継続的デプロイメントと呼ばれるデプロイの実行方法について説明し、AWS CodePipeline、 AWS CodeBuild、および AWS CloudFormationを使用してAmazon ECS上のDockerコンテナとして提供されるアプリケーションの自動デプロイメントパイプラインを実装するためのリファレンスアーキテクチャの概要を説明します。 継続的デプロイメントとは? 俊敏性は、ITリソースのトラディショナルな提供方法に比べてクラウドコンピューティングが持つ重要な利点としてよく引用されています。他の部門が新しいサーバーをプロビジョニングするのに数週間か数ヶ月待つ代わりに、開発者はシングルクリックやAPIコールで新しいインスタンスを作成することができ、数分で使用開始することができます。この新たな速度と自律性は、開発者が新しい製品や機能を試し、できるだけ早く顧客に提供するこを可能にします。 製品の市場投入期間を短縮し、コードの品質を向上させ、より信頼性の高い製品やサービスのリリースを実現するために、開発チームはクラウド上でDevOpsの実践を採用しています。 継続的デプロイは、新しいソフトウェアリビジョンが自動的にビルドされ、テストされ、パッケージ化され、本番環境にリリースされる、DevOpsの実践です。 継続的デプロイにより、開発者は完全に自動化されたソフトウェアリリースプロセスを通じて機能や修正を出荷できます。開発者は、数週間や数ヶ月にわたる大規模なリリースをバッチ処理し、手動で展開する代わりに、新しいソフトウェアリビジョンが準備され次第、自動化されたプロセスを使用してアプリケーションのバージョンを1日に何回も配信することができます。クラウドコンピューティングがリソースの調達期間を短縮するのと同様に、継続的デプロイは新しいソフトウェアのリリースサイクルを数週間~数ヶ月から数分間に短縮します。 このスピードと敏捷性を活用することには、次のような多くの利点があります。 新機能やバグ修正を迅速にすることができる :  ソースコードリポジトリに置いてあるコードは、ビジネス価値をもたらしたり、顧客に利益をもたらすものではありません。新しいソフトウェアリビジョンをできるだけ早くリリースすることで、顧客はより迅速に利益を享受できるようになり、チームはより集中的なフィードバックを得ることができます。 変更セットが小さくなる : 大きな変更セットは、問題、バグ、およびその他の退化の根本原因を突き止める際に問題を引き起こします。より小さな変更セットを頻繁にリリースすることで、チームは発生した問題をより簡単に特定して修正することができます。 自働デプロイによりベストプラクティが促進される : ソースコードリポジトリにコミットされた変更は即座に自動プロセスによってデプロイすることができるため、チームはその変更が十分にテストされ、運用環境が厳重に監視されていることを確実にする必要があります。 継続的デプロイはどのように動くのか? 継続的デプロイは、ソフトウェアのリリースに関連する活動を調整する自動化されたパイプラインによって実行され、プロセスの可視性を提供します。プロセスの最中に、リリース可能な成果物が構築され、テストされ、パッケージ化され、本番環境にデプロイされます。リリース可能な成果物には、実行可能ファイル、スクリプトファイルのパッケージ、コンテナ、または最終的にプロダクションに配信されなければならないその他のコンポーネントが含まれます。 AWS CodePipelineは、新しいソフトウェアリビジョンができるたびにコードのビルド、テスト、およびデプロイを実行する継続的デプロイおよび継続的デリバリーのサービスです。 CodePipelineは、コード変更の統合、可視化を行い、ワークフローを介して最終的にユーザーの提供します。このパイプラインは、ソースコードリポジトリからのコード取得、ソースコードのビルド、テスト、および本番環境へのデプロイといったステージを定義し、これらのステージが順番に実行されること、障害が発生した場合には停止することを保証します。 CodePipelineはデリバリパイプラインを強化し、プロセスを統合しますが、ソフトウェア自体をビルドまたはテストする機能はありません。このステージでは、CodePipelineは、フルマネージドのビルドサービスであるAWS CodeBuildなど、いくつかのツールと統合されます。 CodeBuildはソースコードをコンパイルし、テストを実行し、デプロイする準備が整ったソフトウェアパッケージを生成します。このサービスは継続的なデプロイパイプラインの構築とテストに最適です。CodeBuildはDockerコンテナのビルドを含む多くの異なる種類のビルド環境をネイティブサポートしています。 コンテナは、予測可能で再現可能な環境を実現し、ある環境でテストされた変更が正常に展開できるという高いレベルの信頼性を提供するため、ソフトウェア提供の強力なメカニズムです。 AWSは、Dockerコンテナイメージを実行・管理するためのいくつかのサービスを提供しています。 Amazon ECSは、非常に高い拡張性とパフォーマンスを持つコンテナ管理サービスで、Amazon EC2インスタンスのクラスタ上でアプリケーションの実行環境を提供します。  Amazon ECRは、フルマネージドのDockerコンテナレジストリで、開発者は簡単にDockerコンテナイメージの格納、管理、およびデプロイが可能です。 最後に、CodePipelineはデプロイメントを容易にするために、AWS Elastic Beanstalk、AWS CodeDeploy、AWS OpsWorksや、AWS LambdaまたはAWS CloudFormationを使用した独自のカスタムデプロイメントコードやデプロイプロセスなど、いくつかのサービスと統合されます。これらのデプロイアクションを使用してパイプラインの最後に新しく構築された変更を本番環境にプッシュすることができます。 Amazon ECSへの継続的デプロイ これらのコンポーネントを組み合わせて、Dockerアプリケーションの継続的なデプロイパイプラインをECSに提供するためのリファレンスアーキテクチャを次に示します。 このアーキテクチャーは、CodePipelineを使用してECSおよびECRにコンテナをデプロイし、AWS上でフルマネージドの継続的デプロイパイプラインを構築する方法を示しています。この継続的デプロイのアプローチは、完全にサーバーレスであり、ソフトウェアの統合、ビルド、およびデプロイにマネージドサービスを使用します。 リファレンスアーキテクチャで作成されたパイプラインは、次のようになります。 このポストでは、このリファレンスアーキテクチャの各ステージについて説明します。開発者がランディングページの原稿を変更し、その変更をソースコードリポジトリにプッシュするとどうなるでしょう? まず、Source ステージでは、ソースコードリポジトリシステムにアクセスするための詳細がパイプラインに設定されます。リファレンスアーキテクチャでは、GitHubリポジトリにホストされているサンプルアプリケーションがあります。 CodePipelineはこのリポジトリをポーリングし、新しいコミットごとに新しいパイプラインを実行開始します。 […]

Read More