Amazon Web Services ブログ

Amazon Aurora Multi-Master のプレビュー申し込み開始

Amazon Aurora Multi-Master は、複数のアベイラビリティゾーンにわたって複数のRead/Writeマスターインスタンスを作成することができます。これによって、リードレプリカで現在できることと同様に、アプリケーションは1つのクラスター内の複数のデータベースインスタンスを読み書きできるようになります。

Multi-MasterクラスターはAuroraの高可用性を向上させます。複数インスタンス内の1つが落ちたとしても、クラスター内のその他のインスタンスに即座に引き継がれます。インスタンス障害やAZ全体障害が起きたとしても、アプリケーションのダウンタイムほぼゼロで、読み書きの可用性が維持されます。

現在のSingle-MasterのAuroraは、1つのクラスター内に1台の書き込みインスタンスと最大15台の昇格可能なリードレプリカをサポートし、書き込みインスタンスはr4.16xlargeで秒間200,000書き込みを実行できます。Aurora Multi-Master であれば、より高い書き込みスループットを必要とするワークロードであっても、マスターインスタンスを追加することで書き込みを水平方向にスケールアウトさせることができます。

このプレビューはMySQL互換のAuroraで使用でき、サインアップフォームに記入することで参加できます。

Aamazon Aurora はオープンソースデータベースのシンプルさとコスト効率、およびハイエンド商用データベースのパフォーマンスと可用性を両立した、完全マネージドなリレーショナルデータベースです。

Aurora Multi-Master プレビュー: サインアップ

(翻訳はSA柴田が担当しました。原文はこちら